マリオ&ルイージRPG

【まりおあんどるいーじあーるぴーじー】

ジャンル ブラザーアクションRPG

対応機種 ゲームボーイアドバンス
発売元 任天堂
開発元 アルファドリーム
発売日 2003年11月21日
定価 4,800円(税別)
プレイ人数 【GBA】1人(マリオブラザーズは1~4人)
【WiiU】1人
セーブデータ 3個(EEPROM)
レーティング CERO:全年齢(全年齢対象)
周辺機器 GBA専用通信ケーブル対応
配信 バーチャルコンソール
【WiiU】2014年4月30日/702円(税8%込)
判定 良作
ポイント ターン制だがアクション性の色濃いRPG
マリオシリーズ・関連作品リンク


概要

スーパーマリオRPG』『マリオストーリー』に続くRPGマリオシリーズの第三弾にして、「マリオ&ルイージRPGシリーズ」の第一作。
マリオ単独で冒険に出ていたそれまでのシリーズと異なり、緑の弟ことルイージが冒険に同行し、兄弟の力を合わせた様々なアクションを駆使して進んでいくのが大きな特徴となっている。

本作の開発を担当したアルファドリームは、かつて『スーパーマリオRPG』のディレクターだった藤岡千尋を始め元スクウェアのスタッフを中心に構成されている。
BGMも『スーパーマリオRPG』と同じく下村陽子氏が担当*1。後のマリルイシリーズでも彼女が引き続き音楽を担当する事になる。


ストーリー

ある日、マメーリア王国からの親善大使と名乗る人物がピーチ姫に謁見を求めてくる。
しかしそれは悪しき魔女ゲラゲモーナの罠であり、ピーチ姫は声を奪われ、出す声すべてが周囲を破壊するバクダン声になってしまった。
ピーチ姫の声を取り戻すためにお馴染みヒーローのマリオ、留守番を決め込むもののひょんな事から無理やり同行するハメになったルイージ、
そしてバクダン声ではさらう事もかなわぬと憤慨するクッパは、共にゲラゲモーナを追ってマメーリア王国へと向かう。


特徴

このシリーズでは、AボタンとBボタンの二つがそれぞれマリオとルイージのどちらかに対応するボタンとなり、その組み合わせで二人の協力技「ブラザーアクション」を繰り出すことが出来る。
これを使いこなし、「兄弟で力を合わせて進む」という独自性が本作のゲーム性の中核を担っている。

  • 単体で行えるアクションは、ジャンプ、ハンマー、ハンド(マリオはファイア、ルイージはサンダー)の3つだが、ブラザーアクションとしてマップ攻略用・バトル用の必殺技と言った多くの派生技が存在する。
    • マップ攻略に使うブラザーアクションはBボタンで始動するが、マリオとルイージのどちらが先頭になっているかで使えるものが異なる。STARTボタンで順番を入れ替えられるようになっており、謎解きではどのアクションを使うべきかを適宜、考える必要がある。
  • バトルではマリオはAボタン、ルイージはBボタンに必ず割り当てられ、攻撃時にタイミングよくボタンを押すことで本来の威力を引き出せる。
    • バトル中にBP(ブラザーポイント)を消費し、大ダメージを狙える様々な「ブラザーアタック」を放つことができる。なお、これもコマンド入力に失敗すると威力が弱くなってしまう(通常攻撃同様、入力ミス時のリアクションも面白いので一見の価値あり)
      • ブラザーアタックは使用する時にアクションのレベルを設定出来る。レベルが低いとBPの消費は大きいが、対応ボタンの表示やスローモーションが発生するので、アクションを成功させやすくなる。
        逆にレベルが高いと指示やスローモーションはなくなるが、BPの消費が減り攻撃力も高くなる。プレイヤーの熟練次第でダメージ効率を上げられるアクションRPGらしいシステムとなっている。
    • 何度もブラザーアタックを使っていると戦闘中に「アドバンスコマンド」を閃き、閃いた直後から使用可能になる。
      • コマンド入力時の特定のタイミングで違うボタンを入力することで追加効果を持った別の技に派生するというもので、あえてコマンド入力の派生を無視して元のブラザーアタックを使用することも可能。一部のアクションは攻撃範囲などが変わるため、意図的な使い分けも戦略の内である。

進化したアクションコマンドバトル

  • スーパーマリオRPG』や『マリオストーリー』同様、タイミングよくボタンを押すことでダメージ量を増やしたり、ガードできたりするアクションコマンドも勿論健在。
    • 本作では相応に進化しており、通常攻撃だけでなく敵攻撃の回避もジャンプかハンマーで行うようになっている。
      これによって、アクション次第ですべてのダメージを完全に無効化したり、一部の敵の攻撃にはカウンターを決めることもできるようになった。
      • 敵によっては回避・反撃の両方が可能だが、基本的に反撃を狙うとなるとタイミングは少々シビアになる。
        余裕を持って安全に回避するか、更にタイミングを合わせて早期決着を狙うか、という駆け引きが生まれる。
    • また、敵の攻撃には必ず前兆とある程度の法則があり(例:マリオを指差すとマリオを攻撃する、緑色に光るとルイージを攻撃するなど)、その法則をどれだけ早く見つけられるかで戦闘の有利・不利が大きく変わってくる。
    • 後半では、ダミーの動きをする敵やフェイントをかけてくる敵も出てくるため、緊張感のある戦いが繰り広げられる。
  • マリオかルイージのどちらかが戦闘不能になると、生き残った側が倒れた方を背負ってかばいながら戦う。
    • この状態ではブラザーアタックが使えなくなるばかりか、防御・回避・逃走がし難くなるというハンデを背負うことになる。
      • 戦闘不能状態は通常戦闘時であれば終了後にHP1の状態で、ボス戦後であればHP・BP双方が完全回復した状態で復活する。
  • 戦闘から逃げる際はマリオ、ルイージに対応したボタンの規定数連打が必要となり、その際にペナルティとして一定量のコインを失ってしまう。
    • 相手のレベルが高いほど逃げるのに時間がかかり、失うコインの量も多くなる。
  • レベルアップすると、上昇させたい能力を1つ選び、ルーレットで上昇する数値を選ぶことになる。
    • 同じ能力ばかり上げていると、ルーレットに出る数字が小さい数ばかりになってしまうため、よく考えて能力を上げなくてはならない。
    • ステータスのひとつである謎の項目「HIGE」は、そのものずばり、「ヒゲのツヤの度合い」。
      • 戦闘時にラッキークリティカルが出やすくなるという、他のRPGでいう「LUCK(運)」に相当する他、その素敵なHIGEの魅力で店員を魅了し、値引き・高価買取を促すことができるという独自の要素も併せ持つ。

その他の特徴

  • RPGでは珍しく宿屋がなく、回復ポイントがごく一部に限られている。回復は基本的にアイテムによる自給自足になる。
    • 一見不便に思えるかもしれないが、代わりに本シリーズは序盤から回復アイテムが手に入る?ブロックがより大量に設置されている他、敵も結構な確率で回復アイテムをドロップするようになっている。
    • さらに先述通り、アクションの腕次第でノーダメージでラスボスまで戦い切ることすら可能なゲームなので、ダメージを受けすぎなければアイテム不足に陥ることはない。
  • 本作に登場するキャラクターや地形、一部のアイテムの名称は笑い声から付けられているものが多い*2
  • また本作には、これまでの『スーパーマリオアドバンス』シリーズと同様に『マリオブラザーズ』も同時収録している。
    • マリオブラザーズのみ『スーパーマリオアドバンス』シリーズとの互換性があり、各々異なるカセット同士での通信プレイができる。
    • なお『スーパーマリオアドバンス』シリーズ以外のGBA版シリーズ作品で収録されているのは本作のみ。
  • ゲームボーイプレイヤーでプレイすると、オプションでコントローラーに振動機能を付けることができる。

評価点

  • マリオのRPG作品史上初の「マリオとルイージの一緒の冒険」
    • 「マリオは冒険、ルイージは留守番」という今までのマリオのRPG作品のパターンに対し、今作では「マリオとルイージが一緒に冒険」というありそうでなかった冒険が繰り広げられる。
    • 内容もコミカルな描写が多く、楽しんで冒険をすることが出来る。
  • シンプルながらもアクション要素が高く、奥が深い戦闘。
    • 「アクションが得意な人はブラザーアタックのレベルを上げて更に効率よく、苦手な人はレベルを下げる」といったように、アクションが得意なプレイヤーと苦手なプレイヤーへの配慮がされている。
    • 他のマリオRPGシリーズと比べ「体当たりをジャンプでかわして踏みつけ」「相手の弾をハンマーで弾き返す」など防御・回避が視覚的にも非常に分かりやすく、そして効果的。パラメータのバランスもアクションゲームに有りがちなシビアさは程々。
  • 兄弟愛が感じられる細かい描写。
    • 兄弟の協力技であるブラザーアクションがないと進めない箇所が多いのはもちろんだが、戦闘中に片方が戦闘不能になるともう片方が背負いながら戦う、戦闘中にアイテムで戦闘不能を回復してあげると互いにお礼を言い合う、お互い抱き合って再会を喜ぶ等兄弟の仲の良さが細かいところでも描かれている。
    • 公式イラストの一部やステータス画面でお互いをライバル視するかのように押し合っていたり、マリオとルイージの扱いの(ネタ的な意味における)差といった要素はあれど、根底ではやっぱり仲のいい兄弟なのだということをしっかりと感じさせてくれる。
  • グラフィックがよく出来ており、キャラクターがかわいらしく描かれている。マリオとルイージのリアクションも豊富。
    • マリオとルイージはボイスはいくつかあるものの掛け声程度でセリフは一切存在せず、リアクションはジェスチャー、絵文字のみ。
      だが、そのジェスチャーが非常に多彩かつオーバー、さらにコミカルなため台詞なしでも十分伝わってくる。
    • 戦闘のコマンド選択時にBGMに合わせて踊るマリオとルイージなど、多彩でかわいいアクションが多いので見ているだけで面白い。
    • 戦闘では多彩なアクションに成否判定があるという性質上、失敗時のアクションも同様に多い。
      • ハンマーの頭部が取れて棒だけでぶっ叩く・ハンドが暴発して黒コゲになるなど、失敗してもテンポが良く面白いリアクションを楽しめる。
  • キノコ王国とは別の国が冒険の舞台ということで、海外旅行を彷彿とさせる旅情感が強く、インターフェースのデザイン面にも反映されている。
    • 具体的には他のRPGのメニュー画面に相当するのがスーツケース、ステータス確認画面に相当するのがパスポート、といった具合。
    • そして歩き回れるマップもかなり広く、後述のようにあらすじは一本道だが寄り道要素が多く、観光気分はバッチリ味わえること請け合いである。
    • 為替や両替という概念も出てくる。為替の変動幅は常軌を逸しているが…
  • チュートリアルがしっかりと丁寧に行われるため、詰まることが少なく、初心者にも易しい作りになっている。
  • ファンサービスネタがとても多い。
    • 敵キャラとして登場してくる『Dr.MARIO』のウィルス、スーパースコープを装備したキラー、マリオシリーズ過去作のブロックを展示してある場所、『マリオブラザーズ』よろしく左右がループしている戦闘、ミニゲームの案内人として登場する『スーパーマリオRPG』のジーノや、とある場所で登場する『ルイージマンション』のオヤ・マー博士等。
      • なおジーノはスクウェア・エニックスが版権を持っているので、エンディングクレジットでジーノについてのスクエニのコピーライトがある。
    • さらに、『スーパーマリオブラザーズ3』と『スーパーマリオワールド』で中ボスを務めたコクッパ軍団が(セリフは一切無いとは言え)実に数年ぶりにボスキャラとして復活したことも特筆すべきだろう。*3
    • 小技の「金的ジャンプ」も「キンタマリオ」のパロディとされている。
  • 下村氏の手によるBGMも良質。
    • 過去作のアレンジももちろん、オリジナルのBGMもコミカルな世界観にマッチしている。

問題点

  • ストーリーは割と短めな上にシナリオは一本道。
    • アイテムが隠されている寄り道スポット自体は存在するが、分岐や隠しダンジョン、ラスボスクリア後の追加要素といったものは無い。アドバンスコマンドを活用できれば20時間ぐらいでクリア可能。
      • 途中進め方が自由になるポイントはあり、またとあるバグを活用すればゲーム展開を無視した進め方も可能だが、正規の手段ではないためフリーズや詰みになる可能性がある。
  • 隠しブロックから出てくるアイテムがウフ豆というアイテムのみ。
    • このウフ豆は隠しブロックを除いてはサーフィンゲームでしか手に入らないため、収集が面倒。その代り、このミニゲーム豆自体は無尽蔵に入手可能なので、そこまで大きな問題ではない。
  • 各種豆で作れるドーピングアイテム
    • 各ドーピングアイテムに使用する豆はどれもミニゲームをクリアする必要があるが無尽蔵に入手可能であり、作れるドーピングアイテムにも使用制限がほとんど無いため、ゲームバランスが崩壊しかねない。
      • ミニゲームが苦手だという人でも、一番使うことになるアハ豆はマメーリア周辺の雑魚敵がドロップするし、デヘ豆もミニゲームのコツを掴めばこれまた大量にGETできる。
    • とはいえ、よほどドーピングしない限りそんな事態は発生し得ないのに加え、この仕様そのものが最強ステータスを目指すやり込み要素としても作用しているため、この辺りはプレイヤーによりけりである。
  • 装備が整うと実質的にSPEED(素早さ)が死にステータスになってしまう。
    • 一部の装備には「アタック1番」という効果が付加されており、SPEEDの値を無視して最速で行動できるようになる。また、ルイージ専用であるが「マリオフォロワー」(マリオの直後に行動する)、「マリオアヘッド」(マリオの直前に行動する)という効果も存在。
      マリオに「アタック1番」効果を、ルイージに上記の3つのいずれかを装備させるとSPEEDの値に関係なく必ずふたりとも敵より先に行動できるようになる。
    • これらの効果を持つ防具は防御力はそこまで高くないものの、この防具より上の防御力を持つ防具は癖のある特殊効果を持ったものも多く、実運用ではイマイチというものも少なくない。確実に最速行動して敵の数を減らせるため攻撃を受ける機会自体大きく減らすことが出来、実際の防御能力はむしろ非常に高い部類に入る。
  • キノコバッジ系の効果「キノコパワー」が明らかにバランスブレイカー。
    • 手持ちのキノコ系アイテムの所持数に応じてダメージが増加するのだが、割合増加などではなく最終的なダメージに算出値を直接加算する効果。5種のキノコをすべて99個持つと1ヒットにつき70ダメージ程度加算される。
      チョッパーブロスやタイフーンブロスなどの多段ヒットするブラザーアタックは徐々にダメージが減少して最低ダメージである2ダメージに収束していくようになっているのだが、キノコパワーはこのダメージ減少補正を受けないためこれらのブラザーアタックが異常に強力になってしまう。
    • 性質上レベルやステータスが低いほど恩恵が大きくなる。今作は戦闘を介さずにコインを稼ぐ手段が存在していることもあり、その手のやり込みにおける切り札として用いられることが多い。もっともある程度ステータスが極まっても70ダメージ加算は異常なほどに強力と言っていいので、やはり最終的にはキノコバッジAA一択となってしまいがち。
    • 一応欠点として、最上位のキノコであるゴールデンキノコは店売りされていないため大量に集めるのが非常に難しい。ただ店売りの4種だけでも50ダメージ程度加算されるため十分すぎるほど強力ではあるのだが。
      本来は回復アイテムであるキノコを火力要素とするため、HP回復に使うのがためらわれるというのも悩みどころ(ナッツ系で代用できてしまうが)。
  • 移動のテンポが若干悪く、各地にある緑色の土管を使っての簡単なワープしか無い。
    • 付け加えるなら全体的にマップが広い上に通常のフィールドを移動するのにもブラザーアクションが必要とされる場所が多い(特にハイジャンプ)ため、テンポの悪さに拍車がかかっている。
  • アドバンスコマンドの説明不足
    • アドバンスコマンドの分岐の詳細な条件は「コマンド発動中に『!』マークが出たタイミングで、通常時とは逆に『マリオ側のコマンド入力時にBボタン』『ルイージ側のボタン入力時にAボタンを押す』」というもの。
      • 入力コマンドと入力タイミングは通常技同様、レベルをイージーに下げることで確認が可能なのだが、説明書・ゲーム中含めて仕様についての具体的な説明が一切ないので、せっかく覚えても使い方に気づき難い。使い方がわからないまま1度も使わずにクリアしてしまったというプレイヤーも少なからず存在する。
      • 公式サイトではアドバンスコマンドの存在をほのめかす記述があるのみで、仕様についての具体的な説明はやはりない。
  • とあるレギュラーキャラクターの扱いが悪い。
+ ネタバレ注意

悪役でお馴染みのクッパ。今回はRPGのように手伝ってくれると思いきや…。

  1. 序盤で自慢の戦艦カメジェットを敵に破壊された上に、落下先で大砲にハマりそこのボスに辱められた上に金銭せびりのカモにされ、最後には大砲でどこかへ飛ばされる
  2. 記憶喪失になった所を盗賊に利用され、その盗賊のしたっぱとして働く
  3. 記憶を取り戻したと思ったらゲラゲモーナに体を乗っ取られる
  4. 最後はマリオとルイージがゲラゲモーナを倒し、元に戻れたのはいいが気絶したまま放置され、クッパ城の爆発に巻き込まれる*4)。
    挙句の果てにEDではプレゼントボックスに入れられてキノコ王国に帰るピーチ姫の飛行機で吊り下げられたまま運ばれ、クッパ城に落される

…と、「こいつが本当にいままでのラスボスかよ!?」と思っても仕方が無いほど扱いが悪い。
クッパに関しては本作がマリオとルイージの二人の冒険がメインとなるため、同行しないこと自体は仕方ないが、 続編『マリオ&ルイージRPG2』では改善されるどころか扱いの悪さが加速していた
また、ルイージも既にいじられキャラが確立されつつあった時期とはいえ、金的、女装、催眠術、挙句の果てにハンマーで平べったく叩き潰されサーフボード代わりにされたりと、なかなか酷い扱いを受けているシーンが多く、次回作でもクッパ同様酷い扱いだった為『アルファドリームはルイージとクッパが嫌い』と言う噂まで広まってしまった。


総評

「マリオとルイージが協力し合いながら冒険する」という、今までになかった物語が描かれる本作。
単純な操作で簡単に遊ぶことが出来、シンプルながらもアクション性がそこそこ高いものになっている。
豊富なブラザーアクションを活かした奥が深い仕掛けも用意されているため、謎解きも悪くない出来である。
もちろん「アクションが苦手」「謎解きが苦手」といったプレイヤーへの配慮もきちんとなされているため、初心者にもとっつきやすい作りとなっている。

そしてマリオファンの心をくすぐる要素も多数盛り込まれた本作は、『マリオ』シリーズファンはもちろん、マリオ作品に初めて触れるプレイヤーにも問題なくプレイ出来る良作だと言えるだろう。


余談

  • 本作の好評を受け、以降も「携帯機用のマリオRPGシリーズ」として続編が順調にシリーズ化されていった。
  • ゲラゲモーナの1番弟子ゲラコビッツは海外で人気が出たらしく以降の『2』と『3』にも登場している。
  • ボツデータについて
    • 実はゲーム内にはフォックス・マクラウドキャプテン・オリマーなど多数の任天堂キャラクターの没になったグラフィックや没セリフが残されており、会話内容から察するに本来は前述のドーピングアイテムを生産する場所で多数のニンテンドーオールスターがゲスト出演する予定だったようだ。それが没になり、オヤ・マー博士だけが登場することになった様子。
    • また、日本版限定で入手可能なアイテムも存在する(海外版でもデータ自体は残されており、チートを使うことで入手が可能)。
    • その他にも「ジーニストジーンズ」や「セーフガード(4作目で採用)」など、本作では没になった装備品もいくつかデータに潜んでいたりする。
  • CMでは『HOT MARIO』と題し、SMAPの稲垣吾郎がマリオに扮して登場する。
    • 砂漠での過酷な冒険……と思いきや、園児がいっぱいいる公園の砂場であることに気づいてバンザイするというシュールな絵図。肝心のルイージがいないのはご愛嬌。
+ CM

  • 2017年にニンテンドー3DSでリメイク作『マリオ&ルイージRPG1 DX』が発売。詳細は後述。

マリオ&ルイージRPG1 DX

【まりおあんどるいーじあーるぴーじーわん でらっくす】

ジャンル ブラザーアクションRPG
対応機種 ニンテンドー3DS
発売元 任天堂
開発元 アルファドリーム
発売日 2017年10月5日
定価 5,378円 (税込)
セーブデータ数 2個
判定 良作
マリオシリーズ関連リンク

概要(DX)

初代『マリオ&ルイージRPG』を3DS用にリメイクした作品。
グラフィックが『4』以降準拠にリニューアルされ、新要素として「クッパ軍団RPG」が追加された。
それ以外にも細かい部分が追加、調整されている。

特徴(DX)

後発の作品、特に5作目である『ペーパーマリオMIX』で追加された要素が本作にも多く引き継がれている。

  • ガイド
    • 基本的なシステムや、ブラザーアクション、ブラザーアタック等の解説を任意で見られる。
  • イージーモード
    • 戦闘でマリオとルイージが強くなる。
  • アシストモード
    • ONにすると戦闘で敵がマリオとルイージ、どちらを狙っているかわかるようになる。
  • きんきゅうガード
    • 敵の攻撃をよけきれないと思ったら、Xボタンを押すとガードしてダメージを減らせる。
  • アクションコマンドの成功判定が複数段階になった。
    • ジャンプ攻撃時にタイミングよくボタンを押せば二回踏める。
  • ボス戦でボスのHPが減るとボスが怒って赤く光る。
    • この状態になるとボスの攻撃が激しくなるが、ボスが弱っていることが分かり易くもなっている。
  • 戦闘でモンスターにもレベルが設定されるようになった。
  • 逃げる時にコインを落とさなくなった。
  • Xボタンで同時ジャンプが可能になった。
  • GBA版では防御カウンター時にハンマーを構えっぱなしにしていると重さに耐えきれず落としてしまうが、本作ではハンマーをずっと構えていられる。
    • これに伴い、オヤ・マー博士から貰えるパワーグリップがバーチャルゴーグルに差し替えられた。
  • いつでもセーブが可能になった。セーブブロック自体は残されている。
  • GBA版では喋らなかったクッパ7人衆(旧:コクッパ)が今作では明確にセリフ付きで喋る。性格はペパマリMIXのものを引き継いでいる。

その他変更点

  • アイテムや装備品が多数追加。
    • GBA版になかった新規の特殊効果も大量追加。一方でGBA版でSPEEDが死にステータス化する一因になっていた「アタック1番」は廃止されている。「キノコパワー」も大幅に弱体化。
  • 叩くと全回復するブロックが大幅に増加した。
  • ワープ用の土管が追加された。
  • 有料でヒントをくれる店がウワサ屋に変更された。ゲーム内でいろんな記録を達成すると景品がもらえる。
  • ブラザーアタックの難易度は「ふつう」と「かんたん」の二つに。後者は消費BPが多くなるかわりに成功させやすくなる。威力は変わらない。
  • GBA版におけるアドバンスコマンドはDXアタックと名称変更され、元の技とは別技扱いになった。
  • GBA版に存在したコマンドを成功し続ける限り無限に続けられる系のブラザーアタックは、全て一定回数でExcellentとなり強制終了するようになった。
  • 透明なブロックは今作ではわずかに光るようになった。透明ブロックが見えるようになるアイテムも追加されている。
  • 各地のブロックの数やマメの数を確認できる。これらを探すのが今作のやりこみ要素となる。
  • BGMがハードの音源に合わせてアレンジが施された。
    • 基本的に原曲に忠実だが、パート編成が変わったことで雰囲気が変わった曲や、新しいフレーズが追加された曲などもある。
  • 一部のキャラクターが原作から削除・変更されている。
    • ミニゲーム解説に登場していたジーノは削除され、通常のシステムメッセージに変更。このため今作ではスクエニのコピーライトも無い。
    • FFシリーズの白魔道士に酷似した衣装のサイコカメックは、役割をそのままに『3』に登場するDr.コキノに差し替えられた。
      • サイコカメックではないが白衣装のカメック自体は「クッパ軍団RPG」に登場、仲間にもできる。
    • メカワンワンが『4』以降に登場するメカクッパに差し替えられた。
    • ブーメランブロスは「ブーメランマメブロス」と名称変更。現在のブーメランブロスとは別種扱いになった。
      • 「クッパ軍団RPG」には現在のブーメランブロスも登場する。マメブロスと戦わせる事も可。
    • 二代目ドンキーコングそっくりの姿の骸骨だったビィンキーは、普通の船員の骸骨のデザインに差し替えられた。
  • 今作ではサウンドテストモードが搭載されており、デフォルトで選択することが可能。
    • 最初から全ては聴けずゲームの進行と共に増えていく。さらにアイテムの「カセットテープ」を入手すればGBA版のBGMも聞けるようになる。
      • クラブニンテンドーの特典CDで一部の曲が聞けたのみだったが、これによって原作含めた曲を自由に聞けるようになると共に、正式な曲名が判明した。
    • ちなみにオヤ・マー博士関連のイベントでGBA版では『ルイージマンション』のメインテーマや、ラボのアレンジが流れたが、今作ではラボのテーマ曲(『ルイージマンション2』の流用)のみとなった。
      • 上記以外にも一部楽曲の削除・差し替えがある。
  • 「マリオブラザーズ」は削除された。

クッパ軍団RPG

  • 本作最大の追加要素。マリオとルイージの冒険の裏で起きていた別の物語を描いたゲーム。
    • 主役は何の変哲もない一体のクリボー。冒頭でクッパ軍団が散り散りになりクッパともはぐれる所からスタートする。
  • ステージ選択式。通常のRPGのようなフィールド移動は存在しない。
  • 最大8人までのチームを組む。仲間にできるキャラクターはクリボーやヘイホー、カメックやワンワン、クッパ7人衆などマリオシリーズではおなじみの敵キャラばかりである。(わずかに例外もあり)
    • 特定のキャラの組み合わせでチームを組むと「スキル」が発生し戦闘時にステータスにボーナスが付く。
  • キャラクターには「とつげき」「ひこう」「えんきょり」の3つのタイプがあり、それぞれが3すくみのように相性がある。敵に対して相性の良いタイプで挑むのがセオリーとなる。
    • また一部のキャラは特定のキャラに強いor弱いというケースもある。
  • 戦闘は基本的にフルオート。やる事はRPGというよりシミュレーションに近い。
    • 隊長がやられるとその時点で負けになる。こちらも相手チームの隊長を倒せば勝利となる。
    • キャラクターには固有の「スペシャル技」が存在し、戦闘中にキャラが「!」を出したら使用するという合図。この時タイミングよくボタンを押すと効果が上がる。
    • 隊長だけが使える「リーダーアクション」が存在し、戦闘中に対応するボタンを押すか下画面のタッチで使用可能。ただし使用にはLPが必要で足りないと使えない。
      • リーダーアクションは複数あり組み合わせは自分で決められる。ただしキャラクターによっては使えないものも。
  • ステージをクリアしたり特定の条件を達成すると「マメ」が手に入る。これで経験値を増やしたりステータスを増強したりできる。
    • 仲間キャラとは別れる事も出来、別れるとマメを置いていく事がある。なおクッパ7人衆など重要キャラとは別れられない。

評価点(DX)

  • ガイドのおかげでよりチュートリアルが簡略化されテンポが良くなった。
    • とくにブラザーアタックはガイド内でいくらでも練習することが出来るようになった。戦闘中でも練習に移行できるので、ひらめいたばかりのDX技を練習ということも可能。
      • 特にオリジナル版のアドバンスコマンドは派生の仕様に気づ難い、ゲーム内に説明がなかったなどの問題点を抱えていたため、仕様変更によって使い易くなった。
  • GBA版よりサポートが充実し、初心者でもクリアしやすくなった。
    • また、一部のボスの攻撃もかわすのが簡単になっていたりする。
  • BGMはGBA版より豪華に、その上GBA版のBGMも聴けるという至れり尽くせり。
    • 通常戦闘BGMは前作とは違うアレンジ、しかも新フレーズが追加されている。
  • セリフが追加されたおかげでクッパ7人衆の個性がより強くなった。
    • 7人衆は「クッパ軍団RPG」の方でも登場しており、今作ではかなり目立っている。
  • 「クッパ軍団RPG」の主役のクリボーの「クッパを助ける」という目的は終始ブレず、見ていて好感がもてる。
    • ラストエリア突入前の演説は今作の名シーンでもある。
  • 「クッパ軍団RPG」では原作の補完を含め、歴代のマリルイシリーズに関わる小ネタがあり、シリーズをプレイしてきた人ならニヤリとできる。
    • また、「クッパ軍団RPG」はメイン敵がゲラコビッツなためか、全体的に「3」を彷彿とさせるシーンが多い。
  • 「クッパ軍団RPG」で仲間にできるキャラクターはかなり多種にわたる。マリオシリーズではおなじみの敵から少しマニアックなキャラ、「4」のエリート3人組などマリオシリーズに詳しい人なら「こんなキャラも使えるのか!?」と思えるはず。
    • ちなみにマリルイシリーズではおなじみの「イエロースター」も特定の条件を満たすと仲間にできる。

賛否両論(DX)

  • ブラザーアクションを覚えていない場合、後列キャラがMAP上でハンマーやハンドを任意で使用できなくなった。
    • DXではブラザーアクションを使いたい場合、タッチ画面の専用アイコンをタッチすることで、そのブラザーアクション用の配置と技に自動で切り替わる。よってブラザーアクションを未習得の場合、その配置に切り替える為のアイコンが出ない為である。
      • この変更により、ブラザーアクション習得前に相方に故意にハンマーやハンドを使った際のリアクションが見られなくなった。ゲーム進行上全く問題ない変更点ではあるが、多彩なリアクションで目を楽しませてくれていただけに、見る機会が減ったことは惜しい。
        また、ゲーム開始直後は、同じ理由でマリオとルイージの入れ替えも出来なくなっている。
    • このようにいろいろと小ネタが削除されてしまって残念がられているが、「金的ジャンプ」はきっちり残っている。
      • ただGBA版と比べるとルイージの体力消耗が非常に多くなっている。
  • ブラザーアタックの通常版とDX版が別技扱いになったが、その際に消費BPに差が生じるようになった。大抵はDX版の方がBPをより多く消費する。
    GBA版ではどちらも消費BPは同じだったためわずかに使いにくくなったと言える。
    • 一方、DX版は基本的に「トゲを持つ敵にも通用するジャンプ属性の攻撃」「アイテムを盗む効果が付く」など、技の性能としてはGBA版の時点で通常版の上位互換という部分が強い。これをバランス調整ととるかはユーザーの感覚次第といったところ。
    • また、GBA版のアドバンスコマンドでの通常技の途中から派生していく仕様の方が好きだったという声もあり賛否が分かれている。
  • 「クッパ軍団RPG」以外の追加のやりこみ要素は上記のブロック・マメの数が記録されるようになったのみ。 『3』以降のようにボス敵との再戦やブラザーアタックを用いたミニゲームは用意されなかった。オリジナルに忠実とも取れるが、近年の作品では定番だっただけに惜しまれる。

問題点(DX)

  • 「アタック1番」廃止と「キノコパワー」弱体化でバランスブレイカーと呼べる要素は概ねなくなったが、「マリオアヘッド」「マリオフォロワー」は健在でありルイージのSPEEDが無意味になるのは変わっていない。
    • 「マリオアヘッド」効果のスキャンダルジーンズは今作のルイージの装備では非常に高性能な部類であり、コレより上位の装備がどれもこれも癖がある効果のものばかりであるためやっぱり一択になってしまいがち。
    • また、『3』以降登場したガードシェル系と同様のバリア効果を持つ装備も登場している。相変わらず強力だが、今作ではアクセサリではなくウェアカテゴリでありステータスも低いため、過去作ほどの強烈さはなくなった。
  • 「クッパ軍団RPG」を遊ぶ上で不便な点がいくつかある。
    • まず「クッパ軍団RPG」は本編をある程度進めないと遊べない。具体的には序盤のダンジョンを2つクリアしないといけない。
      • これに関してはストーリー展開上の都合もあるので仕方ないかもしれない。
    • 遊ぶためにはセーブファイルから本編をロードし、そこからメニューにある「クッパ軍団RPG」を選ばないといけないのでやや面倒。
    • 真ラストステージに挑むには本編を一度クリアしないといけない。本編のストーリーのネタバレを防ぐ意味があると思われるので仕方ない部分もあるが…
  • 「クッパ軍団RPG」でいろんな敵キャラを使用できるが大半が2Dマリオからの参戦。3Dマリオからの参戦はごくわずかなのが残念な所。
  • 各ステージのデモは設定で見返し可能だが、エリアごとのムービーはゲーム内で見返すことができない。
    • 先述のラストエリア突入前のムービーも見返し不可能。ゲーム内で見返せないのは惜しまれる。

総評(DX)

現在から見るとシステムが若干粗削りだったGBA版を、現在のシステムを導入する事で大幅に遊びやすくした作品。
追加要素である「クッパ軍団RPG」も出来が良く、本編とは全く違ったゲーム性を楽しむことができる。
まさにマリルイシリーズの「原点」をより深く楽しめるゲームであり、シリーズに初めて触れる人、シリーズをやりこんできた人、両方にオススメできる。


余談(DX)

  • 今作のCMでは、月亭方正(旧,山崎邦正)氏が出演し落語調に内容を紹介するものだった。
    • 2017年の年末放送『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』にて彼の頭髪はCG加工がなされていたと笑撃の事実が明かされた。
    • ゲーム情報番組『ニャニャニャ! ネコマリオタイム』(第99回)内のコーナー「おしえて! DJネコマリオ」で今作が紹介された際にはラジオネーム「やまざきさん」なる人物からの投稿が送られ、クラスの委員長に選ばれたとネコピーチがはがきを読み上げており、彼がかつて主題歌を歌っていたとあるアニメを彷彿させる内容となっていた。


*1 下村氏は当時合併直前のスクウェアを退社しており、フリー作曲家としての初担当作品となる。

*2 ゲラゲモーナ&ゲラコビッツ&ゲラ豆…笑い声の「ゲラゲラ」、アハハ・アハデミー…笑い声の「アハハ」など。

*3 一応、本作の4ヶ月前に発売された『スーパーマリオアドバンス4』等の過去作リメイクでは登場していたのだが、新作での登場は日本では『ヨッシーのロードハンティング』以来、およそ10年ぶり。海外外注も含めるとCD-i『[[Hotel MARIO]]』以来の再登場となる。その後の新作での再登場は本作からさらに6年後の『[[New スーパーマリオブラザーズ Wii]]』まで待つことになる。ただし、外注作品を含めれば本作の1年後に出たカプコン制作のメダルゲーム『スーパーマリオ 不思議のジャンジャンランド』(グラフィックは『アドバンス4』流用)もある。

*4 「爆発したクッパ城ごと海に落下した直後、落下の衝撃で空中にすっ飛んできて、カメラに激突してカメラの画面にヒビが入る」というプレイヤーを意識したメタ演出がある上、叩きつけられた際の顔が画面に押しつぶされて非常に情けない変顔になっている始末。尚、海外版ではここの表情が異なっておりこちらの方がすごいことに…。(DXでは当たり障りのない表情に修正されている