ミラーズエッジ

【みらーずえっじ】

ジャンル アクション


対応機種 Xbox360
プレイステーション3
Windows XP~8
発売元 エレクトロニック・アーツ
開発元 EA Digital Illusions CE(EA DICE)
発売日 【360/PS3】2008年12月11日
【Win】2009年1月22日
定価 【360/PS3】7,665円
【Win】オープン価格
レーティング CERO:C(15歳以上対象)
配信 【360】ゲームオンデマンド:2011年1月11日/1,200円
【Win】ダウンロード版/1,500円(Origin価格)
判定 なし

概要

『バトルフィールド』シリーズで知られるEA DICEが製作した、エクストリームスポーツ「パルクール」を題材にしたアクションゲーム。
パルクールとは別名フリーランニングとも呼ばれ、有名どころでは『アサシンクリード』でも採用されている、建物を自由自在に駆け上がり飛び越えていく競技の事である*1
『アサシンクリード』が三人称視点の3Dアクションであるのに対して本作は一人称視点形式のアクションとなっており、主人公の目線でビルを渡り、駆けていくゲームとなっている。


ストーリー

政府により厳しい監視と情報統制が施された近未来都市。人々は「ランナー」と呼ばれる運び屋を使って手渡しで情報を交換していた。
ランナーの一人であるフェイスはある日、双子の妹のケイトが何者かに嵌められ、殺人事件の容疑者となってしまった事を知る。
同じく容疑者となった彼女は仲間の助力を受けつつ事件の真相を探るため、白が支配する街へと飛び出していくのだった。


特徴

  • 前述の通り一人称視点形式で進む。
    • このため、コンシューマーやゲームパッドでのプレイは左スティックでの移動と右スティックでの視点移動をしつつ各種アクションをスムーズに繰り出せるよう、主なアクションをL、Rに割り振る独特な操作スタイルとなっている。
    • 例えばジャンプはLB(L1)、背後を振り向くターンはRB(R1)、LT(L2)でしゃがみやスライディング、といった形である。
    • 特定の操作を連続で繰り出す事で違ったアクションも繰り出せる。例えば壁に向かってジャンプ、ターン、ジャンプと連続で操作すると壁を蹴って背後に高く跳ぶ事が出来る。
  • ランナービジョンというシステムが搭載されており、移動ルートのオブジェクトが赤くなるシステムがある。
    • また、B(○ボタン)を押しつづけると目標地点を注視する事が出来る。
    • フィールドには距離を短縮するためのルートもあるのだが、こちらは赤くならないためまさに経験が物を言うシステムとなっている。
  • 戦闘は一人称視点ながら格闘戦をメインとしている。
    • パンチやキックがメインだが、敵を武装解除する事で武器を奪うことも可能。奪った武器はそのまま使用できるが、リロード出来ないため使い捨てとなる。
    • もっとも、本作の敵は重武装でこちらは軽装なので戦闘せずに逃げないと危険な状況の方が多い。

評価点

白と青を基準とした美しいビジュアル。

  • プレイした人からは「芸術」とも称されるほどに本作は絵作りに力を入れており、非常に美しい世界が描かれている。
    • 白いビル群は無機質だが、陰影まで青の成分が入っており何とも言えない美しさがある。ぜひ自分の目で確かめていただきたい。
    • 白と青が支配する中、武装した敵の存在やランナービジョンにより赤くなったオブジェクトが非常に映える。見た目にも分かりやすく、ゲーム性ともマッチした絵作りと言えよう。

一人称視点なこともあってリアリティが高い。

  • ビルの合間を跳び移っていく本作との相性は抜群で高所をジャンプするスリルを味わえる。上手く跳び越えられた時の安堵感と爽快感も高い。
  • うまく跳べずに落下した際の恐怖感も強いため、高所恐怖症の人はプレイを躊躇うかもしれない。

日本語版の翻訳の高さ

  • 洋ゲーにありがちな不自然な翻訳が皆無。
  • 声優も「甲斐田裕子」や「立木文彦」などの実力のある声優を起用しており棒読みなども存在しない。

賛否両論点

  • ストーリーは所謂B級映画的な内容なので好みが分かれる。

問題点

非常に酔いやすい。

  • 一人称視点なので当たり前なのだが、本作の場合は一般的なFPSに増して激しく画面が揺れ動くため普段3D酔いしないような人でも酔ってしまう可能性がある。
    • また、一人称視点はリアリティを高めるのに一役買ってはいるものの、慣れないとジャンプのタイミングなどの感覚が掴みづらい。最初のうちは足元を確認しながらジャンプする事になるだろう。
    • ゲーム冒頭のトレーニングはチャプターセレクトで何度でもプレイ出来るので、慣れるまでプレイしつづけるのもアリ。ここだけでも一通りの操作を覚えられる。

システム面に粗が多い。

  • 前述のように目標地点を注視するシステムがあるが、本当に注視するだけなので使いづらい。
    • ランナービジョンもあるにはあるが、結局はプレイヤーが自力でルートを探したり謎解きをする必要があり、仲間からはろくなヒントも貰えないので迷いやすい。
  • 独特なボタン設定に慣れるまでが難しい。キーコンフィグはいくつかの候補から選ぶだけなので、嫌でもこの操作を強要される。
    • カメラのリバース設定や速度設定すら存在しない。
  • 上記のような問題点もあって、難易度が高い。
    • 戦闘の難易度選択はできるが、マップの構造自体が複雑なため進行ルートが分からず迷って立ち往生してしまう事も多い。
    • リトライポイントが多いのですぐやり直せるのは良心的だが。

その他の不評点

  • ストーリーの所々でアニメーションによるムービーが流れるが、出来はフラッシュアニメ並で微妙。
    • これは製作期間の都合でカットシーンを外注に依頼したためとのこと。
  • フェイスのビジュアルが典型的な東洋人顔のため不評。
    • これに不満を抱いた海外のゲーマーたちがこぞって修正画像を作成したが、これにキャラデザインの担当者が激怒するという事態に発展した。どうやら担当デザイナーの夫人がモデルだったらしい。

総評

美しいグラフィックと一人称視点でのパルクールアクションのスリル・爽快感の評価は高い。
一方で操作性や一人称視点で激しいアクションをする必要があるゆえの難易度の高さなどが評価を下げてしまった。
しかしながら独特の世界観とビジュアル、独特のアクションに魅了されたファンも多い。中々の魅力を持った一作である。


その後

  • ビジュアルに魅了されたファンからシステムを改善した続編を望む声も多く、2016年に6月には続編作である『ミラーズエッジ カタリスト』が発売された。

余談

  • 本作はUnreal Engine3ベースで作られているが、これは「開発が始まった時*2は自社のエンジンであるFrostbiteがまだ完成していなかった」というシンプルな理由によるもの。
    • 続編では『バトルフィールド4』でも使われたFrostbite3がゲームエンジンとして採用されている。