Minecraft

【まいんくらふと】

ジャンル アクションアドベンチャー
(公式ジャンル:サンドボックス)




対応機種 【Java Edition(原作PC版)】Windows/Mac OS X/Linux
【Console Edition】Xbox360
Playstation3/Playstation Vita/Playstation4
Wii U/Newニンテンドー3DS
【Bedrock Edition(統合版)*1】Windows10*2/Xbox One/Nintendo Switch
メディア ダウンロードソフト/DVD-ROM
発売・開発元 Microsoft
Mojang
発売日 2011年11月18日
定価 【PC(Java Edition)】3,000円(税抜)
【Xbox360】1,980円(税抜)
【XboxOne】2,000円(税抜)
【PS3/PS4/PSV】2,592円(税込)
【WiiU/Switch/New3DS】3,888円 (税込)
【PocketEdition】840円 (税込)
【Windows10Edition】3,150円 (税込)*3
プレイ人数 1~複数人(PS3/PSVは6人まで、New3DSは1人)
レーティング CERO:A(全年齢対象)
判定 良作
ポイント サンドボックスゲームの代表作
高い自由度にシンプルで簡単ながら飽きの来ないボリューム
プレイヤーが目的を自分で見出す必要が有る


概要

Notch(マルクス・ペルソン)およびMojang ABのメンバーにより製作されたサンドボックスゲーム。
世界の大半が1m四方の立方体のキューブブロックで構成され、プレイヤーはこれらを自由に破壊・取得・設置できる。
これを利用してプレイヤーの発想次第で自分の好みの建造物や生産設備等自由な発想で色々建築が出来る。

ゲーム開始時に自動生成される世界は、ある程度のエリアごとにバイオームと呼ばれる気候や地形が設定される。それらの地下には、洞窟・廃坑や渓谷と言った地形もある。 プレイヤーはこれらを探索してモンスターと戦ったり、隠された宝物を探し出したり、資源を採集してゆく。
戦利品や資源はクラフト素材として利用したり、冒険の助けや建築の資材等に利用する。
圧倒的自由度とクラフトや建築の楽しさ等で老若男女幅広い層を魅了し、様々なフォロワー作品も現れたオープンワールド・サンドボックスゲームの中でも抜きん出た存在といえる。

操作方法は主にFPS(ファースト・パーソン・シューター)と同じ仕組みを採用している。


評価点

  • 圧倒的な自由度
    • 最終的な目標はゲーム開始時点では示されず、特にプレイヤーは基本的に何をしても構わない。戦闘を楽しむもよし、集めた材料でクラフトを楽しむもよし、集めたブロックで建築を楽しむもよし。
      • 本作をサンドボックス(砂場)ゲームたらしめる所以は、ひとえにこの点の成すところである。
    • ワールドによってはNPCの住む村があり、プレイヤーは村人と取引などを行い普段手に入らないアイテムを貰うことも出来る。一方で村人を殴ると村を守護するゴーレムが出てきたりするが、殺戮に走ることも許容されている。
  • 建築要素
    • 立方体のキューブブロックを組み合わせるという単純な作業ながら、建築の中毒度は高い。
      • 小難しいことは必要なく、ワンボタンでレゴブロックを組み合わせる様な感覚で建築が可能。仕損じても一部の資材以外はブロックを破壊すると回収可能なので好きなように作れる。
    • 資材の保管、クラフトの用地、冒険や生活を支援する家・拠点の建築は誰もが通る道。
      • 難易度『ピースフル』以外では夜になると敵モンスターが大量に沸いてかなり危険になるため、それらを避ける意味でも不可欠となる。
      • 家を建ててもモンスターの沸きつぶしを行わないと安全は確保できない。モンスターは一定の明度以下の暗さでスポーンするので家屋周辺を光源などで明るくする必要が有る。時折、プレイヤーを見つけ流れ着くモンスターも居るので注意。
      • 特に『クリーパー』と呼ばれる自爆する敵に気を付けねばならない。これが自爆すると付近のブロック、またはアイテムを収納する『チェスト』とその中身が消失或いは吹き飛んでしまう。その事からファンより建造物の天敵として恐れられている。
    • 初めは『豆腐』と揶揄される簡素な真四角の土木の家しか作れなくても、インテリアに凝ってみたり、外観にこだわったりすれば豪邸や要塞・お城など自分の発想で好きなものが作れる。
      • これを進めることで、いつしか世界そのものがプレイヤーの手で作り変えられていく。海を埋め立てるのも空中都市を建設するのも思いのまま。一応マップの上限/下限はなくもないが途方も無い広さを誇る。
      • 中には天空の城ラピュタ東京ディズニーランドを再現したワールド、巨大なモザイクアートを作るといった創作が盛んに行われている。
      • もっと凄いのになると下記の回路などを併用してアニメーションを作るなど膨大な手間をかけた良質な作品が公開されている。
      • 政府や公共機関が地図データを再現したワールドを配布したり、あるいはマルチプレイサーバーとして公開しているケースもある。
    • 『クリエイティブモード』に切り替えると、モンスター沸きやプレイヤーの死亡がなくブロック生成や3次元移動が自在にできるので、建築だけに集中することもできる。
      • ただしこれは一種のチートモードであるため、一度でも切り替えるとそのデータでのトロフィー・実績が入手できなくなる。
  • 回路の作成
    • レッドストーン鉱石を発見すれば可能になる要素。レバー、ピストン等のアイテム及びブロックと組み合わせることで、資材や建材の生産や農業等の作業を全自動・半自動化する機械を作成することができるようになる。
      • 動画投稿サイトなどでは数多くの趣向に飛んだ生産装置が作られており、中にはモンスターのドロップでしか得られないアイテムを生産する為に、機械的にモンスターを倒すソイレントシステムじみた装置なども良く作られている。
    • 電源の入出力もレバーのような手動式のものや、キャラクターやアイテム等が乗る事で電源出力される物、日光で反応する日照センサー等のように様々な仕組みが用意されてある。
    • 最初はあまり気にする必要はないが、導線を流れる信号にも距離や遅延、信号レベルの概念があり、これらの仕組みを利用した上級の回路を作成する事も可能となる。
    • レッドストーン回路の可能性は意外に侮れず、なんと2年がかりでワープロを作成してしまった人もいる
  • 冒険要素
    • 地上を冒険するだけでも様々なバイオームがあり、それぞれに独特の植生であったり資源等もあるのでこれらを探す事で下記クラフトの手助けとなる。
      • 良質な素材ほど地中深くや特殊な方法のみでしか行き来できないネザーと呼ばれる異世界等、過酷だったり危険な地帯に存在することが多い。故にこれらを手に入れる為に採掘や冒険を計画し未知のエリアを探索する楽しみがある。
    • 万人に配慮された戦闘システム
      • 戦闘に関して言えば小難しい事はほぼない。出来るアクションは攻撃とガードの二択。弓の場合は弦の引き絞る動作と発射のみとなる。
    • 建築要素の項で述べたように、難易度設定によって戦闘を全くしない設定も可能。ただし、モンスターを殺すか村落で取引をすることでしか手に入らないアイテムもまた存在する。
      • 地上では敵が出ない『ピースフル』で進め、目的地の洞窟内部でスリルを味わうために『ハード』へ上げるといったことも自由自在。
      • 相手が強すぎだと思ったらオプションメニューでいつでも変更可能なので、初心者でも安心。
    • 死んだ場合、手持ちのアイテムをその場にドロップして失い、最後にリスポーンした地点か寝たベッドでリスポーンする。
      • 廃坑の中に存在するレアアイテムや貴重な地下資源の鉱脈は魅力的だが、それに比例して死んだら手持ちが全部ロストしやすくなる危険性も上がる。冒険へのモチベーションを煽りつつ中弛みさせない。
    • マゾなチャレンジャー向けに「ハード固定」な上に「1度死ぬとそのワールドが削除」されてしまう『ハードコアモード』もある。
  • クラフト要素
    • ゲーム中で使用する素材除く大体のアイテム、装備等はプレイヤーの手で作り出すことになる。
    • 初めの内は木や石素材の道具だが、鉄やダイヤなどを加工することで高品質な物へのクラフトが可能となってゆく。
    • 素材は探索・採掘以外にも収集する手段がある。食料を釣りや酪農・農業で自給自足したり、様々道具の材料となる木の栽培や飾りや染料となる花の栽培等を行うなど戦闘のみならず生産活動でも楽しめる要素も多岐にわたる。
  • プレイする度に代わる地形やバイオーム
    • 生成や形状にはある程度規則性はあるものの、新規プレイ時に作られるワールド毎に地形やバイオームが変わるので一つとして同じものはない。
    • ワールドに生まれたった時点でどこへ降り立つかはわからない。果てしなく広がる森林か砂漠か…冒険はプレイ開始時から始まっている。
      • 資源も何もない絶海の中に浮かぶ小島に放り出されるというトラブルもある。限られた物資と根性で脱出を試みるかはあなた次第。
      • ワールド生成時に同じシード値を入力すれば、同じワールドで遊ぶことが出来る。お気に入りのシード値を探すのもまた一興。
    • ランダムが気に入らないなら多数の生成パラメーターを細かく指定できる。レッドストーンやダイヤといった各種鉱石を厭というほど大量に生成させたり、急峻な地形が続く難易度の高いワールドを生成させることも可能。
  • ゲームの拡張性
    • 家庭用版(以下CS版と記述する。)は見た目を変えるスキンパックやテクスチャパックに加え、『Skyrim』や『マスエフェクト』、任天堂ハード版限定で『スーパーマリオ』といった作品を題材にした特別なBGMが流れるワールドを散策できるマッシュアップパックのようなDLCが豊富に用意されている。
    • PC版においてはスキン/テクスチャパックの変更が非常に容易で配布サイトなども充実しているが、これだけではない。
      Javaの知識があれば発想次第で何でも作れる拡張性があり、オブジェクト追加にシステム改善、ゲームシステムそのものやレンダリングシステムまで変えてしまう物など数多くのMODが存在する。
      • SKYRIMのThe Elder Scrollsシリーズと同じように、Minecraftの真のスタートはMOD導入からと唱えるプレイヤーもいたりする。市販のガイドブックでもPC版を前提に紹介する書籍が多い。
      • 多少なりともPCの知識はいるが、導入も大半は非常に容易で、Minecraft本体自体にMOD管理機能を備えているので差し替えの手間もそれ程ない。必須MODにも管理機能を備えるものが主流になっているため、マネージメントも容易である。
      • 大型やシステム変更を行うMODはスクリプトその物を置き換えたり、頻出する命令などを内包したAPIを収録したMODを入れなければならないケースもある。そこは情報サイトなどを見ながらつきあっていくべきだろう。
  • マルチプレイで盛り上がれる
    • どの機種においてもマルチプレイモードを備えている。協力してダンジョンや洞窟に挑むもよし、一人ではできない巨大建築に挑むもよし、あるいはCS版なら対戦用ミニゲームで、PC版でMODが使えるなら対戦ゲームに変えて乱闘するか…。
    • PC版であれば有料でサーバーレンタルもできるが、多少のネットワーク等の知識があれば少しの手間で自分で専用サーバーだって立てることが出来る。
      • 自分の作った珠玉の建築を公開するワールドを作ったり、仲間同士で同じワールドを探索することも可能である。
      • 前述のMODでカスタマイズすることでその可能性は大いに広がり、アスレチックレースにお化け屋敷探索の様な物や、中にはSplatoonのナワバリバトルを再現してしまったユーザーもいる。
  • アップデートと続々追加されるコンテンツ
    • 正式リリース以降大小のアップデートがそこそこの頻度で行われ、バイオームやモンスター以外にも空を飛ぶ装備など様々なコンテンツが追加されている。
    • 先述のCS版のマッシュアップパックや、対戦ミニゲームの追加ステージ等の有償コンテンツを除けば、基本システムの変更を伴うゲーム内要素の追加は無償で行われ中々飽きさせない。ゲームソフトを買うだけで長く遊べるのは子供にも財布にも優しい。MODが使えないCS版でもアップデートによる拡張性に期待できる。
    • 旧世代機となったWii U、Xbox 360、PlayStation 3、PlayStation Vita向けのアップデートは、現行バージョンであるJava版1.13に相当する内容へのアップデートを以て終了した。

賛否両論点

  • 要求される建築センス
    • 格好いい建物を作るにはそれなりの研究と練習(そして大量のブロックと長い手間を惜しまぬ熱意)が必要。豆腐建築から脱却するまでのハードルは高くついている。
    • もっともこの手の問題は形を縛らないコンストラクションものにはよくあることであり「それなりに凝ったものを作ろうとすれば創意工夫と努力が必要になる」というだけでなので、適当にひたすら積み上げていくだけでも問題ないし、「凝ったものを作れるようになれなければゲーム自体を楽しめない」というわけでもない。そうした点を含めて自由度が高いと言える。
    • マルチプレイでも「楽しむ事が大事」としてあまり気に留められない事が多いが、他のプレイヤーと協力して建築したり、あれこれ建築ノウハウを教えあったりするのも一興だろう。
  • ブロック・小道具の偏り
    • ブロック自体の種類は多いが、家具がほとんど作れない。それらしいものは作業机やかまど・本棚ぐらいで、普通のテーブル・椅子・戸棚は用意されていない。
      • とはいえ、この制約がプレイヤーサイドで様々な創意工夫を生み出す土壌にもなっていることは間違いなく、「階段ブロックをベンチに見立てる」「柵の上に感圧板か絨毯を置くか、階段ブロックを逆に置いてテーブルに見立てる」といった工夫が広く行われている。
      • 実際に、デフォルトで生成された村の家でも、感圧板や階段を用いた家具が配置されている。
    • ブロックの種類からして、建築物のジャンルが歴史的、ファンタジー的に偏りがち。現代的はまだしも、未来的なものは厳しい。
      • PC版ならMOD、CS版なら有料DLCでそれらしい見た目に変えることは出来るが、根本的な手段にはなっていない。
  • 高すぎる自由度の負の側面
    • チュートリアルなどもなく急にゲームの世界に放り込まれるので何をすればいいかわからない、クエストなどもないので何を目標にすれば良いか分からないと感じる層もいる。プレイヤーがゲームに自身で面白さを見出す事ができるかで評価も変わってくる。
  • 日本人から見れば少々悪趣味な面もある。
    • 全体的に立方体の集合体のようなマイルドな見た目ではあるが、家畜を殺して食料やアイテムを入手する必要もあったり、
      アイテムの中には「クモの目」等の不気味なものや、リスクは伴うが食べる事も出来るゾンビがドロップする「腐肉」も存在する。
      また、心当たりがあるなしに関係なく突然ホラーな効果音が聞こえたりして、驚かされる事も。
    • 食料を食べた後のゲップの音声も、食事を行う度に毎回聴くハメになるため、慣れないうちは気持ち悪く感じられ易い。
    • ただ、こう言った要素があることで「いかにもサバイバルをしている」という雰囲気づくりの役にも立っているため、一概に悪い点とは言い切れない。

問題点

  • 戦闘が単調気味
    • モンスターのアルゴリズムはシンプルなのでパターンを掴めば対処はしやすい。
      • アップデートで既存のモンスターの強化版など、手ごわい物も増えている。
      • しかし、プレイヤーなどの標的に対して、変化が伴う地形から移動可能な進路を割り出して近付いてきたり、移動できない地形であれば無駄に動かなかったり、移動に関してはかなり賢い。
    • ただし回復は満腹度を消費することで時間経過で回復するので高難易度でゴリ押しはきかない。
      • また、食料は満腹度が一杯の時には使用出来ない為、連続での使用に制限がかかる場合もある。
    • ダメージを受けた際のエフェクトが全て同じ。
      • 統合版では落下時や水中での窒息時のダメージでも、普通に打撃を受けた際と同じ、「パシッ」という効果音と共に画面が揺れるエフェクトであるため、何でダメージを受けているのか、すぐには判別がつきにくい。
  • 困難な位置把握
    • ブロック単位の組み合わせで地形が構成されているため、同じような景色が続き迷いやすい。
    • 更に、ひとたび道に迷うと帰るのに苦労する。地図は存在するが手に持っていないとマッピングされて行かない。そして地上部分しか記録されないので、もっとも迷いやすい地下で役に立たない。生活拠点のxyz座標を控えておくのは基本とされる。
    • 地下や洞窟への冒険の際は縦移動が加わるので、無為に穴を掘り進める、自然生成された洞穴を下手に突き進むと地上への脱出が難しくなりかねない。
  • 移動の手間
    • 初期の頃は移動の手間はかなり掛かった。座標などを把握していないと狩りや採集の際に迷子になってしまい生活拠点に戻る事すら苦労した。
    • 資材の調達などで大量の荷物を輸送するのも一手間掛かるので、近隣の資源を取りつくしたりすると遠方からの調達が必要なのでいろいろ面倒である。
    • ただし以下の通り、アップデート毎に移動と輸送の手段が増えてきている。(以下のVer表記はJava版に準拠。)
      • レールや各種パーツを敷設する必要が有るがトロッコを使えば高速に移動と大量の資材を輸送できる。
      • ハイリスクではあるが、ネザーと通常世界との関係をうまく利用すれば、相当の距離の間を短時間で移動できる。
      • Ver1.6から馬や豚等に騎乗することもできるようになっている。長距離移動のみならずこれらは装備を後付けでき、バッグを追加すれば資材の大量輸送にも寄与してくれる。
      • Ver1.9から空を高速で滑空できるアイテムも実装された。更にとある既存のアイテムがVer1.11から推進剤として使えるようになり、事実上の飛行も可能になった。
      • Ver1.13から本格的な泳ぎが可能となり、水に関する効果のある防具が無くとも水中での自由度が高まった。
  • アップデートでの新要素反映の問題点
    • アップデートによって新たに実装された要素のうち、地形に関係するものに関しては既に生成されたワールドの部分では一切反映されることがない。
      • そのため、新要素を自分の目で確かめるには今まで行ったことが無い未生成の地域まで足を伸ばすか、ワールド自体を作り直す必要がある。
    • CS版は、Java版と統合版と比べてバージョンの遅れが生じている。*4
      • 逆に先述のミニゲーム、アイテムの説明等のJava版と統合版には無い要素があったり、価格も若干安価であるため、値段相応といったところ。
      • ただし任天堂ハード版は、他機種と同様に遅れながらもJava版と統合版よりも高め。(後述の『統合版』ではバージョンの差はほぼ改善された。)
  • 各ソニーハード版は追加コンテンツのクロスバイができなくなった。
    • スキンなどはそれぞれ機種毎に個別で買わなければならない。
  • Vita版について
    • 状況にもよるがフレームレートがかなり不安定。オブジェクトの配置によっては一桁台に落ちることもある。
    • 現在ではある程度改善されているがアプリケーションエラー*5が発生することもしばしばあった。
      • 本作はPS3/360の時点でもパフォーマンス面で厳しい点*6があるため、マシンパワーの面でかなり無理をしているのだと思われる。

総評

戦闘・クラフト・建築…やり始めると終わりが見えないMinecraftは、近年のゲームに無い魅力にあふれている。
プレイスタイルを強要されず、ゲームの難易度もそこまで高くないので少しプレイすれば、出来ることは格段に広がりを見せてゆくので自分のペースで楽しんでゆくことが出来る。
発売しばらく後に単なるゲームの域を超え、国内外の公共・教育機関等がMinecraftを知育玩具・教育教材としての利用する例があるなど、単なるゲームに留まらない潮流を生み出している。
YouTubeやニコニコ動画等の動画サイトの隆盛などとも時期が近かった事も有り、様々な動画投稿者の実況プレイや、枠に当てはまらない様々なプレイスタイルの動画が広まった事もヒット要因の一部とも言えよう。
ゲームへのモチベーションはプレイヤーが自らの手で作り出すという点については保守的なゲームプレイヤーにとって賛否は分かれるかもしれないが、自分なりの楽しみ方を見つけさえできれば、発想次第で幾らでも楽しみ方が広がる余地を持つので簡単に飽きはしないだろう。
一本道のゲームに飽きたプレイヤーやオープンワールドでの単調なお使いに嫌気がさしたプレイヤーに手にとって見ていただきたい。


余談

  • 元のPC版はJavaでプログラムされていたため、PCだけでなく各CS向けやスマートフォン向けと幅広く移植されていった。
  • 統合版(Bedrock Edition)
    • スマホ版『Pocket Edition』からの発展版。2017年のE3にてiOS、Android、Windows 10、Xbox One、Nintendo Switch、VR間での各移植版を全て統合しクロスプレイに対応する「Better Together Update」が発表され、Nintendo Switchが最後になる形で統合版へ順次移行されることになった。
    • 統合版は原作PC版と同様の無印表記である一方で、原作PC版にはCS版と同様に『Java Edition』の表記が追加された。
    • 世界のサイズは無限になった一方で、c++で作られた独自のエンジンを採用している事から、動作もやや軽量になっている。
    • Nintendo Switchの場合、『スーパーマリオ マッシュアップパック』を使って作られた世界や、マリオシリーズのテクスチャパックとスキンパックを使っている間は版権の都合上クロスプレイは出来ず、Switch同士でしか通信できない。
      • テクスチャパックとスキンパックに関しては適用している間だけクロスプレイが不可能なだけで、他のものに変更すれば、再度クロスプレイが可能になる。
    • 諸事情により2018年現在ではPlayStation 4向けの統合版は配信されていない。
      • また、先述の旧世代機であるPS3/PS Vita/Xbox 360/Wii Uも統合計画から外された。
  • 見た目はレトロなドットテイストだが3Dゲームであるため、PC版をそれなりの画質設定で快適に遊ぶにはグラフィックボードは必須レベル。「とにかく遊べれば良い」なら設定を落とす手もあるが。
    • 「Minecraft Japan Wiki」には推奨スペックの解説も載っているので、自身のPCスペックで大丈夫か不安な場合は参考にすると良いだろう。
  • 2014年にMicrosoftがMojanABを買収しており、Notchは退社している。彼としてもMinecraftは既に自らの手を離れたという認識がある。今後も新たなゲームや実験作を作っていくとのことである。
  • モンスターのクリーパーは元は豚のモデルの失敗作を流用したものである。後に別途豚のモデルも作られ実装されている。
  • Telltaleより『Minecraft: Story Mode』という作品がリリースされているが、本作とは別物の純粋なADVのゲームである。
    • 2017年11月現在、Season 1は日本語化はされていないが、Season 2は日本語吹き替えされた上で販売されている。
  • 総評で述べたように、「プレイヤーの創意工夫に委ねる」というゲームデザインに知的教育としての活用を見出され、教育現場での採用も増えつつある。
    • モノの成り立ちが目に見える事から、プログラミングなどと絡めたカリキュラムも多い。それに対応してか、Pocket Editionベースの教育機関向けのPC版『Education Edition』も開発されている。
      • 戦闘要素が削られ、管理者(先生)によるプレイヤー(生徒)の管理機能が強化された特別カスタム版となっている。
  • 『Nintendo Switch Edition(≠統合版)』の発売に合わせてYouTubeの任天堂公式チャンネルにて、よゐこによるプレイ動画「よゐこのマイクラでサバイバル生活」が公開された。
    • 本動画はSwitch内のゲームニュースでも視聴が可能となっている。
    • プレイ内容と目的は概ねJava版と他CS版と共通であり、機種を問わない宣伝にもなっている。
      • 「創造神」ことよゐこ有野氏の突出した創造力、洋館炎上事件等様々なハプニングを引き起こす「破壊神」ことよゐこ濱口氏のプレイ、熟練コンビによる掛け合い等見どころも多い。
    • ゲームに詰まった際にはSwitchとTwitterの連動機能を用いて視聴者にアドバイスを貰うという方法を取っており、SwitchとSNS連動機能のアピールにもなっている。
  • PS Vita版はPS Vitaソフトで唯一のミリオンセラーかつハーフミリオンであり*7、PS Vitaは本作以外のソフトが売れないことから「マインクラフト専用機」と呼ばれることが多い。