ASSASSIN'S CREEDシリーズリンク

設定上の時系列は、⇒ オリジン ⇒ 1 ⇒ ブラッドライン ⇒ 2 ⇒ ブラザーフッド ⇒ リベレーションズ ⇒ チャイナ ⇒ 4 ⇒ ローグ ⇒ 3、3レディリバティ ⇒ ユニティ ⇒ インディア ⇒ シンジケート ⇒ ロシア の順。~
現代パートは発売準に同じ。

機種 タイトル 時代設定 主な舞台 概要 判定
本編シリーズ
PS3/360/Win ASSASSIN'S CREED 12世紀末 エルサレム周辺 紆余曲折あって発売されたシリーズ一作目。
この頃はまだ粗も多かった。
なし
ASSASSIN'S CREED II 15世紀・ルネサンス期 イタリア各所 前作を改良し、一躍人気シリーズに押し上げた名作。
「世界一安いイタリア旅行」に行こう。
ASSASSIN'S CREED BROTHERHOOD シリーズ初のマルチプレイを搭載。
前作からさらに改良されたシステムは未だに評価が高く、マルチプレイも好評。
ASSASSIN'S CREED REVELATIONS オスマン帝国 舞台はイタリアからコンスタンティノープルへ。
エツィオサーガの最終章にしてアルタイルの物語完結編。
PS3/360/
WiiU/Win
ASSASSIN'S CREED III 1753~1783年 北アメリカ東海岸 ストーリーは独立の熱気高揚するアメリカへ。
新エンジンによりグラフィックはさらに進化し、シングルプレイのボリュームも増大。
一方で多数のバグや新システムなど賛否の分かれる点もあり。
なし
Switch ASSASSIN'S CREED III REMASTERED ※2019年8月23日以降記事作成可。
PS4/PS3/
One/360/
WiiU/Win
ASSASSIN'S CREED IV BLACK FLAG 1715~1725年・海賊黄金時代末期 カリブ海 広大なカリブ海をオープンワールド化。『III』で好評だった海戦がパワーアップ。
アサシンクリード異端の海賊ゲー。
PS3/Win/
PS4/One
ASSASSIN'S CREED ROGUE 1756~1763年 北大西洋 『III』『IV』と続いたケンウェイサーガの最終章。
テンプル騎士団へ寝返った元アサシンが主人公。
PS4/One/Win ASSASSIN'S CREED UNITY 18世紀末 パリ フランス革命期に暗躍するアサシンの物語。
前評判の高さに反して革命に殆ど絡まないストーリーや多数の不具合から『III』以上に賛否の分かれる作品となった。
新世代機のスペックにより緻密に再現されたパリの街並みやフリーランは好評。
賛否両論
ASSASSIN'S CREED SYNDICATE 1868年・ヴィクトリア朝時代 ロンドン 近代化が進む大都市でアサシンとテンプル騎士団の戦いは続く。
尖りすぎた前作の反省を活かしたのか、今作はバグも少なくゲームバランス的にも遊びやすい。
ASSASSIN'S CREED ORIGINS 紀元前49年 エジプト プトレマイオス朝末期の古代エジプトを舞台に、アサシン教団とテンプル騎士団の今後数世紀に渡る争いの起源が描かれる。
レベル制が導入され、RPG寄りの作風に。
PS4/One/
Switch*1/Win
ASSASSIN'S CREED ODYSSEY 紀元前431年 ギリシャ 都市国家が乱立する古代ギリシャで、スパルタとアテナイが覇権を争うペロポネソス戦争が舞台。前作オリジンズのシステムをブラシュアップし、4譲りのオープンワールド海戦をエーゲ海で繰り広げることができ、新システムとして主人公の男女選択や、ストーリーに影響を及ぼす会話中の選択肢がある。
スピンオフ
PSP ASSASSIN'S CREED BLOODLINES 十字軍時代 中東 『I』と『II』の間を繋ぐ番外編。
雰囲気はアサクリだがボリュームが致命的に少ないため評価は低い。
なし
PSV ASSASSIN'S CREED III LADY LIBERTY 1765~1777年 ニューオーリンズ IIIの外伝。三種のペルソナに変身する女性アサシンが主人公。
PS3/Win ASSASSIN'S CREED III LADY LIBERTY HD 上作品のHD+改訂版。Win版は海外版準拠のためタイトルが『Liberation HD』になっている。
PS4/One/Win ASSASSIN'S CREED CHRONICLES: CHINA 1526年 明朝中国 エツィオの元での修業を終え帰国したシャオ・ユンが中国のアサシン教団を再興すべく戦いをはじめる。
シリーズ異色の2.5D横アクション。低価格ソフトだが出来は良好。
ASSASSIN'S CREED CHRONICLES: INDIA 1841年 シク王国インド 日本未発売のコミック版シリーズの後日談にあたり、元盗賊のアサシン、アルバーズ・ミールと東インド会社の戦いを描く。宝石、お姫様、地下迷宮と『千夜一夜物語』を彷彿させる異色作。
『CHINA』と比べるとアスレチック要素に比重が置かれており、難易度は高め。
ASSASSIN'S CREED CHRONICLES: RUSSIA 1918年 ロシア 前作同様コミック版シリーズの後日談。十月革命後の体制に幻滅し、亡命の決意を固めたアサシン、ニコライ・オレロフは亡命の切符と引き換えに受けた任務でアナスタシア・ニコラエヴナと遭遇し・・・。
第一次世界大戦後が舞台ということもあり従来のシリーズとは雰囲気が異なり、近代兵器に苦しめられる場面も。
操作キャラが2人になり、場面によって切り替わる。
Win Discovery Tour by Assassin’s Creed: Ancient Egypt 紀元前49年 エジプト 『ORIGINS』の無料アップデートで追加されたディスカバリーツアーを全年齢向けに単体化した学習用ソフト。
彫刻にセルフ検閲が入っている事が賛否両論に。
カップリング
PS3/360 ASSASSIN'S CREED I+II ウェルカムパック 『I』『IIスペシャルエディション』のセット。
PS3/360 ASSASSIN'S CREED EZIO SAGA 『II』『BH』『RV』のセットに「アサシンクリード エンサイクロペディア ブラックエディション」を付属。
PS3 ASSASSIN'S CREED CONNOR SAGA 『III』『LL HD』のセットに「アサシンクリード エンサイクロペディア ホワイトエディション(第二版)」を付属。
PS4/PSV/
One/Win*2
ASSASSIN'S CREED CHRONICLES 『CHRONICLES』三部作のセット。
PS4 ASSASSIN'S CREED EZIO COLLECTION 『II』『BH』『RV』と映像作品『Lineage』『Embers』を収録。マルチプレイは非収録。


国内未発売

機種 タイトル 時代設定 概要 判定
DS ASSASSIN'S CREED: ALTAIR'S CHRONICLES 十字軍時代
ASSASSIN'S CREED II: DISCOVERY ルネサンス期


モバイル

当Wikiでは評価対象外

機種 タイトル 時代設定 概要
Assassin's Creed: Recollection ルネサンス期
iOS Assassin's Creed: Multiplayer Rearmed ルネサンス期 『II』のスピンオフ。
iOS/Android Assassin's Creed: Pirates 海賊黄金時代末期 『IV』のスピンオフである海賊ゲー。
iOS Assassin's Creed Memories 複数の時代と地域 カードバトルRPG
Assassin's Creed Identity ルネサンス期
Assassin's Creed: Project Legacy 『BrotherHood』と連動したFacebookアプリ


開発中止

機種 タイトル 時代設定 概要
3DS ASSASSIN'S CREED: LOST LEGACY ルネサンス期 開発中止に伴い、本作のプロットの一部はREVELATIONSに組み込まれた
iOS/Android Assassin's Creed: Utopia 植民地時代のアメリカ 街作り要素とステルスアクションの要素が合わさったゲーム


関連作品

機種 タイトル 概要 判定
PS4/One/Win ゴーストリコン ワイルドランズ 『4』とのコラボコスチュームのDLCが配信。
PS3/360 ファイナルファンタジーXIII-2 『RV』版エツィオのコラボコスチュームのDLCが配信。 なし
メタルギアシリーズ 『4』にアルタイルの衣装が、『PW』にイーグルダイブや藁束(型のダンボール)からのカバーアサシンが登場。
Watch Dogsシリーズ ハッキングをテーマにしたオープンワールドアクション、アサクリシリーズと世界観を共有している。

シリーズ解説

ユービーアイソフトが展開する暗殺者を題材にしたステルスアクションゲームシリーズ。略称は『アサクリ』。
アサシンの子孫である現代の青年デズモンド・マイルズが、アブスターゴ社の開発した先祖の記憶を疑似体験するシステム「アニムス」にて様々な時代を舞台に歴史的事件を追体験しつつ、アブスターゴの裏にいる秘密結社「テンプル騎士団」が探し求める「エデンの林檎」を巡る戦いに巻き込まれていくというストーリー。
主人公はあくまでデズモンドであるが*3、メインとなるアニムス内で操作するアサシンがもう一人の主人公であり、タイトルごとに時代とともに変更される。

パルクールを取り入れたフリーランアクションが最大の特徴で、建物の壁や屋根を自在に飛び移って移動することが出来る。
マップもこの要素を活かすようにオープンワールド形式で、広大な街中を自在に飛び回りターゲットを暗殺していく事となる。
また、舞台となる時代の風景を緻密に再現した世界観も好評で、シリーズを人気作品に押し上げた『II』は「世界一安いイタリア旅行」と宣伝された。

現代編のストーリーは『III』で一端は区切られたものの、その後も年一作という早いペースで作品がリリースされることから乱発されているという批判も強い。
実際、このペースの早さが災いして『Unity』では大量のバグや最適過不足による質の低下を招いてしまい、株価にも影響が出てしまった。
これを受けてか、ユービーアイソフトから2016年におけるシリーズ休止宣言*4が出ていた。

メディアミックスも盛んで、小説、コミック、アニメ、映画、Webサイトなど様々なメディアで展開され、ゲーム本編とも緻密に絡んでいる。中には戦国時代の日本が舞台のストーリーも。
特に現代編のストーリーは『IV』以降、ゲーム以外のメディアが中心となり、ゲーム中のそれは他メディア版との繋ぎ的な内容に留まっている。 しかし日本ではこれらがローカライズされておらず、日本語化されているのは『II』の前後を描いた実写ショートムービーとアニメ、2016年(日本では2017年)上映の映画版とその小説版のみ。そのため我々が触れられるゲーム本編だけだとどうしてもストーリーの説明が不足するのが日本固有の難点。