このページでは『こんなアタシでも…』『ゴメンなさい…アタシのせいで』『こんなアタシでゴメンなさい…~真冬外伝~』(すべて判定なし)を紹介する。


こんなアタシでも…

【こんなあたしでも】

ジャンル おねがいアドベンチャーゲーム
対応機種 Windows 95/98/Me
発売・開発元 WINTERS
発売日 2001年7月27日
定価 8,800円(税別)
レーティング アダルトゲーム
配信 XP対応:2007年10月10日/2,500円(税別)
備考 移植多数あり。詳しくは後述
判定 なし
ポイント 魔性のビッチヒロイン真冬

概要

WINTERSの2作目。
ライターは本ブランドのみで活動している平井次郎氏。 略称は『こんアタ』。

ストーリー

真冬は自ら、「不特定多数の」
「愛情のかけらも抱いていない」
「名前さえも知らない」
男達と体を重ね合い、舌や唇を
むさぼりあいます。
男子学生である主人公は、そんな真冬のことを好きになってしまいます。
真冬は、そんな主人公に言い放ちます。
「こんなアタシでも、好きになってくれるんですか…?」 (公式サイトより抜粋)

キャラクター

東雲真冬 (しののめ・まふゆ)

  • メインヒロイン。
  • 身体だけを求めて誰とでも寝る。

葉川有香 (はがわ・ゆか)

  • 幼なじみ。
  • 主人公のことを気にかけており、真冬と別れさせようとしている。

湖北洋子 (こほく・ようこ)

  • 主人公と同じバイト先の女子大生。
  • 男性恐怖症。

特徴

  • 選択肢で分岐するアドベンチャーゲーム。
    • 選択肢に応じてエンディングが変わる。各ヒロインとのエンドの他にバッドエンドが多数ある。
  • 主人公は真冬に一目ぼれし、告白をするも受け入れられない。
    • 諦めない主人公は再度告白。すると真冬は主人公を試すために、不特定多数の男と寝るところを見せ付ける。
    • 以降、真冬が他人と寝るのを見せ付けられるたびに、プレイヤーは真冬のことを諦めるかどうかを選択する。
      • 諦めるを選択すると、主人公も諦めて即座にエンディング。
    • 他の2人のヒロインは比較的まともな性格で、主人公にある程度好意を持っている。彼女らと結ばれるような選択をすると個別エンド。
  • テキストに「…」が多用される。

鬱要素

+ エンディングのネタバレ
  • 真冬エンド以外では、真冬は殺されることもある。
    • 関係を持ちすぎてモブの男に殺される。有香に報復として刺殺されるなど死因は様々。
  • 真冬エンドもすっきりしない
    • 彼氏彼女の関係になっても真冬の性格は変わることなく、不特定多数の男と関係を持ちたがる。
    • 主人公は自分だけが真冬を抱くために、首輪をつけて真冬を管理する。
    • 要はお互いにネジが外れたまま、付き合い続けることを選ぶ。

評価点

  • 当時の基準でも稀有な設定
    • ヒロインが付き合った後も、他の男と寝続けるという異例の設定。
    • 質はともかく挑戦的な姿勢は評価できる。
  • キャラの性格が最後まで一貫している。
    • 安易に改心するご都合主義がない。
  • 真冬に惹かれた人もいる。
    • エロゲ界でも珍しいヒロインだが、悪魔的な魅力を感じた人もいる。
    • 発売から10年以上経っても、類似するヒロインはほとんど見られないほどあくが強い。
  • エロシチュエーションが多様
    • 真冬は特に変態じみたシチュが多め。

問題点

  • ボリューム不足
    • CGコンプリートまでさほど時間はかからない。
    • 後述のファンディスクとセットで、ようやくフルプライスに見合うレベル。
  • コンフィグ
    • Enterキーを押すと数ページ飛んでしまうため、実質クリックしか使えない。
    • セーブした時間しか表示されないため、時間を置くとどのシーンか分かりにくい。

総評

ビッチヒロインをメインに据えた異色作。
ある意味「純愛」とも言える独特の内容は、一度プレイしたら忘れられない。


ゴメンなさい…アタシのせいで

【ごめんなさい あたしのせいで】

ジャンル 嗜虐心充足アドベンチャーゲーム
対応機種 Windows 95/98/Me
発売・開発元 WINTERS
発売日 2001年12月20日
定価 8,800円(税別)
レーティング アダルトゲーム
配信 2007年11月6日/2,200円(税別)
備考 移植多数あり。詳しくは後述
判定 なし
ポイント コンセプトが今ひとつ

概要(ゴメあた)

前作から半年足らずで発売された、WINTERSの3作目。
引き続き特異な設定である。
『こんなアタシでも…』と同シリーズとして扱われることもあるが、特に繋がりはない。
略称は『ゴメあた』。

ストーリー(ゴメあた)

主人公の男子学生は、『自分に対して全く自信が無い男』です。
『自分なんか、女の子に好かれるはずがない』と、諦めきっている男です。
そんな彼のことを『好き』だという女の子が現れます。
それが当ソフトのヒロイン・哀沢涙(あいざわ・るい)です。
彼女は、『ほんの些細なことですぐにめそめそ泣いてしまう女の子』です。
自分に対してかけらの自信すら宿していない主人公は、
涙の『好き』という気持ちを信じることができません。
その結果、涙を『いじめて』しまいます。
『こんなにひどい仕打ちをしてもなお、自分のことが好きなら‥
その時初めて、涙の心を信じられる気がする…』
歪んだ愛の形が、ここにあります…
女性キャラはフルボイスで『泣きます』『嘆きます』‥
でも、『微笑みもあります』
哀沢涙は、幸せになれるのでしょうか…
 (公式サイトより抜粋)

特徴(ゴメあた)

  • 基本的なシステムは前作と同様。
    • メインヒロインの涙が中心。他の2人はサブヒロインという位置付け。
  • ストーリーの項目で述べたように、主人公に好意を抱くヒロインの涙をいじめるのが主な流れ。
    • ただし、いじめるとバッドエンドになる。

問題点(ゴメあた)

  • 説明不足
    • 「何故主人公を好きになったのか」という疑問は最後まで解消されない。
    • どのルートでもうやむやなまま終わってしまう。
  • 普通(?)になってしまったシナリオ
    • 前作と逆に、涙に酷いことをするとゲームが終了する。
    • 例えば「涙に喫茶店で水を顔に浴びせる」「公園の木に縛り付ける」とその時点でバッドエンド。
    • モラルに反する行為で、バッドエンドになるのは妥当である。
      だが、ある意味純愛の前作に惹かれたプレイヤーには不評。
  • 前作から引き継いだ問題点
    • ボリュームの薄さ、コンフィグの悪さは改善されていない。

評価点(ゴメあた)

  • 抜きゲーとして
    • CGや声優は水準レベル。
    • シチュエーションも前作ほど人を選ばない。
  • キャラゲーとして
    • すぐに泣くヒロインという設定に惹かれたプレイヤーも存在する。

総評(ゴメあた)

抜きゲーとしては普通寄りになった。
真冬が強烈なインパクトを残した前作と異なり、いまいち印象に残りにくい作品。
単体で買うことはお勧めしない。オムニバスのおまけとして遊ぶのが良いだろう。


こんなアタシでゴメンなさい…~真冬外伝~

【こんなあたしでごめんなさい まふゆがいでん】

ジャンル それからADV
対応機種 Windows 98~XP
発売・開発元 WINTERS
発売日 2005年4月28日
定価 8,800円(税別)
レーティング アダルトゲーム
配信 2007年11月7日/2,200円(税別)
備考 『こんアタ』『ごめアタ』同梱
判定 なし
ポイント 鳴りを潜めた真冬
システム面は向上

概要(外伝)

過去作『こんなアタシでも…』『ゴメンなさい…アタシのせいで』に
後日談『こんなアタシでゴメンなさい』を追加したオムニバス作品。

ストーリー(外伝)

アツノリだけを愛すると心に誓った真冬ですが、とある経緯でアツノリと
数日の間離れることになってしまいます。
アツノリだけを想いながら、真冬はアツノリの帰りを待つのですが…
(公式サイトより抜粋)

特徴(外伝)

  • 『こんアタ』で主人公と真冬が結ばれた半年後の後日談。
  • 主人公と離れた真冬は主人公以外と寝ないように、性癖を抑えて努力する。
    • しかし、そんな真冬を狙う男たちが現れる。選択肢によって真冬が襲われるかどうかが決まる。

問題点(外伝)

  • 真冬の性格が変わった。
    • 本作の真冬は、喜んで抱かれていた『こんアタ』とはかなり異なる。
    • 本作のエロシーンの大半は無理やり男に抱かれるもの。真冬は主人公以外と寝てしまったことに罪悪感を感じ、自殺する。
    • 男から逃げることに成功すれば、主人公と抱き合ってエンディング。
    • 人としては普通になったが、『こんアタ』に魅力を感じた人からは不評。
  • テキストを読む際に若干不具合があった。
    • パッチで改善した。
  • 同梱作品はベタ移植。誤字脱字等もそのまま残っている。

評価点(外伝)

  • 3作品を同梱している
    • ようやくフルプライスに見合った内容になった。
  • システム、CGは向上。
    • 大画面に対応し、コンフィグも多少だが使いやすくなった。

総評(外伝)

後日談の評価はいまいち。
3作品を同梱しているので、価格はようやく見合ったものになった。
DL版は後日談のみの単体発売なので注意。

移植等

このブランドは再販や同梱版が多い。

+ 移植一覧
  • 冬箱
    • このブランドのメイン『KISSシリーズ』以外のオムニバス。
      『こんなアタシでも…』
      『ゴメンなさい…アタシのせいで』
      『真冬外伝』
      『アンバランス~彼女の心は奪えない?~』
      『こんな魔法少女…アタシはレミィ』
      『感覚の鋭い牙』の6作を収録。
  • WINTERS二重箱
    • オムニバスソフト『KISS×∞』と上記の『冬箱』のセット
    • 合計で13作収録という大ボリューム。
  • メガストア2014年8月号
    • エロゲ雑誌の付録。
      『こんなアタシでも…』
      『ゴメンなさい…アタシのせいで』
      『真冬外伝』を収録。
  • WINTERSぜんぶ
    • タイトル通りWINTERS全作品のセット
    • 合計で18作収録という大ボリューム。
  • これだけ移植したほかDL販売もあるので、初回版などは軒並み値崩れしている。

余談

  • 公式サイトが、商業とは思えないほど安っぽい。
    • なお10年以上経っても、このブランドのサイトは変わっていない。
  • 前述したようにこのブランドは『KISSシリーズ』がメイン。
    • 時折シリーズ作品以外も発売していたが、現在では『KISSシリーズ』のみが発売している。