ウルトラ闘魂伝説

【うるとらとうこんでんせつ】

ジャンル アクション
対応機種 アーケード
発売元 バンプレスト
開発元 キッド
稼動開始日 1993年
判定 ゲームバランスが不安定
ポイント 原作再現はまあまあ
挙動が色々とおかしい
ウルトラマンゲーム・リンク


概要

  • 国民的特撮番組『ウルトラマン』のキャラクターを用いた『ファイナルファイト』タイプの横画面ベルトスクロールアクション。~怪獣軍団の襲撃を受けて重傷を負ったレオ、80の代わりに地球を守るべく、ウルトラ兄弟が怪獣軍団と闘うという話。
    • 8方向レバー3ボタン、全6ステージ。2人同時プレー可能。
  • 開発はしばしばアルュメと間違われる事があるが、後に『Ever17 -the out of infinity-』等のアドベンチャーゲームを手がけるキッドが担当している。
  • 登場するキャラクターはリアル頭身ではなく、全て2頭身デフォルメがなされている。

システム

  • 8方向レバーで移動、2回連続で同じ方向に入れるとダッシュが可能。
  • Aボタンで攻撃。敵に接近して連打するとコンボ攻撃を繰り出す。
    • 前述のダッシュと組み合わせる事でダッシュ攻撃が出来る。
    • また、Aボタンを押しっぱなしにして離す事で溜め攻撃が可能。押している間は歩行が可能で、さらに押している時間が長ければ長いほど攻撃力と攻撃範囲が増すが、長時間惜しすぎているとばてて無防備になってしまう。
  • Bボタンでジャンプ。その場でジャンプする。
    • あまり使い道が無いが、2面ボスのエレキングの地震攻撃を回避する事が出来る。
  • Cボタンでウルトラボンバー。必殺技を放つ。発動中は無敵。
    • 画面下部のBの数だけ使用できる。こちらもキャラクター毎に性能が異なる。
  • 敵に接触すると相手につかみかかる。
    • 正面からつかんだ場合Aボタンで抱えて投げ飛ばす。持ち上げたまま移動も可能。
    • 背後から掴んだ場合Aボタン連打でジャイアントスイング。
      • 連打し続けている間ダメージを与え続けて周囲の敵も巻き込む強力な技だが、使用後は目を回して行動不能になる。
  • アイテムはウルトラボンバーとライフ回復カプセル(小・中・大)の2種類。
    • アイテムは特定位置まで進むと上から降ってくる。
  • 体力が無くなるか、制限時間が0になるとミス。残機を全て失うとゲームオーバー。

プレイヤーキャラクター

  • プレイヤーはウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンタロウの3キャラクターのうち好きなキャラを1人選択する。
  • ウルトラマン
    • 標準的な性能だが、専用のダッシュ攻撃とジャンプ攻撃を持つ。
    • ダッシュ攻撃は相手に飛び掛り、マウントポジションを取ってたこ殴りにする事が出来る。
    • ジャンプ攻撃は腕を広げて高速回転して浮遊し続ける事が出来る。
    • ウルトラボンバーは無数の八つ裂き光輪を放射状に展開する。運がよければ多段ヒットも狙える。
  • ウルトラセブン
    • コンボ技の隙が大きいが、ダッシュ攻撃の隙が少ない。
    • ウルトラボンバーは回転しながらエメリウム光線を乱射する。攻撃判定の持続が長く、多段ヒットを狙いやすい。
  • ウルトラマンタロウ
    • 溜め攻撃の攻撃力が2倍で、クリアに一番近いキャラと言われている。
    • ウルトラボンバーはウルトラダイナマイトを使用。発動後は無敵状態のまま高速移動ができ、敵に接触するか時間が経過すると爆発し、8方向に爆風を拡散させる。
      • 発動中は移動以外できず、攻撃判定は一瞬なので多段ヒットは不可能。

評価点

  • 個性的で豊富な行動
    • コンボ攻撃の百列パンチ、リスポーン時の急降下攻撃、ダッシュ攻撃からのマウントパンチ、背後つかみからのジャイアントスイングなど、他のベルトスクロールでは見られない個性的で豊富な行動ができる。
  • 独特のグラフィック
    • 「ウルトラマン倶楽部」のような2頭身デフォルメでありながら、怪獣特撮の生々しさを併せ持った独特のグラフィック。
    • ウルトラボンバーで止めを刺すとボス、ザコを問わず跡形もなく爆散したり、投げ技で止めを刺すと倒れた状態でもがいた後に息絶えたり*1一部生々しすぎる描写も。
  • キャラクターのユニークさ。
    • 煙草の煙で攻撃するメトロンや偽ウルトラマンに変身するザラブ、雷雲を呼ぶギラドラスなど、怪獣の特徴や個性をうまく捉えている。
      • このザラブ星人はご丁寧に偽ウルトラセブン*2にまで変身する。

問題点

  • 半端な再現度
    • 原作のマニアックなネタを色々入れておきながら、黒幕ポジションに据えられることの多いメフィラス星人がザコとして大量に出現したり、ウルトラマンの技の代表格とも言えるスペシウム光線が使えなかったりと逆に再現度に疑問が残るキャラも多い。
  • ベルトスクロールとしての挙動がおかしい
    • 一見よくあるベルトスクロールに見えるが、基本的な挙動に首を傾げたくなる部分が多々ある。
  • キャラ同士が重なれない
    • 敵、味方共に接触判定があり、重なる事ができず、一度に多くの敵を攻撃出来ない。多くても2~3体まで。
    • それどころか垂直上にキャラが重なると、キャラの上にキャラが乗っかってしまう。この状態ではキャラは空中にいると見なされ、同一ライン上の空中にいなければ接触できない。
    • 平面上での位置取りが基本となるベルトスクロールにとって、空中という状況は位置取りを誤認しやすく、敵の上に敵が乗っかり攻撃が届かない、飛び掛った敵の上に乗っかってしまい通常攻撃どころかボムすら誰にも当たらない、アイテムが乗っかったまま取得できない、そもそも誰がどこにいるのかよくわからないなど、これらの問題が頻繁に発生する。
  • 同士討ちの危険
    • 他のゲームでもよくある問題点だが、このゲームの場合は様々なシステムの恩恵により危険度が他のベルトスクロールとは比較にならない。なぜならば ウルトラボンバー以外はすべて敵味方の区別なしに攻撃が当たってしまう からである。
      • 敵だけに攻撃を与えられる手段はウルトラボンバーだけで、それ以外の攻撃判定はすべてのキャラに適応される。
      • 全体的に攻撃力が高くサクサクと敵を倒せる反面、味方に攻撃を当てた際もダメージの軽減など一切なく、基本コンボ一つで即死級の大ダメージを与えてしまう。
      • ミスした際には急降下攻撃ともにリスポーンするが、これも容赦なく味方に当たる。
      • 投げ技で投げた敵に攻撃判定が付いてるのはベルトスクロールのお約束だが、このゲームでは普通に殴り飛ばした相手にも攻撃判定が付いている。
      • 敵を挟み撃ちになどすれば、確実にどちらかが殴り飛ばした敵に当たってしまう。
      • 敵同士も放っておくと勝手に同士討ちを始め、勝手に殴り飛ばした敵にぶち当たることも多々あり、パターン化など夢のまた夢である。
  • 理不尽な難易度
    • 全体的に攻撃力の高さも相まって、油断するとあっというまにゲームオーバーになってしまう。
    • 回復アイテムもあまり回復しない。ステージクリアしても全く回復されない。
    • 後半ステージでは連コイン前提のワイワイプレイですら楽しむ余裕がない。
  • 凶悪なラスボス「暴君怪獣タイラント」*3
    • ほぼ画面端まで伸びてくるパンチ、隙の少なさ、異様に無敵時間の長い体当たりと今までのボスとは比較にならない強さ。ダメージ直後の硬直も短いため、コンボの最中に割り込まれる事も多い。
      • かと言って溜め攻撃で間合いを空けて攻撃しようとしてもリーチの長いパンチで返り討ちに会う。
    • 特に一番の問題は体当たり。発動直後から終わるまで(ボスの体が光る演出がある)一切の攻撃を受け付けない。そしてこの体当たりが変に慣性のある動きをしてくるのでかなり避けにくい。
      • 酷い時は連続でこの攻撃が行われる事もあり、この場合プレイヤーは何も出来ずにやられる可能性が高い。
      • 「出てきた瞬間攻撃をおっぱじめて反撃の隙を与えずここまでで溜めてきたウルトラボンバーと残機を使ってごり押しする」以外の攻略法が存在しない、と言われるほど。

総評

SDキャラらしいコミカルな戦いは目を引いたものの、メイン客層である当時の子供達では連コインでもクリアに届かず、ガチゲーマーからもゲームバランスが不安定と評価され、ゲーセンからの撤去も早かった。
本作もまた「キャラゲーに名作なし」を体現してしまったタイトルと言える。

関連動画