夏色ハイスクル★青春白書 ~転校初日のオレが幼馴染と再会したら報道部員にされていて激写少年の日々はスクープ大連発でイガイとモテモテなのに何故かマイメモリーはパンツ写真ばっかりという現実と向き合いながら考えるひと夏の島の学園生活と赤裸々な恋の行方。~

【なついろはいすくるせいしゅんはくしょ てんこうしょにちのおれがおさななじみとさいかいしたらほうどうぶいんにされていてげきしゃしょうねんのひびはすくーぷだいれんぱつでいがいともてもてなのになぜかまいめもりーはぱんつしゃしんばっかりというげんじつとむきあいながらかんがえるひとなつのしまのがくえんせいかつとせきららなこいのゆくえ】

※81文字以上のページを作成できない為、ページ名を『夏色ハイスクル★青春白書』だけに留めています

ジャンル オープンワールド学園恋愛アドベンチャー

対応機種 プレイステーション3
プレイステーション4
発売元 D3パブリッシャー
開発元 タムソフト
発売日 2015年6月4日
定価 【PS3】6,980円/【PS4】7,480円
(パッケージ版:税別、ダウンロード版:税8%込)
レーティング CERO:D(17才以上対象)
判定 クソゲー
ポイント なんちゃってオープンワールドパンツゲー
不親切なゲームシステム
最大の取り柄がアップデートで潰される
サントラとしては有用?


概要

  • D3パブリッシャーの完全新作ギャルゲーで、「オープンワールド学園恋愛アドベンチャー」と銘打たれた新ジャンルのゲーム。
    • オープンワールドと言えば『GTA』シリーズなどで有名だが、今作は恋愛要素がメインである。
  • 開発は『ドリームクラブ』『閃乱カグラ』でもお馴染み、女の子の3Dモデリングに定評のあるタムソフト。
  • 主人公は新聞部の部員(カメラマン)となり、取材の名目で様々なクエストをこなしていくのが主な流れ。女の子たちとの恋愛はもちろん、友情やスクープや不思議な出来事に満ち溢れており、自由に世界を楽しめる。
  • そして、名前も顔も異なった300人もの登場人物や150人以上のクエスト保持者が、プレイヤーのスクールライフに関与してくる。
    • 自転車に乗って島を巡ったり、海では釣りを楽しめたりと、スローライフ風味な要素もある。

あらすじ

日本のどこかにある小さな島「夢ヶ島」。
そして夢ヶ島唯一の学園『夢ヶ島高等学校』に、20XX年7月7日 一人の転校生が訪れる。
既に決まっている次の転校までの3ヶ月間 、プレイヤーはこの夢ヶ島高等学校(略称:夢高)の2年生として過ごすことになった。
限りあるひと夏の学園生活をどのように過ごすのか、すべてはプレイヤー次第です。女性報道部員たちとの関係は深まるのか、それともクラスメート達との友情物語となるのか。
3か月後に訪れる別れの時、君は果たしてどんな結末を迎えるのか…?

特徴

  • ゲームの流れ
    • プレイヤーは夢ヶ島高校の一日の流れを、主人公を操作して進行していく。平日は放課後、休日は行動時間が増えるため行先が学校と駅前の二つに増える。
    • なお、日没を待たずに帰宅し、その日の行動を終わらせることは可能であり、休日の場合は自宅で過ごす形でその日の行動を終わらせることができる。プレイヤーが一日の行動を終えると、自動的にゲーム内の時間が夜になる。
  • 撮影
    • 主人公は報道部としてカメラを常備しており、様々な写真が撮れる。もちろんローアングルでパンツを盗撮することも可能である。
      • ただし大勢がいる時には警戒されてしまうので、警戒レベルを上げずに撮るには誰もいない場所で後ろから撮ると警戒されなくて良い。
    • ジャンプやスライディングといった行動で撮るとスローモーションになり、パンツの撮影がしやすくなる。
    • 写真撮影はイベント発動中以外ならいつでも可能であるが、主人公のカメラに保存できる写真は100枚までである。
    • 撮影した写真は一日の終わりにセーブデータとして保存することが可能である。
      • 報道部のパソコンでも写真の保存は可能であり、こちらは一日の終わりを待つ必要はない。
  • アクション
    • HP、体力の概念がないので走り過ぎによるスタミナ切れは無く、どんなに高所から飛び降りても問題無い超人となっている。
      • 某兵士のような匍匐前進や仰向けで動くことも可能である。
    • 取材やクエストを進めるとヒロインやクラスメイトと同行することもある。特にヒロインとは一緒に自転車に乗ることができる。
      • 同行者は主人公に頻繁に話しかけてくる。こちらから返事は出来ないが、そのキャラの意外な一面が垣間見えることも…?
      • 但し、同行者はジャンプが出来ないので、一人でポンポンと段差を越えて行くと引っかかって置き去りになってしまう。
  • コミュニケーション
    • 様々なNPCに声をかけることができる。またヒロインのシナリオやクエストを進めるとキーワードを入手する。
    • 特定のNPCに近づくと、"キーワード"コマンドが発生し、ボックスに表示されるキーワードの中から選択してNPCと会話をすることができる。
    • またキャラ一人一人に好感度が設定されており、好感度が低いとクエストが発生しないなどの影響が起こる。
  • クエスト
    • !マークのついたNPCと会話をするとクエストが開始する。成功すると報酬や好感度が上がる。
    • クエストは一定の時間にクリアしないと失敗となる。
    • 取材クエストの部活動はそれぞれよく設定してある。
      • 怪しげな実験をしている科学部、諸事情で合併した音楽部、脚本家と演者がもめている演劇部、文学部と別れた第二文学部…など一つ一つがどのような活動をしているか練られている。
    • また保健室の先生とデートなどのイベントも用意されている。
    • 余談だがクエストを進めると知り合える病床の母に代わって花屋を切り盛りしている「花村百合」さんは学園祭のときに花屋に行くと・・・
  • 散髪屋
    • 様々な髪型、色に変更できる。またおまかせを頼むと新しい髪型が誕生する事もある。
  • 釣り
    • 海で釣りをすることができる。魚やCD、果ては下着なども釣れる。
  • メール
    • プレイヤーはいつでも主人公のスマートフォンに届いたメールをチェックすることが可能であり、行動を終えて自宅へ帰ってもメールチェックは可能である。
    • ただし、返信期限は受信日が終わるまでであり、メールを読むことで初めて発動するイベントも存在するため注意が必要である。
  • 不審者ゲージ
    • GTAシリーズなど同様、主人公が不審な行動もしくが相手に害を与えると警戒度を示す不審者ゲージが高くなる。一定の警戒度に行くと学校内では指導されてしまい、何回も重ねると停学となってしまう。
    • 一方、迷惑行為をやめると徐々に減少していく仕組みになっている。また、不審者ゲージは主人公の評判により上昇の度合いが異なる。
    • 学校外では警察に追われ、捕まると補導される。もちろん逃げ切ることも可能だが、警察の足はかなり早い。
    • 余談だが主人公が二度目に警察に捕まると「今度こそ本当に心の底から反省します!これから心を入れ替えて真面目になります!だから親と学校には言わないでください!!」と警察官に頼み込む。再犯の癖に全く反省していない…。
      • 尤も、主人公が事件を解決しても殆どの場合、犯人は「もう二度としないと言っているから誰にも言わない」という処置で済ませてしまうので、そういう世界と割り切るべきか。
  • その他おまけ要素
    • フォトライブラリー
      • アルバムに保存してある写真を閲覧出来る。最大100枚×10ボックス保存できる。
    • アバタールーム
      • 作中のヒロインを一人選択し、着替えや二人きりの撮影ができるようになる。ポーズをリクエストすることも可能となる。
      • 選択出来るのは一度でもEDを迎えたヒロインに限られるが、メインヒロインの三日月めぐだけは最初から選択可能。
    • フリーモード
      • 条件を満たすと解禁される。夢が島を舞台にキャラクターを自由に配置でき、本編ではありえないような写真を撮ることができる。詳細は後述。

問題点

設定・シナリオ面

  • 主人公の設定
    • 主人公にはキャラ付けがされているが、時折人の気持ちを考えないでズケズケと物を言ったり、不自然に食って掛かるような態度になる事があり、好感が持ち辛い部分がある。また、一部言動に少々気持ち悪さを感じるユーザーもいる。
      • 取材イベントで会話に割り込むと、「ちょっと!やめなさいよあなっち!」と叱られるのは最早お約束。
    • 僅か三ヶ月で転校すると言う事を周囲に隠すなど、人間的におかしい部分も。恋人にすら寸前まで伏せる事が多い。
    • 一応、フォローしておくと真面目な選択肢を選べば基本的には真っ当な受け答えをする。また、いざという時は頭が切れるし行動力もあったりと、主人公らしい有能さも持ちあわせてはいる。
      • ただし、真面目な選択肢を選んでも失敗する可能性も無い訳ではない。極端な例で言えば、困っているヒロインに対して「一肌脱ぐ」の台詞を選択すると、本当に服を脱ごうとしてヒロインのフラグが折れ攻略不可能になるという意地悪なものがある。
    • 主人公の愛称が決められるが、メインヒロインであるめぐの場合だけは「あなっち」で固定されるので無意味。
      • デフォルトも「あなっち」なのだが、そのまま決定するといざ友人から愛称を決められた際に主人公が「あなっち?いまいちピンと来ない」と呟く、と言う明らかにおかしな状況に陥る。幼馴染に散々呼ばれているのに。

ゲーム性と操作面

  • 実際は全くオープンワールドになっていない。
    • 確かに島中をシームレスで移動可能だが、各エリア間の道は固定されているようなもので、好き勝手に動き回るようなこともできない。飛び越えられそうで飛び越えられない段差や、不自然な行き止まりも多い。
    • 街の風景は作りが粗くコピペ感が漂う。人は街と学校にしかおらず数も少ない。
    • さらに実際に使うのは街と学校の2割ほど、残りは山やビーチなどで無意味なロケーションもちらほら。
      • バイトも様々なものがある一方で、別にイベントや選択肢がある訳でなく、時間を消費する代わりにお金をもらうだけである。
  • アイテム売買は全て質屋
    • 街にはコンビニや飲食店などがあるのだが、プレイヤーは質屋でしかアイテムの売買が行えない。
    • その弊害として、質屋にお菓子やぬいぐるみなどが置いてある釣った魚を質屋に卸す、という不自然な事態を引き起こしてしまっている。
  • 時間になると集団で下校するなど生活感も皆無。
    • 土日でも普通に生徒達は制服を着て登校している。報道部の面々は平日休日問わず毎日制服姿で部室に居る。部活浸けにも程があるだろう…。
    • 夏休みに入ってもその調子で、違うのは一日の行動可能時間程度。結局、制服を着た生徒達が校内で過ごすシーンばかりなので全然長期休みの気がしない。
    • 従ってヒロイン達が私服姿になるのはデートなどの特定のイベントのみ。主人公の服装も休日に「駅前から開始で私服」「学校から開始で制服」でしか選べない。その日の途中に変更することも不可。
  • 好感度の仕様
    • 好感度が高くなければイベントが発生したりEDを迎えられないのは上述した通りだが、本作は八方美人ではフラグが折れたり、報道部のEDに到達したりなどして個別EDを迎えられない。個別EDに行きたければ目当てのヒロイン以外のヒロインの好感度を上げ過ぎないようにしなければならない。
    • しかし本作の好感度は評判が良ければ自然と上がる仕様であり、上げないように努めても結局は好感度の下降作業を行う羽目に。
    • バラバラにいるヒロインを一人一人下げるのは面倒であるし、パンツを盗撮する他、体当たりしたり目の前で匍匐したり嫌がる物を渡したりなど、嫌がらせをしなければならないのも心が痛む。音声付きで「どうしてそんな事をするの?」などと言われたりするなら尚更である。
      • 逆にちょっと肩にぶつかっただけでもすぐ下がるので上げたい時にも不便である。
    • 好感度の調整にペロリチョコ(20円)を使用するよう攻略サイト等には記載されているが、2000円分のチョコをあげればすぐにMAXになるなんとも安上がりなヒロインの印象を受ける。
  • UIの不親切さ
    • オープンワールドというのは様々な自由な場所に行けることがポイントなのだが、今作は概ねのオープンワールドで設置されているミニマップが無く、場所がわかりづらい。
    • マップも細かく見られないため、どこにどの店があるかなども分からない。
    • 特に学校は似たような教室ばかりで、どこが部室なのか非常にわかりづらい。
    • メールボックスには主人公の送信メールが残らず、どんな返信をしたのか後から確認出来ない。
  • 時間操作が不便
    • 本作は一定の時刻になるとイベントの発生フラグが立つ仕組みだが、学校に居る際に時間を進める方法がトイレと保健室しか無い。
      • トイレで用を足すと10分経過。保健室で仮眠を取ると30分、寝ると90分が経過する。
      • トイレは何度でも使えるが、保健室は連続で利用が出来ない。また、その仕様の所為で主人公は何度でも小便が出せるという奇妙な身体になっている。
    • この為、学校の反対側などで待つフラグの管理は非常に困難。
      • 一応チートアイテムで一時間進められるが、高価でランダム性が強く入手しにくい。
    • 時刻が任意のタイミングで確認できず、いちいち作中で時計のある場所に見に行かなければならないため、いつクエストが発生するかわかりづらい。
      • しかも学校には時計の無い部屋も多い。よりによって主人公の活動拠点となる報道部の部室も該当する。
  • 移動手段
    • 徒歩以上の移動手段は、スピードが多少速くなる自転車のみである。
      • オープンワールド作品で実装されている事の多いファストトラベル(スキップトラベル)機能も存在しない。バスやタクシーなどといった、交通手段の利用も不可能。
      • マップは広大であるため、自転車だけの移動は当然ながらかなり時間を食う。
      • 特に牧場は学校から遠く、ここでバイトをすると毎日通うのが大変である。
    • その自転車の操作は「R2ボタンを連打して漕ぐ」という仕様で面倒。
      • 後のバージョンアップでR2押しっぱなしで走り続けられるように改善された。
  • クエスト進行時の誘導の不親切・不明瞭さ。
    • 多くのオープンワールドではマップ上に「クエストマーカー」などが反映されるが、本作はそれが無い。
      • イベントの周辺が黄色に輝くと言う処置はあるが、それだけである。しかも近くに寄らないと判りづらい。
    • ヒロイン関連のイベントについては一日の始めに表示される。メニュー画面でその日にイベントのあるヒロインの顔アイコンが出るのである。
      • …が、やはりヒントはそれだけ。どこにいけばヒロインがいるのかは、ほぼノーヒントである。ヒロイン毎に決められた場所があるのだが、たまに移動することがあると自力で見つけるのはほぼ不可能である。
      • そしてヒロインルート以外のクラスメイトや理事長のルートなどのイベント、各種サブクエストは完全にノーヒントである。
    • そのくせ期間限定クエストが多い上、タイミングもシビアなものばかり。
    • 他の特定のクエストをクリア済でないと、もしくは以前に正しい選択肢を選んでいないと問答無用で失敗や手詰まりになるクエストもある。しかも、クエスト自体はルートに関係無くとも、そのクリア条件のクエストが特定ルートでなければ受注出来ないというような意地悪なものも。
    • そして日数も80日以上と多く一周のプレイ時間だけでもかなりのものになる。そんな中で自力で網羅するのは最早至難の業なので、多くのイベントを回りたいなら攻略サイトに頼る他無い状態である。
  • バグの多さ
    • いくつかバグも報告されており、中には攻略不可能になるような物もある。
    • 壁抜けや電車に乗るなど通常では出来ない事もできるようになっている。
    • ヒカルルートでは商店街で立ち止まるヒカルにぶつかるとヒカルが消えて、ヒカルルートの攻略が不可能になるというバグがある。
    • あるイベントの最中、持ち物検査を受けて中庭に居る遠藤太一に話しかける前に持ち物検査をクリアすると、その後ドリームバーガーでケビンがおらず、 日向姉妹が居るのみになってクリアが出来なくなる。(おそらく持ち物検査でケビンがカフェテリアに配置されるためのバグ)
    • また文化祭でナオミと珠希が同じ場所にいる為、重なっているというバグがある。
      • こちらは修正された。
    • 中には本来は絶対に入れない女子トイレに入ることができるという危ないバグも存在する。入ったところで何も無いのだが。
    • この他にも攻略サイト等では多くのバグ報告が上がっている。バグの多いゲームであるというのは確かだろう。
  • フラグ管理ミスもいくつか
    • 起こしていないイベントの事を主人公が知っているような扱いになったり、立てていないイベントフラグがいつの間にか立っているという事もある。
    • めぐルートに進むと終盤から主人公が彼女を苗字ではなく下の名前で呼ぶようになる。しかし例えそうなってもめぐルートに属するイベント以外では苗字に戻ってしまっている。
  • 全く更新されないDLC
    • メニューモードにもDLCモードがあるのだが、発売されてから全く更新されない無用の長物と化している。新衣装など楽しみにしていた層もいたのだが…。

賛否両論点

  • シナリオ
    • 多種多様な性格、立場の6人のヒロインが用意されてそれぞれにきちんとキャラ設定と性格が用意されている。
    • シナリオの種類も「宇宙人や謎の生物と交信を図ろうとする大神弥生」「幽霊と奇妙な三角関係となる郡山蘭子」「島の新開発を追う東海林薫子」「後輩にボイコットされてしまったチア部の留学生ナオミ・サンダース」「男嫌いの島袋珠希」「報道部を盛り上げようとする三日月めぐ」「陸上部の雪村ヒカル」など豊富で飽きが来ない。
    • またヒロインとの恋愛意外にも、クラスメイトと友情を深めるルートや、理事長から任務を受けるルートもある。
      • 理事長ルートではキーワードによる調査が重きに置かれており、学校の裏組織、学園を牛耳る四天王など探究心をくすぐる物がある。一人一人に調査していき、徐々に真相が明らかになっていく展開はのめり込むものがある。
    • ただしメインのギャルゲーシナリオは、良く言えば王道的、悪く言えばマンネリな所が多く別にこのゲームに拘らないでもよくある物で、破綻や矛盾は無いが物足りさを感じるユーザーもいる。
      • 寧ろそのような普通の学園ギャルゲーシナリオを、一般的なテキストADVではなく3Dアクションゲームで体験すると言うこと自体が、本作のシナリオの見所と言えるかもしれない。
  • パンツの盗撮が前面に押し出されている。
    • タイトルや宣伝で押し出されている通り、女の子のパンツの盗撮要素が盛り込まれているのだが、下着の盗撮は性犯罪行為である。ただのゲームなのだからと割り切る人、乗り気な人もいる一方、嫌悪感を抱く人も少なくない。しかもCEROがDであり未成年も購入できることが問題であるとする意見もある。
    • ただし盗撮する、しないはプレイヤーの選択ができ、例えばオープンワールドでの代表作であるGTAはシナリオを進めると強制的に犯罪させるゲームであるが、本作は盗撮をしなくてもゲームを進められる。と言うよりパンツ盗撮はゲーム的には全くメリットの無い行為であり、プレイヤーに願望が無い限りはやる必要は一切無い。
  • グラフィック
    • 各ヒロイン達はアニメ調の可愛らしいモデルで描かれており、魅力は十分。
      • 一方、他のNPCは顔つきや表情のバリエーションが少なく、何人も見ているとあまり代わり映えしない事に気付く。
    • パンツは多種多様な模様、色が用意されている。
      • ただフィールドが変わると、コロコロ下着の色が変わってしまう。下手すると数時間のうちにコロコロ変わることもある。
      • パンツの柄はキャラに依存せず、ランダムで決定される。同じキャラでも違う柄を見られるのはいいが、「どうせランダムだから」と色々なキャラのパンツを見に行くモチベーションが下がってしまうと不満を持つプレイヤーも多い。
      • その上ヒョウ柄や濃い赤や紫、黒などやたらとケバい柄が妙に多い一方で清楚なイメージの物は多くない。上記のランダムな仕様と相まって「イメージに合わない過激な柄の下着を全員で履き回している」ようなイメージでイマイチ興奮が弱い。前作『バレットガールズ』でできた下着の指定やキャラ毎の好みの設定がなくなったのが結果的に非常に雑な感じになっている。
      • 上記のように、あくまで盗撮はゲーム的なメリットが無く強制もされないおまけであり、勿論、そう言った性犯罪に嫌悪感を抱く人には最初から無縁の要素である。しかしわざわざタイトルに載せたり、各種宣伝やOPムービーでアピールした割にはお粗末な作りになっていると言わざるを得ない。
    • また風になびく髪が不自然などの不満がある。
  • キャラクター辞典
    • 様々なキャラクターを撮影することで埋まっていくこの辞典は、常に最新の物と入れ替わる仕組みである。
    • NPCの設定や説明などを知ることが出来、コンプ要素が高い。また当然と言えば当然だが、パンツばかり撮っていると辞典がパンツだらけになる。
    • ただし「辞典は本編中では確認できない」「画像の撮り直し不可」など不便さもある。
    • また、名前付きのキャラでも辞典に乗るキャラと乗らないキャラがいる。せっかく大勢撮ったのに辞典を見てみたら数人しか載っていなかったという事も。

評価点

  • 意欲的なコンセプト
    • 何はともあれ、オープンワールドで楽しめる学園ギャルゲーというその希少性。そしてパンツ撮影が可能である事を恥ずかしげもなく前面に押し出す心意気は評価できる。
  • よく練られた設定。
    • ヒロイン達は勿論、学生達や彼等が所属する部活、街の一般市民などにも細かい設定やキャラ付けが成されており、彼等がどんな人物なのかよく知りたくなる。
    • これら多くの人物とクエストを通じて関わる事になる。仕様自体は不便だが、多くのクエストをこなすことでNPC一人一人にも愛着が持てるだろう。
    • 親密になった女の子から届いたメールをあえて全部無視することで発生するイベントなど、作り込まれている部分もある。
  • フリーモードの非常に高い自由度による、手軽なジオラマ感。
    • ゲームを1回クリアすると、作中に登場するキャラクターを自由に配置して歩き回ることができる「フリーモード」をプレイできる。
      • ストーリーモードとは別なので、イベントの発生や日にちの経過といった進行の概念はない。時間は経過するが、L3ボタンを押せば高速化できる。
    • 「キャラクターの配置数は30体まで」以外に制約がなく、空中だろうが頭を下にしようがどんな方向・位置にも配置できる。
      • 配置できるキャラクターも当然女性キャラだけではなく、作中にいるキャラなら男子生徒はもちろん、おっさんおばさん、幼児、動物なんでも可能。
    • さらに、表情を変えたり作中に存在するポーズを他のキャラクターに取らせることも可能。ヒロインのポーズをモブキャラに取らせることもできる。
      • スカートおっ広げて大開脚する女子生徒30人」とか、「女性同士でキスする百合カップル15組」とかも過去には作れた。
    • ヒロインに限るが、衣装も変更可能。フリーモードを起動する直前のプレイでの服装がそのまま反映される。
      • 「直前のプレイ」にはアバタールームも含まれるので、EDを迎えてアバタールームが解禁されたヒロインであれば、思い通りの衣装でフリーモードに入れる。普通の制服から私服、コスプレ、過激な水着、『ドリームクラブ』の制服など色々揃っている。
      • 一応、それ以外のモブも龍玉を使用して、そのままタイトルに戻り、フリーモードにする事で下着姿、水着姿にする事が可能。
    • 作中のキャラ限定という縛りは当然あるものの、3Dキャラクターの箱庭ツールとして極めて敷居が低い造りなのは十分評価できる。
      • (一応)オープンワールドだけあってロケーションもそれなりに充実しているので、プレイヤーのアイデア次第で無限の可能性が広がると言えよう。
    • 但し、ジオラマをセーブする機能が無く起動する度にいちいち作らなくてはならない、キャラが多い為に選択肢から配置するキャラをわざわざ探すのが面倒*1など粗も無くはない。それなりの手間は要求される事は覚悟しておこう。
    • また、現在ではアップデートにより制限が掛けられており、発売直後ほどの自由度はなくなっている(後述)。
  • 読み込みの少なさ。
    • 広い範囲を動くゲームだが、ゲーム内の1日での最初に読み込む以外は基本的にロードはなく、建物に入るなど画面が切り替わってもスムーズに進行する。
    • ロード時間にも、一言コメントや自分が撮った写真が流れるなどの配慮は見られる。
    • もっとも、上記の移動手段の少なさによる移動の煩雑さを差引くとプラスになるかは非常に怪しいが。
  • 双葉理保のゲスト出演。
    • D3P作品でおなじみの彼女は今作はライブ出演という形で出演する。声優を務めていた後藤邑子氏が病気療養中だった為*2、久しぶりの出演となった。
    • デートするイベントやマネージャーするイベントなどが用意されている。
    • 『ドリームクラブ』での持ち歌『絶対アイドル☆宣言』の他、有料DLCだった『カンパイ☆LOVE』も作中で聴くことが出来る。
  • 龍玉
    • 神様に寄付することで様々なチートアイテムが入手できる。
    • 時間を進める、移動速度が上がる、などプレイの手助けになる効果の他、全員下着姿、水着姿など男の願望を叶える事も可能である。
      • ただし下着や水着のバリエーションは少ない。

フリーモードの顛末について

  • 評価点で挙げた通り高い自由度のフリーモードだが、案の定というかエロ目的に使う輩が後を絶たなかった。
    • 性行為(に見える)画像は当たり前として、動物を使ってみたりとかトイレに押し込めてみたりとか、詳細を書くのは憚られる特殊プレイ画像が多発。
    • 一方で、「女体ゲート」などのぶっ飛んだ発想で(呆れ半分の)爆笑を誘うプレイヤーが登場したりと、良くも悪くも遊ばれる向きはあった。
  • そのため、発売後2週間足らずでPS4のSHARE機能が停止される。公式Twitterによれば「本コンテンツの意図していない不適切な表現」らしい。
    • 「3Dのエロいネタ画像・動画を作るツール」としては凄まじい汎用性を誇っていたのだが、これの所為で大きな長所を損なう結果に。
    • 公式が想定していなかった訳がない、というかどう考えてもそういう用途を見越して作られたはずなのだが、やはりどこぞに怒られたのだろう。
    • とは言え、SHARE機能でなければ、現在でも作ったものを画像・動画にして各所に投稿することは可能ではあった。
  • これで終わってくれればよかったのだが、発売約一か月半後のアップデートで悲劇は起こる。
    • エロ目的使用の防止のため、一部の官能的なポーズがフリーモードから廃止されてしまった上に、「キャラクター間に一定の距離を開けなければならない」縛りが設けられてしまったのである。
    • これによりツールとしての価値は低下。エロ目的以外にも遊びの幅は狭まったため、プレイヤーの意欲を削ぐ結果となってしまった。
    • 現在でも、箱庭ツールとして他にない独自性を備えていることは事実ではある。女の子(+その他諸々)を自由に配置して楽しみたいという欲求にそれなりに応えてはくれるだろう。


総評

  • 恋愛アドベンチャーをオープンワールドで表現するという斬新な試みに加え、パンツ撮影が可能なシステムを大きく取り上げたかなりお色気要素の強いゲーム。「広いフィールドで様々なパンツを撮影する」というコンセプトは正に日本でしか作れないだろう。
  • だが、オープンワールドに必要不可欠な「ミニマップ」「イベントマーカー」「ワープ」などが無いと言う致命的な不備を幾つも抱えており、舞台設定も行けないところ、使えない所などが多く環境面も問題が多い。
  • 色物ゲームを据え置きハードで作る(作れる)メーカーが減ってきた昨今貴重な作品であり、フリーモードの抜群な自由度など他にも評価すべき点はあるのだが、いかんせんゲームの根本的な点にすぐ目に付くような欠点やストレスが複数あるのは如何ともしがたい。
  • キャラ、コンセプトこそは意欲的で及第点だが、それに技量が追いついていなかった」というのが、プレイヤー間の大方の評価となっている。


余談

  • 本作は日本以外では発売しておらず、残念ながら海外での本作のタイトルは明確には存在しない。しかし海外での国内未発売のソフトを取り扱うWikiや並行輸入するショップでは単に『Natsuiro High School: Seishun Hakusho』と表記されている事が多いが、説明欄には正式タイトルとして下記のタイトルが書かれている。タイトルの最後がピリオドで終わる作品はめったにない。

    Summertime High School: A Young Man's Notes—How a New Exchange Student Like Myself Ran Into His Childhood Friend on the School Tour, Then for Some Reason Became Super-Popular with the Girls for His Daily Scoops on the School Photography Club Even Though He Only Takes Panty Shots, and What He Thinks as He Goes on Dates During His Summer of Island School Life.

  • 作中のCDには、過去のタムソフト作品の楽曲が収録されている。
    • 比較的有名な『ドリームクラブ』や『お姉チャンバラ』などは当然のこと、過去のタムソフトが担当したSIMPLEシリーズ数十作から各一曲収録されており、知っている人には「こんなマイナー作から……」と感動できるレベルの顔ぶれとなっている。
    • 当Wikiに載っているだけでも、『THE 歩兵』の『フルメタルジャケット』風メインテーマ、『THE 歯医者さん』の歌のお姉さん風メインテーマ「こちらたけのこ歯科クリニック」、その他『THE 大量地獄*3や『THE タクシー』のメインテーマ……など。
    • 版権キャラゲー『魁!男塾』『ジャイアントロボ』などに収録されたオリジナル楽曲も、「とにかく男らしいBGM」「メインがエスパーかロボか分からないBGM」などと無理矢理ぼかした表現をタイトルにして収録されている。
    • サウンドトラックとして音源化される望みのまず無いであろうこれらの楽曲の収録は割と貴重であり、ひいては「発売D3P・開発タムソフト」作品の歴史を辿れるレベルのラインナップである。
    • CDを入手するには無駄にタイミングのシビアな釣りを成功させ1曲ずつ手に入れなければならないが、ショップに行くと「(作中での)その1日だけ全曲聞けるようになるチケット」が買えるので、少し聞くだけなら充分代用可能。
  • この作品に登場する友人キャラ「シゲ」の顔グラは『マージャン★ドリームクラブ』が元となっている。
  • ロード画面中に「一時間経ったら休憩しようね」といったコメントが読み上げられる仕様があるのだが、その中に「ごめんなさい。タムソフトの開発力ではこれが限界なの」というものが存在する。あくまでも冗談であり、長めのロード時間が発生している事に対してのコメントだが、このソフトの完成度を考えるとあまり笑えない。