修正依頼」が出ています。対応できる方はご協力をお願いします。
分かりにくい部分が多いため、前作未プレイにも伝わるように編集してください。


たまごっちのピチピチおみせっち

【たまごっちのぴちぴちおみせっち】

ジャンル おしごとたいけん
対応機種 ニンテンドーDS
発売元 バンダイナムコゲームス
開発元 バンダイナムコゲームス
七音社
ニコラボ
パオン
発売日 2010年6月17日
定価 4,800円(税別)
レーティング CERO:A(全年齢対象)
判定 賛否両論
ポイント プチプチおみせっちシリーズ初のCG
ピチピチ島でお仕事
くちぱっちの自業自得
レア野菜のオンパレード
野菜と魚の出荷不可能な展開
マエストロは一部鬼畜レベル
メロディっちの先行デビュー作
たまごっちシリーズリンク


あらすじ

「ピチピチ島体験ツアー」が当たり、ピチピチ島の見学に行く事になったまめっち達。
ピチピチ島で新鮮な魚や野菜と触れ合い、そして帰る準備を始めたとき、くちぱっちが預かっていた帰りのチケットがなくなっていると判明! 最初から確認しろよ。
まめっち達は島の店の手伝いでゴッチをため、無事に帰る事が出来るのか?!


概要

  • たまごっちのプチプチおみせっちシリーズ第5作目。
  • 本作はTVアニメ「たまごっち!」の放送当時に発売されたため、新キャラのラブリっちを初めとしてアニメのオリジナルキャラクターたちが登場している。また、まめっち達の等身もアニメに合わせ一新された。
  • シリーズ初の3DCG。まめっち等のレギュラーにとっては3年ぶりのCG表現であり、アニメ出身であるラブリっちは初めてCGに起こされている。

特徴

  • 主人公たまごっちは4人。
    • 最初に選んだたまごっちが主人公(操作キャラクター)となり、選ばなかったたまごっちは脇役として登場する。
    • クリア後は、自由に操作キャラクターを選べるようになる。
  • 複数の たまごっちが存在する。
    • ピチピチ島には、せんぱいっちを中心とした本作オリジナルのキャラクターも登場する。
    • まきこや ちゃまめっち、ききっち等のサブキャラクターは、こきゃく*1としての登場となる。
  • 登場するお店は10種類。どのお店でも、ピチピチ島に相応しい「おしごと」が体験できる。
    • お寿司やさんや野菜スイーツやさん、天ぷらやさんでは、注文に合わせた料理を作るミニゲームが楽しめる。
    • 通常はお店へやってくるお客さんに対応するが、途中で電話による注文が入ることもある。電話の依頼に対しては、作った後に店長が配達する。
    • 漁で魚を釣ったり、農場で野菜を育てる「おしごと」では、食材を出荷する事が出来る。
      • レアな食材を出荷すると、高い値段で売れる。
      • 出荷した食材は、せり市場で食材をせり落とす「おしごと」の食材としても登場する。
      • また飲食店の「おしごと」で材料切れになったとき、買い出しに行って調達できる食材としても反映される。
    • ラテ屋さんはこきゃくの注文通りにラテを作る。
      • 「コーヒー」、「緑茶」、「ほうじ茶」等のベースを選び、バリスタをセットし、ベースに合わせたコップを選ぶ。「ジャスミン」、「リンゴ」「ゆず」等のフレーバーや牛乳が豆乳を加える。最後はラテアートでミスにならないように慎重に描く。合ったらクリア。
    • 配達屋さんはでりばりっちの注文通りに荷物をこきゃくまで素早く運送する。
      • 前方にある荷物や横からターレーにぶつかると手持ちの荷物が落ちる。落ちた荷物を素早く積みなおす。
    • 足ツボ屋さんは症状に合わせて足のツボを押す。
      • ゲージを見ながら押し続ける。緑の部分まで離す。ピンクまで押し続けるとミスされる。マークが無くなるとゲームオーバーになる。緑を話し続けるとクリア。
    • せり市場は一番高い金額で入札して食材をせり落とす。
      • リストの食材が一つずつせりに掛けられるので表示される金額の中から一番高い金額を電卓で打つ。一番早く正しい金額を打てば勝利。5回のうち一番多くの勝者が食材をせり落とす。全てをせり落とせばクリア。
    • 変身屋さんはたまごっちを連れたこきゃくの注文通りに変身させる。
      • タブの中からアイテムを選び制限時間内に服を着せる。イメージ通りに合ったらクリア。
  • 他のDSと通信して体験版を配布する事が出来る。
    • 体験版の内容としては、まめっちが主役の「漁」と、ラブリっちが主役の「足ツボやさん」が収録されている。
      • まめっちの漁では、本編の漁と同様にひたすら魚を釣る。
      • ラブリっちの足ツボやさんでは、まめっちの足裏のツボを押し治療してあげるミニゲームを体験する。
        本編では様々なたまごっちのツボを押すことになるが、体験版の「こきゃく」は まめっちのみ。
    • BGMは、製品版の曲を元にしたアレンジバージョンが流れる。
      • この体験版でしか聞けない曲なので貴重。
    • 体験版を10人以上配るとレアプチトマトの種がもらえる。

評価点

  • たまごっちが3DCGで、立体的かつ魅力的にデザインされている。
    • 等身の上がった新アニメ仕様の まめっち達がCG表現されるのは本作が初めて。もちろんアニメ出身のラブリっちが立体表現されるのも初。
  • たまごっちの動き方が、滑らかなアニメーションになった。
    • キラキラおみせっちまでは停止したままの一枚絵を動かしていたが、本作では3Dモデルのたまごっちたちが、場面に応じたアクションや感情表現を見せてくれる。
  • ピチピチ島の世界観は好評。
  • お店を「伝説レベル」まで発展させるやり込みも健在。
  • たまに生産できるレア野菜やレア魚を使うと、お店のレベルが大幅に高くなる。貴重品なので、出荷するタイミングをよく考える必要がある。
  • 脇役たまごっちも個性的で、魅力あふれるキャラクターとして描かれている。
  • ピチピチなオリジナルBGMが最高。それぞれのお店ごと、BGMの雰囲気がよく合っている。
  • お店内のデザインの作りが充実している。
  • オプションで音やBGMを変更できるほか、たまごっちの声を低くする、色替えすると言った個性化も可能。

賛否両論点

  • お話の展開に不条理な面が存在する。また、とあるキャラクターの言動について賛否が分かれる。
+ シナリオ面の不条理要素(ネタバレ)
  • くちぱっちが帰りのチケットを失くしてしまった理由については、そのまま最後まで触れられることなく終わる。
+ 賛否分かれるキャラクター(ネタバレ)
  • せんぱいっちの行動について。
    • まめっち達の前に現れたイケメン(?)的存在のたまごっち。
      まめっち達と同様、帰りのチケットを無くした為にピチピチ島で働いている。
    • ピチピチ島について詳しいが、実は密かに野菜や魚を奪っている。
      • 何も知らないまめっち達は、彼がまじめに働き得た収穫と思い込み尊敬している。
      • ただし、蟹型女王に傷を負わせてしまうというミスを犯している。
+ その正体、そして結末は……(更なるネタバレ)。
  • その正体は、指名手配された かいぞくっち。
    • 最終的に かいぞくっちはピチピチ島を愛する住人となり、自分の船をまめっち達へ譲り渡す。
  • 野菜スイーツ屋さんは「野菜」スイーツをうたっているにもかかわらず、材料にはちゃっかり果物が含まれている。
    • これでは看板に偽りありで、野菜フルーツと呼ばれかねない。
  • 手持ちのごっちポイントが、中盤以降はほとんど減少しなくなる。
    • 特に農場の道具を購入すると、ごっちポイントが増えやすくなる。
  • いわゆる「たまごっち語」の声が賛否両論。アニメのたまごっちは普通に喋っているため、こちらから入った当時のプレイヤーにとっては違和感がある。
  • ふらわっちの降板。「みなさんきゅー」から主人公として皆勤していたが、本作でラブリっちに交代された。

問題点

  • これまではタッチ操作でたまごっちと会話できたのだが、本作では会話するには放置するしか無い。
  • 選ばなかった主人公たまごっちは、クリアするまで使えない。
  • 最後のムービーを見るには、全ての店をジョージョー評価まで上げる必要がある。一部のお店だけを頑張っても駄目。
  • 全ての店を最高評価までやり込んでも、何も起こらない。ただの自己満足。
  • GOTCHIMANや たまPっち、ADっちと言った、TAMAX-TV関係のたまごっちが未登場。
    • それどころかテルリンも登場しない。
  • 登場するお店による扱い方
    • お寿司屋さん。握った寿司を、「こきゃく」の前へ直接におく。
      • 「ごひーきに」にあった回転寿司屋さんでは、出来た寿司を回転台に置いていた。
      • 顧客へ直に渡す形式のため、ネタ切れのメニューを注文されたら諦めて終了する他にない。
      • 回転寿司とは違うお店なのだから、こえはこれで仕方ないという解釈も可能ではある。
    • 農場や漁のレベルアップテストでは、一部の野菜や魚が取りにくくなるために数を集めにくい。
    • せり市場。ランクが上がると扱う数字も多くなり、入力する時間が遅れやすくなる。BGMのテンポが加速されるのも手伝い、どうしても焦る。
      • 注文書が予告なしで追加されるようにもなる。
    • 足ツボ屋さんでは、既に治した片足と、もう片足のツボで位置の異なることがある。位置が違うと押すべき力加減も変わるため、達成が困難になる。
      • ランクが上がるほど「ちょうどいい」加減のゲージが狭くなり、ミスしやすくなる。
    • ラテ屋さんのラテアートでは、タッチ操作に小さなミスがあっても評価が下がる。
      • 高評価を受けるには、注文のイメージ通りノーミスで書くしか無い。
    • 配達屋さんでは、たまごっちの乱入してくるタイミングが分かりにくい。
    • 変身屋さんでは、ランクが上がるほど要求されるイメージ写真が覚えにくくなり、ミスを誘発されやすくなる。追加注文が発生するようにもなる。

総評

TVアニメ『たまごっち!』の放送後に発売した『プチプチおみせっち』シリーズの第1作目であり、ラブリっちの可愛さを追求した作品である。
日本風に作り込まれたピチピチ島のおしごとや世界観、キャラクター描写等はおおむね好評。
しかしストーリーや仕事内容、一部のたまごっちの出番の重要性、食材の在庫が少なくなる等の問題点が足を引っ張ってしまった。
ストーリーを重視する方や仕事を楽しみたい方より、たまごっちの可愛さを求める方にこそおすすめしたいソフトである。


余談

  • マイルームをまめっち、ラブリっち、くちぱっちの部屋をモチーフにしたデザインに変更するパスワードがある。
    • 「ちゃおサマーフェスティバル2010」ではマイルームをめめっちの部屋風にする追加データが配信されていたが、こちらは現在では入手不能である。
  • 当時、トイザらスのDSステーションでふらわっち、ハッピーセットのパスワードでメロディっちがアニメに先駆けて登場した。両者の会話は必見。
  • 公式サイトのメニューバーには「ストーリー」と「あんごう」の間に「ちょっとまってね」という何かコンテンツが増えるかのようなスペースがあるが、2010年以来このサイトは更新されていない。
    また「あんごう」「おとくじょーほー」は「続々追加予定!」「ちょっとまってね」などと今後も更新が行われるかのような記述があるが、こちらも放置状態である。
  • 本作の発売と同時期に、TVアニメ『たまごっち!』および漫画版『GOGO たまごっち!』では、本作と連動した話が放映・掲載された。