要強化記事」に修正依頼が出ています。加筆できる方は修正をお願いします。
依頼内容は「判定は発売(稼働)当時の基準で判断する」というこのwikiのルールに反している」です。
17年12月14日までに改善されない場合は削除対応します。


カルテット

【かるてっと】

ジャンル 2Dアクション
対応機種 アーケード
発売・開発元 セガ・エンタープライゼス
稼働開始日 1986年
判定 なし
ポイント 無常な時の流れ
世の中には「色褪せる名作」もある

概要・特徴

  • 横スクロールアクションゲーム。自機キャラクター位置によって動く任意スクロール。
  • 4人同時プレイ可能の大型筐体。自機キャラクターは4人おり、それぞれが青・黄・赤・緑のパーソナルカラーを持っている。4色に塗り別けられた筐体は印象的である。
    • コイン投入口が2つあり、投入した場所によって使用できるキャラクターが異なる。

システム

  • 通常の横視点2Dアクション。道中に落ちているアイテムを入手できる。
    • 4色に変化するパワーアップアイテム。収得するとそれぞれのパーソナルカラーキャラクターのショットを収得でき、同色を取るとパワーアップして行く。
    • ジェット。移動速度が一律になるが飛行が可能になる。
    • 鍵。どこかにいる(大抵ステージ端)ボスを倒すと出現。鍵を取ったキャラクターがドアに接触する事でステージクリアになる。
    • 他にも移動速度が上昇する靴や、ジャンプ力が上昇するバネなどが登場。
  • ライフ制。Powと表記されており、ボスにダメージを与える・ボスを倒す・鍵を使ってドアを開ける事で貢献度が蓄積。ステージクリア時、最も貢献度が高いキャラクターのPowにボーナスが加えられる。
  • 鍵やジェットを持ったキャラクターがダメージを受けるとアイテムが弾き飛ばされる。拾いなおす事ができるが、他プレイヤーが拾って自分の物にする事もできる。
  • 他プレイヤーキャラクターの頭に乗って移動できる。ジャンプして高所に移動させる戦法も。

評価点

  • 非常に印象的な純正筐体。
  • 単純ながらも解りやすいシステム。
  • 斬新なBGM
    • サンプリング音源も取り入れており、特に人間の声をサンプルに取り入れたラップ風の音楽があった。
    • 林克洋(ファンキーK.H.)の手がけたテクノサウンドは非常に人気が高い。

問題点

  • 大型とは言え1台の筐体に4人がひしめき合うには小さすぎて、非常にやりづらい。
    • 4人同時プレイがゲーム性に反映していない。4人プレイできるからといって面白さが増すわけでもない。
    • 一応4人同時プレイの意味が出てきてないわけではない。それは、パワーアップアイテムが4色に変化する球があり、自分の操作キャラと同じ色のアイテムを取らないといけないというルールがあること。

総評

1986年と言う時代を考えれば傑作・名作と言っていい代物である。だが、時の流れは本作の価値観を奪って行った。
テクノはVGMにおいて最早ありふれたジャンルの一つである。システムはロックマンシリーズと言うバランスの取れた傑作がある。同時プレイと言う価値観もユーザーの求めるジャンルが異なる事であまり意味をなさない。
更にこの筐体が古い・高い・でかいの三拍子揃っていたため、現存する数が少ないあたりがこのゲームの優位点を更に損なわせる結果に繋がってしまった(『ガントレット』筐体を流用した店舗も少なくない)。無常にも本作は現代において「素っ頓狂な筐体を抱えたありふれたゲーム」となってしまったのである。


家庭用移植

  • ダブルターゲット シンシアの眠り(セガ・マークIII、セガ・エンタープライゼス、1987年1月18日発売)
    • 単体収録のタイトルとしては国内唯一の移植。ゲームタイトル変更の理由は、最大で二人同時プレイになり、アーケードの3~4人同時プレイが削除された影響で、原作タイトルの「カルテット(四重奏)」の意味が成していない影響だと思われる。
  • プレイステーション2ソフト『SEGA AGES 2500シリーズ Vol.21 SDI&カルテット ~SEGA SYSTEM 16 COLLECTION~』にも同時期に稼動したアーケード作『SDI』とのカップリングとしてリリースされた。アーケード版と上記のダブルターゲットの両方が収録されており、これ一本で二つの機種分が遊べる(SDI側もアーケードとマークIIIの両機種版が収録され、計4作品の収録となる)。

余談

  • 通常筐体用にマイナーチェンジされたバージョン『カルテットII』も登場。IIと銘打ってはいるが、最初にプレイヤーキャラを4人の中から選択、同時プレイ可能人数は2人までという以外、システム等は一緒との事。
  • 第1ステージ曲「QUARTET THEME」は、セガの音ゲー『初音ミク Project DIVA Arcade』や『maimai』にアレンジされた上で追加されている。
    • このゲームで使われた独特のベース、ドラム音は同氏が作曲の『SDI』などでも使われた。また音声合成を利用したラップ風の曲「OKI RAP」という曲は基板に用いられた沖電気製の発声チップを使っていたから付けられたものである。