Falloutシリーズリンク

機種 タイトル 作中年代・舞台 概要 判定
本編
MS-DOS/
Win/Mac
Fallout: A Post Nuclear Role Playing Game 2161年
カリフォルニア
核戦争後のアメリカを自由に旅する。
50年代アメリカの要素を加えた独特の世界観が高く評価された。
Win/Mac Fallout 2: A Post Nuclear Role Playing Game 2241年
カリフォルニア
1の約80年後。
ボリュームやブラックユーモアが大幅に強化され、Falloutの名声を確固たるものにした。
Win Fallout 3 2277年
ワシントンD.C.
インタープレイから権利を買い取ったBethesda Softworksによる開発。
Oblivionの影響を受けたFPSRPGとして生まれ変わりつつも、Falloutさを上手く表現した名作。
さらに向上した自由度や「V.A.T.S.」の採用で高い人気を獲得した。
360/PS3 頻発するフリーズや一部クエストの削除が評価を下げたが、独特の翻訳センスはネタとして愛されることに。 なし
Win/One/PS4 Fallout 4 2287年
ボストン
東海岸ボストンを舞台に攫われた息子を探す旅、そして生き残った人々の為の町を作る日々へ。
新要素・クラフトは多くの人を虜にし、終わり無きやり込みを実現。
FPS要素≒プレイヤースキルの影響も強まった一方で、主人公の設定が明確に定まった事、
フルボイス化等に応じてロールプレイの自由度に陰りが…。
派生・外伝・スピンオフ作品
Win Fallout Tactics: Brotherhood of Steel 2186年
シカゴ
RTS(ターンベースも可能)作品。アメリカ中西部が舞台。
Micro Forté開発で設定が一部異なる部分がある。
PS2/Xb Fallout: Brotherhood of Steel 2208年
テキサス
Baldur's Gate Dark Allianceのシステムを流用したアクションRPG作品。
ストーリー・時代設定はFO1とFO2の中間にあたる。
Win/360/PS3 Fallout New Vegas 2281年
ラスベガス
3と同じエンジン・システムの姉妹作で、1~2のスタッフが手がけた原点回帰的なストーリーの作品。
バランスは改善されたがバグの多さは相変わらず。
国内ではベセスダ色の濃い3と比較され、探索自由度の低下などが大きく問題視された。
なし
Win/One Fallout Shelter Vaultを経営するRTS。スマフォアプリからのベタ移植。
Mysterious Strangerを含む『Fallout3』および『4』の登場人物も出現する。
なし
Win/One/PS4 Fallout 76 2102年
ウェストバージニア
シリーズ初のオンライン。シリーズ中最古の時代が舞台。
広大な世界に存在する人間は全員プレイヤー。協力するも良し、殺しあうも良し。


関連作品

機種 タイトル 概要 判定
PC*1 Wasteland この作品の開発会社であったInterplayは版権の問題で続編を作れなかった為に、
精神的続編としてFalloutを作った経緯がある。
Win/Mac/Linux Wasteland 1 - The Original Classic
Win/Mac/Linux Wasteland 2 Wasteland25年ぶりの新作。
メイン開発スタッフも共通する事からFallout1と2の血統をより色濃く受け継ぐ。
Win/Mac/Linux/PS4/One Wasteland 2: Director's Cut
Win/360/PS3 The Elder Scrolls IV: Oblivion 『3』はこの作品のエンジンを元に開発されている。



シリーズ概要

"Fallout"とは「放射性降下物」を意味する単語であり、本シリーズはその名の通り核戦争で壊滅した22世紀~23世紀のアメリカが舞台になっている。
1950年代のアメリカ文化を模したレトロフューチャーな世界観と、荒廃した世界を徘徊するクリーチャー、厳しい環境ながら必死に生き抜く人々が魅力となっている。
元はInterplay Entertainment傘下のBlack Isle Studioによる制作だったが、2007年にInterplayが破産するとBethesda Softworksにシリーズの知的財産権を売却し、以降はThe Elder Scrollsシリーズと並ぶベセスダの看板タイトルとして互いに影響しあう作品となっている。