乙女的恋革命★ラブレボ!!

【おとめてきこいかくめいらぶれぼ】

ジャンル 恋愛シミュレーション



対応機種 プレイステーション2
ニンテンドーDS
Windows 2000/XP/Vista
プレイステーション・ポータブル
メディア 【PS2/Win】DVD-ROM
【DS】512MbitDSカード
【PSP】UMD
発売元 【PS2】インターチャネル*1
【DS】ガンホー・ワークス
【Win】アスガルド
【PSP】オトメイト(アイディアファクトリー)
開発元 インターチャネル、ヒューネックス
発売日 【PS2】2006年1月26日
【DS】2008年2月14日
【Win】2008年3月28日
【PSP】2010年5月20日
定価 【PS2/Win通常版】6,800円
【Win限定版】8,800円
【DS/PSP】4,800円(全て税別)
レーティング 【PS2/DS/PSP】CERO:B(12歳以上対象)
【Win】全年齢対象
廉価版 【PS2】ベスト版:2010年11月18日/2,900円(税別)
判定 良作
ポイント ダイエットと恋愛に捧ぐ一年


本稿ではPS2版の内容について触れる。

あらすじ

幼い頃は美少女コンテストで優勝したこともある主人公。 しかし高校2年生の4月現在、主人公の体重は100kgあり、以前の面影もない。 ある時、自分の暮らすマンションに学園のイケメンたちが引っ越してきた。 近づいてみるも、彼らには冷たくされてしまう。 それをきっかけに、主人公はダイエットを決意する。

概要

  • 一年間ダイエットをして、理想の体型を手に入れることを目指す。
  • パラメーターを上げることにより、理想の女に近づく。
  • 体重以外のパラメータを最大100まであげるゲーム。

システム

  • 期間は1年間。3日ごとに予定を組んでゲームを進行する。
    • 日曜日は1日だけの予定を組む。
      • 日曜日・祝日にしかできないことも多く、店のアイテムも平日よりはるかにいい。
  • 体重、勉強、腕、足、など、ステータスは細かく設定されており、攻略相手の好みに合わせた数値を目指す。
  • ストレスゲージがたまったら、おやつを食べると減らすことができる。
    • おやつを食べると少しリバウンドするが、100kg以上の体重になることはない。
    • たくさん食べると確認メッセージが変化する。
    • おやつはたくさん蓄えておくことができるが、賞味期限が来ると処分されてしまう。
  • 攻略対象は多めで、それぞれ友情と恋愛の2つのエンディングがある。
    • エンディングの分岐は選択肢で決まり、キャラによってはかなり早い段階で分岐が来る。
    • 恋愛エンディングは好感度のほか、各パラメーターが◎であることが必須である。
    • ノーマルエンドもいくつかある。
  • 基本的に好感度は、日曜日・祝日に男の子の家に訪問して上げる。
    • 好感度が高くなると、学校でパラ上げに役立つアイテムがもらえる。

評価点

  • ダイエットをしながら攻略対象を落としていくという、珍しいシステム。
    • ダイエットの成果が視覚的に確認できる。
      • 足や腕など各パラメーターに応じて主人公のシルエットに変化が現れる。
      • 月ごとの記録が残っているので、以前の姿を見返すことが可能。
    • 様々な行動パターンが用意されており、それに応じた2コマ漫画が登場する。
      • 成功失敗の結果に応じて2コマ漫画は変化するが、漫画としては失敗の時の方が面白い。
  • イベントのボリュームの多さ。
    • 何度も同じ店に通っていると、イベントが発生することも。
      • 発生条件が不明な会話イベントもたくさんあり、すべて見るのは難しい。
  • 説明書やゲーム内のヘルプは、お兄ちゃんの語り口調で説明されている。
    • お兄ちゃんが好きなプレイヤーには嬉しいだろう。
    • ヘルプなどはダイエットまる秘ノートと呼ばれ、たしかにノートのようなレイアウトになっている。
  • 原画は人気イラストレーター・由良氏が担当ということもあり、絵の評価も高い。
  • キャストインタビューなどのおまけ要素も多い。
    • コンプリートスチルも3枚用意されているので、気力のある人はぜひそこを目指して頑張ってほしい。

問題点

  • 体重が減っても男の子たちの態度(台詞)が変わらない。
    • デブ扱いが続く。
    • 一応10月頃に衣替えイベントとして、主人公が制服のサイズを落とした、というものはある。

総評

攻略制限はほとんどないので、好きなキャラから順に攻略していける。
さまざまなアイテムや台詞が用意されており、長く楽しむことができるだろう。
また、主人公がゲームスタート地点で体重100kgあるということもあり、
実際にダイエットを考えているプレイヤーの励みにもなる作品と言える。