ウイングマン2 -キータクラーの復活-

【ういんぐまん つー きーたくらーのふっかつ】

ジャンル ADV
対応機種 PC-8801、PC-9801、X1、FM-7、MSX
発売元・開発元 エニックス
発売日 1986年4月
定価 TAPE:4,800円
FDD:6,800円
判定 良作
少年ジャンプ関連作品リンク

概要

  • 漫画『ウイングマン』(桂正和作)をゲーム化したADVである。好評を受けた前作に続く2作目。ストーリーとしては前作の続きとなっているが、前作のプレイ経験がなくても大きな問題はない。
  • ストーリー自体はオリジナル。

システムと特徴

  • コマンド入力式のADV。
    • ただし、コマンド入力式のわずらわしさを軽減すような様々な工夫がある。
    • よく使うコマンドは、ファンクションキーに割り当てられている。さらに「みる」などの対象を選択するようなコマンドは、カーソルで画面内の対象を、直接選べるようになっている。
    • 移動場面では、移動先が表示され、カーソルで選択するようになっている。
  • 前作同様、シードマンとの戦闘はアクションゲームとなる。
    • 画面が切り替わり、敵との戦いになる。自由に飛び回り、必殺技を打ち合う。
  • BGMはすぎやまこういち氏。ただしBGMが使われるシーンはあまりない。
    • すぎやま氏にとって初のゲームBGM作品である。
    • ウイングマン2の数日後にはドラゴンクエスト1の作曲を始めている。

評価点

  • 原作『ウイングマン』の雰囲気の再現度の高さ。
    • グラフィックが前作より向上、原作により近い絵柄となっている。
      • 本シリーズは合わせて三作出たのだが、『ウイングマン』ではまだまだ技術不足、『ウイングマン3』では絵柄のタッチが変わってしまっている。このため本作が最も原作に似ている。
    • キャラクター達のいかにもな台詞の数々。オリジナルストーリーながらも、原作をよく分っている作り。
      • ただ清純派の小川美紅に、少々黒い台詞があるのは玉に瑕。
    • お遊び要素も多い。本筋と関係ない会話もかなりあり、キャラクター達の掛け合いを楽しめる。
      • 桂正和作品にありがちなエッチ要素*1も当然ある。しかも、そのエッチ要素がフラグとなっている展開もある。
  • アクションゲーム部分も原作再現度が高い。
    • 変身シーンは、当然再現。
    • ウイングマンが使える必殺技は結構多い。「クロムレイバー」「ウイングル・クラッシュ」「ファイナルビーム」などが使用可能。さらに、決め技は「デルタエンド」。ファンに嬉しい作り。
      • 「ガーダー」も装備可能。しかも動きが重くなり、使える必殺技も変わるなど、細かな点まで再現されている。ただ必殺技の威力が低く、使い勝手が悪いのが残念な所。
    • アクションゲームとしては、動きが少々悪く今一つ。

問題点

  • バグが多い。
    • ファンクションキーF6~F10を使用するとバグる。マシンを再起動せずプレイし続けているとバグる。などがある。このため、まめにセーブしながら旧来のコマンド選択式としてプレイするのが、一番安全なプレイ方法。
  • システムが古臭い。
    • 前作もコマンド入力式だったとはいえ、やはり当時としても古臭いシステム。
      • ただ本作のシステムの方が、エッチ要素の印象がより強く出てはいる。コマンド一覧に初めから表示されていては、少々興ざめだったと思われる。
    • 少々強引なストーリー展開が見られる。キーアイテムが奇妙な所で見つかる場合があるなど、謎解が当時としても古臭い。
  • 小川美紅の髪の色が何故かピンク。
    • 原作では緑、アニメでは濃い茶系となっているのに、何故かピンク。しかも森本桃子もピンクなので被っている。もっとも前作からピンクだったので、その設定を受けただけなのかもしれないが。
  • 誰が相手だろうと、アクションゲームモードで戦う敵キャラクターが変わらない。
    • 戦闘シーン自体が少ないので、そうは気にならないのだが。

総評

スタッフの原作愛が分るようなゲーム。
原作再現度が非常に高く、ファン歓喜の出来。ADVとしてはやや古臭い作りながらも平均的な出来。スケベ心をどれだけ発揮できるかがクリアの道となっているのは、桂正和作品らしいゲームとも言える。
まさしくキャラクターゲームの見本のようなADVである。