機動戦士ガンダム 戦士達の軌跡

【きどうせんしがんだむ せんしたちのきせき】

ジャンル 戦術アクションゲーム
対応機種 ニンテンドーゲームキューブ
発売元 バンダイ
開発元 ベック(チームアカネコ)
発売日 2004年3月18日
定価 7,140円(税5%込)
判定 スルメゲー
ゲームバランスが不安定
ポイント リアル過ぎて難しいRTSアクション
エースの強さも超リアル
しっかりやりこみ抜けば楽しめる
古谷徹ナレーションのMSグラフィックスが話題に
セイラ役の井上瑤氏の遺作
ガンダムゲームリンク


概要

GC用に発売された、『一年戦争』を題材とした作品を主軸としたアクションゲームの一つ。
いわゆる『1stガンダム』のみでなく、同じく一年戦争を題材にしたOVA『ポケットの中の戦争』『08MS小隊』のストーリーも描かれている。
プレイアブルキャラは連邦、ジオン双方に存在する。連邦は基本的に原作再現だが、ジオンは「もしこの戦闘でジオン軍が勝っていたら」というIFシナリオになっている。
そのためジオンが勝つとジオン公国は晴れて独立を果たし、WB隊は壊滅、あげくには『ギレンの野望』さながらのIFエンディングが見られる。
また、IFだけでなく、設定上でしか存在しない戦いも本作ではミッションとして楽しむことが出来る。

特徴

  • アクション面について
    • アクションとしてのシステムは当時としてはやや独特。ガンダムの3Dアクションゲームとしての要素を主軸にしつつ、僚機や戦艦に指示や要請を行うリアルタイムストラテジー要素(後述)も存在する。
    • 武装は2種類選択して装備させることが出来る。バルカンの固定武装などはこれとは別枠で、バルカンを撃ちながらライフルを撃つといった珍しい使い方が可能。
    • 盾は自動的には発動せず、盾構えをしなくてはならない。一方で一部武装では「両手持ち」もあり、動作中は集弾性能が上がるため、必ずしも盾を構えていれば有利というものではない。
    • 本作特有の要素として「プレッシャーゲージ」というものがあり、これが高まるとパニック状態になって操作逆転などデメリット効果が起きる。
      • ちなみにこれは味方だけのデメリット効果ではなく、敵に対してもプレッシャーをかけることが可能である。スキル使用が基本だが、味方を集めて囲んでプレッシャーをかけるという戦法も。
    • ガンダムシリーズではお馴染みの「直撃」という要素が本作ではシステムとして採用され、背後から当てるなどしてダメージを倍加させる「クリティカルヒット」扱いとなっている。
      • 命中させるとパイロットも「直撃?!」と声をあげるので、これまでのシリーズとは違いしっかりこの台詞には意味がある。
    • パイロットはレベルが上がるごとにアビリティを習得していく。出撃前に攻撃・防御など各項目に1つだけセットすることが可能で、これらの併用や活用によって戦局を有利に進めていく。
  • シミュレーション面について
    • 僚機はプレイヤーの指示によって動く。RTSらしく指示可能なユニットには移動ルートの指定が可能である。
    • 戦艦は近くにいる僚機に対して修理・補給を行なうことが出来る。自機・僚機MSに対して行えるが、どちらのコマンドも3回しか使えない。
    • 僚機MSは「援護」を始めとした指示が可能。先の通り上手く指示すれば敵のエースを囲んでプレッシャーを与えることなども出来る。

問題点

  • 非常に厳しい難易度
    • 独特の操作感から、ゴリ押しが一切通用しない。基本的な操作技術だけでなく、弾数管理、シールド構え、指示など、プレイヤースキルだけでなく頭を使うことも求められる。
      • 弾数管理は特に重要。予備弾倉にも限りがあるため、確実に敵に当てていかないと最終的にはサーベル一本で戦う羽目になる。
      • 補給は可能だが戦艦など修理・補給が可能な味方がいる場合のみで、しかも回数が限られている。
    • プレイヤーは味方に指示が出来る。指示がなければ僚機や戦艦はデフォルト設定通りに動いていく。
      • しかし普通はこのデフォルト設定では勝ちが臨めないようになっており、即戦艦が狙われて撃沈して終了などといったことがこのゲームではよくある。自身も死にやすいが味方も極端に脆い。
      • シナリオによっては1面から「直撃=即死」ということもザラ、一方ネームド敵機は直撃にもかなり耐える。
    • 僚機のMSは思ったより頼りにならず、思うように戦艦などを守ってくれないことも。
      • それを防ぐためにプレイヤーが細かく指示を下したりしなくてはいけないが、RTSのシステム上、必ず毎回敵が同じ挙動をとるわけではないため臨機応変さも求められる。
    • ジオン編のラスボス・G3ガンタム搭乗時のアムロ・レイは正にチートレベルの強さを持ち、最大レベルである30まであげていても手こずる相手。
      • この時のアムロは、母艦であるホワイトベースを落とされて自暴自棄になっており、鬼神のような強さで僚機を屠っていく。
      • プレイヤーキャラが中途半端なレベルだと、轢き潰されるようにG3ガンダムの超スピードと異常な火力で文字通り瞬殺される。逆にこれを倒せた時の達成感は並々ならぬものがあるが。
  • 一部機体が登場しない・操作できない
    • 劇中で登場した機体はおおむね登場しているものの、『ポケットの中の戦争』の機体はわずか2体しかおらず、『08MS小隊』でもアプサラスIIIやグフフライトタイプなどが未登場となっている*1
    • また一部を除いた戦闘機・戦車やMAのほか、「一般機仕様の高機動型ゲルググ」などのMSもNPC専用機であり、プレイヤーが操作できない機体が複数存在している。
  • レベルをあげないとまともなプレイが出来ない
    • このゲームでは、パイロットのレベルが低くて操縦技術が未熟であると、照準を合わせても弾がちゃんと思った方向に飛ばない。
    • しかもレベル上げは既存のミッションを繰り返し行なうしかなく、せっかく次のミッションが出ても難しすぎて前のミッションを繰り返しプレイするということになりがち。
    • 特にエース級の敵は誇張なしで恐ろしく強い調整がなされており、最初のうちは何をされたかわからないうちに死亡ということもしばしば。
  • 異常に操作が難しい宇宙戦
    • SFノベルなどを読んでいる人ならばわかるが、本作の宇宙空間における操作感は他のガンダムゲーと比較してリアルさにこだわっており、360度を意識して行動しなくてはならない。
    • 操作中の上下反転など、SF好きなら好みそうなアクシデントもあるが、通常のプレイヤーからすれば宇宙での操作は地獄に等しく、プレイのしづらさにも繋がっている。
      • 一応、少し触っただけでは理解しづらいが、何度もプレイをしていくうちに慣れればなんとかなるレベルではある。
  • ロードの長さとその対策
    • 基本的にこのゲーム、ミッションに入るまでのロードが長い。そのロードの長さを少しでも軽減しようと導入されたのがブリーフィングである。
      • これはその名の通りキャラクターがブリーフィングと称して作戦を口頭で指揮官から伝えられたり、自分で確認したりするパートで、声はないが台詞とともにマップで推移が表示される。
      • これによりミッション内容がわかりやすくなるなどのメリットはあるが、ロード中の画面であるため一切飛ばすことが出来ない。
    • 本作はゲームオーバー後のリスタートが出来ない。このため再スタート時は毎回このブリーフィングを見せられるため、ストレスとなる。
  • キャラによってシナリオ量が違う。
    • 『0080』は特に少なく、クリスに至っては何故かケンプファー戦がオミットされ、ザク改との戦闘の再現しか登場しない。このためクリスは非常に育てづらい。
    • 後に機体の自由選択が解禁されるのだが、成長させたアムロを搭乗させたアレックスは非常に使いやすく、その強さを実感することが出来る。
    • 一方で、肝心の攻略においてクリスの能力が低い+武装制限のためアレックスが非常に使いにくくなってしまっている。
      • 「本来の搭乗者であるアムロが乗るとこんなに強くなる」というのを体感出来るのは良いかもしれないが。
  • 説明書のミス
    • ゲーム外の要素ではあるが、説明書に表記ミスがある。
    • ユニットセッティングの項目において、あたかも僚機を自由に変更できるかのように書かれている箇所があるが、実際には不可能である*2
      • 後述の角川バージョンでは変更できるため、当初は変更可能であったのかもしれない。
    • また、外箱の裏面にも誤植がある。アムロを指して「卓越した知力」などと書かれ、シャアには「連邦軍を勝利に導け!」とあるなど、文章が入れ替わっているのが丸分かりである。
      • こちらも角川バージョンの外箱では修正されている。

賛否両論点

  • リアルさへのこだわり
    • 先にあげた明らかな問題点を含めて、本作はSF的なリアルさを「それっぽく」程度ではあるが、ゲームとして見ればわりと本格的に追求しており、その点を評価する声もある。
    • 基本的にはプレイヤーのやりこみに答えてくれるゲームシステムであり、レベルさえあげればプレイが非常に楽になっていくため、成長を実感出来る。
    • 先の通りレベルあげは骨が折れるうえ、作業的な感は否めないが、目に見えて成長していく感じにはワクワク感もあり、そこが本作の魅力ともなっている。
    • RTSであるため、状況はリアルタイムに常に動いていく。この臨場感もまた本作特有のものである。
      • 一方で、これらの要素が難易度を上げていることは間違いないため、これらを全て無駄なこだわりとして否定する声も多い。

評価点

  • 良く作りこまれたOPムービー
    • なんと3分近い長さを誇る非常に濃密な内容。演出なども非常に良く、見ていてワクワクする。
    • 人間までCGで描かれているため、ともすればシュールに見えるシーンもあるが、モデリングが致命的に悪いわけではない。
  • オリジナルのBGMの出来が良い
    • ちなみに戦闘中のBGMは各作品の原作楽曲をアレンジして使用している。
    • 各作品の雰囲気と合っているかどうかは微妙なところだが、ロボットゲームとしては大変雰囲気が出ている。
  • リアルな操作感で味わえる無双感
    • エースなどは鬼のように強いが、リアルなだけあってドップなどはガンダムの攻撃が当たればあっさり沈んでいく。
    • 刺客達から味方を守って、孤軍奮闘しているという感覚は、難易度が高い本作だからこそ味わえるものである。
    • 根気良く成長させる+慣れればエース級の活躍も夢ではなく、本作を評価しているプレイヤーはその点を主に評価している。
  • 一部キャラ&機体で発動可能な専用アクション
    • キャラクターと機体の組み合わせによってはLトリガー+Bボタン入力(もしくはL+Z入力)で専用のスペシャルアタックが発生する。
    • 例として、アムロ&ガンダムでライフル装備であれば上述した「両手持ち」となり、射撃戦で有利に働く。
    • また、シロー&Ez-8で100mmマシンガン装備なら「倍返し」、ガイア編でのガイア・マッシュ・オルテガのトリオで「ジェット・ストリーム・アタック」を発動できるなど、細かい原作ネタも拾っている点は好評である。
  • 宇宙空間におけるリアルな世界観
    • 360度を把握する管理は大変な反面、宇宙空間で戦っているという感覚に関しては、他のガンダムゲームでは味わえないほどこだわって作り上げられている。
    • 照準や移動などが大変な反面、戦艦を次々に落としていく爽快感は他のガンダムゲーにはない「達成感」が存在する。
      • 本作は黒い三連星が戦果をあげたルウム戦役での無双っぷりも、プレイヤー次第では気持ちが良いくらいに再現することが可能。
  • ナレーション・永井一郎
    • 各キャラクターのエンディングは、永井一郎氏が当時のナレーションよろしく朗読する。作品の違う『0080』や『08小隊』なども同じテンションで読み上げる。
  • MSグラフィックスの存在
    • アムロ役の古谷徹氏の代表的な仕事である『カーグラフィックTV』を模したもので、MSのスペック、開発経緯などを古谷氏が淡々と読み上げる。
    • 感情は一切籠っていないが、アムロが搭乗したガンダムを過剰にまで賛辞したり、失敗機に対しては酷い評価が並んだり、シュールさも内包している。
      • かつては公式サイトでも公開されており、ゲームを知らなくてもこれだけは知っているというプレイヤーも。

総評

操作は難しく、RTS的な指示要素があるなど、かなり難易度の高いゲーム。リアル過ぎてMSの脆さや敵エースの強さもガチ、一撃で自機が落ちることもザラである。
理不尽な難易度と切り捨ててしまうのは簡単だが、やりこむと本作のそのリアルさが魅力であることに気づくプレイヤーも多くおり、評価がやや分かれがちな作品。
ただ本作の意図的なゲームバランスの異常さはファンをもってしても認めるところであり、やりこみが必要な点は共通認識である。
しかしそのやりこみの先にある達成感には素晴らしいものがあり、本作のファンが決して少なくない理由となっている。

余談

  • セイラ・マス役の井上瑤氏は本作の発売前に死去、本作が遺作となった。
    • 収録中はスタッフから見ても録音に難儀していたようで、エンディングでは「謝辞~苦しい中最後まで戦い、「セイラさん」の声を与えてくれた、天国の”井上瑶”様」と追悼コメントが残されている。
    • しかしゲーム中の井上氏は、病気に苦しんでいる人間とは思えないほどの熱演で、声が衰えた様子もなく、遺作と聞いて購入したプレイヤーを驚かせた。
  • 角川バージョン
    • 抽選の景品として極少数生産された。当初は通常版との違いがわからず格安で出回っていたのだが、専用のコマンドが発見されたことで状況は変わる。
    • コマンド使用によりかなり自由度が上がり遊びの幅が広がることがわかり、一気にプレミアアイテムと化していった。そのせいで「製品版もこの仕様で出せば評価が変わっただろうに」と惜しむ声や批判も挙がるようになった。
    • 一方で問題も存在する。自由に作りすぎたからなのか通常版には無い動作不良が発生する。しかもご丁寧に起動前にそれについての注意書きが表示される。