MARIONETTE-糸使い-

【まりおねっといとつかい】

ジャンル 萌えエロ陵辱ADV
対応機種 Windows 98~XP
発売・開発元 キャリエール
発売日 2003年3月28日
定価 8,800円(税別)
レーティング アダルトゲーム
判定 なし
ポイント 元は無料のネット小説
頻発するフリーズ
Carriere作品リンク

そんな事をお前が言う権利はない、俺は俺のやりたい事をするだけだ



概要

  • アダルトソフトメーカー「キャリエール」の2作目。
  • マインドコントロール(精神操作)に関する、自作小説を投稿するサイトの『マリオネット -糸使い-』にキャリエールが目を付け、製品化した。
  • ライターは原作と同じ「t-kun」。大部分は原作の内容がそのまま収録されている。

ストーリー

ある日、彼の拾った紫色に輝く石が、全てを変えた。石は紫の糸となって、彼に寄生した。糸が与えたのは、人の精神を自在に操る力。
――彼は両親が残したマンションで独り、暮らしながら学園生活を送っていた。だが、彼は飽いていた。どす黒い願望をくすぶらせながら。
ただ流れるだけの日常を打破する、己を満たすものを求めていた。力に酔いしれ、人々を蹂躙し、陵辱する。そんな彼の前に立ちふさがる女生徒が現れた。
手には糸があった。紫の糸とは違う能力を持った、赤い糸。なす術もなく倒れ伏す彼。しかし顔は笑っていた。唇の端を吊り上げるように。窮地に追い込まれること。そこから這い上がり、相手を蹴落とすこと。そのどちらもが、これまで抱いたことのない、至上の喜びに感じられた・・・・・・。
彼の、狂気と欲望と喜びに満ちた生活が始まる。
(公式サイトから抜粋)

登場人物

  • 御影 広樹(みかげ ひろき)
    • 主人公。
    • 精神干渉の能力を持つ、紫の糸を持っている。
    • 両親が赴任していなくなったマンションに独り暮らしで、私立高峰学園に通っている。
  • 北条 茜(ほうじょう あかね)
    • 感覚干渉の能力を持つ、赤い糸を持っている。
    • 赤みがかったショートヘアーの、健康的な少女。広樹と同学年。 幼くして母を亡くし、不在の多い父の代わりに、一つしか歳の違わない妹・葵の保護者役をつとめなければならなかった。妹への過保護ともいえる愛情が、逆に葵には大きな負担となっている。
  • 北条 葵(ほうじょう あおい)
    • 肉体干渉の能力を持つ、青い糸を持っている。
    • 長い黒髪をなびかせた“深窓の美少女”。広樹や茜からは一学年下の後輩にあたる。そのはかなげな風貌の裏に、愛する者への強い依存性と、破壊願望とあわせ秘める。
  • 橘 景子(たちばな けいこ)
    • 大学を出たての女教師。
    • 眼鏡をかけた童顔にセミロングの髪、グラマラスな肉体。そのアンバランスさが男子生徒を惹きつける。恋人に裏切られた過去の体験が彼女の心に深い影を落としている。それが強い男性依存へと変質しはじめていることに、彼女は気づいていない。
  • 三上 晶(みかみ あきら)
    • 光の糸を操る少年。
    • 全身黒づくめで長い金髪をなびかせたその風貌は、中性的という感じすら受ける。優秀な兄と比べられる裏で、その兄から陰に陽にすさまじい虐待を受けつづけてきた。彼が体と心に負った傷と絶望の深さが、他の糸の効力をすべて封じる最強の能力を呼び込むことになる。 (Getchu.comより抜粋、一部改編)

特徴

  • 選択肢を選ぶだけの一般的なADV。
  • 主な流れは「日常→戦闘→エッチシーン→日常」。
    • 3人の個別エンドの他に3種類のエンディングがある。
    • TRUEエンドを見ると、TRUEエンドルートに入る。
  • 原作『マリオネット -糸使い-』のテキストが、ゲームとは別に丸ごと収録されている。
    • 現在も無料公開中なので、ネット環境がある人にとってはさほどありがたくないが……
  • 半脱ぎモードが設定できる。
    • エッチシーンでの衣服の有無を設定できる。だがオンにしていても全裸になることも少なくない。
  • 主人公にボイスが付いている。
    • エッチシーンなどでもボイスが付いたまま。
    • 全員のボイスの有無を決定できるので、気に入らないならボイスを無にすることも可能。

評価点

  • 戦闘描写
    • 登場人物で紹介したように、主人公は精神干渉の能力を持つ、紫の糸を駆使して戦う。
    • 相手の額に打ち込めば精神に干渉できるという強力な能力だが、糸を通さない赤い壁を張る少女や、糸の能力を受けない少年等、敵側も強力な能力を所持している。
    • そんな相手に工夫を凝らして戦う主人公の心情描写などが細かく、熱い気持ちにさせてくれる。
  • ストーリー
    • エロシーンも物語の重要なパーツなので、無理やり入れたようなエッチシーンがない。
  • CGやボイスが付いたこと
    • 小説よりも情景などが分かりやすい。
    • 特にヒロキ氏の演じる、主人公のボイスは好評。強く賢い主人公にマッチしている。
      • 緑川光氏と似ているため、「本人ではないか?」という噂があるが真偽は不明。
  • BGM
    • 暗い感じのものや熱いものなどが一通りそろっており、場面を盛り上げる。
    • 「囚われの心」、「復讐の旋律」など曲名も凝っている。

賛否両論点

  • ここのか氏の粗いCG
    • 雰囲気に合っているとする声もあれば、同人のようで安っぽいとする声もある。
  • ジャンルは「萌えエロ陵辱ADV」だが前述したように能力バトルが多い。
    • こういった要素を「寒い」と感じる人にとっては合わない。

問題点

  • フリーズが多い。
    • 環境にもよるが酷い場合だと、10~20分程度に1回のペースでフリーズする。
    • フリーズしやすい箇所というのはなく、単にプレイ時間が伸びるとフリーズしやすい模様。
    • 対策はこまめにセーブをとるしかない。
    • システムは簡素であり、派手な演出があるわけでもないのに何故?
  • 音量調整や回想などに不具合があった。
    • 2003年7月10日に配布されたパッチでほとんど解決した。
  • システム面が簡素
    • セーブは16か所しかなく、スキップはやや遅い。
  • あまりにも短い個別エンド
    • 共通パートが9割以上を占めており、エンディングが少し変わるだけである。
    • その割には序盤の選択肢からエンディングに影響するため、すべてのエンドを見ようと思うとスキップを多用することになる。
    • 原作は一本道の小説なのでこの分岐は不要だとする声もある。

総評

エロだけでなく戦闘描写も好評だったネット小説が、まさかの製品化。
ゲームになったことでCGやBGMといった、小説ではできない表現も可能になった。
現在でも小説は無料で公開されているので、気になった人はそちらを先に見ても良いだろう。


MARIONETTE-糸使い- DVD Edition

【まりおねっと いとつかい でぃーぶいでぃー えでぃしょん】

メディア DVD-ROM
DVDPG:DVD-VIDEO 各1枚

発売元
(DVDPG/廉価版)
DVDPG:mints
廉価版:Anise
発売日 2004年6月25日
DVDPG:2008年4月25日
定価 5,800円
DVDPG:3,800円(共に税別)
廉価版 2008年6月20日/3,800円(税別)
配信 2009年2月2日/3,000円(税別)
レーティング アダルトゲーム
判定 なし
ポイント まさかのフリーズバグ修正なし
設定集や画素材等が収録された完全版

※判定以外の共通部分は省略

概要(DVD)

  • 『MARIONETTE-糸使い-』の廉価版かつ完全版。

追加要素・変更点(DVD)

  • 一部のバグや演出ミスを修正。
  • 新オープニングに変更。
  • CD版初回特典の「Special Disc」の内容及び「Art Disc」を収録。
    • 設定資料集などをデータとして閲覧できる。前作のOPなども収録されている。

問題点(DVD)

  • フリーズの頻発が直っていない。
    • 移植にあたり期待されていた部分なのに、何故かそのまま放置されている。
    • 相変わらず貧弱なコンフィグも変化なし。
  • ストーリーもほぼそのままのため、個別が短いなどの問題点は変わっていない。

評価点(DVD)

  • DVDになったことで品質がアップしている。
  • 設定資料集等が閲覧できる。
    • 本編には関係ないため、閲覧を強要されることはない。

総評(DVD)

問題点が解決していない部分はあるが、改悪要素などはなく遊びやすくなったのは確か。
廉価版の廉価版も発売しており、値崩れしているので入手も安易。
これから『MARIONETTE-糸使い-』を遊びたいならこちらを選んだ方が良い。


その後の展開

  • 2004年8月20日発売の『キャリばん』に本作のミニシナリオが収録されている。
    • 本編の不明瞭な点を補完するシナリオ。だが、メインヒロインが1人も登場しないことが批判されている。
  • 2007年3月末にキャリエールは解散。
  • 2008年8月29日キャリエールのメンバーが立ち上げたブランド、「TAIL WIND」から前日談となる『MARIONETTE ZERO』が発売された。
    • ライターは本作と同じく「t-kun」なのだが、雰囲気などが別物で評判は悪い。