テイルズ オブ ゼスティリア

【ているず おぶ ぜすてぃりあ】

ジャンル ロールプレイングゲーム
(シリーズ内ジャンル名:情熱が世界を照らすRPG)
対応機種 プレイステーション3
プレイステーション4
発売元 バンダイナムコゲームス
開発元 バンダイナムコスタジオ
発売日 2015年1月22日
定価 8,070円(税別)
プレイ人数 1人(戦闘のみ1~4人)
レーティング CERO:B(12歳以上対象)
コンテンツアイコン セクシャル、暴力、言葉・その他
通信機能 PlayStation Network対応(ダウンロードコンテンツ配信)
廉価版 Welcome Price!!:2016年7月7日
【PS4】パッケージ:3,800円
【PS3/PS4】ダウンロード:3,400円(共に税別)
判定 クソゲー
黒歴史
ポイント シリーズ20周年記念作品
粗がかなり目立つシステム・戦闘
救われない、矛盾が多いシナリオ
テイルズ史上最悪の主人公・味方勢
アリーシャとロゼの扱いの差
後続のメディア展開で増える矛盾
テイルズオブシリーズ関連作品リンク


概要

『テイルズ オブ』シリーズのマザーシップタイトル(本編タイトル)第15作目にして、シリーズ20周年記念作品。略称はTOZ
「ゼスティリア(Zestiria)」とは、ファミ通が行った馬場英雄プロデューサーへのインタビューによれば、情熱・熱意を意味する「zest(ゼスト)」が由来の造語であるとのこと。
本作に与えられたキャッチコピーは「伝承はいつしか「希望」になる。」

キャラクターデザインは前作『エクシリア2』を担当した3名に加え、『マイソロ』シリーズなどを手掛けた岩本稔氏が新たに参加。
音楽はシリーズ恒例の桜庭統氏に加え、『レジェンディア』を担当した椎名豪氏が『マイソロ3』以来久々に参加。
シナリオは『ハーツ』や『エクシリア2』を担当し高い評価を得ていた山本尚基と、シリーズに幾度か携わった長谷川崇の両氏が担当。
アニメーションは『エクシリア2』に引き続きufotable(ユーフォーテーブル)が担当。
主題歌はSuperflyの「White Light」。
要するに、シリーズにおいて実績のあるスタッフを集め、好評だった過去作システムやシナリオ展開をふんだんに盛り込んだ、という触れ込みだった。

しかし、実際には様々な点において問題点が非常に目立っており、ファンの期待を大きく裏切る出来栄えとなっていた。


あらすじ

超常の存在が住まう天上の地「天族の杜」で拾われた人間の子スレイ。
外界と隔絶した生活で、天族達に慈しまれ育った彼は穢れのない純粋な青年へと成長し、日々を過ごしていた。
ある日、杜の近くで趣味の遺跡探索をしている際、偶然倒れていた少女アリーシャを発見する。
初めて出会った人間の少女アリーシャ、憑魔と化した人間であるルナールの襲撃でスレイの日常は大きく変わり、 それらをきっかけにスレイは外の世界へ向かうことになる。


設定

  • 天族(てんぞく)
    • 冒険の舞台である「グリンウッド大陸」に存在する種族。シリーズにおける精霊などに相当する。
    • 人々の信仰対象になっている超常的存在で、人から動物まで様々な姿をした種類がいる。
    • 「霊応力」という特殊な力を持たない人間にはその姿を視認出来ない。
      • ストーリー序盤では、たとえパーティメンバーでもスレイ以外には仲間の天族を視認出来ない。ストーリーを進めるとアリーシャやロゼも視認出来るように。
  • 穢れ(けがれ)
    • 憎しみや妬み、悪意などの感情から生まれ、量が過ぎると人だけでなく天族や動植物、果ては大地に至るまで蝕む負のエネルギー。
    • 簡潔に言えば「毒」のようなものだが、短期間に少量であれば特に問題はなく「誰もが発する当たり前の現象(公式サイトより)」である。
    • 穢れが異常に積み重なると人や天族、動植物は「憑魔(ひょうま)」となり、更に積み重なると天族はドラゴンと化す。
  • 導師(どうし)
    • 世界を浄化する救世主的な存在で、天族の力を借りて穢れを祓うことが出来る。
    • 主人公スレイも物語序盤で導師となり、仲間の天族達の力を借りて世界や穢れと関わっていく。

特徴

戦闘システム「FC-LMBS(フュージョニックチェインリニアモーションバトルシステム)」

  • 本作品では「人間」と「天族」という2つの種族が存在し、それぞれが協力して戦う為戦闘パーティは「人間+天族」のペアを組むことが前提となっている。イベント上の展開や一部のサブイベントで人間のみ、もしくは天族のみというバトルも存在するが、基本的にはペア制で進めることになる。
    • 天族は戦闘中、神依している時以外は控えにいる天族と交代できる。人間は3人以上が同時にパーティにいることはないので、交代する必要も機能もない。
    • シナリオ上人間がスレイのみの場合がたびたびあるが、スレイと天族で合わせて3人以上いても戦闘では必ずスレイと天族の2人で戦闘になり、他は控えになってしまう。
      • 天族単体で戦えない設定はない。むしろ、天族であるザビーダは一人で戦いを挑んでくる。
    • 人間(スレイ、アリーシャ、ロゼ)は○ボタンで特技、×ボタンで奥義が使用可能で近接攻撃に長ける。反面、シリーズの術にあたる天響術が使えない為、物理攻撃に耐性のある敵や近距離で強力な攻撃をしてくる敵は全体的に苦手。
    • 天族(ミクリオ、ライラ、エドナ、デゼル、ザビーダ)は○ボタンで特技、×ボタンで天響術が使用可能。特技は人間に比べ近距離・中距離用の牽制技が多く、中距離~遠距離から天響術で攻撃していくのがメインとなる。反面、奥義が使えないので近距離での対処能力が低く、雑魚に囲まれるとあっさりやられることもしばしば。
  • SC(スピリッツチェイン)
    • 最大値が100まで溜まるゲージで、各種攻撃で消費される。攻撃をせず待機したり、防御や回避を成功させることで回復できる。
      • 『デスティニー2』であったTPとSPを複合したもの。ゲージの回復はそちらと違い速い。
      • 量が少ない時には攻撃威力が上昇・ゲージ回復速度が低下し、量が多い時には被ダメージが減少・ゲージ回復速度が上昇する。ただし微々たるものであり、消費行動が多いため意図的に使うのは難しい。
  • BG(ブラストゲージ)
    • 防御や回避などのディフェンシブな行動をすることで溜まるゲージ。ゲージを消費させることで、SCを回復させたり敵を吹き飛ばす効果などの効果を得られる。また、BGを消費することでシリーズ恒例の秘奥義を発動できる。
      • 3連携で使えるブラストは、ボス相手だとほぼ繋がらない。
  • アラウンドステップ
    • 前後左右のステップで敵の攻撃を回避することが可能。タイミングよく避けることで「対応回避」が発動し、敵から受けるダメージが1になり敵をひるませたりSCを回復させたりといった追加のメリットを得られる。
  • 神依(かむい)
    • BGを1消費して、「人間(スレイもしくはロゼ)+天族」が合体しパワーアップするシステム。合体することで○ボタンの攻撃が奥義に、×ボタンが天響術になり、人間と天族の特徴をあわせ持った状態になる。神依時、バニッシュブラストを自動的に発動する。
      • スレイもしくはロゼが死亡時でも使用可能で、神依すると復活できる。
    • 火属性は2mを超える大剣、水属性は巨大な弓、地属性は巨大なアーム、風属性は翼のような形にした刀剣である。
    • 『エクシリア2』に存在した「骸殻」に近いシステムだが、あちらとは違い無敵化や時間制限などはなく、BGとパートナー天族のHPさえあれば戦闘中何度でも発動可能。
  • リアルマップバトル
    • シリーズ初のシームレスバトルシステム「リアルマップバトル」を採用。エネミーシンボルにエンカウントすると、その地点を中心として一定範囲をそのまま戦闘フィールドにしバトルすることになる。地形との関係上、戦いやすい場所や戦いにくい場所が存在し、敵とのエンカウントタイミングも戦略要素の一つになった。

その他のシステム

  • バトルアクト
    • メニュー画面でAPを消費してセットすることで戦闘中に効果が発揮されるようになる戦闘中のアクション。
    • APはレベルアップや、石碑・ディスカバリーを調べることで増えていく。
  • 装備品とスキル
    • このゲームの装備品は、同名装備であっても別の装備扱いで入手される。
    • 装備品毎に熟練度が設定されており、装備した状態で戦闘を重ねると熟練度が上昇する。
    • 装備毎にスキルをセットするスロットが4つある。ここでは、4つのスロットを便宜的に上からスロットA~Dと呼称する。
      • スロットAには各装備で決められたスキルがセットされている(例:アンバーソードのスロットAはディフェンス。カルサイトソードのスロットAはアタック)。
      • スロットB~Dのスキルは特に決まっておらず、全50種類のスキルのどれがセットされている場合もあり得る。また、スキルがセットされていないスロットが空きの状態の場合もある。
      • このためショップで販売している装備はすべて一点物で、買うと売り切れる。売り切れても、しばらくするとまた新しい装備が店頭に並ぶ。
      • 現在装備中のスキルは、R2ボタンからのスキルシート画面で確認できる。
    • スキルには、上述の全50種類ある「基本スキル」とその組み合わせで発動する「ボーナススキル」の2種類がある。性能が弱い装備でも、スキルの組み合わせによっては思わぬ強さを発揮することもある。ボーナススキルは以下の通り。
      • セイム :同じスキルをセットすると発動。スキルのマークの右下に数字が書かれており、現在の装備でどれだけ重ねつけしているかが分かる。この数値が2以上のときに発動する。
      • エルム :スキルシート上で左右に隣り合うスキルをセットすると発動。横に2つ以上のスキルが並ぶと発動する。
      • ユニオン :スキルシート上でスキルを縦一列にセットすると発動。
    • 同名装備はショップなどで融合することができる。融合の際はガルドを消費するが、武器の熟練度を上げていると費用を軽減することができる。
      • 装備を融合すると、「アンバーソード+1」といったように融合した回数の合計分装備品毎に+が付き、装備品の性能が少しづつ向上する。
    • 融合した装備品のスロットにスキルがセットされていた場合は、そのスキルも引き継がれる。ただし融合元の両装備品の同じスロットに別のスキルがセットされていた場合、そのスロットのスキルは別のスキルに変化する。
    • 融合によって発生したスキルは、その時点では青い文字で表記されている(封印された状態)。武器の熟練度を星1以上まで上げることでスキルが解放され、効果を発揮するようになる。
      • また、青い文字のスキルは装備品を融合する際は「空きスロット」として扱われる。これを利用して、例えば消したくないスキルがスロットCに入っている場合スロットCにスキルが入っている同名装備同士を融合することで、スロットCを空き扱いにして融合する事が出来る。
      • ただし、この場合装備の熟練度を上げることができないため、融合費用がかさむ。
    • また、高難度で戦闘を行うと、ダブルやトリプルといった、効果が2倍、3倍のスキルがついた装備が手に入ることがある。
  • ノルミン
    • 猫のような目をした天族で、『アビス』のチーグルのようなコミカルな言動や風貌から今作のマスコットに近い存在。
    • 世界各地に散らばっている彼らを見つけ協力を仰ぐことで、後述する地の主システムでノルミン毎に対応したスキルを持つ装備品をドロップしやすくなる。
  • 地の主
    • 天族の中には穢れを制御する強い力を持つ「加護天族」が存在し、信仰や奉納を糧に人々や地域に加護を与える。
    • 物語開始時では、人々の信仰が薄れたり器(天族の力を強化する増幅器のようなもの)が穢れてしまったりなどの要因で、ほとんどの地域が加護天族の恩恵を失っている状態。イベントで問題を解決することで地域に加護天族が戻り、「地の主」システムで様々な恩恵を受けられるようになる。
    • 加護天族には、「加護レベル」という経験値要素が設定されている。加護天族が戻った地域でバトルし、獲得したGRADEが一定数貯まると加護レベルが上昇する。レベルを上げることで、戦闘不能防止やアイテムドロップ率アップなどの恩恵が受けられる。
    • 「地の主」システムの内容は以下の通り。
      • 恩恵セット :加護天族が担当する地域限定で発揮する、様々な効果をセット出来る。セット出来る効果は加護レベルによって増える。
      • セーブポイント間移動 :一度でも触れたことのあるセーブポイント間を、ガルド(お金)を支払ってワープできる。料金は1回で所持しているガルドの6%、恩恵によって無料にすることも可能。
      • ノルミンをセット :見つけたノルミンをセットすることで、対応するスキルがドロップしやすくなる。
      • アイテムを奉納 :所持しているアイテムを奉納することでGRADEに変換、天族の経験値にできる。
      • 装備品を祝福する :融合で+10以上の装備品を作成すると、加護天族に祝福してもらえる。祝福を受けた装備は1番目のスキルがダブル(効果が2倍)になる。また、ある装備品を祝福すると「無銘装備」という特殊な装備になる。

問題点

シナリオとキャラクター

本作のシナリオは「原点回帰」「王道」を謳っていたが、その実『エクシリア2』の流れを汲む暗く、重く、救われないシナリオが展開される。
更に「暗殺」を賞賛しているかのような発言・展開がやたら多い *1 ことや、それらと並行して「論理(倫理)的におかしい展開」「露骨なご都合展開」「矛盾や根本からの説明不足」がシナリオ全般に渡って巨大な影を落としており、物語の主軸が定まらない歪なものになっている。

以下、長文の上にネタバレ要素を強く含むので隠し。

+  穢れなき暗殺者ロゼについて
+  作中の評価と実態が釣り合わない暗殺者ギルド・風の骨。
+  導師スレイとその一行について
+  アリーシャの扱いの酷さ
+  天族と導師について
+  誓約の力について
+  ラスボスと側近が被害者にしか見えない
+  設定が全体的に曖昧すぎる
+  描写不足・回収されない伏線
+  ドラゴンの扱いについて
+  瞳石イベント

戦闘システム

評価の高い『グレイセス』がベースだが、良好な意見は見受けられない。
3Dテイルズのノウハウがあるにも関わらず基本的な作りがしっかりしていない上に、更にゲームバランスの悪さもあるので、非常にストレスが溜まる作りになっている。
戦闘に関して様々なことが他の部分に影響を与えているため多少重複する記述があります。

+  戦闘全般
+  神依・術技関連
+  弱点連携・三すくみ
+  戦闘バランス

マップ関連

  • 移動速度に比べてマップが広すぎる
    • 移動速度上昇のスキル「速駆け」があるが、「効果時間内に戦闘を行うか町の噂を聞くと加速する」という妙な発動条件が設定されている。
      • 戦闘を行わないチキンプレイ防止なのかもしれないが、時間を短縮する移動速度アップのために時間のかかる戦闘を行うという矛盾した条件である。
      • 戦闘を連続で楽しみたい人には便利な機能と無理やり擁護しようにも、今度は後述の半強制的に宿屋に泊まらされる疲労度システムと全く噛み合っておらず互いに足を引っ張り合う状態になっている。
      • これとは別に常時移動速度上昇のアイテムもあるが、あまり効果を感じられない。
      • 『エクシリア2』でのダッシュが好評だったため、わざわざ変える必要があったのか疑問視されている。本作でも移動速度上昇自体は実装しているわけで技術的に難しかったという言い訳も成立しない。
    • マップの作りも『エクシリア』の時点でフィールドのコピペや海停(港)の使い回しが不評だったが、本作も同様に手抜きが目立つ。
      • フィールドは『エクシリア』のフィールドから崖を取っ払ってさらに広げたといったもの。ただ単に広いだけで、特に探索する面白みがあるわけでもない。
      • ダンジョンも同様にコピペで変わり映えしない。試練は属性によって仕掛け等特色はある。
      • 町が少なめで、入れる建物も過去作以上に少ない。また、宿屋の内装も使い回しの手抜き。
    • 特定の町へワープする機能が有料で、金額は所持金から割合で引かれるため結構な額を取られる。
      • 一応、所持金を持っていない、もしくは0に近い場合は無料でワープが使える。
      • 地の主の恩恵により割合を減らすことができ、最終的には無料にまでできるが、相当なグレードが必要で完全にやり込みの領域である。
      • イベント等でワープ機能が使えないことも多い。
    • 中盤、終盤で手に入る特殊な鍵を使って開ける宝箱が様々なダンジョンや町に多数点在している。開けられないだけならまだいいが、その場所がミニマップ等に記憶されず、表のようにチェックする機能がない。宝箱を回収するために鍵を取ってから各ダンジョンを再度訪れ、探索し直さなければならないため不便かつ手間。
      • 一応、周回初めのグレードショップで開けていない宝箱の数が表示されるようにすることができるが、広いマップな分、開けていない宝箱を再度探すのは大変。
    • 敵シンボルも地の主の恩恵を利用しないとミニマップに表示されないようになってしまった。
    • 水の試練が面倒すぎる。
      • トラップに引っかかると入り口に戻されてしまう。しかもワープが次のエリアにあるため無駄にテンポが悪く、セーブポイントも遠い。護法天族「アウトル」の悪辣さもあって、場所共々最悪と評されている。
      • 地の試練はクリアだけならすぐ可能であり差も酷い。
  • マップの広さはシリーズでもトップクラスなのだが、「グリンウッド大陸」が舞台というだけあって本作で行けるところは世界のほんの一部分であり、行動範囲はかなり狭い。
    • シリーズではお馴染みの雪国や熱帯の街なども登場しないためロケーションの種類も欠けている。火の試練は単にマグマがあるだけで火山でもない。砂漠があるくらいだが砂漠は見た目だけ。それ以外の場所は特に特徴が無い。
    • 『エクシリア』『エクシリア2』でも同様であったが、自由に操作できる乗り物は一切登場しない。海へも出ないため船すらない。このため全体的に話のスケールも小さく、シリーズ伝統の2国間の戦争もあるのだが、両国とも官僚や教会が実権を握っていることもあって国王クラスの人物は登場しない。
      • ローランスの皇帝は名前だけ登場し、親族もロゼの過去と併せて触れられている。反面、アリーシャの親族は全く触れられない。
  • 石碑探し
    • 見つけないとスキルを付けるのに必要なポイントが増えない。ディスカバリーのように記録されないので取り逃すと探すのが面倒である。その石碑に書かれていることも最初から最後までただのシステム解説等のアドバイスであり最初からバトルブックに書いて置くべき様な内容。
      • 全て見つければ特別な秘奥義が使えるようになり関連したバトルアクト(全員共通のスキルのようなもの)が手に入る。
  • 敵シンボルに剣を振るアクション等で先制攻撃出来るがどれも振りが遅くアクション後の硬直が長いため使いづらい。
    • 敵シンボルの弱点属性で先制を取ると追加で状態異常になるが、マップ上で弱点が表示される等のシステムはなく、戦って弱点を把握しないと使いものにならない。
      • そもそも弱点属性で先制とっても状態異常にかかるのは1体だけで効果が薄すぎるため必要性に疑問が残る。
    • 素の状態だと絶対に逃げられない足の速い敵シンボルがいる。過去作ではプレイヤーキャラの方が足が速いため簡単に振り切れる仕様が多かったが、今作の敵は素早い動きでしつこく追い回してくる上、過去作のソーサラーリングで敵シンボルの動きを止めるといったようなアクションもないので、見つかってしまうと確実にエンカウントしてしまう仕様になっている。マップも広いので逃げ切るのはほぼ不可能。
  • 移動に関して
    • 過去作では移動時のキャラ(パーティトップ)を自由に変更できたが、本作では天族の設定もあってか、最初から最後までスレイで固定である。アリーシャなどの同行キャラはスレイの後ろをついて来るのみ。DLCエピソードでは代わりにアリーシャがトップで固定になっている。
    • 同行キャラは操作キャラが後退したらそれにあわせて下がるといった動きをしてくれず、同行キャラをすり抜けることができないため邪魔に感じることがありストレスが溜まる。最悪壁と同行キャラにはさまれて身動きが取れなくなることも。
    • そしてスレイの歩き方がおかしい。妙に歩幅が小さく、過度に緊張しているかのように肩を張りながらヒョコヒョコと歩く姿はペンギンに例えられている。強制的に長時間歩かされる場面もあるため、とても目立つ。
  • イベント関係
    • 今までの作品はマップを移動する、特定の人物に話掛ける、特定の場所を調べるなどを行うとイベントが進んだが、今作はただ近寄っただけでイベントが進むケースが多い。
      • 線が引いてあったりするわけでもないのでどのくらい近寄ったらイベントが進むのかわからず、少し近寄ったらいきなりイベントが進んでしまうことも。 
      • セーブも準備もしていないのにいきなりボス戦が始まる初見殺しも存在する。例としてロゼの第二秘奥義習得イベントやねこにんの里のかめにんイベント。いきなり始まるボス戦にロードせざるを得ない状態に追い込まれた報告があがっている。

その他のシステム

  • キャラの離脱
    • 今作では2人も離脱してしまう。単純に遊びの幅が狭くなる上、デゼルは石化耐性スキルを持っているためその部分で支障が出る。戦闘に関して言えば問題点になりうる。
      • 従来シリーズ作品ではその後に加入するキャラが離脱したキャラの特徴を引き継いでいる事が多いが、本作の場合はそうではないので、戦略の組みなおしが求められる。
      • シナリオ的にもデゼルもアリーシャも「シナリオを進めるための(製作者側にとっての)ご都合主義」「それぞれロゼ・ザビーダを加入させるために無理やり離脱させた」ように受け止められかねない。
      • マザーシップで2人も永久離脱するのは初 *9 。ただしアリーシャは本編ではスポット参戦に近く後述のDLCでは主人公となっている。ただ、それが救済になっているかというと……(後述)
      • デゼルが習得する術技は秘奥義以外はザビーダと全く共通である。しかしアリーシャは特技をスレイと同等数覚えるなど、固有技が多く一時加入にしては技数も多い。本作では離脱キャラも操作出来るなりきり装備は登場していない。
  • 装備融合システム
    • 装備を合成しても基本的なステータスの強化は微々たるもの。しかも適当に持っている同名装備を融合してゆくと有用なスキルが潰れてしまい、せっかく発生していたボーナススキルが消える、ということも頻発する。
      • 『グレイセス』のデュアライズのように手当たり次第に混ぜれば強くなるといった類のものではなく、スキル構成のビジョンがある程度しっかりとしていないと融合したのにむしろ弱くなることもある。
    • また、同じスロットにセットされているスキルがどちらも有用で消しがたいというジレンマも頻繁に発生する。
      • 特にレアリティが高い禁呪属性のスキルは単体での有用性が高く、安易な融合で消してしまうとデメリットが大きい。
      • そしてスロットBのスキルをスロットCやDに移す手段は存在しないので、強力なスキルが付いた装備が無用の長物になる事が多々ある。
    • ここまでは自然入手した装備を融合する場合の話だが、意図的に特定のスキルを装備品にセットする為に、大きく分けて2つの方法がある。
    • 1つはノルミンに付加してもらうという方法。ノルミンとは小動物型のマスコットのような天族で、装備品に力を与える能力を持っている。50種類のスキルそれぞれと同じ名前のノルミンが存在し、メインシナリオで出会うアタックを除いて残りの49匹はフィールドの各地に散らばっている。ノルミンに話かけることで、持っている装備品の空きスロットに対応したスキルを付加することができる。
      • ただし、この方法でスキルを付加出来るのは各ノルミンにつき一度だけである。これ以降そのスキルを任意にセットしたい場合は別の手段を使う必要がある。
    • 2つ目の方法は、上記のノルミンによる任意セットを行った後で行える。既にスキルをセットして貰ったノルミンを地の主メニューでその地域にセットすることで、その地域のモンスターがドロップする装備品に指定スキルが付加されやすくなる、というもの。
      • ただしこのノルミンのセットを行うとスキルのレアリティに応じてその地域のモンスターのレベルが上がり、手強くなる。さらに指定スキルはあくまでも付加されやすくなるだけで必ずしも付加されるわけではない。
      • 加えてどのスロットに指定スキルがセットされるかはランダムなので、スロットBに指定スキルが欲しくてもスロットDにスキルがセットされた武器ばかり出る、なんてことも頻繁にある。
    • 装備融合システム単体で見ても上記のように問題だらけだが、これに複雑なスキルシートシステムが絡むため、非常に面倒臭い
    • このため新しい装備を入手しても「せっかく調整したスキル構成が狂う」「同名装備しか融合できないからまた融合が一からやり直し」「種別が同じ装備なのに上昇するステータスが異なるためそもそも装備変更が躊躇われる」と、まるで嬉しくない。
      • 一品ものの装備の場合は特に顕著。ボーナススキル相応のスキルを持つ、という特殊な構成になっていたりするが、当然融合できないので強化の余地がなくすぐ型落ちする。
    • 1周目のシナリオ進行で融合をやるのは非常に時間がかかり、ガルドも相当必要である。何より、問題だらけの戦闘をひたすらできるかという問題がある。クリア後のやり込みとしては悪いわけでは無いがそれでも非常に面倒なのは変わらない。
      • 周回初めのショップでは効率を良くすることもでき幾分かマシにはなる。
  • 地の主システムとGRADE
    • 本作におけるGRADEは地の主のレベルを上げるために必要なポイントであるが、今作では『戦闘において』GRADEを効率よく貯めるのはかなり困難といえる。
      • その原因となるのはプラス要素に対するマイナス要素の重さである。極端な例を出すと、戦闘不能のキャラが出る、状態異常のまま戦闘が終了すると、獲得GRADEが半減される。これは多くGRADEが獲得できるボス戦でも適用されるため、完璧な戦闘をこなしても最後の最後で状態異常にかかってしまえば、全て水泡に帰す。
      • そのうえ地の主のレベルを上げるために必要なGRADEはどの地域でも同じ量を要求される。つまりGRADEを稼げる終盤の地域ならまだしも、敵が弱くてGRADEを稼ぎにくい地域では非常に時間がかかる。
      • そのためより効率よくGRADEを稼ぐには戦闘でなく、ショップでアイテムを購入して奉納するという地道な作業を強いられることとなる。
    • また、周回する度にイベントをこなして地の主を開放する必要があり、それまでは地の主の恩恵を得ることができない。
      • 特に、ラストダンジョン付近で恩恵を得るにはクリア後のダンジョンに行かなければならないため、一度は恩恵を得られないままラスボスと戦う必要がある。
    • 周回時のショップもGRADEではなく、地の主のレベルに応じて取得できるポイントで購入しなければならない。

過去作からの劣化点

  • グラフィック
    • PS3の過去作から、全体的にグラフィックが劣化気味。背景も奥村氏や岩本氏のイメージアートの再現度が低い。
    • キャラモデルはイラストの再現度が高いことに定評のあるフライトユニットが参加しているが、「フライトユニットにしては質が低い」という意見が多い。
      • 一応、キャラデザ「にも」否定意見の多いロゼに関しては、ゲーム内グラフィックでの外見(顔)の方が相対的な評価は高い。とは言え飽くまで「相対的に」であり、純粋にキャラクターモデル単体をして高評価が与えられているとは言い難い。
  • イベントシーンの演出
    • 『グレイセス』辺りから吹き出しでセリフ表示から、画面下に台詞が表示されるものに徐々に移行していき、それに伴い演出もパート固有のモーションやカメラワークなど映画的なものに変化していった。これはイベント中にキャラクターが大きくアクションするようになったため、吹き出しがその動きについてこれなくなったためと思われる。
    • しかし、本作の場合は妙に遠くから引いて固定されたカメラアングルが多く、キャラの表情などが読み取り辛くなっている。感情表現の少なさや矛盾した台詞と相まって、心情をつかみづらい。
      更にイベント中にも関わらず棒立ちの状態が多くなり、動きもかなり貧弱になっているため、特にアクションシーンでの迫力がかなり低下している。
  • 「チャット」と呼ばれる会話システム。
    • システム解説をするチャットが非常に多く、少しずつ理解していくという点ではいいのだが、チャットがいくつかに分割されていることがあり逆に理解しづらい。また、一度聞き逃すと復習することもできない。
  • サブイベント
    • サブイベントを一覧で見る機能が存在せず、同行者であるロゼorアリーシャと会話を行い、その内容でどこまで進めたか把握しなければならない。
      • サブイベントを進めるのに同行者に話す必要があるのもある。
  • アイテムのイラストが一切用意されていない。
    • 本作はおやつというアイテムカテゴリやこれまでとは趣の違う装備(「アンバー○○」「フロール○○」といったものなど)も増えているのだが、どんなデザインかは全くわからない。宿屋で食べる料理は用意されている。
    • 武器はちゃんと1つ1つデザインが用意されているが、スレイはともかく天族は戦闘や武器を取り出すイベントでないと実際のデザインを確認することができない。
  • 街中での会話システムの使い回し
    • 頭上に顔マークの吹き出しがついている人物のみが会話することができ、イベント進行につながる会話フラグを有している人物には頭上に星マークが表示される。星マークはメインは金色、サブは紫色となっている。
    • このシステムもエクシリア2、遡ればグレイセスからの使い回しであり、手抜き感が伺える。 *10
  • 疲労度の追加。
    • 戦闘を重ねる度に、キャラクターのマスクデータである疲労度が蓄積されていく。何度も戦闘をすると戦闘開始のSCが減少していき、戦闘中のSCの回復速度も遅くなってしまう。
    • 宿屋に泊まったり、お菓子を食べると回復する。宿泊でしか発生しないチャットの存在も併せ、宿屋の利用を積極的に促すような設計になっている。
      • だが、何度も戦闘をしにくい、稼ぎをしにくい、だらだらした戦闘ボイスを強制的に聞かされるなどでむしろプレイヤーの足枷にしかなっていない。
      • チャットの収集を重視している人にとっても無駄な宿屋利用を強制されていて煩わしさが大きい。
      • シリーズおなじみの料理も本作では宿屋で食べることになっており、戦闘回数で効果が切れるため、なおさら宿に戻るような設計である。
  • 難易度の仕様。
    • 過去作では難易度が上がるたびに何かしらのボーナスがあったが、本作では経験値が減るというデメリットが追加された。そのため、経験値が足りなくなり、上記の戦闘バランスも相俟って苦労することになる。経験値が減るということは、必然的に技の習得も遅くなる。余程こだわりがなければ、トロフィーの取得に必要なくらいである。
    • ダブルやトリプルのスキル集めの際にも、難易度には気を付けなければならない。

バグ

  • 盆地すり抜けバグ
    • メニューよりビジュアルを選択し、キャラが表示されたあとメニューを閉じると、一瞬だけキャラのあたり判定が消失する。それを利用することで、グレイブガント盆地を筆頭に、人によって通れなくなっている場所を無理やり通り抜けてしまうことができる。
    • アリーシャ離脱前にグレイブガント盆地を通過し、ローランス領に行くこともできる。なおロゼやデゼルがいないため、イベントは進行しない。
      • データが破損するようなバグではなく、別に害はないバグではあるため、こちらはそれほど問題になることはなかった。その後パッチが配信され、このバグも修正されたのだが…。
  • ラスボス戦後の進行不能バグ
    • アップデート後のラスボス撃破後に進行不能バグが発生することがある。
      • ラスボス戦でリトライをすると、 飛躍的にバグ発生の確率が上がる ことも確認されている。
    • 確実な回避方法は明らかになっておらず、避けるためにはリトライをせずにラスボスを倒して確率を上げないようにするしかない。
    • 公式からこのバグについてアナウンスはなく、完璧に放置されている。
  • その他、ラスボス戦でラスボスがダメージを与えて阻止しなければ全滅確定の行動を取る際、当たり判定が消滅してダメージを与えられなくなる(=敗北確定)バグがパッチ適用前より見られた。
  • その他に装備画面バグもある。
    • 「装備画面開くR2→スキルシートの画面に○→その場にあるスキルが付いてる装備一覧にR3」という手順を踏むと、いきなりスキルシートが画面右になり羽カーソルが外に追いやられる。

DLC(ダウンロードコンテンツ)関連

  • コスチューム衣装などの有料化。
    • それまでのテイルズでは初めからあったコスチュームを有料化。本編では通常衣装の色違いぐらいしか手に入らない。
    • 一部の衣装はセット販売で割引がされるようになったが、やはり総額が本体価格を遥かに上回る点は変わっていない。
    • この手の商法は『エクシリア』以降特に顕著であり、もともと歓迎されるようなものではないが、本作では以下のような弊害も生じている。
  • 有料DLCとして「アリーシャの衣装」「デゼルの衣装」を標榜した衣装が販売されていたが、前述のとおりアリーシャは早期にデゼルは終盤にパーティーから抜けてしまう。
    • アリーシャ及びデゼルに着せるために買った購入者から、表示詐欺ではないかという批判が出た。
      • それを受けてか後にロゼ及びザビーダの衣装として使いまわせることが判明。DLCの説明にも表記された。
      • しかし、購入者の大半は「アリーシャ及びデゼルに着せたいから買った」のであり、全くフォローになっていない。この件についての謝罪などは無く、公式は「ロゼやザビーダに使い回せるよう配慮した(から問題はない)」の一点張りで、消費者が何を不満としているのかまるで理解していない様子を見せた。
      • プレイステーションストアの商品のページは現在も表示詐欺状態のまま。
    • 逆に、アリーシャもロゼの衣装を使うことは可能で、デゼルとザビーダも同様に衣装を使い回せる…が、騙されたと感じたユーザーにとっては何のフォローにもならない。
  • 有料DLCの衣装で過去シリーズのキャラクターの衣装があり、ザビーダの衣装に『シンフォニア』の「ゼロス」の衣装がある。
    これを導入するとザビーダはゲーム中のイベントで必ずデゼルの帽子を被るようになり、しかも外すことが出来なくなる。このため仕様として必ず「ゼロス」の衣装にデゼルの帽子を付けた混ぜこぜ衣装になってしまう。
    • DLCのスクリーンショットでの「ゼロス」衣装を付けたザビーダは帽子を被っていないため、表示詐欺ではないかという批判が出た。
      • イベントでは外すこともあるが帽子を脱いだのに帽子を被っているという変な事になる。
      • もっとも、表示すればするでネタバレになってしまうので、『エクシリア2』のようにアタッチメント扱いで着脱自由にすれば不満は出なかっただろう。
      • そもそも「画像はイメージである」の注意書きをすることはもう何年も前から行われている販売側の常識である。しかもゼロスの衣装より先に配信されているアタッチメントのザビーダ人形は帽子を被っているので、結局のところネタバレしてしまっている。

アリーシャアフターエピソード「瞳にうつるもの」

アリーシャを主人公とした追加シナリオDLC。簡単に言えば、導師となったロゼと共にスレイに会いに行くという内容。

  • マザーシップタイトルとしては初の配信シナリオである。当初は 1300円 の予定だったが、シリーズ20周年と40万本出荷を記念して2015年2月12日の配信日から同年3月3日まで無料で手に入れることができた *11 。無料期間終了後は 1300円 で販売されている。
    • トロフィーがいくつか追加されたが、プラチナトロフィーの取得に影響はない。
    • 無料化が発表されたのは、最初に情報が載った『週刊少年ジャンプ』のフラゲで有料販売の情報がネットに流れ、炎上した日の夜である(同号の発売前でありその号には無料に関しての記述はない)。
      • またその際「PalyStation Store」と誤字があった(すぐに修正された)。
+  ネタバレを含む

賛否両論点

  • 最序盤までならまだまともなシナリオ。
    • 上述する数々の問題点・歪極まりない論理展開やスレイの主体性が失われていくのはアリーシャ離脱(ロゼ加入)前後からである。それ以前の序盤はそこそこ筋が通っていて、スレイも従来のシリーズ主人公のような純朴ながら心優しい青年としてパーティを牽引する。
      • ただし、家族同然のマイセンの扱い(と穢れ)に関してはユーザーによくつっこまれていたりする。
      • 特に重要性がなかったアリーシャいじめも序盤から事細かにあったりと、見逃せない粗もかなり多い。よく序盤までは素晴らしかったという声も聞かれるが、良作級のクオリティなのかと問われると疑問符がつく。
  • イベントシーンからの戦闘(ボス戦など)で、パーティーキャラが勝手に変更される。
    • 味方が神依したり、天族が戦闘不能などして弱点を突きづらい状態に陥りやすい。
    • 火の試練のボス戦ではその影響が大きい。アリーシャと天族が神依が出来ないのも寂しい。
  • サポートタレントは、PS2版『デスティニー』と比べて大きく強化されている。
    • 1人につき4種類設定されている。ただし、同じものをずっと使うと効率が落ちたり、前述の「速駆け」の仕様など誰得な要素も多い。
  • 通常戦闘音楽を衣装チェンジで自由に設定できるようになった。
    • 本編中に手に入るスレイの衣装で、戦闘曲を序盤・中盤・終盤のものに切り替え可能。
    • 衣装によって戦闘曲が変わるのは『グレイセス』が初であり、当時から変更のオンオフ設定が欲しいという意見はあったため、それを取り入れたと思われる。
    • 逆に言えば指定衣装以外ではBGMを変えられない。アトリエシリーズのようにいつでも自由に変えられるものではない(例えば全員通常衣装のまま歴代の戦闘曲を流すといったことはできない)ので自由度的には微妙。
  • 本作ではバッドエンディングが存在する。
    • 物語途中にシナリオを無視し、とある強敵にんで勝利するとバッドエンディングが発生する。バッドエンド自体は問題ないが、通常のエンディングとやった事自体は変わっていないため必要性に疑問が残る。戦闘に勝つと唐突にエンディングアニメーションに入るがヘルダルフについての話もなく、かなりぼかされた表現がなされているため、このエンディングの内容は薄い。
    • そのバッドエンディングでは黒幕疑惑のあるライラの表情が最後まで移されず、まるで彼女の思惑通りに事が運んでいるかのようである。

評価点

  • BGM
    • 試練の際に流れる「試されし焔の絆」「競うは地の誉れ」「水の調べは霊霧の導き」「風と瞬天の戦い」や、イベント戦闘曲「畏怖する存在」「Rising Up」などは特に好評。
    • 一部のボーカルを用いたBGMなども、イベントの演出を盛り上げている。
  • イベント中の会話を○ボタンでスムーズに飛ばせる。
    • 『エクシリア』のように「セリフを飛ばすとキャラがアクションし終わるまで次のセリフが出ない」ということもなく、キャラがアクション後の状態まで瞬時に飛ぶため非常に快適。
  • チャットシステム
    • 初遭遇の憑魔に対して発生するキャラ同士のやりとりは好評。
      • さらに、図鑑の説明が『グレイセス』以来の復活。本作は会話形式で記述されていてそちらも好評。
    • 移動中に流れるショートチャットが、『エクシリア』『エクシリア2』ではバトル突入によって強制的に中断されてしまうという問題点があったが、今作ではバトルに入っても中断されなくなった。

総評

本作はシリーズ20周年記念作品であり、開発期間3年以上200人ものスタッフを導入したという話や「原点回帰」を謳っていたため、本作は今まで以上に「テイルズらしさ」「製作に関する真摯な姿勢」などをユーザーから求められていたのだが…。

過去作で好評だったシステムに類似したものを盛り込んでいるが、その殆どが足を引っ張り合う形になり、新しい試みも技術力不足やおざなりな調整が目立ち、かなり評価が悪い。
結果的にプレイヤーに『システムを使わされている』というストレスが溜まる形になってしまった。

シナリオ・キャラクター設定面においても、矛盾・不整合・説明不足に加え、倫理的に問題ある行動への不自然な賛美や特定キャラの過剰なまでの持ち上げ・貶し、後付で増える矛盾、制作側の言い訳など、プレイヤーからの共感を得難い要素がてんこ盛りという有様で、長所を挙げることすら難しい。
元々テイルズは『スタッフの内輪ノリ *12 』が度を越して酷いことが常々問題視されていたのだが、本作はその集大成といっても過言ではないほどの惨状である。

これらの点から、テイルズシリーズとして見るにせよ一作のゲームとして見るにせよ、ゲームとしての完成度は明らかに低い、という評価に落ち着くに至った。


余談

  • 2015年6月7日の『テイルズオブフェスティバル2015』においてufotableによる『テイルズオブ 20th アニバーサリー アニメーション』としてTVアニメ化が発表された。テイルズのTVアニメ化は2008年から2009年までにかけて2クール放映された『ジアビス』のアニメ版から実に7年ぶりである。
    • 後に『 テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス 』と正式タイトルが発表。分割2クールで、前期(#0~12 *13 )は2016年7月から9月まで、後期(#13~)は2017年1月より放送される。キャッチコピーは『 導師の旅路は、ゼスティリアを越える 』。
    • ゲーム版のシナリオの質の低さから出来を不安視する声も大きかったが、シナリオの変更・追加・修正が多く加えられたことにより、解消しきれていない部分もそれなりにあるものの、ゲーム版ストーリーの不可解なところやキャラの扱いの差といった序盤にもあった問題点を多く解消している。
      • 根本的な設定も大きく改変されているため、「ゲーム版とは全くの別物として扱うべき」作品でもある。
    • 世界観を同じくする『テイルズ オブ ベルセリア』とのリンク要素も描かれている。
    • ちなみに初報の時点では上記の通りあくまで「テイルズオブシリーズのアニメ化」とされていたのだが、『アスタリア』内での紹介のみ「ゼスティリアのアニメ化」と表現してしまい、こちらはすぐに「誤報だった」として修正された。だが時期が時期な上にPVからしてゼスティリア色が強かったため大抵のファンはゼスティリアのアニメ化であると考え、実際その通りだったことが後に判明したという経緯がある。こうした情報公開(やテイルズスタッフ間の連絡体制)の不備に関して、アリーシャのヒロイン表記問題から何も学んでいないと呆れる声も多かった。 しかもこの表記ミスは馬場Pが件の『アスタリア』におけるアリーシャのヒロイン誤表記について謝罪してから、僅か1か月後にまたやらかしたことであるので猶更である。
  • 海外のみ、2015年10月16日にPS3版とPS4版を同時発売(参考動画)
    • 同じく海外のみ同年10月20日にPC版(Steam)を発売。予約数に応じてPC版『テイルズ オブ シンフォニア』が付属する特典が付いている。こちらは特典も含め日本のSteamストアからでは購入は不可能で、日本語は吹き替えのみオプションで変更可能、テキストは収録されているがそのままでは選べないため事実上存在しないのと同じ。
      • もっとも、バンダイナムコはほとんどのPC版ゲームを日本向けに売らないことで悪名高く、いつものことではある。
    • PS4版とPC版は解像度が1080pに出力できるようになったくらいで、オブジェクトの表示方式やフレームレートもPS3版のまま。問題点の多くもそのままである。
      • PC版はMODを導入すれば60fps化は可能。
  • 近年発売されたパッケージソフトとしては珍しく、ダウンロード版が同時発売されていなかった。
    • ダウンロード版は基本的にローディングがブルーレイディスク版よりも速くなる等のメリットもあるが、一度買ったが最後、当然ながら返品や返金などは一切出来ない。
      特に本作はあまりにも出来が酷いため、ダウンロード版が存在しないことが「(ゲームはクソでも)売っていくらかでも金に出来るだけマシ」と評価(?)する声も無いではない。
      • 悪評が発売直後から広まったこともあり、買い取り価格も早い段階で暴落していたが、それでも一銭にもならないよりはマシだろう。このゲームに費やした時間は帰ってこないが…。
      • 現在はPS3/PS4の両機種でダウンロード版が発売されたことで、これは完全に過去の話になった。
  • ディスクにはゲーム発売に先駆けて放送されたufotable制作によるテレビアニメ『テイルズ オブ ゼスティリア ~導師の夜明け~』が収録されている。
    • 事前情報ではゲームの前日譚との事だったが、実際はゲーム序盤部分を描いたもの。いろいろ問題点の多かったシナリオ部分やキャラクターの扱いが改善されており、アニメ自体のクオリティは素晴らしいものになっている。同時にこのアニメを見て本作に興味を持ったことによる被害者が増加した可能性も否めないが。
    • 値崩れしている現在、セル販売アニメとしては安い為序盤だけを描いた物だとしてもアニメ自体を見る為に購入するというのも無くはない。
    • なお、本作のジャケットを裏返すと『導師の夜明け』のパッケージデザインになっており、商品説明や画面写真も『導師の夜明け』のものに。
    • ちなみに、廉価版には『導師の夜明け』は収録されていないため購入の際には間違えないように注意。
  • 宿屋の名前は『リバース』の聖獣の名前である。その他シリーズファンなら見たことがある人形があったりペットにノイシュという名前等が使われていたりする。
    • 裏ボスとしてソフィとジェイドが登場する。会話イベントもあるが、ソフィの声優が演技を忘れているのか下手というほどではないが違和感があり、その部分に関しては少し不評である。
  • また、『グレイセス』にも登場したかめにん(およびダークかめにん)が本作にも登場した。
    • ダークかめにんはあるサブイベントで戦うことができるのだが、そのサブイベントが『エクシリア2』のパロディになっている。戦闘BGMも流用されている *14
      • これについては、意表を突かれたとして評価する声もあれば、『エクシリア2』を汚されたという批判的な声もある。パロディ元のイベントがとかくシリアスかつ悲壮的であったというのが大きい。
  • 上記の通り、事前の宣伝内容で大々的に扱われていたアリーシャが途中で離脱する事・ロゼと比較した異常な扱いの悪さに端を発し、公式が炎上する事態になった。従来にも離脱するキャラは存在したのにこうなったのはやはりストーリーのずさんさが大きいだろう。
    • 更に発売後、各種媒体のアリーシャに対する表記が「ヒロインの表記を削除する」と言ったように、宣伝内容と食い違うような形で修正された事も炎上に拍車を掛けた。
    • テイルズユーザーにはキャラ萌えや戦闘を重視する層が多いものの、キャラクターの振る舞いや戦闘システムへの不満すら多かったために炎上に対する擁護の声はほとんど上がっていない。
    • こうした炎上に対して開発陣は当初だんまりを決め込んでいたが、徐々に(要約すると)「宣伝の言葉選びは慎重に行ったがユーザーが勘違いしてしまった」「リアリティ重視」「物語が分かり辛かった」などとユーザー側が悪いかのような態度や小馬鹿にしたような態度を取るようになっていった。
      なおヒロイン問題に関して、公式(馬場P)は「『アスタリア』でアリーシャを『ヒロイン』と誤表記した」という点についてのみは謝罪しているが、本作についてはあくまで各種メディアやユーザーが勝手にアリーシャをヒロインだと誤解したという見解を出している(大々的に紹介していた件は棚上げし、「ヒロインと誤表記されて胸が裂けそうな思いがした」とまさかの被害者発言まで飛び出した)。当然これも炎上の燃料となった。
    • 公式サイトですら炎上したため、2chでは当然の如く 本スレがアンチスレ化した 。挙句の果てには消費者センターに通報する者まで現れ、テンプレに通報の仕方が載っていた。
  • ファミ通クロスレビューでの得点は驚愕の 36点 (10/ 9/ 9/ 8)。炎上後にも提灯記事を書いており、こちらもこちらでますます信頼をなくすことになった。
    • 一応、クロスレビューに関しては序盤までのプレイ内容で決まることや、戦闘のカメラアングルの悪さを指摘しているレビューも存在していたので擁護できなくはないが、決してまともな記事ではないと断言出来るだろう。
  • 上記の通り設定やキャラクターの描写に不明瞭な部分が多いことから攻略本などで補完される事も多少期待されていたが、発売された関連書籍でさらに矛盾が増える始末で余計に混沌としている。
    • 特徴としてはロゼの正当性を主張しようとして増える矛盾が多々ある事。
    • ちなみにプレイヤー間で散々問題視されたロゼが殺人をしても穢れない理由についても関連書籍にて(一応)明かされている。しかしそれはロゼが「信念を持っているから穢れない」、 「善悪を超越して穢れを生まずにいられる稀有な存在」 、「善の為に悪を行う矛盾に目を背けず向き合っている」「穢れを生む一切の隙をつくらない」…と次々と新しい事実が出てきた上に理由が大きく異なっており、結局どれが正しいのかプレイヤーには全くわからない。しかもいずれにしても説得力が薄かったり矛盾が解消されない。
      特に2番目に至っては説明になっておらず、最早公式が説明を完全に放棄したと多くのプレイヤーを呆れさせた。そして皮肉と侮蔑を込めて「(善悪)超越神」という仇名でロゼを呼ぶプレイヤーが続出した。
    • またロゼを擁護する一方でエドナ・ライラ・デゼルを一層貶めるような設定が多々明かされていることから、こうした後付け設定でスケープゴートしているのではないかと疑われている。
      • この様な一方的な手法でロゼ、ひいては作品そのものへの評価が好転するはずもなく、却って開発陣やロゼに対するヘイトを高める結果となっている。
    • こういったロゼに対する異常なまでの優遇、委細は避けるがそれに更に拍車をかけることになった馬場Pのロゼ役である小松未可子女史に対する公私混同甚だしい言動も加わり、結果として小松女史に対してもバッシングが相次ぐなどの風評被害が発生してしまっている。女史が演じる別作品のキャラクターに対しても「真の仲間」という侮蔑の意味を含んだ呼び方をされる始末 *15 である。
      • 無論、いくら氏が演じたキャラが酷過ぎるとはいえ、声優本人や他のキャラクターとは全くの無関係な事であり、怒りの矛先をそれらに向けるのはお門違いもいい所である。周囲から見れば私怨にかこつけた悪質な荒し行為・声優アンチでしかない。
  • 『テイルズ オブ ゼスティリア in ナンジャタウン』で 2015年1月10日~3月29日の間ゼステリィアのコラボメニューが販売されていたが、そのメニューの中に「アリーシャとエドナのラブリージェラート」という実際の本編の扱いからすると異質としか言えないメニューが存在する。当然のように初期設定の名残と疑う人も出てきている。
  • 徳島のイベント『マチアソビ』に馬場英雄が参加した直後から『馬場英雄プロデューサーを二度とゲーム制作の場に関わらせないでください』というインターネット上での署名活動が行われた。
    署名は3000人分以上集まり、発起人によりバンダイナムコゲームスへ送られたが、返答は一切なかった。
    • その後、「テイルズオブ」シリーズIP総合プロデューサーに昇格して次作『ベルセリア』などに携わった馬場英雄氏だが、2017年にどういう経緯かは不明だがバンダイナムコゲームスを退職したらしく、スクエア・エニックスの新スタジオの代表に就いて新プロジェクトを発足させたことが発表された。参照
  • また本作は14年1月27日に亡くなられた声優、永井一郎氏の遺作でもある。
    • 演じたジイジには氏の代表的なキャラクターである『サザエさん』の磯野波平でおなじみの「バカもん」というセリフも使われている。
      • 14年末に放送されたアニメ『導師の夜明け』ではジイジは緒方賢一氏が担当している。


*1 シナリオライターの山本氏は「暗殺も1つの正解」などと発言したことがあるため、こういった描写は物語の都合上と言うよりは製作者側の思想を反映した結果と見なされている。

*2 時期によって方針が違っていたり内部的に報酬が貰えたのかもしれないが、それならそれで現在も組織的に暗殺稼業を続けるべき理由は皆無。また、これらの経緯から正義漢ぶるのも尚更おかしい。

*3 正確には(人殺しするのは)「家族ごっこの建前のクセに」と問われ→「だったら?」と返答している。ここだけだと判別できないが、その他の彼女のセリフから「悪いこととは承知の上」という設定が強調されており、虚言ではなく事実と思われる。

*4 前作『エクシリア2』でも本編未出→本編以外で設定判明という同様の展開がある。

*5 このシーンはあくまで「スレイが穢れないように」を最優先に考えており「アリーシャの命」については二の次とも取れるような内容。これでもアリーシャのことも考えているだけマシで、ここから先は本当にどうでも良いような扱いを続ける。

*6 正確には天族の基本性質らしく、人に力を与えることができるがその条件に反する行動を取ると大きな不幸が降りかかる微妙過ぎる代物。デゼルと親友はこのことを知らなかったとは言え、風の傭兵団のストーキングしつつ勝手に加護を押し付けているのでより株が下がった。

*7 憑魔のドロップ品などはどこで仕入れてくるのか謎。

*8 本来ならゲームだからですむ部分ではある。しかしとある疑問に対し(要約すると)「ゲームの都合」ということを言ってしまっているチャットがある。武器屋の理由もチャットで判明するが、シナリオ的に問題があるわけではないので「その設定作る必要あった?」となってしまう。本作では武器防具屋が別ではなく道具屋が装備品も売っているのでなおさらゲームの都合で問題なかったりする。

*9 正確に言えば『シンフォニア』では2名永久離脱する。ただし2名同時にではなく必ず片方のみの離脱となるので除外している。なおこの2名は性能が似ている。またシナリオとしても「袂を分かつ理由」は十分描かれていた。

*10 ちなみに、エクシリア2の星マークはメインチャプター開始時にしか使われていない。

*11 2月28日までという記述だったが何故か3月3日の午前11時20分前後まで無料期間は延長していた。土日を挟んだ結果とも推察されるが公式からの告知等は一切なく、然程問題ではないがいい加減さを感じる。

*12 特定作品のキャラへの持ちあげが過剰すぎる『マイソロシリーズ』、キャラの設定すら碌に掴みきれていない『バーサス』、スタッフの倫理観を本気で疑いたくなるキャラや発言が存在する『なりダンX』など、挙げると枚挙に暇がない。

*13 うち5・6話は『テイルズ オブ ベルセリア』の序盤を描いているため、実質全11話。

*14 ダークかめにんの技も『エクシリア2』のキャラの技となっているが、秘奥義はCV繋がりか、『ハーツ』のキャラの秘奥義のパロディ。

*15 ニコニコ動画に投稿された本作からそう間もなく発売された某別タイトルの関連動画などでも女史の演じるキャラクターが出た途端に「真の仲間」に留まらない、女史に対する中傷コメントが書き込まれることもあった。