鋼の錬金術師 翔べない天使

【はがねのれんきんじゅつし とべないてんし】

ジャンル 3DアクションRPG
対応機種 プレイステーション2
発売元 スクウェア・エニックス
開発元 ラクジン
発売日 2003年12月25日
定価 7,140円(税5%込)
判定 良作
ポイント 鋼の錬金術師ゲーム第1作
キャラゲーにしては本格的なゲーム内容
アニメ放映「前」の製作の故にキャラ性格は原作寄り
原作キャラはやや少なめ
アホの子なアル
鋼の錬金術師シリーズリンク


概要

荒川弘原作の、ダークファンタジー『鋼の錬金術師』を原作とした初のゲーム作品。
若き錬金術師、エドワード(以下エド)とアルフォンス(アル)の兄弟が、失ったものを取り戻すため、賢者の石を探し求めて旅をする漫画。
ビジュアルなどは発売当時放送していたTVアニメ版(2003年版)を元としているが、発売日を見るに製作はアニメ版と同時進行かそれより早いくらい。
そのため作中のキャラクターの性格やノリは、シリアスに強く傾倒していた2003年版と比べるとマイルドで、原作での性格を元にしている感がある。*1
本作は原作初期においてリゼンブール*2で機械鎧(オートメイル)の調整*3を行い、中央(セントラル)に向かう途中の話とされている。

ゲームジャンルはアクションRPG。原作のメイン要素である錬金術を活かしたアクションシステムが魅力で、周囲のオブジェクトを武器や兵器などに錬成して戦う。
錬成を攻撃に組み込んだコンボなども可能で、キャラゲーとしては珍しくアクションゲームとして割合完成された作品である。
相棒である弟のアルはAIが基本操作するが、プレイヤー(エド)によってある程度指示を行うことが可能。アルとの連携技なども存在する。
ゲームとしての難易度はやや高いが、救済措置は先のアルを含めて豊富なため、詰んでしまうほど難儀な内容というわけではなく、その救済措置をしっかり活かせばクリア出来るレベルである。

ストーリー

機械鎧の調整を終え、故郷リゼンブールから中央に向かう途中、エルリック兄弟とその護衛を担当していたアームストロング少佐は、トレインジャックに遭遇してしまう。
賊の鎮圧にあまり乗り気ではなかった兄のエドだったが、強盗の一人に「チビ」と罵られ激昂し、暴漢達を止めるために動き出すことにした。
あっさりと賊を撃退する彼等だったが、彼等を操る真の黒幕に一杯食わされ、列車を脱線させてしまう。
幸い大きな被害は出なかったが立ち往生してしまったエルリック兄弟は、少しでも早く中央に向かうため、アームストロング少佐の制止を振りきって近くの街ヒースガルドへと向かうが…。


特徴

  • ゲームシステム
    • 基本は普通の3Dアクションゲームだが、本作は原作同様に錬金術を駆使して自由度の高い戦闘が繰り広げられるのが特徴である。
    • プレイヤーはエドを操作しつつ、アルに指示を下したりしながら戦う。アルフォンスは基本は勝手に戦闘を行うが、指示を下すことで特殊なアクションや連携技を使うことが出来る。
    • RPGの要素も含まれており、経験値によるレベルアップシステムは特にその色が強い。
  • 錬金術
    • プレイヤーは、エドの錬成によって槍や剣を生み出して装備したり、砲台を作って乗り込んだり、特殊な兵器を作り出して敵を混乱させるなど、用途は様々。
      • 錬成出来るものの近くにはサークルが生まれるためわかりやすく、錬成出来るものはオブジェクトの上にアイコンが表示される。
      • 武器や一部の兵器はアルに持たせることも可能。ただし使用制限のない武器が使えるエドに対し、アルの武器はある程度使用すると壊れて使えなくなる。
    • 錬金術単体では、突起物を地面から出現させて攻撃したり、壁を作って防壁として使うことが可能。コンボに組み込むと突起物でフィニッシュを決めることも可能。

評価点

  • キャラゲーとは思えないゲームとしての出来の良さ
    • 『鋼の錬金術師』を発行しているスクウェア・エニックスが自らゲーム制作を指揮しているため、出版社とゲーム会社としての地の利を活かして本作はかなり気合が入っている。
    • キャラゲーとしての出来の良さはもちろん、ゲーム内容としてもなかなかで、比較的ストレスフリーに作られていることも魅力。
      • 錬金術の自由度の高さもさることながら、それらを活かしたコンボの爽快感など、モーション自体が滑らかなので使い心地はかなり良い。
      • 錬金術で作れる一部のメカはコメディタッチで、中には原作者である荒川弘の自画像(牛)をモチーフにしたものもある。
      • 宝箱を開ける時には一々「○○を手に入れた」などのテキスト表記が表示されてゲームが止まる、と言ったことはなく、アイテム名だけが箱の上に表示されるだけなので円滑にアイテム習得可能。
  • キャラゲーとしても十分優秀な点
    • シナリオとしては、ある程度アナザーストーリーとして見ないと無理が生じる部分が存在するのは否めないが、比較的違和感なく原作の流れに挿入されている。
    • アニメ版は原作のファンからすると不満が漏れる部分も多い作品だったが、本作は製作時期がアニメと同時期かやや早かったためか、原作漫画をモチーフとしたキャラづくりが行われている。
    • 特にエドとアルは原作のようなやりとりが交わされ、違和感もない。チビと言われる度に暴走するエドは、原作同様面白い行動をとってくれる。
  • 挿入されるアニメパートの出来の良さ
    • テレビアニメは高水準のクオリティとしても話題となったが、それらのスタッフが手掛けたゲーム内のアニメパートも非常に良い出来になっている。
    • 合計で20分ほどあるため比較的要所で挿入されることが多いので「次にいつアニメパートが挿入されるのか」と楽しみにしながらプレイ出来る。
    • ちなみに人体錬成を試みるパートはアニメ放映されたものとほぼ同一。違いはアフレコが別物であることと、CEROを引き上げてしまいそうな直接的な欠損シーンがカットされている点。
  • チュートリアルの丁寧さ
    • 本作の特殊な操作は全て解説文付きで親切に説明されるため、あまり操作で困ることはないだろう。
    • 再プレイの際これが飛ばせないのは厄介だが、不要ならばボタンを押すことでスキップが出来る。
  • 原作にも通じるほろ苦い結末
    • 本作は決して大団円とは言えない最後を迎えてしまうが、それに納得出来ない子供のエド達と、本人の意志を汲んであえて彼等の前に立ち塞がる大人達との意地と矜持が激突するラストバトルは必見。この戦闘中に流れるBGM「消せない罪」のアレンジボーカルver.もスローテンポである事が逆に雰囲気の盛り上げに一役買っている。
    • なおこのバトルは実質的に負けバトルであり、エド達が敗北する前提になっているが、頑張ればちゃんと勝つ事も出来る造りになっている。(結末自体は変化しない)
    • ラストバトルで戦う相手は原作でも強者として名の知れた錬金術師なので、エド達がどれだけ抗っても敗北は免れない理由付けにもなっている。

問題点

  • キャラゲーとして見ると原作からの登場キャラが少ない
    • 原作序盤がモチーフで、しかも汽車で中央に向かう途中という設定であることから、原作からのキャラは基本5人しか存在しない。
    • 作中の時間軸的に、人気キャラであったマース・ヒューズ中佐などは登場させたくても出来ず、キャラゲーとしてはややこぢんまりした印象に。
    • 一方でオリジナルキャラはそれ以上に多く、作品のほとんどは彼等によって回っていくことになる。外伝ということもありそれ自体に問題はなかろうが…。
      • ちなみに本作で登場する、徹甲の錬金術師の異名をとるガンツ・ブレスローはゲームオリジナルキャラだが、一応原作で写真登場していたキャラを参考(引用)に製作されている。
  • グラフィック・動作のもっさり感
    • モーションに問題はなく、攻撃面はなかなか格好良いが、通常の挙動が全般的にもっさりしている感は否めない。
    • ダッシュはやや遅いため回避動作を連打したほうが速いし、ジャンプも跳躍まで溜めがあるため微妙に扱いづらい。
    • グラフィックは当時としては良い方ではあるものの、顔のグラフィックなどは若干のっぺりしている。背景の民家などもただの書き割りであり、入ることはできない。
  • アルのAIの稚拙さ
    • ゲーム上問題ないのだが、そのあまりに短絡的な動きはギャグでしかない
    • 細い足場を通る際、アルを呼ぶと最短距離でエドの元に向かおうとする。これ自体は問題ないのだが、直線的にこちらへ向かって来る為壁当たりをずっと続けたりどう考えてもジャンプでは届かない位置に飛ぼうとしたり、かなり間抜け
    • アクションの指示自体は出来るため、さほど問題はないとはいえ、やはり見栄えは悪い。
  • 難易度の微妙な高さ
    • エド達の通常攻撃は1対1を想定した感のあるスタイルで、範囲攻撃はあまりないため多数の敵を一掃するようないわゆる無双プレイが出来る性能ではない。にもかかわらず、敵の数が基本多め。
      • 身体の大きなキメラに囲まれるなどすると抜け出すのに一苦労。攻撃力も高いので袋叩きにされ一気にゲームオーバーへ追い込まれることも。
    • 敵は雑魚を含めてプレイヤーキャラと同じくダウン後の無敵判定があるため、一部のコンボが刺さらないことがある。
      • メニューを出せばすぐに回復が出来るほか、アルの援護もあるので救済措置はあるが、アルもまたHPはあり、HPがゼロになりダウンするとエドの救護がないと復活しないため状況次第では詰むことも。
  • ボイスについて
    • テキスト上の会話にボイスが付いていない。パートボイスすら存在しないのは少々ケチりすぎな気がしないでもない。
    • 本編放送前のアフレコだったのか、演技にも若干の差異があり、特にアルは特に所々声が高くなりすぎることがある。
      • この手のメディアミックスによる同時進行ゲームの作品にはよくあることなので仕方ないことではある。
    • 声優自体はゲストを含め豪華な布陣である。

総評

第1作目としては十分すぎる出来。小さくない不満点はあるものの、キャラゲーとして考えればまだ些細な方であると言える。
この後、アニメ放送後もシリーズは続き、同系統の作品は3作製作された他、バンダイ側からも同時進行でゲームの展開がされた。
後の2009年版でも同じ傾倒の外伝を意識した作品が製作された*4辺り、本作はキャラゲーとして成功例だったと言えよう。
本作の続編も新作を重ねるたびに難点へと改良が加えられ、なおかつ別方向の作品になっていながらも前作よりゲーム性が劣る内容になっていない点は特筆に値することだろう。


余談

  • ゲーム発売から半年ほど経過した2004年7月30日にはノベライズ版も発売された。著者は「砂礫の大地」を始めとするノベライズ版ハガレンを数作手がけた井上真氏。
  • 本作のヒロインであるアルモニを演じた水樹奈々女史は、アニメ版ではラース役で、2009年版でもランファン役で登場している。本作を含めれば3役別役をこなしていることになる。