ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウイング

【ふぁいなるふぁんたじーとぅえるぶ れう゛ぁなんとういんぐ】

ジャンル RPG(公称)
対応機種 ニンテンドーDS
メディア 1024MbitDSカード
発売元 スクウェア・エニックス
開発元 シンク・アンド・フィール
発売日 2007年4月26日
定価 5,040円(税5%込)
プレイ人数 1人
廉価版 アルティメットヒッツ
2008年10月23日/2,940円(税5%込)
判定 なし
ポイント RPG…と思いきや実質ほぼRTS
続編だが設定に矛盾多し
コンパクトに纏まった佳作
バルフレア「主人公は引退だ
ファイナルファンタジーシリーズ関連作品リンク

概要

ファイナルファンタジーXII』の派生作品でイヴァリースアライアンスの第一弾。ただしストーリーは『FFXII』から引き継いでいる。
これは元々、初心者向けのFF作品として開発していたが、ディレクターである鳥山求氏が『FFXII』の世界観に興味を持ち、関連作として出した事によるもの。
そのためか、本作には『FFXII』の開発スタッフはほとんど関わっていない。関連作としてはかなり異色であると言える。

本作の舞台はイヴァリースに浮かぶ未知の浮遊大陸レムレース。どこかデジャヴを感じるが気のせいである。
システムは開発元のシンク・アンド・フィールが開発したゲーム『モンスターサマナー』とほぼ同様。
ガンビットもあるが、『FFXII』とは違い「アクティブフォースバトル」と呼ばれるRTS形式の戦闘になっている。

評価点

  • ヴァンがちゃんと主人公になった。
    • 『FFXII』の項目を見ればわかるとおり、主人公であるにもかかわらずヴァンはほとんど目立ったシーンが無く、むしろバルフレアが主人公の様な扱いだったため、この点には批判が多かった。
    • PVでもバルフレアがきっちりと「主人公は引退だ」と発言している。
    • なお、本作のヴァンは『FFXII』ED後の設定であり念願の空賊となり、パンネロと共に世界を旅しているという設定。本作の後に『FFTA2』へと繋がっていく。
  • ゲームバランスをプレイヤーの裁量で決めやすい。
    • 近接→間接→飛行→近接の三すくみや弱点・抵抗属性の影響がかなり強く、有利に立てるように堅実にユニットを編成すれば、一部のステージを除いてほぼ確実にクリアできる。
    • 逆に、同条件にしたり、あえて不利な条件にすれば、相応の難易度の上昇を見せる。
    • 味方召喚獣の数、バトル中の召喚獣レベルアップも(当然限界はあるが)プレイヤーの任意で行えるため、フル活用するも封印するも自由。
  • 多彩なキャラクターが登場する。
    • 前作のPCは、今作でも最終的に全員がPCとなる。またNPCについても、カイツ・トマジ・リッキー一味など前作でキーマンと言えるほどの人物ならばほとんどが登場する。
      • 『XII』で話題になったポーション皇子、仏頂面の多かったアーシェ等もネタとしてちらほらと織り込まれているなど、スタッフの遊び心も見受けられるなど、キャラクター描写も好評。
    • 召喚獣も前作のものだけでなく、前作で出てほしかった歴代のものが相当数登場するほか、普段はモンスターとして出てくるものもいる。

賛否両論点

  • キャラデザが吉田明彦氏ではなく伊藤龍馬氏になった
    • FFXIIが写実的なタッチだったのに対し、本作ではプリレンダムービーからゲーム内グラフィックに至るまでアニメチックなタッチになっている。要はFFTAと同じ現象である。
  • これまでのイヴァリース作品にあったストーリーの暗さがない
    • FFTでは戦争による人心の荒廃と身分差別、FFTAでは登場人物の抱えるコンプレックスの克服、FFXIIでは復讐心との葛藤や政治抗争が描かれていたが、スタッフが替わったこともあっていわゆる「松野ゲー」的な暗さが完全になくなってしまった。
      • ただし、FFXIIの初期プロットは本来もう少し明るい話になる予定だったらしい。詳細はここが詳しい。
      • もともと「オウガシリーズと区別をつけたい」ということと「ハードな世界で戦争をするみたいなのは本来のFFTが目指すべき方向性ではない」との考えから、FFTの頃からほのぼの系を目指していた様子。
      • 事実、FFTAシリーズの雰囲気は結構ほのぼのとしている。FFTとは別ベクトルの暗さはあるが。

問題点

  • 敵味方が密集することが多いため、ある特定の味方ユニットに指示を出すとか、ある特定の敵ユニットをピンポイントで指定すると言ったことは極めて困難。
    • 終盤はともかく、中盤程まではとにかく有利なユニットを出し続ければほとんど戦略もなくクリアできることも多いので、良くも悪くも爽快感を求めた無双風味だと評されることがある。
  • 全ユニットに指示を出すのにかかる時間はかなり長く、その間は勝手に戦闘が進んでいる。
    • 本作は名目上RPGに分類されているが、実際はRTSだと言えるものだからである。
  • 開発スタッフが違うせいか、他のイヴァリース作品との整合性が取れていない。
    • いくつかある考察系サイトでは色んな解釈を巡らせていたが、最終的には「理解に苦しむ設定」という結論。(参考
    • 本作が続編でなく派生作扱いなのはこうした設定の矛盾を考慮してのことなのかもしれない。
    • これまでイヴァリース作品は『イヴァリースという世界の中に生きるキャラを描く』という世界観中心のスタイルだった*1
      • しかし今回は『ヴァンのその後を描く』というキャラ中心のスタイルになっており「特定のキャラを中心にするのではなく、イヴァリースが中心であるべきだ」という批判もある。
      • 設定の件も、ヴァンのストーリーを描くためにねじ曲げたのではないかと考えられている。
      • ただし、「主人公としてのヴァンの話」としては高い評価がされている。

総評

設定に粗が多く、イヴァリースシリーズ作品としては問題があり雑誌『ゲーマガ』における「期待はずれだった」という特集にも組み込まれてはいるが、ストーリーやシステムなど、ゲームの中身そのものに大きな問題はない。
『XII』本編のようなボリュームのあるRPGではないが、携帯機で出た続編として小さく・上手く纏まっている作品だと評価することができる。
あまり本格的な続編ではなく、あくまでキャラゲーもしくはファンディスクとして見れば十分楽しめるかと思われる。