テストドライブ アンリミテッド

【てすとどらいぶあんりみてっど】

ジャンル RCG
対応機種 Xbox360
Windows 2000~Vista
メディア DVD-ROM
発売元 【360】マイクロソフト
【Win】イーフロンティア
開発元 Eden Games
発売日 【360】2007年4月26日
【Win】2007年9月28日
定価 【360】6,090円
【Win】5,800円
レーティング CERO:B (12才以上対象)
コンテンツアイコン 犯罪 廉価版

廉価版 【360】プラチナコレクション:
2008年7月10日/3,024円
備考 ハンドル型コントローラー対応
関連テーマ 【360】「Fast and Classy」
150マイクロソフトポイント
2006/12/05配信開始
サイズ:3.73 MB
判定 なし
ポイント MMORCG
広大なオアフ島を自由気ままに走り回れる
ただしRCGとしての難易度は高い
現在はサーバー停止に伴いオンラインプレイは不可能

概要

ハワイ オアフ島内を自由きまま、好き勝手に走り回ることができ、贅沢なカーライフを体感できるドライビングゲーム。
約1600平方キロメートルのオアフ島の街並、景色、自然、天候を再現。道路以外にもビーチや山間部も走行可能。
GPSでドライブを楽しんだり、クルマやバイク、家などの購入資金を稼ぐためにミッションやレースにチャレンジしたり、オアフ島での過ごし方はプレイヤーの自由。
フェラーリ、ランボルギーニなど、90種類のスポーツカー、ラグジュアリカー、クラシックカー、モンスターバイクを収録。
各インテリアもマーケットプレイスから入手できる。
世界中のXbox Liveユーザーがオアフ島に集結し、一緒にドライブしたり、島内で開催されるオンラインレースにチャレンジするなど、ハワイカーライフを実現できる。
(Amazonより)

  • 1987年から続くレースゲームシリーズ「テストドライブ」の通算9作目。過去作品は制限時間・チェックポイント制のアーケードゲーム的なシステムだったが、今作から大きく方向性が変えられた。
    「東京都23区と同等の広さ(約1600平方km)を持つハワイ・オアフ島を自由自在に走り回れる」という、これまでのRCGと一線を脱したもので、公式サイトでは「カーライフシミュレーター」と称している。
  • 乗り回せる車は四輪だとフェラーリ、ランボルギーニ、メルセデス・ベンツ、二輪だと川崎重工業、ドゥカティといった大手メーカーから、往年の名車や最新鋭の高性能車種などを中心とした90種類が登場する。
    • すべて実名なのはもちろん、各車とも外観・内装に至るまで非常に忠実にモデリングされている。エンジン音などもリアルに再現されており、しかも車内視点ではエンジン音が籠もって聞こえたり、走行中にウインドウを開けるとエンジン音や周囲の環境音が変化したりといった、サウンド周りの凝り具合が良い。
    • 車は一部の車種を除いてカーディーラーで購入できるが、ほかのプレイヤーが売りに出しているトレード(マイホームで利用できる)で新車/中古車を格安で入手するという手もある。排気量によりクラス分けがされており、チャレンジ/ミッションの中にはクラス限定や車種限定のものもあるので、一通りのクラスを揃えておくと行動しやすい。
  • 挙動については、全体的にシミュレータとアーケードの中間といった様子。車種ごとに加速性能・ハンドリング性能・足回りの違いが再現されており、それぞれの挙動の違いを感じながら運転できるものの、ギア比などのセッティングの変更はできないため、上級者には物足りなく感じるかも知れない。
    • プレイヤーレベルが“チャンピオン”まで昇格すると、さらにシミュレータ寄りの挙動再現となる「ハードコアドライビング」モードがプレイできる。シミュレータ寄りのゲームを好む人や腕に自信のある人を意識して作られたモードである。
      このモードではキーボードやゲームパッドでは難しいので、ステアリングデバイスの使用を勧める。
  • タイヤの空転を制御するTCS(トラクション・コントロール・システム)機能は、初心者向けの「ドライブ」、中級者向けの「スポーツ」,上級者向けの「ハイパースポーツ」、完全オフの四つをゲーム中に自由に切り替えられる。
  • まさにMMORCGとも言うべき代物になっていたのだが、現在はサーバー停止。オンラインでのプレイは出来なくなっている。
    • 以前はオンライン状態だとフィールド内に自分以外の大勢のプレイヤーも存在し、一緒にドライブするだけでなくレースで対戦する事も可能だった。ただし、Xbox 360版のみ各種ランキングの閲覧やマルチプレイヤーでのオンライン対戦は可能となっている。
  • 単にオアフ島を走り回るだけの代物ではなく、ちゃんとRCGとしてのイベントも多数用意されている。その内容は単純なレースだけではなく、中には島の住人をヒッチハイク*1して制限時間内に住宅まで運んだり、怪しいブツを運ぶなんて代物まである。
  • 発売直前、本来の発売元であったアタリが日本法人のアタリジャパンを閉鎖してしまい、日本ではマイクロソフト本体が発売を担当。その為、Xbox 360版ではテキスト・音声共に海外版の時点で実績の日本語化がされていたにもかかわらず、発売が数ヶ月遅れる羽目になった*2
    • 海外ではPlayStation 2版とPlayStation Portable版も発売されている。

ゲームの流れ

  • ゲームは、どこかの空港の搭乗口でのキャラクター選びから始まる。このキャラクターはマルチプレイやオンライン対戦のドライバーとしてほかのプレイヤーに見られる自分の姿である。
  • プレイヤーキャラを設定し終わった時点では、多少の資金はあるものの、車もマイホームもない。駐車スペースがないと車を買えないので、マイホームの購入をする。空港でレンタカーを借りて画面下のマップを使って不動産屋まで移動する。
    • ちなみにこの時運転しているレンタカーは、いくら傷を付けても修理費は一切かからない。
  • 不動産屋に到着すると、そこででマイホームとなる物件を探す。外観,内装,駐車スペースなどに微妙に違いがあるものの最初はあまり種類はない。勿論ゲームを進めると、プール付きで大きな駐車スペースがある豪邸をも買うことが可能になる。
  • 続いて車の購入。飛行機に乗り、レンタカーを借り、マイホームを買った時点で財布の中身はかなり寂しいものになる。なので今は安価な一般車しか買えない。
    その後の流れは基本的に
    1. オアフ島を走り回って島中に点在するチャレンジやミッション、ディーラーなどを探す。
    2. チャレンジやミッションで金を稼ぐ。
    3. 車を買う。
    4. 駐車スペースがなくなったらマイホームを買う。
    という流れを繰り返していく。総走行距離やチャレンジ、ミッションの達成率でプレイヤーのランクはあり、それによって開放される地域も存在はするものの、基本的に「しなければならない」といった明確な目標はないため、上記のチュートリアルを修了するとその後は自由にハワイ生活を楽しめる。

評価点

  • グラフィックは現在でも通用する程の最高峰の代物。
    • 大画面のHD画質でプレイすると、まるで広大なオアフ島が目の前に実在しているのかと錯覚してしまう程である。
    • 一般車が信号に従って普通に走り、ウインカーを出して曲がり、ホノルル空港に離着陸する飛行機がブォ~ッと爆音を立てて飛び、電線は南国の風に揺れ、木の葉やゴミも舞う。ホントにハワイにいる気分にさせてくれる。
  • 美しく広大なフィールドを自由自在に走り回れるという他を圧倒する自由度を持つ。
    • これまでのRCGでは閉鎖された空間の、決められたコースの中でしか走れなかったのだが、本作ではその常識を見事に覆してしまっており、本当の意味でどこへでも自由に行けてしまえる。
    • ダイヤモンドヘッドやアロハタワー、ワイキキビーチ、パールハーバーなど観光名所もしっかりと再現されており、ご自宅で観光名所巡りができるのである。
    • これは道路だけではなく、なんと車が進入出来る場所にならどこへでも行けてしまうのだ。
    • 例えば公園の中に突っ込んだり、車で山を登るなんて事も可能。
    • また万が一地形にはまって脱出不可能になってしまったとしても、ボタン1発で簡単に近くの道路に復帰出来る。
    • さらに一度通った道路なら、ナビマップを使って一瞬で移動する事が可能。ただしあくまでも「道路のみ」であり、例えば道路の無い山の中などに飛ぶ事は出来ない。
    • 更には島内に3か所ある空港のすべてに侵入することも可能(1つはある場所のオブジェクトがなぜかジャンプ台になることで、他2つはちょっと特殊な方法による)
    • そしてある場所に隠されたワープオブジェクトにより離れ小島に行くことも可能である。
    • 自由度の高さはマップだけではない。一般車に混じってのんびりとオアフ島のドライブを楽しむもよし,交通ルールを無視して爆走するのもよし,自由気ままにプレイできるのである。

問題点

  • Windows版はマシンの必要スペックが当時としては相当高かった。
    • 公式では必要動作環境として「ビデオカード:GeForce 6600GT以上」と発表されているが、この程度では明らかにパワー不足である。
    • 発売当時のメーカー製PCだと快適に遊ぶのはまず困難な代物で*3、頑張って自作するか当時のハイスペックかつ高額なゲーミングPCが必要で、とても気軽に手が出せる代物では無かった。
  • 肝心のレース部分の難易度がかなり高い。
    • 序盤から挑戦出来るFランクの大会でさえも敵ドライバーがかなり強い。少しの操作ミスであっという間に抜かれてしまう程。
    • 決して理不尽な強さではなく、コースを覚えて適切なドライビングをすれば必ず勝てるように調整されているのだが、レースゲームに慣れていない人だとここで投げ出してしまうのではないだろうか。
  • 時間や天候の概念が存在せず、いつまで経っても昼間の晴れのままである。
    • これは続編では改善された。
  • パトカーもオアフ島の中を走り回っており、なぜか信号無視、スピード違反、追い越しにはおとがめなしなのだが、一般車に接触すると警戒レベルが上がってしまう。警戒レベルが3を超えたり、パトカーに追跡されて車を押さえ込まれたりすると「逮捕」となる。逮捕されると被害の程度やキャラクターレベルに合わせて罰金を支払わなければならない。逮捕されても罰金を払えない状況になると牢屋にブチこまれ、一定時間車を運転出来なくなる。警戒レベルは追跡されずにある程度時間が経つと自然に下がっていくので,その間はパトカーに見つからないようにコソコソ行動した方がいいだろう。
    • このせいで誰もいない広大なフィールドを、最高速度で爆走してヒャッハーなんて事が出来ないのである。さらに嫌らしい事に、レースイベントによってはなんと一般車両やパトカーも混じっている事がある始末。
    • ただし他のプレイヤーの車になら接触しても罪には問われない。
  • 強制オートセーブであり、手動でのセーブ&ロードが不可能。
    • やり直しが一切効かないので、前述の警察に追われるリスクもあり、常に緊張感のあるプレイを強いられる事になる。
    • またデータ巻き戻しによる不正ができないよう対策が組み込まれていたが、これが誤爆してトレードができなくなるという報告も。
  • 一部間違っている翻訳
    • DLC(現在は配信終了)で追加されたRUF*4を「ラフ」と読んでいるのが有名。

総評

  • RCG部分の難易度は確かに高く、一般車両にぶつかると警察に追われる等の余計なシステムまで存在しているが、それでも美しくも広大なオアフ島を自由に走り回れるという、これまでのRCGの常識を覆すシステムはとても高く評価出来る。
  • RCGとしてではなく、純粋なドライビングツールとして気分転換に利用するのも全然アリ。実際に公式でもそのような楽しみ方を推奨している程である。

備考

  • 以前はXbox 360版、Windows版共にDL版も販売されていたが、サーバー停止に伴い配信終了となった。
    • 公式サイトもサーバー停止に伴い閉鎖されている。
  • 後に続編の『テストドライブ アンリミテッド 2』がPS3/Xbox360/Windowsで発売された。こちらはオアフ島だけではなくスペインのイビザ島もドライビング出来るようになっている。ただしこちらも販売元のサイバーフロントが倒産した影響で専用サーバーが停止し、現在はオンラインプレイが出来なくなっている。