新世代ロボット戦記ブレイブサーガ

【しんせだいろぼっとせんき ぶれいぶさーが】

ジャンル シミュレーションRPG
対応機種 プレイステーション
発売元 タカラ
開発元 パンドラボックス
発売日 1998年12月17日
定価 6,800円(税別)
判定 なし
ポイント スーパー勇者大戦
ファイヤァ!アチャー/(^o^)\


概要

1990年代に放送されたテレビアニメ「勇者シリーズ」をクロスオーバーさせたシミュレーションRPG。
複数のロボットアニメが1つの世界観を共有するスーパーロボット大戦シリーズと同様のコンセプトを持つ作品。


特徴

  • ストーリー
    • オリジナルの宇宙の絶対悪グランダークの侵略や原作の敵の魔の手から勇者ロボ達が地球を守る、という原作シリーズの内容を踏襲したような分かりやすいものとなっている。
  • 登場作品
    • 『勇者エクスカイザー』から『勇者指令ダグオン』までの7作品(原作途中と、原作終了後のシリーズが混在)と、本作のオリジナルである『勇者聖戦バーンガーン』。他に勇者シリーズではないが、タカラも制作等に関わっている『太陽の牙ダグラム』『装甲騎兵ボトムズ』『機甲界ガリアン』も登場する。
    • 『勇者聖戦バーンガーン』は、宇宙からやって来た実体を持たない生命体が乗り移った乗り物(バーンガーンの場合は主人公の少年が持つオモチャ)がロボットに変形する点や、少年とロボットの友情を物語の一要素として描いている点が、エクスカイザーからダ・ガーン辺りを連想させる。
    • 勇者シリーズ以外の3作品は、それぞれ一度限りのスポット参戦である。彼らの世界に主人公が迷い込むだけで、キャラやロボットもごく一部しか登場しない。
    • 原作アニメでは敵であったり、短期間しか登場しなかったロボット(マイトガインのブラックガイン等)も登場し、仲間にできる。
  • システム
    • 実際のテレビアニメのように一話毎に進行する構成になっていて、大抵は、サブタイトル→Aパート→アイキャッチ→Bパート(ここが戦闘パート)→インターミッション、という流れである。また、特定の条件を満たすことでのみ行くことができるサブシナリオというものが存在し、特定のロボットはここをクリアしないと仲間にできない。
      • Aパートではロボットのみならず人間キャラクターも登場、立つ・歩くはもちろん時にはシリモチやひざまずきなどちょこまかと動いてかわいらしい。
      • スポット参戦ながら『太陽の牙ダグラム』『装甲騎兵ボトムズ』『機甲界ガリアン』のキャラクターも登場する。
    • 戦闘パートはスパロボのようなターン制ではなく、素早いキャラから順に行動する方式を採用。またインターミッション時に生産したアイテム(HP回復等、効果は様々)を使うことができる。戦闘では技や敗北した時のアクションがあったりもする。
    • 戦闘では向きの概念があり、敵の位置を正面<横<背後の順に狙えば命中率が高くなり、相手から反撃される確率も減る。当然敵サイドにも適用される。
    • 武器の中には属性を持つ物もあり、それに対してダメージが増したり減ったりするユニット側の強弱もまた存在する。
    • 戦闘シーンはそれぞれロボットがアニメーションで動く。クリティカルでダメージが増加する攻撃の時には特別な攻撃アクションや、勇者ロボでは事前にそのロボットか主人公の少年のカットイン+掛け合いが登場する。
    • 勇者は戦闘をこなすことによるレベルアップで成長する。ステータスの上がり方は固定だが、バーンガーンの『聖勇者』のみインターミッション時にポイントの振り分けで自由に調整することができる。また、戦闘で入手したCP(カスタムポイント)を使って武器を改造できる。
      • 振り分けた結果一番高い能力によってバーンガーンに追加される武装が変わる。

評価点

  • バーンガーンのオープニング(本作のオープニングでもある)や、ロボットの合体シーンのアニメが新規で作られている。非常にクオリティが高くこれだけでも見てみる価値はある。
  • また、他の勇者ロボの合体シーンも当時のアニメから取り込まれており、画質は粗いがどちらもムービーとしてゲーム内の要所で流れる。
    • この内、グレートエクスカイザーの合体シーンはスタッフが保存していたビデオの動画を使ったそうな。
  • フリーバトルエリアがあるのでレベル上げが容易。
  • レベルアップ音が各作品のアイキャッチ音といったファンにうれしい要素もある。
  • オリジナルキャラ達の設定やストーリーも好評。中でも茶風林氏が演じるキャラクター・ひみつ探偵は一際存在感を放っている。

問題点

  • セーブができるのはインターミッションの時だけ。つまり戦闘の途中で中断したまま電源を切ることができない。前後半で1回ずつ戦闘が発生するシナリオでは、後半の戦闘で負けると前半の戦闘からやり直しになる。
  • 戦闘パートでの反撃時の行動がその場で直ぐに選べない。味方のロボットを動かせる時にしか設定できず、使い勝手が悪い。新しく仲間になったロボットは防御に設定されているので、行動順の早い敵に速攻を掛けられて反撃できないことも。
  • 合体前後の形態で経験値を共有しているのはオリジナル勢のみ。原作勢は同じ勇者でも形態ごとに育てなければならない。
    • ちなみに主役ロボの複数形態、小ロボとそれを含む合体ロボなど、ボディが重複する組み合わせは片方しか選択できない(例えばダグファイヤーとファイヤーダグオン、ビルドチームとスーパービルドタイガー、同一人物が操縦する飛龍と轟龍)。
  • 勇者ロボの合体シーン時のBGMが、アニメの放送時とは異なる曲に変更されているものや、変更されていなくても変にアレンジされて元の曲より劣化しているものがある。
    • ただし、マイトガインやグレートマイトガインの合体シーンだけは原作で使われたボーカル曲がそのまま流れ、合体後の口上シーン(マイトカイザーを含む)も完全再現。オリジナル勢を除けば一番優遇されている。
  • 機体と違い、武器は改造式なのだが改造度合に応じて消費ENが増加するためLVが低いうちは改造しすぎるとENが足りなくなってしまう。
  • 容量の都合か、最初の合体に後から新メンバーが追加されるサブ勇者の内、パワーアップ前の状態から参戦しているのはガーディオンのみ、他は追加合体後のみ参戦。
    • ビルドチームに至ってはマクレーン・パワージョー・ダンプソンが序盤にそろって加入するにも拘らずビルドタイガーに合体できず、ドリルボーイが加入して初めてスーパービルドタイガーに合体できる。
      • 他にもムービー部分だけしか出番のない黄金忍者空影やパーフェクトキャノンのみで登場のマイトガンナーなど、パワーアップ用合体パーツ扱いのみで単体での登場がないキャラも。
  • ダグオン原作でエンの操るメカすべてを消失、さらに最終回でビークルをすべて回収されているが、ライが登場し「ビークルをもってきた」と言う前から全員小ロボ状態という矛盾がある。
    • 他にもデッカード殉職エピソードがないにも拘らずファイヤージェイデッカー加入時に「合体プログラムに問題があり成功確率は低い」と言われるも何事もなく次の面から使用できるなど有名エピソードの再現度の低さも散見する。
      • 余談だがデッカード殉職はブレイブサーガ2でアレンジされ再現しているが、合体プログラムは破損しておらず合体可能。シリーズ通してジェイデッカー原作における名場面を再現していない。
      • 反対にエクスカイザー屈指の名シーンであるダイノガイストとの一騎打ちは1・2ともにありセリフまで再現されている。本作においてエクスカイザーは原作終了後という扱い、つまり3度も同じセリフを語って散るダイノガイストって……。

総評

勇者シリーズ(とタカラが提供したロボットアニメ)のゲームとして存在は貴重で勇者シリーズファンなら押さえておきたい作品。
タカラ版スパロボと考えられがちだが、当時のスパロボと比べるとシナリオやキャラ、演出など優れている部分は多い。
工夫を凝らしたゲーム部分が単調になってしまっているのが非常に残念である。


余談

  • 何気に好評だったらしく2000年に続編『ブレイブサーガ2』が発売されたほか、GBでも『ブレイブサーガ 新章アスタリア』が発売された。
  • 本作オリジナルの『勇者聖戦バーンガーン』は勇者シリーズファンから人気を獲得した。
    • 玩具化を前提とされていないトゲの多いデザインだったものの、今はなきシーエムズコーポレーションより一部差し替えながら変形合体可能なDX玩具*1、バーンガーンとグレートバーンガーンのアクションフィギュアが発売されている。同社が倒産したため現在は絶版。
      • 変形合体の設定はトイにしても可能なほど練られていた。事実スタッフの中から「これならおもちゃ出せるね」という声もあった、と攻略本に掲載されている。
  • 2号ロボのマッハスペリオンのパートナーであり、もう一人の主人公でもある坂下洋(CV:宮田始典(現:宮田幸季))のボイスがかなり印象に残る演技で当時かなりネタにされていた。
    • マッハスペリオン及びグレートバーンガーンの合体シーンにて確認できる。