スターオーシャン1 First Departure

【すたーおーしゃん ふぁーすと でぃぱーちゃー】

ジャンル RPG
対応機種 プレイステーション・ポータブル
メディア UMD 1枚
発売元 スクウェア・エニックス
開発元 トーセ
発売日 2007年12月27日
価格 5,040円
プレイ人数 1人
セーブデータ 268KB
レーティング CERO:A(全年齢対象)
廉価版 アルティメットヒッツ:2009年12月3日/2,800円
判定 良作
スターオーシャンシリーズリンク


概要

SFC用ソフト『スターオーシャン』のリメイク作品。
グラフィックとキャラクターデザインの一新、バトルシステムの大幅変更と、もはや別作品と言えるほど大幅にリメイクされている。 尚、タイトルロゴは『3』と同様のデザインであり、次回作のPSP版や『5』もそれに倣っている。


変更点・評価点

全体的に続編『2』をベースにあらゆる要素が一新されており、それらは『2』のPSP版にも応用されている。

  • バトルシステム
    • カメラ視点が低くなった他、高さの概念追加等、『2』をベースとして大きく変更された。
    • 改良点としては、「十字キー(アナログパッド)で自由な移動が可能」「敵ロックオン対象を手動で変更する際に時間が止まる」「通常攻撃が三段攻撃可能になり、必殺技でのキャンセルをかけられるようになった」点が上げられる。
  • フルボイス化
    • 声優がシウス役の東地宏樹氏を除いて全交代され、メインシナリオとプライベートアクションの際にキャラクターがしゃべるようになった。
    • 宮野真守、生天目仁美、若本規夫、福山潤などの有名声優を起用しており、演技力は申し分無い。
  • シナリオ
    • SFC版は原作者も認めるほど矛盾、説明不足、伏線放置が目立った出来だったが、本作では大幅な補完がなされている。
    • 特に魔王討伐に関しての言及はしっかり作中で行われ、理解しやすくなった。SFC版のように置いてきぼりを食らう事も無い。
    • 一部設定が変更されている箇所もあるが、殆どがオリジナルより整合性の取れたものになっている。
  • アニメ
    • 一部イベントシーンにアニメーションを追加。更にOPには主題歌が用意されている。曲はあすなろの「Heart」。
  • 新キャラクター
    • SFC版では本来の姿では仲間にならなかった「エリス」、『3』からのゲストキャラクター「ウェルチ」が新キャラクターとしてパーティーに加えられるようになった。
      • エリスはSFC版ではどう足掻いても幸せな結末を迎えられなかったキャラであり、救済を望む声も多かった。今回はそれに応えた形になり、また、追加されたPAでキャラの掘り下げも積極的に行われている。
      • 一方、仲間にならない場合の消滅イベントも一新されており、アニメまで用意されるなどこちらも手が込んでいる。
    • ウェルチはこれ以降、シリーズの常連として時代や世界観を無視して毎度のように登場する事になる。
  • プライベートアクション追加
    • 既存の町での追加や最終ダンジョン前のシナリオやダンジョン、町代わりの施設にも追加されている。
    • もちろんPSP版にてパーティに加えられる新規キャラのPAも追加されている。
    • ロニキスとイリアのイベントでは次回作主人公の両親である事を意識したものがあったりなど、シリーズ後発作に触れたものもある。
  • アイテムクリエーション関連
    • こちらも戦闘システムと同じく続編ベースに改良された。
    • また素材アイテムの大幅な追加により作れるアイテムの幅が広がり、同じアイテムを作る「複製」、セカンドストーリーから逆輸入された町の人のアイテムを盗む「ピックポケット」が追加された。
    • ただ、酒類などキャラによってはPSPの規制の関係で作れないアイテムもある。
  • スーパー特技
    • パーティーメンバーで特定の特技を習得していると、それを組み合わせたスーパー特技が使用可能になる。
      • これで更にアイテムクリエーションの幅が広がっている。
  • ラスボスについて
    • ゲーム全体の難易度に反してあまりの弱さが批判されたラスボスだが、本作では見た目も全く別物になり、大幅強化されている。
      • HPの少なさなど、ヘビーユーザーからはまだラスボスとしては物足りないという声もあるが、全RPG中でもトップクラスの弱さなどと言われたSFC版とは比べるべくも無いほどには強くなっている。

賛否両論点

戦闘システム関連

  • 評価の高いセカンドストーリーベースになったことで、戦闘システム自体は良くなったと言えるが、『1』独自の要素だった「技を閃く」「敵との距離による必殺技の切り替わり*1」が廃止、「リンクコンボ」の弱体化*2などで「『1』の良さがなくなっている」という不満の声もある。
    • 技はLボタン、Rボタンに1つずつ、合計2つしかセットできなくなってしまったことも不満としてあげられる(術師以外の仲間キャラクターもセットされた技しか使用しない)。

イリアとロニキスの服装

  • 全体的なキャラデザの変更を受けて、この二人がSFC版のように着替えなくなった事には残念な声が多い。
    (本作ではこの二人は終始元々着ていた軍人服のままだが、SFC版では「それでは目立つだろう」と文明に合わせた装備に着替える。)
    • SFC版ではロニキスは鎧姿、イリアは際どいハイレグ武道着姿である。
      • 一応、今作でもイリアが着替えようとするイベント自体はあるのだが、その時に何を渡しても「やっぱりこのままでいいわ」と却下されてしまう。*3

ワールドマップ

  • 本作ではワールドマップが追加された。
    (SFC版ではワールドマップという概念は存在せず、ダンジョンと町の間もダンジョンと同じような道を歩いていく形だった。)
    • 原作では同じような道を延々走らされる為に道に迷いやすく精神的に疲れ安かった他、世界全体図も把握しにくかった。
    • 本作で普通のRPGのようなワールドマップが追加された事で遊びやすくはなったが、移動速度が遅い為、町から町への移動がダレやすい。
      • これにより、プライベートアクションを発生させるために前の町に戻るといったことが面倒になってしまう。
      • ペリシーを仲間にしてバーニィを呼べるようになると高速移動&地形無視移動が出来るようになる。
        かなり快適になるが、仲間枠はそう多くないのでペリシーを固定させると他の仲間キャラの選択肢が少なくなってしまう。

問題点

  • 弓の大幅な弱体化
    • ロニキスは魔術師ではあるが、SFC版では「INT(=魔力)を強化する武器を装備できない代わりに弓での通常攻撃が強力」というバランスのキャラだった。しかし、本作では弓が大幅に弱体化してしまい他の魔法使いキャラに比べて欠点ばかりが目立つようになってしまった。
      • 一番の問題は敵に中距離まで近付いてから弓を引くという弓の仕様。ロニキスは足も遅いので、敵が移動すると、あろうことか弓を持っているにもかかわらず、敵に追いつくまで追いかけっこするという訳の分からない事態になる。
      • こういった仕様変更が加えられたにもかかわらず、相変わらず弓矢にINT増強の効果はなく、杖装備のキャラと比較して利点がほぼない。元々強すぎた弓矢の連射性を落とすのは妥当としても、せめて「敵との距離がどれほど離れていようとその場から射撃する」仕様は残すべきだった。
  • グラフィック
    • キャラクター、モンスター関係の絵はSFCからの流用が多いが、一枚絵でほとんど動かず、操作性にも影響する街やダンジョンのメリハリのない背景、簡素な3Dと化したワールドマップ等、PS1の手法を踏襲したグラフィックがSFC晩期のドット絵からは見劣りしてしまう。
    • 戦闘時の必殺技エフェクトも3D化の影響で見辛くなった。(もはや何が描かれているのか判別できない吼竜破、画面全体にエフェクトを表示する紋章術等、テクスチャの粗さが目につく)
    • アイテム画像も3Dを使ったプリレンダ画像にリメイクされたが、同じ画像を複数のアイテムに使うというよくわからない状態になっている。(類似アイテムはほとんどが色違いか同じ画像。装備品も重複だらけで、少しパターンが多い程度。)
  • 音楽
    • 基本的には原作そのままだが、全体的にこもったアレンジになってしまい迫力が薄まっている。特にテンポや迫力が求められる戦闘曲でその傾向が顕著で、トランペットの主旋律による勇ましさがスポイルされた「For Achieve」、テンポが遅くなっているうえにベースが弱く重厚さに欠ける「TENSE ATOMOSPHERE」などが良く指摘される。
    • 2004年に発売された「スターオーシャン サウンドトラック」のものが使い回されているが、COME ON BUNNYなどの新規BGMが追加されている。
  • 戦闘ボイス
    • やはり声優変更は変更前の声に慣れ親しんだ人には違和感が強い。
    • SFC版にあったロニキスのピンチ時の台詞「もう我慢できん」のウケが岡森諦氏の声と相まって(一部のファンには)非常によかったのだが、リメイクに際し削除されている。
    • 同様にネタ的な意味で人気だった檜山修之氏が力強い熱演をした回復魔法「キュアオール」も声優変更で目立たなくなってしまった。
      • 文字で表すなら「キュアッオォォォォォル!」とでもなる。最初に覚える全体回復魔法であり使用頻度も高い為、非情に印象に残る。
  • 相変わらずのドーンの不遇さ
    • 主人公の親友であるドーン・マルトーの扱いはSFCと変わっておらず、今回も序盤を過ぎると永久離脱する。出番の少なさも同じ。
    • 彼もパーティー復帰の要望の多かったキャラなのだが、マーヴェル(エリス)には救済の道が用意された一方、ドーンの運命は変わる事は無かった。ファンから 『Q.ドーンは仲間になりますか? A.ド━━━━('A`)━━━━ン!!!』 とネタにされたほど。

総評

リメイク作品の宿命ではあるが、原典に思い入れのあるファンからの評価は分かれやすい。
特にフルリメイクによってシリーズ一作目であるSFC版の独自要素を撤廃した事は、キャラデザや声優の変更等も含め残念がられている。
しかし続編のシステムを元にした各種システムの変更は全体的に上手く調整されており、リメイク作品としての水準は十分。
シナリオに関しても穴の多かったSFC版から大幅に補間が成され、普通に楽しめるまでに改善されている。
上述した賛否両論点・問題点も殆どは原作ファンの視点で見た話であり、多くは新規プレイヤーにとっての問題にはならないだろう。

難易度も乱高下が激しかったSFC版と比べマイルドになっており、ベスト版発売に伴ってか値段もお手頃なので、
『1』を初めてプレイするのなら、SFCの環境があってよほどSFC版に興味があるのでなければ、遜色の無いこちらで良いだろう。


余談

  • 2019年5月25日にHDリマスター版の発売が告知された。対応機種はPS4/Switch。発売日、価格は未定。
  • テイルズシリーズと似た要素について
    • 『スターオーシャン』は元々『テイルズ オブ ファンタジア』を製作したスタッフたちが独立して製作した作品であった。このため原作の時点からして「テイルズのパクリ」扱いされてしまっていたのだが、今作の一部追加要素でさらにテイルズっぽくなった。例を挙げると、
      • リメイクに際し追加されたアニメーションシーンを担当したのが多くのテイルズ オブ シリーズでもアニメーションを制作するProduction I.Gであり、作画監督も同じ人。
      • 本作は声優が一新されたが、新たにドーン役を務めた伊藤健太郎氏は『テイルズ オブ ファンタジア』で同じく“主人公の親友”で“序盤でパーティーから外れる”というポジションのチェスター・バークライト役を努めている*4
      • 経緯からして特に問題というわけではないのだが、テイルズファン等から変な誤解を受ける一因になっている。
      • なおリメイク版にはオリジナル版のスタッフは関わっていない。
  • ロニキスとイリヤの服装のその後
    • 後にスマホゲームの「スターオーシャン:アナムネシス」に二人が参戦した際には、SFC時代の服装に戻り3Dモデルが作られた。
      • この二人に限らずSO1のキャラはSFCのデザインが採用されており、本作の衣装変更は採用されていない。