太閤立志伝V

【たいこうりっしでんふぁいぶ】

ジャンル シミュレーション
対応機種 Windows 98~XP、プレイステーション2、プレイステーション・ポータブル
発売・開発元 コーエー
発売日 【Win】2004年3月12日/【PS2】2004年8月26日/【PSP】2009年9月17日
定価 9,800円/【PSP】5,040円
レーティング CERO:12歳以上対象
廉価版 KOEI the Best
【Win】2005年8月26日/3,800円
【PS2】2006年1月19日/2,940円
コーエー定番シリーズ
【PS2】2010年1月21日/1,575円
判定 良作
リコエイションゲームシリーズリンク


概要

豊臣秀吉の人生を追体験する信長の野望のスピンオフ作品とも言える太閤立志伝シリーズの5作目。開発チームが解体されたため、事実上の最終作となる可能性がある。

荒削りだったもののその独特な雰囲気で今も最高傑作と言うプレイヤーも多い初代、初代で登場しなかった地方や武将の追加、他家でのプレイ等追加要素を取り込んだ正統進化のIIと信長の野望をプレイしたプレイヤーも馴染めないプレイヤーも楽しめる傑作であった。
しかしIIIでは大幅な自由度の低下により著しく評判を落としてしまった。
前作IVで自由性の高さを生かす内容に再び軌道修正されたため評価を幾分持ち直した。しかし、IVにおいてもカードゲームによる戦闘など評判の悪い要素もあった。
他に、シリーズでは初めてすべての武将を最終的に選択できるようになる点については好評だったが、イベントが大半の武将には存在しないため結局単調になってしまうという問題があった。
しかし、このVではIVにおける問題点がある程度解消され様々な追加要素によりやりこみ要素の強い良作となっている。

特徴と評価点

  • 主命をこなしたり、技能を高めたり、辻斬りに精を出したり、座の仕事で路銀稼ぎと何をしてもよい、という自由度の高いゲーム。個人視点で戦国時代を見ることができる。
    • 主命に対しても、「軍資金を博打で稼ぎ一部着服」「情報収集は自分でやらずに忍者衆に依頼する」「ポケットマネーに物を言わせてさっさと兵糧を調達する」など様々なアプローチがあり、これまた自由度を高める要因になっている。
    • 領地に縛られない拠点移動も魅力。例えば武将プレイでは、ゲーム開始後かなり早いうちから、北は伊達から南は島津まで集めた家臣団を結成するといったこともできる。
    • また辻斬りや裏切りなど悪人プレイといったこともできる。
  • 前作に続き条件を満たす事ですべての武将が選択できるようになる(操作可能人数800人以上)。さらに武士以外の生き方が選択できるようになりさらに自由な生き方が出来るようになった。
    • 前作では風魔小太郎など、一部の武将の札は正規の手段で入手する事は出来なかったが、本作では難易度は高い武将はいるもののすべての武将の札を入手可能となった。
    • 一応前作でも忍者、商人プレイが可能であったが脇道扱いでありやはり自由度が低かった。しかし今作ではどの勢力に関してもそれぞれ個性や特徴が異なるのでより様々な方向で楽しめるようになった。
      • エンディング内容も増え、比較的簡単に条件を満たせるミニエンディングも存在するためにあまりやり込みに馴染めないプレイヤーにも取っ付き易くなった。
      • 武将エンドも「すぐに滅びる」「200年の太平」など複数のパターンがある。
    • もっとも、操作可能武将に関しては武将のカードを入手しなければ選択できず(後述)、生き方次第ではかなりイベント類が少なく単調なプレイになる問題はある。
  • 本業に加えて副業を行うことが出来るなど、一度にやれることが増えた。
    • 相良家に仕えながら剣豪として独自の流派を興している丸目長恵といった再現もなされている。
    • MMOよろしく武器や茶器を作ったり独自の流派を興したり*1医者となって病に苦しむ人々に間違った薬を高額で売りつけ…もとい金銀を取らずに適切な治療すると言ったことも行える。
    • 副業で様々な交友が行えることも魅力。これから登用する予定の武将や自家の武将に対して、医者として治療を施したり、剣豪として手合わせをして片っ端から弟子にすることも可能。*2
    • 副業に関してもエンディングがあるために副業のみのプレイでもしっかりと楽しむことが可能。
  • 従来作より武将数もシナリオも増加し、やりこみ要素が強い。
  • 40人もの新武将(自分で作成した武将)を追加可能。新武将の作成に関しても選べるパーツが大幅に増えた。
    • 武将カードの入手によってパーツが増えるためにパーツを集める楽しみもある。
  • イベントが大幅に追加され、そこそこマイナーな武将でも普通にプレイしているぶんにはイベントに絡むことが多い。
    • 特に、史実における勝者サイドでプレイされやすい著名合戦イベントには、ほぼ必ず敗者サイドプレイでも挑むことができる。中には敗者サイドプレイ限定の戦前・戦後イベントもある。
    • 「大阪冬の陣・夏の陣」と行った秀吉主人公ならではのシナリオから、家康に勝利するIFなどもある。
    • それでも、足りないという層向けにイベントコンバータが配信、なんと自分で作中イベントが製作できてしまうという優れもの。これの存在ゆえに、太閤立志伝はこれが完成形という意見も。
    • PS2版、PSP版はイベントコンバータが存在しない。その代わりWin版に比べ武将が200人、シナリオが2本、それらに対応したイベントが追加されている。個人戦での技の追加や性能変更もあり、高性能すぎた「無刀取り」は必要気力を増すことなどで若干改善された。
      • ただし、Win版の時点で多くのプレイヤーのトラウマになったであろう、「剣聖」上泉信綱と奥義「転」(まろばし)*3は、 何故かさらに強化されている
  • 新武将も含め、ゲーム中に登場するほぼ全ての女性(酒場の女将や町人女は除く)と結婚が出来る。
    • 同メーカーの『大航海時代IV PORTO ESTADO』からのゲストキャラであるリル・アーゴットとすらも結婚出来てしまう。
      • 但しリルの場合はかなり複雑な手順を踏まないといけないが。
    • 秀吉プレイでも寧々と婚約後、結婚するまでのわずかな期間の間にその辺の宿娘と結婚した場合、怒り狂った寧々にボコボコにされるという隠しイベントが用意されており、妙な所で作り込みが細かい。

問題点

  • 最初はオススメキャラの五人しか選べずお気に入りの人物をプレイ出来るようになるのには少々時間がかかる。
    • 主人公札を入手するには親密度を最大まで上げるのが基本。
    • なお、作成キャラでプレイしたい場合は、ゲームをセーブすれば主人公キャラが所持している札が『札一覧』に登録されると言う仕様の為、『おすすめ』での5人の主人公で「ゲーム開始後すぐセーブして終了」を全員分繰り返せば、新武将作成に必要な札数があっさりと貯まる。
    • タイトル面で主人公として扱われている木下藤吉郎(武士)でのプレイはクリアまでの時間が最も長く、このゲームの殆どの要素に関わるためにクリアする頃には燃え尽きてしまい、他の武将のプレイの際は目標などを自分で決めていかないと単調になってしまいがちになることも。
      • 過去作から課題とされていた秀吉の生涯の再現が今まで以上に難しく、最初のプレイで完全に関連イベントを起こしていくのはほぼ不可能。さらに城主や大名になるとイベント以外はほぼ城攻めの連続となり作業感がますことに(城攻め等に関しては後述)。
    • 一方で手慣れたプレイヤーが順調にイベントを消化していった場合、福島正則や加藤清正、石田三成といったイベントで加入する武将の年齢が1ケタになってしまうことも。猛将らしい髭面のグラフィックが与えられた福島正則の年齢に3歳などと表示されているのは極めてシュール。
  • 基本的なテキストや一部の歴史イベントの内容は完全に前作の流用
    • それまではシリーズを通して台詞の流用は一切なかった分、セリフ回しなどの流用が気になるところ。
  • 攻込名分の面倒くささ
    • 武士プレイ時に他家に戦を仕掛ける際は攻込名分が必要となり、攻込名分を無視して戦を仕掛けると悪名が上がってしまう。
      その為に外交で「宣戦布告」を行うことが出来るのだが、これは相手に攻込名分を与えるコマンドである為、宣戦後に相手から攻撃を受けるまでは自家の攻込名分が存在しないという面倒なものとなっている。
      • 結果、宣戦布告を行った後に攻め込むと大義無しとして悪名が上がってしまう為、宣戦布告をした後に相手に殴られるまで待たなげればならない
      • その他、朝廷に掛け合って「治罰綸旨」を行って攻込名分を得る事も出来るが、相手大名よりも高い朝廷貢献度が必要となる。
      • 結局のところは攻込名分を無視して戦をしかけ、上昇した悪名を寺に寄付を行って下げるのが最も手軽な手段となり、プレイの足枷にしかなっていない。
  • 育成や一部の仕事をミニゲーム(16種類)によって行わなければいけない。前作でこの形式になってから不満が多かったにもかかわらずである。省略も出来るが、その場合結果が低めになってしまう。
    • ただし、多くのミニゲームは難易度が高くなく短時間で済むためこの形式のほうがお手軽というプレイヤーもおり、ミニゲームごとの人気・不人気はかなり分かれている。
      • 前作では限られた手数でお茶くみ人形を正確にゴールに導かなければならない「茶道」や双六ゆえにクリアできるかは運ゲーだった「軍略」といった難易度が高いミニゲームが少なくなかった為、
        「重力が働く四川省風パズルゲーム(軍略)」や「ブロック崩しである破壊」等の手軽に遊べる内容に変更されたのは大きい。
      • 単純に選択肢のリロードを繰り返してランダムの好結果を得ようとする確率選定作業や詰めプレイよりは、ステータスがゲーム難度に反映されて変化するミニゲームによるほうが、ゲームプレイと結果の脈絡としては優れているとも言える。
      • PS2、PSP版では3種類のミニゲームで仕様変更(別のゲームと差替)されて総体的に難易度が落ちた一方、PSP版では画面比率の違いによって異常に難易度が高くなったミニゲームもごく少数ながらある。
  • どのハードにしろ初期段階では異様にバグが多かった(Win版は発売日当日に修正パッチを出している)。Win版はパッチによって、PS2に関してはベスト版で対処が行われてはいる。
    • Win版については、パッチをあてたものを廉価版として発売している。PS2、PS2ベスト版~PSP版、PSPベスト版は、過程でバグの修正度が行きつ戻りつしており、最後に販売されたPSPベスト版が最も改善された版とは言えない模様である。
  • 攻城戦
    • 一つ城から一つの軍団しか出撃できず、その他の勢力を求めるには、他の勢力か、同じ勢力に城主から、援軍を頼まなくてはならない。
    • また攻める側の援軍は少数でも送ってくるので、すぐに撤退する事がしばしば起こる。
    • 城攻めは野戦と違い、フィールドが固定されており飽きやすい。しかも壁に対して兵がダメージを与えるだけの作業でおまけに壁が固い。また増築しても塀が増えるだけで各城の差別化もあまり出来ていない。
    • さらに弓の名手がいると非常に厄介で、どんどんと特技で戦力が削られる上に対抗処置がない
    • また守りもほぼ手立てが無く、壁が壊されると陥落となる。援軍を待つだけぐらいしかできない。
    • 一応早送りできるが、もうちょっと野戦のような戦略性があっても良かったのではという声がある。
    • 攻城戦の士気の奪いやすい。
      • 恫喝し続けるだけで敵軍はたやすく崩壊してスムーズに降伏勧告に持ち運べる。さらに上級の弁舌技能である威圧ともなれば効果は圧倒的。
  • 野戦
    • フィールドが余り多く無く、飽きやすい。
    • 直接攻撃をすると敵部隊に反撃されるのだが、反撃のダメージがかなり大きく、与えたダメージ以上のダメージを受けることもしばしばある。このせいで直接攻撃しかできない騎馬隊は非常に使いづらい。
  • 海賊と忍者
    • どちらも一大勢力であり、1万~3万の兵士が居て大名クラスかそれ上に軍事力があるためリアリティに欠ける。
    • 海賊と忍者からは大名を攻められるが、武士からだとイベント以外で攻められないのが厄介。
  • 基本的にどの職業でも、エンディング到達までの難易度が低い。特にメインとなる武士プレイは、天下統一のみを目標とした場合、城主に就任した時点で、後は延々出陣を繰り返すだけの作業ゲーとなってしまう。
    • もっとも、本作の売りは自由度の高さにあるので、そんな単調な道を歩むかどうかはプレイヤーの工夫とプレイスタイル次第なのだが。
      • 元々難易度の低めなシリーズで、それが信長の野望シリーズに馴染めないプレイヤーにとって取っ付きやすい作品として受け入れられる面もあるので欠点とも言い切れないが…。
  • 個人戦の武器に格差があり圧倒的に刀が有利である。
    • もともと攻撃力が高く最強クラスの銘刀が後述の様に簡単に入手可能、秘技の数も多く欠点の遠距離もカバーできるのでスキがない。また、苦無も清須の町で強力な物が購入でき、移動後に攻撃が毎回行えるので武力が低い武将なら護身用として活用できる、秘技の大半が忍者でなければ覚えられないのが欠点だが…。
    • 槍と鎖鎌に関してはややイマイチな感が否めない。どちらも弟子や忍者にならなければ秘技のほとんどが入手できず遠距離の攻撃は行えない上に秘技自体も少ない。おまけに大半の強力武器が所持者が決まっており個人で入手するのも困難*4
    • 弓と鉄砲は完全な地雷。一応合戦でも使用するために完全な無駄ではないもののどちらも攻撃後に数ターンスキができてしまうために個人戦ではかなり不利になる。またほかの武器と違い道場等が存在しないために強力な秘技の習得も困難。
  • コンシューマー版の追加要素が豊富
    • この時期のコーエー作品に言える事だが、Windows版の不満点を解消した上でコンシューマー限定のシナリオや武将が多数追加されており不興を買った。
      • 追加シナリオは信長が大名になる前の「1549年 流亡の章」や全ての武将が登場し、史実武将の嫁が宿娘として登場する(結婚もできる)架空シナリオの「夢幻の章」といった魅力的なものばかりである。
      • 顔芸武将として一部で有名な二階堂盛義もあの顔で追加された。さらには説明書内で「敵に大筒が!ひょえー!」と驚くという公式ネタに昇格している。
      • 但し、移植時にシナリオや武将追加等はこれまでのコーエーゲームでも度々やっていた事で今作だけが槍玉に上げられる事でもない。また、移植時にバグ除去のみで「追加要素なし」では結局批判されていただろう。PC版にはイベントコンバーターがあるので完全上位とは言えない面もある。
    • 追加札の一つである「大盤振る舞い」が極めて協力。個人戦でお金を投げて相手をおびき寄せる「銭投げ」の強化版なのだが、物欲の低い武将にもかなりの確率で効いてしまう。上手く使えば最強クラスの剣豪ですら完封できてしまうので、天覧試合で金をばら撒き、釣られた剣豪を滅多切りにして勝利、という酷い光景が繰り広げられることも。

賛否両論

  • 多くの武将のグラフィックは『信長の野望 嵐世記』~『天下創世』に登場する武将の顔グラフィックを流用ないし加工したものとなっている。
    • しかし元となった作品にバストアップの絵が存在していないため、一部の武将は顔と体のバランスがおかしかったり衣装に違和感を感じられるものも存在する。
    • もっとも『III』~『IV』は戦国物のゲームでありながら少女漫画風の柔らかいタッチであったために評判が芳しくなく、スピンオフ元の信長の野望調の渋いタッチに戻った事を歓迎する声もある。
      • また、シリーズを通しての仕様であるが、身分に応じてグラフィックが変わる為、出世して威厳を纏ったNPCの秀吉を追放したら爽やかな足軽少年に戻るといったネタ的な要素も存在する。
  • 城同士の兵站
    • 基本的に城同士なら兵站、輸送という概念が無く、兵糧や馬、兵士、銃などは例え東北から九州に送る時でも一瞬で送る事が可能。
    • ぬるいという意見もあれば、面倒な輸送を考えなくて良いと賛否が分かれる。

総評

『IV』の要素を見直して大幅に肉付けを行いまさに「万の道で天下に己を知らしめる」事が目的のゲームとなっている。やりようによっては一度も戦争や戦闘を行わずにゲームをクリアする事すら出来る。
とにかく出来る事が多い為、イベントを楽しんだり、何度も繰り返しプレイしながら様々な生き方を楽しむ事が出来、またイベントコンバーターの存在により思いのままの戦国を楽しめる。
信長の野望シリーズ』や『三國志シリーズ』にも個人プレイが可能な作品は数多くあるが、2017年現在でも本作を超える自由度を持つ作品はなく、屈指の人気を誇っている。
残念ながら開発チームが解体されてしまったために続編が望めない状態にあるが、新作を願う声も少なくない。


余談

本作品で人気の武将

  • 足利義氏
    • 小田原の町を拠点とする浪人。本人の能力値が低い*5のに対して、高性能な刀剣「村雨」*6を所持しているため、放浪中に襲撃してその武器を強奪したプレイヤーは多い。
      • 村雨を没収された後は恨まれるので所々で襲われるのだが、元の能力がアレである為、脅威にもならずにひたすら撃退され続けるという憂き目にあう*7
      • 分不相応の武器を持って毎回のように奪われるサマはアイスソードを持つ某剣士の如くネタにされ続けている。
      • 史実では最後の古河公方(室町幕府の名門)だったが、彼の時代には既に実権は無く、北条家の傀儡として軟禁状態に置かれていた人物である。しかしこの作品では北条家と絡んでおらず、足利家の人物としての演出が僅かに盛り込まれるに留まる。基本どの職業にもつかない設定になっている。また、かなり困難な道だが彼を大名にして全国統一すると専用エンディングが見られる。
      • なお、史実の義氏は傀儡のまま没して足利家は一度断絶するが、後に秀吉の援助を受けて再興。江戸時代には5000石の領地ながら10万石相当の格式を持つ大名として扱われ、それどころか徳川将軍家との主従関係すら曖昧という極めて特殊な立場のまま明治維新を迎えた。
      • 村雨は江戸時代に書かれた『南総里見八犬伝』に、関東足利家に伝わっていたという設定で登場する創作の名刀。作中で最終的に足利成氏(義氏の高祖父=祖父の祖父)に返還される。
  • 安井道頓
    • 石山(大坂)の町を拠点とする浪人。建築と弁舌がレベル4な上、滅多に就職せず親密になりやすいうえ、寿命も長くすべてのシナリオに登場するため、これらの修行では非常にお世話になる人物。
      • 史実では商人であり道頓堀を私財をはたいて作った人物。大阪の陣においては80歳を超える高齢ながら豊臣方に加わり戦死している。