Another Century's Episode

【あなざー せんちゅりーず えぴそーど】

ジャンル エースロボットアクション

対応機種 プレイステーション2
発売元 バンプレスト
開発元 フロム・ソフトウェア
発売日 2005年1月27日
定価 7,329円(税込)
レーティング CERO:全年齢対象
判定 なし
Another Century's Episodeシリーズリンク


概要

ロボットアニメの主役級ロボットを集めたアクションゲーム。
参戦作品は「聖戦士ダンバイン」「機動戦士Zガンダム」「機動戦艦ナデシコ劇場版」など、スーパーロボット大戦でいう所の「リアル系」に当たる全9作品。

+ 参戦作品一覧
  • 聖戦士ダンバイン
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機甲戦記ドラグナー
  • 蒼き流星SPTレイズナー
  • ブレンパワード
  • 新機動戦記ガンダムW
  • 劇場版 機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-
  • バンプレストオリジナル
  • フロム・ソフトウェアオリジナル
独特のゲーム性に定評のあるフロム・ソフトウェアが開発を担当。
同社の看板ロボットゲームタイトル『アーマード・コア』と比べて操作が簡略化され、自由度が低下している代わりにとっつきやすくなっている。
強引に例えるならアクションゲーム版スーパーロボット大戦と言ったところか*1

評価点

  • ガンダム以外の80~90年代ロボットアニメはアクションゲーム化の機会に恵まれなかったので、これらの作品群の機体を使用できるということ自体がこのゲームのコンセプトであり、最大の長所である。
    • 操作可能機体は主役級・準主役級・ライバルクラスからのチョイスが多いが、かなりマイナーな機体も一部使用可能。ただし準主役・ライバルクラスであっても使用可能でない機体もある。
  • 作風が リアル
    • 参戦作品はどれもいわゆる リアルロボット に属するものばかり。
    • 機体のサイズも忠実に再現されており、6.9mのダンバインで30m以上の敵と戦ったりできる。武装やモーションなどの再現性も中々のもの。
    • 原作の性能を再現しつつ、ゲームとして機体の性能にバリエーションを持たせようという試みに成功している。無双の様な圧倒的性能の主人公が敵を薙倒していくものではなく、敵より多少強い程度の自機を的確に操って戦っていくタイプのため、反射神経や超絶個人技よりも戦略・戦術が重視される。
  • 機体改造は改造したい項目にスロットで強化項目を割り振る形式かつ射撃武器は威力を上げると連射が遅くなるなど、効果が一方通行ではないシーソー式。
    • 対応する双方のパラメーターを改造すれば上昇値のみに出来るが改造スロットを二つ食う上に、当然上昇値自体は片側のみを伸ばした物に劣ることになる。
    • そのため一概に「こう改造すればいい」というテンプレートは無く、個々人のプレイスタイルによっても延ばす項目が変わって来る為機体によってはかなり頭を使う。もちろん自分のやりたいように改造するのもOK。
  • また拠点である戦艦も強化される様になっている。
    • こちらは搭載機数の増加と修理資材関連の低コスト化を行う物でスパロボ式の上昇値のみの仕様である。
  • ゲームの内容はステージクリア型の空中戦を主体としたアクションゲームで、好きな機体を選んで出撃しザコ敵を蹴散らしたりミッション目的を達成→ボス戦、という構成のステージが多い。ミッションの内容もバラエティに富み、「敵全滅」「味方の護衛」といった単純なものから、複雑なものまで多岐に渡る目的が設定され、飽きさせまいという工夫が感じられる。
    • 特に宇宙空間での動作の自由度は特筆に値する*2。そして宇宙でのダミーバルーンがいかに厄介なモノかを思い知ることができる。
  • ゲームバランスが良好。難易度イージー・ノーマル・ハードが存在するが、最弱機体であるゲシュペンストでもハードモードクリアは不可能ではない。つまり全機体で全難易度・全ミッションを制覇できる。
  • 終盤のストーリー展開は意外性があり熱いと一部で評判になった。
  • オープニングムービーが秀逸。ロボットゲーのOPの中でも出色の出来である。このあたりは変態企業(褒め言葉)の面目躍如と言ったところ。
    • 主題歌の「Garnet Moon」(ボーカルは島谷ひとみ氏が担当)と合わせて、「オープニングは初代が最高」と主張するプレイヤーも多い。
      • 参考動画。ヘタなPS3作品よりクオリティが高い。
+ オープニングムービー

賛否両論点

  • 機体の挙動がやや重目。
    • もっさりと感じるプレイヤーもいれば、慣性を感じられるリアルな挙動として好むプレイヤーもいた。
  • 一部機体の性能バランスがおかしい。
    • 特にゲシュペンストmk2やガンダムデスサイズの低性能は論議を呼んだ。順位がついてしまうのは仕方ないが、弱い上に「やれる事が少ない」というのが不評だったようだ。
      • 前述のようにゲームバランスそのものは良好なので、これらの弱機体でもクリアは十分可能。
    • 逆にオージやザカールなど手軽な操作で超強力な機体もあるが、こちらは出現条件が厳しく、かなりやりこまないと使えないため、あまり問題にはならなかった。
  • 射撃は相手の未来位置を予測しない。相手の移動方向と弾道を合わせるか、接近する必要がある。
    • ドッグファイトの経験があるプレイヤーにはどうということもない仕様ではあるが、誘導が欲しいというプレイヤーも。
    • この仕様により、誘導が付いているミサイル系の武器が必然的に強武装に。
  • 演出面とストーリーがハード
    • キャラゲー要素は薄く、通常のロボットゲーと比べ皆無といっていい。このあたりは『アーマード・コア』系の要素が強いとも言える。
    • 顔グラフィックがあるのはオペレーター・艦長のみ。セリフも極端に少ない。ライバルキャラがボスとして登場するステージにそれに対応する主人公キャラで出撃すると少し会話がある・・・という程度である。
    • イベントについてもステージ合間に入る解説(音声なし)、たまにインターミッション的なムービーが入る程度。
      • 無論こういうドライな雰囲気がいいのだ、とするプレイヤーも見られた。
  • 戦闘がほぼ全てである関係上原作を知らない人は色々な作品の話にコロコロ変わるのも相俟って話を把握しづらい。
    • ストーリーの内容自体は複数原作のストーリー、テーマ、設定を上手く混ぜ込み一貫した話を通した上でオリジナルの伏線もきっちり回収しており出来は良い。
  • 大きくアレンジを受けたBGM。
    • 原作のオープニングや挿入曲がBGMとして使われているのだが、その多くが大きくアレンジされている。
    • 極端に劣化してアレンジされた曲はないのだが、イメージは大分変っている。アレンジとしてありとするプレイヤーとイメージが違いすぎると不快感を示すプレイヤーに分かれた。

問題点

  • 操作系
    • メイン射撃と格闘のボタンが同じで敵との距離によってどちらが出るか決まる為、近距離戦で射撃しようと思ったときに格闘が暴発する恐れがある。
      • 大半の機体はさほど問題ないが、メイン射撃が3発しかなく隙だらけなウイングガンダム、メイン射撃を撃ってしまうと戻ってくるまで何故か格闘が振れなくなるガンダムデスサイズ・ガンダムサンドロックでは痛い欠点になる。*3
    • SP攻撃のコマンドが「R3+L3同時押し」と人によっては少々やり辛い。また、R3ボタンを押す際に右スティックが倒れ、ロックオンが外れてしまうことも。
      • 大体はキーコンフィグで解決するが、武器が5種類ある機体だと頑張るしかない。
  • 一部の機体は上下方向への移動が非常に遅い。地上ステージのミッションでは、結構な頻度で高低差のある高度を行き来しなければならない場合があるため、イライラの元に。
    • 加えて、格闘は上下方向へほとんどホーミングしない。うかつに格闘戦を挑むと、少し高度がズレていただけで相手の頭上or直下で攻撃を空振りすることになる。
  • プレイヤーはエリアオーバー不可だが、一部の敵が頻繁にエリアオーバー域に離脱する。
    • CPUはこちらの攻撃に反応して回避としてエリア外に移動するため、何も考えずに攻撃していると敵がエリア外から戻ってこない。
  • 僚機は3機まで選んで出撃出来るのだが、ミッション中には出てこず、セリフと一部雑魚敵の減少やボスの耐久値減少のみ。「見えない所で敵と戦って戦力を減らしている」という設定で、共闘感がかなり薄く僚機と言うより別動隊状態。
  • 一部に改造の効果が反映されない武器がある。また、武器によっては改造の効果が実感し辛く、性能の調査が面倒。
  • シークレット条件が分かり辛いステージがある。
    • 達成してもプレイ画面で「達成した」と表示されないのも不親切。達成状況はフリーミッションの選択画面で見ることができるが、クリアしないとわからないためやり直しが面倒。
      • また一部のアイテム取得のミッションは特定の幾つか有る候補地点へのランダム配置で有る為手間が掛かる。もっともこの点は一本道のクリア作業化等とトレードオフな部分で賛否両論点でもあるが。
  • 設定よりサイズが小さ過ぎるユニットがある。特にザク1機も収納できないムサカ、エステバリスを搭載できないナデシコなどの戦艦系はよく突っ込まれる。
    • もっとも戦艦系は設定に忠実にサイズを表現した場合大き過ぎてゲーム内フィールドエリアに納めるのが難しくなる*4という点があるので仕方が無い面もある*5
  • ほとんどの機体は任務達成時のポイントを用いた交換購入での入手であり、その機体のパイロットと同時に編入され購入が可能になる。つまり購入しなければ使える機体は増えていかない。
    • クワトロの百式のみ参戦イベントがある。しかし、その百式の参戦イベントが序盤にあるために、それ以降は購入しなければ使える機体は増えていかないことが分かりづらい。ヘタをするとオリジナル機体×2機+百式の合計3機だけの部隊でゲームクリアという事も有り得る。

総評

版権ロボットアニメの大結集アクションゲームというコンセプトは非常に魅力的であり、新たなファンを獲得した。
ただ、スパロボ的なキャラゲー及びそのスタイルの二次創作的な商売展開を期待していたプレイヤーには期待外れだったようではある。
そのためか、次作の『2』ではキャラゲー的演出が強化され、同時に操作方法も手が加えられた。その結果、根本的なゲーム性は同じなため一見似た様なゲームだが、『スパロボ寄り』の方向性をはじめとして印象の大きく異なるゲームとなっている。


余談

  • 店頭PVが軽く詐欺。PVの出来が良いだけに、実際の内容に落胆した人も。
    • 一番突っ込まれる点が、「PVでは戦闘中に喋りまくる自機キャラ」。実際にはメインとなる1Pプレイで一部の敵に対して発生するものを除き自機キャラは戦闘中に一切喋らない。操作に合わせて台詞が入るのは2P対戦のみで、それも専用のボタン(方向キー)を押した場合に限られている。
+ 参考動画