ワイワイワールド2 SOS!!パセリ城

【わいわいわーるどつー えすおーえす ぱせりじょう】

ジャンル アクション
対応機種 ファミリーコンピュータ
メディア 3MbitROMカートリッジ
発売元 コナミ
発売日 1991年1月5日
定価 6,500円(税別)
配信 バーチャルコンソール
【WiiU】2015年9月2日/514円(税8%込)
判定 なし
ポイント 硬派&シビアからコミカル&親しみ易さへの転換
故にコアゲーマーと前作ファンからの評価は低め
コナミワイワイワールドシリーズ
コナミワイワイワールド / ワイワイワールド2 SOS!!パセリ城


概要

コナミワイワイワールド』の続編にあたるが前作とのつながりはなく、前作の主人公であるコナミマンとコナミレディは今回ちょい役でしか出て来ない。


ストーリー

悪の大魔法使いワルーモンが世界征服を企み、さらにワイワイワールドのハーブ姫をパセリ城ごと宇宙空間へ連れ去ってしまった。
シナモン博士はこれに対抗して、「コナミヒーロー変身回路」を搭載したスーパーロボット・リックルを創り出す。
リックルの目的は、ワルーモンが復活させたコナミの悪役キャラを倒しつつ、ハーブ姫を助け出す事である。


ゲーム内容

  • ジャンル欄において「アクション」としているが、実際は横スクロールシューティングやパズル、レースとなるステージもあり当時のコナミの主力作品を再現したステージ構成になっている。
    • アクション以外のジャンル要素を持つステージはミニゲーム扱いではなくパズル以外はクリアしないと先に進む事が出来ない。
  • 十字キー+2ボタン(ジャンプ、攻撃)で操作。敵や敵の弾に接触するとダメージを受け、画面下のライフゲージが全て無くなるとミスとなる。また、穴や水に落ちたり、強制スクロールするステージで地形に挟まれるとライフの残量に関わらずミスとなる。
    • 残機数がある限りその場で復活する。残機数が0の時にミスするとゲームオーバーとなる。
  • 今主人公は前述の通り、リックルという少年型ロボット(2Pは色違いのブルーリックル)であり、チェンジカプセルというアイテムを取るとコナミのキャラに変身し、通常時より強力な攻撃が出来るようになる。時間制限は60秒。
    • 通常時のリックルの武装は「エネルギーカッター」だが、リーチが短く、連射もできず、威力も貧弱なので強敵との戦いでは苦戦を強いられる。時折、画面中を飛来する「スターカプセル」を破壊すると「チェンジカプセル」が出現し、これを取得した状態で↑キー+Aボタンを押すと、「コナミヒーロー」に変身し、変身したキャラに応じた強力な攻撃ができるようになる。
    • また、変身中は攻撃を喰らっても変身時間が5秒減少するのみで、ライフは減少しない。よって、有利に進める上でも変身は必須であると言える。変身時間は、道中に登場する救急箱を取得すると20秒延長され、また変身中にチェンジカプセルを取って再度使用すると最大値の60秒まで回復する。
    • 二人プレイでは同じキャラへの変身は画面内に1人のみという制限が掛かっている。そのため、下記の変身パターンで同じキャラがいる状態で変身すると片方の該当キャラに「F」と表示され変身が出来ない。他のキャラに変身するか、時間切れまで待つしかない。
    • 敵を倒しているとチェンジカプセルの他にハイパーボンバーが飛んでくる。ハイパーボンバーは攻撃ボタンを押しっぱなしにしておくと体が光りだし、その状態で放すとハイパーボンバーを消費して画面内の雑魚敵を一掃する。
  • 前作の比較的シリアスな絵柄と違い、今回は頭身が下がった事も合わせて絵柄がコミカルで可愛いものになっている。
  • 通常のアクションステージの他、『ツインビー』や『グラディウス』、アーケードの『シティボンバー』など、同社の様々な作品を模したステージが盛り込まれている。
  • 登場する(というか変身可能な)コナミキャラはゴエモン(がんばれゴエモン)、ウパ(バイオミラクル ぼくってウパ)、シモン・ベルモンド(悪魔城ドラキュラ)、フウマ(月風魔伝)、ビル・ライザー(魂斗羅)の5人。
    • 性能はキャラ別にしっかり分別されている。2連射できるキセルで攻撃し、リックルより攻撃の性能が高いゴエモン。倒した敵を、乗れる足場となる「雲」に変身させるウパ。攻撃力が高くリーチもそこそこのシモン。リーチが短いが攻撃力は最強のフウマ。非力だが遠距離攻撃が可能なビル。全キャラ中唯一2段ジャンプが可能で、機動力が最も高いリックル…となっている。
  • アクションステージは、探索要素の強かった前作と違い、オーソドックスな面クリア型になっている。

問題点

  • 変身できるのはゲームスタート時に決めた3人のみ、しかもその組み合わせが以下の4パターンしかない。
    また、2人プレーではそれぞれが別のタイプを選べるが、上記の通り、片方が変身中は同じキャラには変身できない。
  • A:ゴエモン・ウパ・シモン
  • B:ゴエモン・ビル・フウマ
  • C:ウパ・フウマ・シモン
  • D:ウパ・シモン・ビル
  • 4パターンの中で使い勝手を考えると、Dタイプが抜きん出て強い。
    • 理由は攻撃力が低いとは言え連射が利き、上下左右に銃を撃ち分けられるビルが万能すぎるため。
      一番攻撃力が低く、瞬間火力が不足するという欠点はあるものの、本作では道中の雑魚敵の耐久力が低めで、ビルの攻撃力ですら1発で倒せる敵がほとんど。そのため、射程が無限というアドバンテージが絶大なものとなっている。ボス相手にも近づくことなく楽々と撃ち込めるのが強く、ラスボスはビル1択でゴリ押しで倒せてしまう。
    • また、このタイプはウパの使い勝手も良い。先述の通り、ウパは敵を倒すと雲に変換できるのだが、足場とするだけなく雲をアイテムとして回収することも出来る。雲はシール(10個取ると1UP)と同様の効果を持つため、敵が湧き出る場所さえ知っていればそこで幾らでも人数を稼げてしまう。更に見た目通り背が小さいので当たり判定が小さく、一部のボス敵に対しては回避と攻撃が非常にやりやすい。
      重要性は低いが、ウパには専用ステージでの特殊行動および専用アイテムも用意されている。
      シモンは先述の2名と比べるとあってないようなものだが、火力が高いのでラスボス以外でのゴリ押しには有効。
    • 慣れてくれば、Bタイプも強い。
      • ビルは言わずもがな、フウマもリーチが短いとはいえ、攻撃力も連射力も高性能である「波動剣」でボスを瞬殺できるため、利点を活かせればそこそこ使える。Dタイプとは違い、誰を選んでもラスボスに在る程度ゴリ押しが通用するのが良い。
      • また、ゴエモンは1人より2人で遊ぶ時にボス戦にて真価を発揮する。ボスは敵にダメージを与えて硬直させても無敵時間のほうが長いのでハメることは本来出来ないのだが、2人の場合、ボスを挟み餅つきのように交互に攻撃を与えていくとハメることが可能。
    • とはいえビルが余りにも強いため、他キャラの出番はあまりない。「ビルが居ない」という一点だけでA・Cタイプの価値は低い。せめて3人を自由に決められれば、とも思えるが。
    • 前作は各キャラクターが個性的な攻撃範囲・当たり判定を持ち、使い分けが必要となる場面が多く味があったため、それと比較するとアクションの戦略性も薄い。
      • 前作をプレイした人向けにゴエモン・シモン・フウマの組み合わせも用意してほしかったところである。
  • 難易度が全般的にかなり低い。前作の高難易度を突破したプレイヤーや普段からアクションゲームに慣れているプレイヤーであれば簡単にクリアできてしまう。
    • ただ、ラスト面最初の『フロッガー』のように車やトラックの隙間を抜けて画面上に行くシーンだけは、障害物の速さや隙間の狭さもあって妙に難易度が高い。
    • 分岐ステージとなるステージ6にはパズルとレースがあるのだが、パズルは選択した時点でクリアが保証され、更に成果によっては予備バッテリー(体力が無くなった時に消費して全回復)を貰えてお徳なのに対し、レースはボスがまともに戦うと強いうえ、ゲームオーバーにある可能性が有り、クリアしても何も無いと踏んだり蹴ったり。
      • 但し、レースのほうが面白いという理由からパズルより選ぶ人は多かったりする。
  • ステージの長さにバラつきがあり、1面は横スクロールアクション→横スクロールSTG→横スクロールアクション→ボス戦と、なぜか他ステージの2倍以上の長さが優にある。
  • 主人公が各キャラに変身するという設定のため、クロスオーバーものではありながら、実質キャラ同士が共演しているという感覚があまり感じられない。
    • 変身時間などの制限が設けられたことにより、自由にキャラを使い分ける楽しみが減ってしまったのもマイナス。ゲームシステム的に問題がある訳ではないのだが、お祭りゲーとしては劣化してしまったと言わざるを得ない。
    • 前作が「仲間と力を合わせてステージを攻略していく」というお祭りゲーとしてのツボを非常に押さえた作品だったため、そういった点に魅了されたプレイヤーからは特に低い評価を受けている。

評価点

  • グラフィックは決して前作に劣っている訳ではないし、コミカルである分親しみ易い。
  • ステージのバリエーションは豊富でプレイヤーを飽きさせない。
    • 各ステージはグラフィックやBGMなどでモチーフとなった原作ゲームをよく再現できており、ステージによって雰囲気が全く違う。前作以上にごった煮の世界観となっており、クロスオーバー作品ならではの味が出ている。
    • アクション以外のジャンルのステージに関しても、シューティングにレースにパズルなどなど、ごちゃごちゃと節操無く詰め込まれたお祭りゲーらしい内容になっている。
    • ステージの分岐もある為、再プレイでは違うステージも楽しめる。
  • 演出は間違いなくパワーアップしている。
    • 前作は全体的にあっさりしていたが本作ではコミカルな作風になった分、演出にも手が込んでおり、特にオープニングとエンディングにカットインやキャラのアップなどのビジュアル的演出を盛り込んでいる。
  • 小ネタも存在。
    • パスワード画面では『クォース』の自機を使用してブロックを発射したり、分岐点では(キャラは参戦していないが)『メタルギア』のように通信機で連絡を受けたり、『がんばれゴエモン』に存在した隠し通路が出現したり、とあるキャラクターであればステージに存在する足場のケーキを食べれたりと数は多い。原作を知っている人であれば、成る程と思うものばかりである。
  • システム、UIの改善
    • 難易度の低下は上記の通りだが、逆に言えばユーザビリティに配慮したとも言える。前作はシビアな操作を要求される部分やシステム的に不親切な所も少なくなかったので、新規ユーザーの導入口としては十分である。
      • 画面スクロールも適切な位置で行われるようになった。
      • 低めの難易度も家族や友人と気軽にワイワイ遊ぶ分には丁度いいといえる。
    • 文字は平仮名も表示されるようになったので前作より格段に読みやすくなった。
  • BGMのクオリティも高い。

総評

グラフィックやアクションゲームとしての操作性が特に悪いというわけではなく、寧ろ単体で見れば良く出来た部類である。
しかし前作のような硬派でシリアスな世界観や、歯応えのある難易度を期待したユーザーは肩すかしを食らわされた。
前述のような大幅なモデルチェンジ、難易度の低下が前作ファンやヘビーユーザーの反発を招いてしまい、評価を落とす結果となった。

逆を言えば、コミカルな見た目や易しい難易度のおかげで入り込みやすくなっているということでもあり、前作未経験者やアクションゲームが得意ではない人であれば問題なく楽しめるだろう。