修正依頼」が出ています。対応できる方はご協力をお願いします。


ここでは『バーンアウト3:テイクダウン』及び、それをベースにしたPSPでの作品『バーンアウト レジェンド』についても解説する。(どちらも良作



バーンアウト3:テイクダウン

【ばーんあうとすりー ていくだうん】

ジャンル レーシング
対応機種 プレイステーション2
発売元 エレクトロニック・アーツ
開発元 Criterion Games
発売日 2004年10月14日
定価 6,800円
判定 良作
バーンアウトシリーズリンク

概要

  • 対向車線走行やニアミスといった危険走行でブーストを溜め、一気に加速するというクレイジーなレースゲーム。
  • 前作から2年の期間を経て発売された本作。本作で追加された要素は現在まで使われているものも多い。
  • 日本ではマイナーだがアメリカでは人気が高く、大手ゲームサイトIGNの「The Top 25 PS2 Games of All Time」において6位を受賞した。

特徴・評価点

  • 本作から追加された要素「テイクダウン」。自車を敵車にぶつけて、壁や一般車にクラッシュさせてブーストを補充できる。
    • テイクダウンをすると、カメラが切り替わり、敵車の壊れていく様子が映し出される。設定でオフにすることも可能。
  • ウリのクラッシュシーンも進化。大量の破片が飛び散ったり、パーツが外れたりする。爆発要素も追加。
    • さらに、自車がクラッシュした場合は時間がスローになる「インパクトタイム」を発動できる。
    • インパクトタイム中はアナログスティックで車を動かす「アフタータッチ」を使える。敵車を体当たりでテイクダウンさせたり、一般車にぶつけて更なる破壊を演出できる。
  • レースモード以外にも、敵車を何台テイクダウンできるかを競う「ロードレイジ」、車の群れに突っ込んで被害額を競う「クラッシュ」モードなど、ボリュームは大きい。
    • クラッシュモードでは、「アフタータッチ」に加え、一定の台数の車を壊すと、自車を爆発させる「クラッシュブレイカー」も使用可能。
  • ゲーム内のラジオ放送「CRASH FM」がゲームを盛り上げる。ナビゲーターはMC RYU。
  • 走行中は60fpsでヌルヌル動く。
  • 発売元がEAになったため、EA TRAXとして多数のアーティストを使い全44の楽曲を収録。
    • 本作は明るい曲調のものが多く、シリーズ最高のサウンドトラックと評価する声も多い。

短所

  • 走行中にマップは表示されない。
  • ロードが長め。
  • 車の性能差がわかりにくい。それほど激しい性能差は無いが。
    • おまけ程度にトップスピードとウェイトのみが表示されている。
  • クラッシュモードの問題。
    • 面数が100と多いが、場所は同じで、構成が異なるという使い回しがある。
    • 多くのステージには、点数を2倍、4倍するアイテムが置いてあるが、4倍のアイテムを取ると簡単にクリアできてしまう、というより4倍を取らないとゴールドにならない。逆に4倍アイテムを取ればかなり簡単にクリアできる面も。
  • 特定の条件でテイクダウンをすると「フォトアルバム テイクダウン」となるが、その条件が厳しく、特定の車にぶつけるなど、ほぼ運ゲーである。
  • オンラインのサーバーが終了してしまった。
    • といっても、発売から5年半後の2010年4月まで稼働していたので、大変頑張った方だと言えるだろう。

総評

「テイクダウン」の導入により前作までのややストイックなイメージを一変、ライバルを攻撃して楽しく遊べるレースゲームとしてシリーズの方向性を定義した本作。
後継作が出た今でも、独特の雰囲気や音楽から本作を推す人もいる。
シリーズ入門としてはもちろん、後継作から戻ってきても楽しめるだろう。


余談

  • 海外ではXbox版も発売されている。より美麗なグラフィックと、短いロード時間で楽しむことができる。アジア版は国内のXboxおよびXbox360で動作可能。だが、現在入手は困難である。
  • デベロッパーのCriterionは本作発売の少し前にEAの買収を受け、傘下会社となった。そのため本作以降はEAからの発売となっている。

バーンアウト レジェンド

【ばーんあうと れじぇんど】

ジャンル レーシング
対応機種 プレイステーション・ポータブル
発売元 エレクトロニック・アーツ
開発元 EA UK
発売日 2005年10月20日
定価 4,800円
判定 良作

概要(レジェンド)

『バーンアウト3』をベースにしたPSPリメイク作。 基本的には3の移植だが、変更点も多い。

特徴(レジェンド)

  • 『3』の基本はほぼそのままに、過去作からコース・モード・車を追加した作品。
  • PSPなので、いつでもどこでもテイクダウンが楽しめる。
  • 『2』にあった「チェイス」モードが復活。パトカーに乗って、敵車にダメージを与え最終的にテイクダウンするモード。
  • 『1』から1コース、『2』から5コースが復活。『2』からいくつかの車両が復活。
  • オリジナルペイントを施した「コレクターカー」が25台追加。
    • しかし、1人プレイで獲得できるのは5台のみ。残りは通信プレイで獲得する必要がある。
  • 現在はダウンロード版もPlaystation Storeにて配信されている。
  • EA TRAXとして同時発売のバーンアウト リベンジから厳選された全21の楽曲を収録。

短所(レジェンド)

  • 性能の影響で、フレームレートが30fpsになっていたり、クラッシュがややパワーダウンしているなど、劣化部分もある。
  • UMD版では、ロードがより長くなる。
    • ダウンロード版では、逆にPS2版『3』よりも短くなる。
  • 『3』にあった複数のコースをつなげたロングコースや、一部の車両、CRASH FMなど一部要素が削除された。
  • 相変わらずマップは表示されず、さらに車の性能グラフまで削除されてしまった。
  • クラッシュモードの問題。
    • 面数は『3』と変わらず100。
    • 点数を2倍、4倍するアイテムは削除されたが、その影響でごく少数ではあるが高ランクをとるのが難しいステージができてしまった。
  • 有名なソフトではないので、通信対戦が必要なコレクターカーは正攻法で入手することは大変難しい。
    • プレイ環境を2つ用意すれば自力で取ることは可能ではあるが・・・

総評(レジェンド)

携帯機に移植され気軽にプレイ可能になった本作。
性能上『3』よりもやや劣化していることは否めないが、ゲームとしての楽しさが失われたわけではない。
寝る前に布団の中でも一壊し行ってみてはいかがだろうか。