シャドウハーツII

【しゃどうはーつ つー】

ジャンル 純正統派超大作RPG(ウル曰く)
裏を見る

裏を見る
対応機種 プレイステーション2
メディア DVD-ROM 2枚組
発売元 アルゼ
開発元 ノーチラス
発売日 2004年2月19日
定価 通常版:7,140円
限定DXパック:10,290円(共に税込)
プレイ人数 1人
セーブデータ 58KB以上の空きが必要
周辺機器 PlayStation BB Unit対応(HDDインストールのみ)
レーティング CERO:15歳以上対象
コンテンツアイコン なし
判定 良作
シャドウハーツ - シャドウハーツII - フロム・ザ・ニューワールド


あらすじ

1915年、第一次世界大戦が始まって半年。
フランスに進出したドイツ帝国軍は、魔物が棲むと恐れられるフランス北部の小さな寒村・ドンレミを制圧できずにいた。

ドンレミに派遣されたドイツ帝国陸軍少尉、カレン・ケーニッヒの小隊は村の古い教会へ突入する。
そこで小隊の隊員たちが見たものは、硬質の黒い翼を持つ[悪魔]の姿だった。
カレンを除く全員は[悪魔]に倒され、薄れゆく意識の中でカレンが最後に見たのは、人の姿へ戻る[悪魔]の後ろ姿だった。 (解説書より)


概要

ホラーな雰囲気とジャンジメントリングシステムが特徴的だった『シャドウハーツ』の2作目。
世界観は共通しており、前作終了から半年後が舞台となっている。
シナリオは前作と同じく前半・後半で別れ、欧州編・日本編の2つに分かれている。


特徴

  • 基本システム(ジャッジメントリング・SPなど)はそのままに、グラフィック・戦闘システムが大幅にパワーアップした。

グラフィック

  • 今作では日本も舞台となるが、大正時代の帝都の町並みは非常に作りこまれている。
  • 前作で好評だったグロテスクなデザインのモンスターは妖怪・怪物・悪魔など様々な種類が登場する。
    日本軍の機動兵器やコミカルな敵もおり、グロテスク以外のモンスターも登場するようになった。
  • 前作と比べてキャラクターのグラフィックのクオリティが飛躍的にアップしている。
    • 特にフェイシャルモーション技術の使用により、キャラクターが表情豊かになったのが大きい。
    • ただしグラフィックの向上を優先したためか、前作よりもFPS(Frame Per Second)は低くなった。
  • ムービーが大幅に増え、前作ではあまり聞けなかったキャラクターの声も多く聞けるようになった。
    • 演技も安定しており、特に主人公ウルは雰囲気のメリハリがしっかりとついている。

サウンド

  • 前作から引き続きメインコンポーザーとして参加している弘田佳孝氏、『クロノ』シリーズ等でお馴染みの光田康典氏、『サガ』シリーズ等の伊藤賢治氏による音楽も評価が高い。
    • 町曲であればディスク2に入ってすぐ聞く『Rising Sun』、戦闘曲では2回しか聞くことのできない『Astaroth』や上記の3人が合作した『The 3 Karma』などが特に高評価であり、1つ1つのクオリティが高い。

戦闘システム

  • 『連携』『紋章魔法』などの要素が追加された。
  • 『リングカスタム』
    • 前作ではアクセサリーや武器の改造によってヒットエリア幅の調整や特殊効果をつけていたが、今作ではジャッジメントリングに直接手を加えることができるようになった。
    • リングの難易度や攻撃威力の調整の他、「リングアイテム」を付けることで通常攻撃の回数やエリアの幅を増やしたり、追加効果を加えたりできる。
      • 通常攻撃に状態異常の追加効果を持たせられるので、魔法主体の非力なキャラでも通常攻撃が無意味になりにくくなった。
    • 前作はどのキャラも、通常攻撃は計3ヒット攻撃で固定だったが、今作ではキャラによって通常攻撃の合計ヒット数が1ヒット~3ヒットの範囲で異なるように差別化された。またリングカスタムで、ヒット数を+2ヒットまで増やすこともできる。
  • 前作では敵味方の立ち位置は固定されていたが、今作では攻撃によって相手を吹っ飛ばしたり吹っ飛ばされたりして、敵味方の立ち位置が入り乱れるような形式になっている。
    • クロノ・トリガー』のように、各攻撃には攻撃範囲の概念が追加された。また味方同士や敵同士が隣接することで、後述の連携を狙うことができる。その他、壁際に追い込まれると若干不利になったりする。
  • 『連続ヒット』
    • 敵にダメージを与えた後、その敵がのけぞりや吹っ飛びやダウンから復帰する前に連続でダメージを与えると、格闘ゲームのように連続ヒット数がカウントされていき、ヒット数に比例してダメージがより大きくなっていくというボーナスが得られるようになった。
    • 通常はそのキャラの攻撃ターンが終了した時点で敵は必ず復帰するので、キャラ一名の攻撃だけではあまり意味のないシステムだが、この連続ヒットを狙うためにも、後述の『連携』システムが重要になってくる。
  • 『連携』
    • 戦闘時、味方に隣接すると連携状態となり、『コンボ』を試みることが出来る。この時仲間の行動順番を引き上げることができ、連続で攻撃することが可能に。
      • 連携では敵が復帰する暇を与えずに連続攻撃ができるので、ヒット数を多く稼げる。
      • 味方への隣接は「連携」コマンドを実行することで容易に行える。その他、敵に吹っ飛ばされたりして偶然位置が隣り合うこともある。
      • 隣接した後、敵の攻撃を「耐える」コマンドで防御することで、SP減少と引き換えにその場に踏みとどまって立ち位置を保持することもできる。が、味方同士が一か所にまとまるため、範囲攻撃を食らうリスクも存在する。
    • 連携状態を組んだキャラクターの内の1人がジャッジメントリングに成功して敵を攻撃すると、直後に○・×・△・□のいずれかが描かれた『コンボリング』が一定時間出現し、その間に対応するボタンを押せばコンボが成立し攻撃する。
    • 本作では「攻撃範囲の高さ(高度)やベクトル(吹っ飛ばす方向)」、「敵の高度(浮きの高さ)」といった概念が存在し、攻撃の種類や順番を誤ると、攻撃を外してコンボミスとなり、連携がその時点で終了してしまう。
      • とはいえそこまで複雑ではなく、適当にやっても割と何とかなる。
    • 上手く四人以上の連携に成功すると、四人目以降は強力な「連携魔法」が使用できる。
    • キャラには『アフィニティ』と呼ばれる各キャラごとの相性値が設定されており、これが高いと戦闘時、『コンボ』によるダメージが上昇、『コンボリング』の入力受付時間が延びる。
      • アフィニティは同じに戦闘に参加、連携を行う、コンボ時の行動をショートカットボタンで指定するなどで値が上昇する。減少することはない。
    • 敵の中にも、連携を狙ってくるものが存在する。
  • 『紋章魔法』
    • 紋章と呼ばれるアイテムを装備することで誰でも魔法が使用可能になるシステム。
    • これによりキャラが使用する魔法のカスタマイズが可能になった。攻撃・補助・回復など様々な魔法が使用できる。
    • ウルと蔵人はフュージョンがあるため、使用できない。

その他、前作に存在した要素も健在。

  • メニュー画面にて、全ての敵味方やアイテムの解説文やグラフィックを閲覧できる。
    • 解説文は一つ一つ詳細に書かれており、なかには本編で語られていない深い設定が記されている場合もある(『チルドチューナ』など)。
    • 前作から引き続き登場するアイテムも、全ての解説文やイラストが一新されている。
  • 豊富なサブイベントや隠しダンジョン、福引会員や隠しショップなども前作以上に増えており、作りこみの高さが伺える。
  • 前作では欧州編(後編)に突入すると亜細亜編(前編)の場所にはもう行けなかったが、今作ではDisk2(日本編)に突入しても、最終的には日本と欧州をいつでも自由に行き来できるようになっている。
    • 前作に比べて期間限定イベントが大幅に減った。殆どの要素を後から回収できる。

細やかな調整点

+...
  • 買い物の際に選んだ商品全てを割引できるようになった
    • 前作では1つの商品ごとだったが、いちいち割引しなくてよくなった他、結果的に安く買える。また最初から最大割引可能に。
  • ダメージ上限が大幅に上昇
    • 前作では999でカンストだったが、少なくとも100万桁は確認済み。
  • 状態異常の仕様変更
    • 「混乱」が消滅し、「麻痺」は治るまで行動が一切出来なくなった。「沈黙」は「封印」に変更されている。
  • 一部消費アイテム削除、一式化
    • 蘇生アイテムは2つに、状態異常回復アイテムは全回復1種類のみに。HPやSP等を一緒に回復するもの、リングや攻撃力に作用するアイテムは全て削除されている。
  • リング演出の簡略化
    • 特殊技でリングが回る、最強特技に限り光って割れる演出が無くなった。
  • アイテム等を使用する際のターゲット指定が、回復アイテムであれば味方のみ(護符は倒れている仲間のみ)、攻撃は敵のみとなった。
  • 『コンボ』の仕様上、通常攻撃が1発でもヒットしたら回避判定が無くなるようになった。
  • ゲイルによるAGLアップでのリングバー速度上昇効果が削除。
  • 戦闘中に刻印を自分以外の味方にも使用できるようになった。
  • 補助効果の上昇量が最初から30%に引き上げられた。
 

ストーリー・キャラクター

  • なんと今作では前作のヒロイン・アリスが死亡しているところから話が始まる。つまり、前作のBADENDの続きである
  • 前作はグロテスクな魔物やホラーなグラフィックで全体的に暗い雰囲気が特徴的だったが、今作ではそういった部分はなりを潜めコメディ・パロディといった部分が大幅に増えている。
    • これだけだと前作を汚したゲームに聞こえるが、ストーリー中はしっかりとメリハリがつけられており、ギャグシーンでは笑え、シリアスシーンでは泣けるRPGとなっている。
      • 後述するが、ギャグシーンとシリアスシーン、それぞれの『量』の差は流石に見過ごせないものになってしまっており、サブイベントは妙なものが多く、ネタに走っているものがほとんどである。
  • 仲間はどれもキャラが立っており、主人公も含めて非常に個性的。
    • というかあまりにキャラが立ちすぎているため、個性的を通り越して変人・変態しかいないというとんでもない状態になっている。
+ ウルと愉快な仲間たち
  • ウルムナフ・ボルテ・ヒュウガ
    • 通称、ウル。ガラの悪い主人公として前作から続投。日本人の父、日向甚八郎(ひゅうが じんぱちろう)とロシア人の母、アンヌの間に生まれたハーフ。
    • 恋人アリスを失ったあと彼女の母の墓所があるスイスのチューリッヒに彼女を埋葬し、その後はアリスの親類であるゼペットと旅をしたのち、ドンレミ村で落ち着いていた。今作ではニコルに受けた『ヤドリギの呪い』を解除するため、再び旅に出る事になる。
    • 前作の衣装である父親譲りのコートは、アリスの遺体とともに埋葬している。
    • 『シャドウハーツ』では暗い雰囲気のゲームの中、一人コミカルな言動を繰り返してボケの全てを担っていたが、今作でも会話の最中にブランカと遊び始めたりして聞いていなかったり、荘厳な話にフランクな応対をして相手をキレさせたりと相変わらずのボケっぷりを誇る。
    • また「その座布団どこに売ってんの?」「キモーイ」「ほんとねー」「ごめんなさい、は?」などの多くの迷言・珍言を残している。
    • が、前作と比べてボケをかましてくる仲間が多くなった(特にヨアヒム)ため、ツッコミにまわる事も多くなった。また、恋人・アリスを失っているためシリアスな場面では雰囲気にもやや影が差している。
    • 前作で猛威を振るったフュージョン能力(悪魔に変身する能力)を持っているが、今作では冒頭に受けた呪いのために全ての変身がリセットされてしまう事になる。
    • 意外とイラストが得意であり、前作の回想シーンは彼の絵と語りで進行する。ゼペットに渡したアリスの似顔絵や、セーブアイコンの可愛い絵は彼のものである。意外と可愛い。
    • ダルそうな雰囲気にギャグも多いが、シリアスな場面ではキッチリと決めるカッコイイ男。人気も非常に高い。…バカだけど。
      • 彼があまりにも強力なキャラの為、次回作の主人公が色々な意味で割を食っているのも否めないのだが。
  • カレン・ケーニッヒ
    • 今作のヒロイン。貴重なツッコミ役。最初は敵勢力として登場するが、ニコルに裏切られたあと、ウル達と共に旅をする事になる。その道中で徐々にウルに惹かれていく。
    • 貴族の末裔だが、家は没落しかかっており貧乏暮らしが身に染みている。ちなみに酒が入るとオラオラ系。
    • 彼女の服はどう考えてもサイズが小さく、ピッチリしている(胸とか)。原因はウルが下記のコーネリアの服を見立てたためである。
    • 実は前作にも登場しており、その正体はEDで明らかになるが、多くのプレイヤーの度肝を抜いた。
  • ブランカ
    • ドンレミ村の少女ジャンヌに飼われていた白狼。ニコル達の襲撃で飼い主を失い、ウルに同行し相棒となる。
    • 狼だが二本足で立ってステルスミッションを行ったり、仲間の中で一番冷静沈着だったりと色々動物離れしている。
    • キャラとしては魔法戦士タイプで、メンバーの中で最もINT*1が高い。つまりメンバーの知能は狼以下という事になる。
    • 特技習得イベント『ウルフバウト』は、世界一の狼を決める戦いに参加するというイベントなのだが、この時のみボイス付きで喋る。
      CVは大御所声優の池田秀一氏。よって狼にもかかわらず赤い彗星のシャアのパロセリフを喋りまくっている。
    • 更に彼の最強技は『レッドコメット』(赤い彗星)である。ここまで来ると狙っているとしか…
    • ちなみにやたら幼女との絡みが多い。EDでも旅で出会った幼女の元に現れているため、ファンからはロリコン狼と呼ばれている(理由は言うまでもない)。
  • ゼペット
    • アリスの母方の義理の伯父。老齢の人形使いであり、亡き娘に似せた人形『コーネリア』を持ち歩き、戦闘では彼女が攻撃や術攻撃を行う。
    • 装備変更の要素として『コーネリア』の服を着せ替えることができ、特技や属性が変化。様々属性攻撃を操ることができる(ちなみに最強の服はウルがデザインしたアリスの服)。
    • コーネリアの服を着せ替えると、やたらうっとりしている彼のコメントを聞く事ができる。なんというか非常に怪しい。
    • さらに『美しき愚者』という服を装備させると、コーネリアは裸になる(愚者には見えない服というネタ)。
      裸にしても人形の骨格になるだけであるが、終盤で入手できるまで散々綺麗なドレスを着せ替えてきているため、なんか逆に恥ずかしい。素っ裸の子供を抱いて戦闘する姿は、もはやただの変態である。
    • そんな彼だが、亡くなった娘の影を求めて訪れるイベント『人形の館』でのダンジョンは、このゲーム屈指の恐怖イベントであり感動イベントである。
  • ヨアヒム・ヴァレンティーナ
    • 前作の仲間キースの兄にして、吸血鬼一族・ヴァレンティーナ家の長男。
    • 筋肉。齢400歳を超える吸血鬼。昔日本に住んでいたことがあるため、「~だっち!」「~だら!」と静岡弁で喋る、筋肉モリモリマッチョマンのプロレスラー
    • 吸血鬼だがプロレスラーのためプロレス技で戦う。また『ヨアヒズム』という体の周期があり、戦闘するたびに調子が変化して蝙蝠や透明人間(インビジブル)の姿になる。
    • 更にこれが絶好調になると蝶のアイマスクを装着し、どう見てもヤバイ人にしか見えない格好の正義のヒーロー『グラン・パピヨン』に変身する。
      ちなみに変身時のテーマは伊藤賢治氏が担当している。道理で某RPGのBGMっぽい訳だ。
    • 彼の武器は身長と同じサイズの角材なのだが、基本的にイベントでそこらへんに落ちているものを勝手に拾って武器にする。おかげで武器に金が掛からない。
      その武器も最初の角材から、ロッカー、郵便ポスト、土管、冷凍マグロ、最終的には海辺で拾った宇宙戦艦と、訳の分からないモノになっていく。
    • 彼の最強の防具は『ローズボンテージ』…もはや何も言うまい。
    • 姿こそ変態だが非常に強い。サブイベントを全てこなし、最終形態になると、ウルをも超える攻撃力を手にする。
    • 本作最高のボケキャラである。実際シャドウハーツIIの笑いはほとんど彼が担っている。
    • また本作屈指の爆笑イベント『漢祭り(おとこまつり)』も彼が発端である。
      カレー臭いリングの塔で繰り広げられる、師匠・グランガマとの互いの(※自主規制)を掛けた熱い一騎打ちは、多くのプレイヤーの脳裏に焼き付く事となった。
      • このイベントをこなすことで、前述のヨアヒズムが絶好調になると変身する姿が蝶のアイマスクの『グラン・パピヨン』ではなく、漢臭さが染みついた『?』の記号のアイマスクを付けた『グラン・はてな?』(クエスチョンマークまでが正式名称)に変化する。
        パピヨンになると攻撃力が1.5倍になる効果を得られるのだが、はてな?になると何と攻撃力2倍に
  • ルチア
    • イタリア王国・フィレンツェ出身の美人占い師。ウル達とは紆余曲折を経たのち姉弟子のベロニカ・ベラを止めるために同行する事になる。
    • が、物語中盤でベロニカとは決着が着いてしまうため、以降は特にイベントもなく影が薄くなってしまう。
      そのためディレクターズカット版では彼女に関するイベントがいくつか追加された。
    • 性格はおっとりお姉さんタイプであり、特別に調合したアロマやタロットカードを使い様々な特殊効果を発生させる。
    • なお敵に捕まった際の拷問イベントでは、 喘ぎ声を聞くために ベロニカとの因縁のために大抵彼女が選ばれる。
  • アナスタシア
    • ロシア帝国の第四皇女。乗っ取られようとしている王室を救うために孤軍奮闘するが、逆に命を狙われたところをウル達に助けられる。
    • 特技はスナップ。敵の写真を撮って情報を収集し、また一部の敵は写真から召喚して技を使うことができる。
    • 14歳という年相応のおてんば姫であり、常識人且つ非常識人。貴重なツッコミ役その2。ロシア王家の威光を使ってパーティを尻に敷いている。
    • 下記の犬神蔵人に一目惚れしており、彼の前では態度ががらりと変わる。
    • ヨアヒムとはボケとツッコミの素晴らしい関係を築いている。また『漢祭り』では彼と師匠の試練を熱心に見つめていた。
  • 犬神蔵人(いぬがみ くらんど)
    • ウルたちが日本で出会った帝都の青年。ウルと同じくフュージョン能力を持ち、変身する事ができる。
    • 容姿といい、CVが下野紘氏な事といい、変身後の姿といい、某ロボットアニメの主人公にそっくりである。
    • 物腰穏やかな人物だが、ヨアヒムに故郷の宝を武器にされたり、アナのアプローチにたじろいたりといじられキャラの地位を確立している。
    • 本作屈指の常識人なのだが、加入が遅いうえ、他が濃すぎるせいでルチア以上に影が薄い。本人は強いのに…。
  • 表面こそコミカルに描かれているが、メインストーリーそのものは前作と同じく暗いものが多い。
  • 呪いにより記憶と心が崩壊していくウルや、第一次世界大戦の混乱にある世界など本筋では重い話が展開される。
    • 秘密結社・日本軍など様々な組織・人間の思惑が入り乱れており、愛憎がぶつかり合っている。
    • 再生の秘術によるアリスとの一瞬の再会や、ラストのカレンとの会話などは本作屈指の泣けるシーンである。
  • またEDが非常に衝撃的。

賛否両論点

  • 前作とあまりにも違う雰囲気
    • 本筋では前作以上にシリアスなストーリーとなっているのだが、IIのコメディ・パロディのノリに期待を裏切られたとの声もある。
    • 前作でもパロディやギャグイベントが無かった訳ではなく、むしろシリアスシーンとギャグシーンのバランスが絶妙だったが、今作はシリアスシーンに比べ、異常にギャグシーンの割合が多くなってしまっているため、「ギャグゲーをやりたかったんじゃない」・「ギャグシーンばっかり見せられてうんざりする」と言った批判意見が前作のファンからは見られる。
      • 一方でギャグ要素をひとしきり楽しめたおかげで、シャドウハーツのメインシナリオにより没頭できたという声もある点が賛否である。
    • また前述の『漢祭り』にしても、途中のイベント描写・オチともに良くも悪くもかなり強烈なモノになっており、人によっては嫌悪感を催してもおかしくないモノになってしまっているため、爆笑イベントとして好評な意見も勿論あるが、「ふざけすぎ」「不快」「キモイ」と言った意見も少なからずある。
      • 戦闘に入る直前で何度も画面を埋め尽くすほどのドアップの男の尻を拝まされると言うだけでも色々な意味で辛い人が出てくるというのに、オチが更に凄まじいことに…。
      • しかし、このイベントをクリアしなければヨアヒムが強化できないため、やらざるを得ないのが始末悪い所。
    • キャラクターの特徴付けをパロディネタに丸投げ(例:ブランカのシ○アネタ全般)しているとしても言いすぎでない点があるのも、一つのタイトルとして見た場合は褒められたモノではない面があるのも事実で、批判意見がある。
    • モンスターのデザインにしても1に比べるとグロさや卑猥さが落ち着き、良くも悪くも癖が無くなってしまっているために、シャドウハーツらしさが無くなったとする意見もある。
  • ストーリーが前作のヒロイン・アリスの死亡ありき(バッドエンドの続き)になっている事。
    • 前作の彼女とウルを含めた周りの描写が秀逸であったために感情移入の度合いが高くなりやすかったのが災いして、この時点で否定するファンもいる。
    • たいていの場合、続編物では前作のグッドエンドを引き継ぐか、全く違う世界観にしてしまうことが多いため、この手法は結構珍しい。しかし当然、「せっかく前作でアリスが生き残るグッドエンドにしたのに、あんまりだ」という意見も出る。
      • これに関しては、やり直せるならアリスと出会う前がいいというウルのメッセージを取り、「前作バッドエンド→今作→前作グッドエンド」が正規ルートであるとのファン間での認識*2
    • ただし、前作のグッドエンドを否定するようなストーリーではないのでその点は安心していい。
      むしろEDも含め前作との繋がりを高く評価するファンも少なくない。
  • バグスの演出が強化
    • このモンスターは(クーデルカを含む)シリーズ皆勤賞のあの黒い羽虫が巨大化したものだが、今作ではグラフィックの進化でよりリアルな動きをし、更に画面に大量に張り付いてHPを1にするという2つの意味で強力な新技を搭載。しかも召喚可能対象でいつでも見れる。
      • ストーリーの都合上あの種類のモンスターは必ず戦闘することになる。流石に上述の新技を持った個体とは別であるが、虫が苦手な人は注意。

問題点

  • バグでセーブデータが破損してしまう可能性がある。詳しくはこちらを参照。ディレクターズカット版で修正された。
  • 難易度があまり高くない
    • ジャッジメントリングの改善や、連携などの追加により難易度は前作より低下している。
    • 終盤ではサブイベントでの強化・アイテムの充実により負けることはほぼない。
    • ウル、ヨアヒム、蔵人といったアタッカーを中心とし、後は適当な補助要員でメンバーを組んで、火力で押せば大体何とかなると言われる。
      • 逆に言えば、あまり性能の高くないキャラでも何とかなるため活躍の機会がある、とも言える。
    • 味方側が敵に比べ性能が高く、バランスブレイカーな技やアイテムも中々多い。
      • まず『永遠の鍵+ギャンブルリング』。
        前者は「目押しに失敗するまで、または敵が死ぬまでジャッジメントリングが加速しながら永遠に回り続ける」というアイテムで、
        後者は「リングの成功判定領域が極めて狭くなる代わりに、目押しの必要量が1つだけになる。またその1つさえ成功すれば通常は複数個ある成功判定の全てに成功した事になる」というジャッジメントリングの一種。
        つまりこの二つを組み合わせると「1回だけ難しい目押しに成功すれば敵が死ぬまで自動的に殴り続ける」事になる。ボス戦だと成功した瞬間勝ち確定。前作の『猿の腕+銀の手+第○の鍵』に匹敵する凶悪コンボである。
        ただし「永遠の鍵」はシナリオ通して1個しか入手できないレアアイテム*3なので多用は出来ない。入手出来る機会も終盤なので手に入る頃には大抵の敵に苦戦することはまず無い。
      • ルチアの『アロマセラピー』。
        2つのオイルを組み合わせて様々な効果をルチア以外に与える特殊技だが、その中の『1ターンの間クリティカル100%』『1ターンの間ストライク効果1.5倍』が非常に強力。
        前者は通常攻撃が実質1.5倍になり、後者は攻撃、回復、補助の効果が高くなり、例えば通常攻撃が500だったのが数千ほどまで上がるほど。
        たちが悪いのがディスク1の内に、しかもストーリー上確定入手であること。気づいてしまうと更に難易度は低くなる。
      • 強すぎたからか、続編ではサブイベントでの入手な上に上昇量が1.25倍まで下がっている。
  • 物理攻撃優遇のバランス
    • 技、装備共に大幅に増えた本作だが、やや物理攻撃への優遇が大きい。
      1:主人公であるウルを筆頭に物理攻撃力最高+マスク状態で攻撃力1.5倍のヨアヒム、素早さが最も高く物理攻撃力も2位の蔵人。
      2:補助魔法の効果が引き上げられ、ノーマルでも30%、テクニカルで最大42%上昇。
      3:エナジーチャージ*4の登場。ウルのみ習得可能な上に序盤で習得できる。
      4:極み*5や第○の鍵の存在。
    • 対して魔法は、エナジーチャージの魔法版であるエントランスはゲーム中盤から、魔法ダメージを上げるアクセサリは魔術師のピアス*6のみと、どうしてもダメージに差が出てしまう。
    • また、ヒット数でも紋章魔法は全体的に少なく、最大でもクリアバニッシュの9であり、一番威力の高いLv4に至っては1。しかも全て色と一部効果音が違うのみで演出が同じ。
      対してカレンのゲシュペンスト(12~24)やヨアヒムのデストロンハマー(15)などの固有技は優秀な上ヒット数が多い。そのためヒット数ボーナスを狙うとなると必然的に紋章魔法は使わなくなる。
      • 続編ではダメージバランスの調整が入ったほか魔法Lv4は個別演出になり、ヒット数が多くなった。
  • 一部キャラクターの扱いの悪さ
    • ゼペット
      • ディスク2以降は発言も少なくなり、影が薄くなる。性能面でも固有技は総じてヒット数が少なく威力も低い。重要な素早さが低い。
    • ルチア
      • 敵組織、特に後半では特に因縁もなく会話数も少ない。ベロニカとの弟子設定もあまり活かされておらず影が薄い。全体的なステータスが低めであることや特殊技に癖があることから入れない人も少なくない。
        特殊技自体は理解すれば非常に高性能なため、戦闘で活躍させることは可能である。
    • 蔵人
      • ディスク2で加入後もウルに焦点が行くことが多く、イベントで敵側と絡むこともほぼ無い。
        性能面ではフュージョンで回復、ヒット数稼ぎ等性能は高めだが、フュージョン数が少ない上ウルと同じく魔法が使えないので技数に欠ける。悪く言ってしまうとウルの劣化である。
        また、ウルは『英語が読めないので魔法が使えない』という理由付けがされているが、蔵人には特に理由が説明されておらず不明である。
  • やたらと数だけが多いウルのフュージョン
    • 前作同様、6属性にそれぞれ3ランクの計18体(プラスα)のフュージョンが存在する。
    • 前作ではシナリオ進行によって高ランクフュージョンの修得が解禁されたが、今作ではエナジーさえ溜めれば序盤でもランク2までは上げてしまえる。それどころかとあるアイテムさえ入手してしまえば、欧州編の時点でランク3フュージョンすら修得出来てしまえる。
    • そして今作では「高ランクのフュージョン程、使える特技の数が多い」仕様なため、ランク1のフュージョンはロクな特技を使えない*7。またステータス上昇面でも高ランクほど完全上位互換となる。
    • 以上の点からランク1フュージョンの大半が死にキャラと化している。ゲーム後半からはランク2も次第に使わなくなっていく。
  • 一部死に技がある
    • 『ミラージュ』は味方の回避率をアップさせる効果があるが、本シリーズは魔法や特殊技は必中であり通常攻撃でも1発ヒットさせると2ヒット目以降は回避が出来ない。雑魚は通常攻撃率は高めだがボスは通常攻撃することの方が低いので存在意義が薄い。
    • 『○○レジスト』『七芒を結び…』は対象の特殊技の属性ダメージを半減(七芒を結び…は無属性特殊技を3/4)するものだが、敵は複数属性で攻めてくることが多く1つの属性に絞ることは難しい。更に酷いのは七芒を結び…であり、習得時期が終盤のサブイベントであり、また無属性の攻撃はラスボスの一部技等、かなり限られてくる。しかも減少量も3/4と低く、バリヤーの方が効果が高い。
  • 前作をやっている程、違和感が強くなる設定(描写)
    • 半年という期間であまりにも大物になりすぎの加藤の他にも、アルバートの真の目的や、アリスの描写も前作をプレイしている者によっては違和感を強く感じさせるものになっている。
    • また、エンディングで明かされる、仲間たちのその後の設定も「超展開過ぎる、無理がありすぎる」と言った否定的な意見がこれまた見られる。
      • と言うか大筋の良さで誤魔化しが効いているものの、全体的に前作からの後付け設定、ご都合主義が多い。アルバートの件などは良く突っ込みの対象となる。
  • 前作に比べてジャッジメントリングが半分ほどまで小さくなった。
    • この点はDC版や『フロム・ザ・ニューワールド』で段階的に改善。
  • 紋章魔法のシステムは、どの紋章でどの魔法を使えるようになるのかが分かりにくい。複数のキャラにいくつもの紋章を組み合わせて同時に装備させるので、どの紋章(どの魔法)がまだ残っていて装備できるのか把握しにくい。
    • 次回作では「ステラマジック」となり、紋章ではなく魔法自体を手に入れるためこの点は解消されている。
  • スコアのジャッジメントリング成功率で好成績を収めないと入手できないアイテムがある。
    • アイテムをコンプしたい人には大きな壁となる可能性がある。
    • リングカスタムやアクセサリによりリングの難易度を大幅に下げることも可能なので、前作ほどハードルは高くない。
    • 取り返しの付かない要素というわけではなく、終盤の時点でもリングをとにかく回しまくって沢山成功させればアイテムを入手できる。
  • 初見殺しな敵がいる。
    • シリーズ通して稀にあることだが状態異常をしてくる敵には対応するアクセサリをつけてないと苦しい戦いになる。
      特にウルフバウトはブランカ1匹のため、麻痺や即死攻撃を持つ敵にはまず勝てない。負けて敵の状態異常攻撃を覚えるしかない。

シャドウハーツII ディレクターズカット

【しゃどうはーつ つー でぃれくたーずかっと】

発売日 2005年3月10日

定価 3,129円(税込)
備考 オリジナル版のセーブデータをコンバート可能
判定 良作

※共通項目は省略

本作のBest版は、追加要素が入ったディレクターズカットとして発売。事実上の完全版といえる。
但し流通量の問題で中古であってもやや高めであることが多い。

以下追加・変更点

  • セーブデータ破損バグの修正
  • BGM、モンスター、サブイベント、隠しダンジョンの追加
    • ラスボス以上の強さを誇る追加ボス『七福神』は、本編の難易度調整からはとても連想出来ない鬼畜な強さ。
    • 追加イベントでは一時的に敵の三幹部が使用可能に。
  • 一部イベントのCGムービー化
  • ジャッジメントリングが大きく見やすくなった。
  • 次回作『シャドウハーツ・フロム・ザ・ニュー・ワールド』のPVが封入

総評

 一つのタイトルとして見た場合は十分に良作以上の域にあると言っても良いのだが、過去作とのリンクを強固に打ち出しているタイトルとしては粗が少なくないのも事実。
 ギャグゲーか何かと勘違いしてもおかしくないほどに異常に増殖してしまったギャグイベントや、前作の持っていたダークな世界観がほとんど無くなってしまっていること、そして前作を経験しているからこそ余計に違和感が強くなってしまう後付け設定、描写などが目立つ点は続き物のタイトルとして見た時に前作、『1』からのファンが不満を募らせることもまた致し方ない点であると言える。
 だが、それでも他のゲームでは持ち得ない独特な(もはや異質なレベル)雰囲気は確かにあり、ゲームそのものの作り込みも(明後日向きすぎなモノもあるが)かなりのモノで、制作陣の気合いを十分に感じることの出来る上質な仕上がりであることは間違いない。


余談

  • 2006年9月21日、シャドウハーツ2のキャラクターも登場するシミュレーションRPG『カオス ウォーズ』が、アイディアファクトリーより発売されている。
    • 出来は…あまりよくない意味でのIFクオリティ。
  • 海外ではディレクターズカット版は発売されておらず、また海外版『2』では『2DC』に比べて新サブイベントやモンスターの追加、PVが入っていない。
    • 曲も『Ladder to Heaven』や『FATAL Convulsion』、『Trap of a Flying Cushion』のみ追加されている。