注意:このページでは、オリジナルのPS2『魔界戦記ディスガイア』(良作)、移植作品のPSP『魔界戦記ディスガイア PORTABLE』(良作)、DS『魔界戦記ディスガイア 魔界の王子と赤い月』(劣化ゲー)、Win『Disgaea PC』(良作)について解説する。



魔界戦記ディスガイア

【まかいせんきでぃすがいあ】

ジャンル やり込みシミュレーションRPG

対応機種 プレイステーション2
発売元 日本一ソフトウェア
発売日 2003年1月30日
定価 通常版:7,140円
限定版:9,240円
判定 良作
魔界戦記ディスガイアシリーズリンク

※ 最初に発売されたオリジナル版のデータを基に説明する。


概要

  • 史上最凶のやり込みSRPGという謳い文句で登場したPS2用ゲームソフト。PS2の作品ではあるが媒体はCD-ROMである。
  • キャラクターデザインは原田たけひと、楽曲は佐藤天平が担当している。
  • ストーリー重視の『マール王国シリーズ』よりも、ゲームシステム重視の『ラ・ピュセル 光の聖女伝説』の方が好評だったことから、そのゲームシステムを更に強めた作品としてリリースされた。
    • 発売当初はあまり話題にならなかったが、電撃プレイステーションの記事や口コミからまたたくまに認知度が広まり10万本以上の売上を記録。日本一ソフトウェアのヒット作となった。
  • Lvは9999、能力値は2000万(HP・SPは4000万以上)まで育成可能。 キャラメイク・転生・各種スキル・武器育成などタクティカルRPGの基本的な要素も一通り備えている。
  • 本編のボリュームは20~30時間程度で、難易度もSPRGとしては低め。レベル上げもほとんど必要とされない。
    • しかしアイテム界・練武の洞窟といった本編とは無関係の育成専用のシステムが充実しており、本編そっちのけでキャラクター強化に励むプレイヤーが続出した。中にはプレイ時間が1000時間を超えた者も。

ゲームシステム

ウェポンマスタリー(WM)

  • 武器の熟練度。その武器を装備して攻撃する度に、対応したWMが少しずつ上昇していく。
  • 特殊技の習得条件になっている他、現在のWMに応じて装備している武器に大きな補正がかかる。

アイテム界

  • アイテムの内部にあるランダムダンジョンを攻略することでアイテムLvを上げ、そのパラメータを上昇させることができる。
  • ダンジョンの大きさはアイテムのレアリティによって異なり、最大で100階構成。1階クリアするごとにアイテムLvが1上昇する。
  • アイテムの基礎パラメータが高ければ高いほど、アイテム界に出現する敵も強くなる。プレイヤーには不必要な戦闘を避け、効率的に進むための工夫が求められる。
  • キャラクター育成における最も重要な要素である。強化したアイテムにはWMの補正がかかり、装備者は莫大なステータスアップを得ることができる。

イノセント

  • アイテムに付与されている追加効果。ATK+50、獲得EXP+20%などの効果を装備者に与える。
  • アイテム界に潜ると、このイノセントが敵対キャラとして登場することがあり、彼らを服従(=撃破)させると追加効果の数値が2倍になる(ATK+50 → ATK+100)。
  • 更に、服従させたイノセントは他のアイテムへ移したり、同じ効果のイノセント同士で合体させることができる。
    • これを利用すると、ATK+19998や、獲得EXP+300%といった極めて強力な追加効果を得ることができる。
  • 通常、レベル上げ・ウェポンマスタリー上げにはかなりの時間がかかるのだが、このイノセントを活用することでその時間を大幅に短縮させることができる。

転生

  • レベルの上限は9999でそれより上げることはできないが、「転生」を行うことで特殊技や武器熟練度を引き継いでLv1に戻ることができる。
  • このとき、転生前のステータスに応じて素質能力値と呼ばれるレベルアップ時のステータス上昇量を決める値が変化する(通常は増える)。この状態でLv9999にすると転生前よりも高いステータスを得られる。
  • レベル上げと転生を交互に繰り返していくことで、ステータスが少しずつ伸びていく。
    • また転生時のレベルが記録・加算されており、これが一定値に達する毎に上記の素質能力値にボーナスが発生する。
  • 転生と同時に職を変えることも可能。このとき、男が女になったり、人型を魔物型に変えることも可能と、とにかく育成が自由。

ジオエフェクト

  • 特定のマスに「防御力-50%」「無敵化」といった特殊効果を付与するシステム。
  • マップ上には必ずジオエフェクトの発生源があり、それを破壊するか移動させることでジオエフェクトを打ち消すことができる。
  • 大抵の場合は敵にとって有利な効果が発生する。プレイヤーは頭を使って、発生源の破壊・移動方法を考えなければならない。
    • 勿論、プレイヤー側も恩恵を受けることが出来る*1。敵を移動させてプレイヤーで独占する、というのも一つの手である。

暗黒議会

  • 店にもっと高いものを置いたり、出現モンスターを強くしたりしたいときに利用する。
  • 提案には「マナ」が必要である。このマナは敵にとどめを刺すことで溜めることができる。複数のキャラでマナを共有することはできない。
  • 現実の議会のように、賛成・反対の意見を集め多数決を取る。しかしここは魔界、賄賂を贈って味方に付けたり、否決されても反対派を戦闘で全滅させたりして無理やり可決することができる。

師匠・弟子・エクストラゲイン

  • 新しくキャラを作るときは上記の暗黒議会に申し込むのだが、申し込んだキャラが師匠となり、新しく作ったキャラが弟子となる。
  • 隣接していると連携攻撃が出やすい、師匠のステータスが弟子の10%分だけ上昇といった恩恵がある。
    • また隣接しているときに弟子の魔法を師匠が使うことができる。何度か使って魔法LVを上げればその魔法を習得することができる(エクストラゲイン)

評価点

豊富な隠し要素

  • 上述の通り本編のボリュームは20~30時間と昨今のRPGと比較して短い。
    • しかし、クリア後(厳密にはクリア前でも可能)の隠し要素を含めると、そのボリュームはゆうに100時間を超える。
    • イノセントを集め、アイテムを強化し、レベルとウェポンマスタリーを鍛え、凶悪なステータスを持つ隠しボスに挑む。とにかくやることが尽きない。

ストーリー

  • どちらかというと一貫性はあまり無いストーリーだが、各話のところどころでコミカルな展開や話の良さがキラリと光る。日本一特有の陰惨な展開も所々に垣間見える。
    • 特定の条件で発生する特殊なエンディング(所謂バッドエンド)も多数用意されている。
    • 最終話の展開はかなり衝撃的。それまでのコミカルなテイストを全て吹き飛ばす。
  • ストーリーとは関係ない、たとえば各話の終わりに挟みこまれるデモ(次回予告)が面白い。
  • 佐藤天平による音楽は秀逸。マール王国シリーズから引き続く名曲の数々がストーリーを盛り上げてくれる。
    • 本作の主題歌ともいうべき「ラハールさまの賛美歌」は色々な意味で必聴の名曲だが、正規ルートではなくて脇道ルートでしか聴けなかったりする。
    • 挿入歌は「戦友(とも)よ」と「赤い月」の2つとマール王国シリーズに比べると少ないがそれぞれシーンに合わせた絶妙のタイミングでかかり、プレイヤーの脳汁と涙腺を崩壊させてくれる。

キャラクター

  • キャラクターは主人公ラハール、魔王の家来エトナを始めとする個性派揃い。
    • 特にラハールは声優の水橋かおりの当たり役の一つとなった。
    • また、魔界の召使いのプリニーはその後の日本一作品に多数出演する、マスコット的存在となった。
  • ラ・ピュセルから“魔王”プリエなど、他作品からのゲスト出演も多い。
  • 主要人物以外のいわゆるモブに該当する汎用キャラクターも、その可愛らしい外見から人気が高い。

ロード時間の短さ

  • 日本一ソフトウェアのゲームは起動時にROMのデータをハードに読み込ませることでロード時間を大幅に短縮させている。このおかげで快適なプレイを楽しめる。

ドット絵のクオリティ

  • ゲームグラフィックに対する評価はプレイヤーによって異なるが、ドット絵そのもののクオリティは非常に高い。
  • 高笑いするラハール、ポーズを決める地球勇者ゴードン一行など、画面上で動き回るキャラクター達は見ているプレイヤーを飽きさせない。

賛否両論点

「やり込み要素が豊富」という点

  • 「やり込み」のベクトルが(何よりも時間を要し、知識や技術の比重が小さい)収集・育成方面に向きすぎているため、そのような要素を好まないプレイヤーからは「やり込まされゲー」「超作業ゲー」などと揶揄されている。

ゲームグラフィック

  • PS2というハードの性能に見合わない稚拙なグラフィック*2で、SFCレベルと揶揄されることもある。
  • 一方で「暖かみがある」「むしろドット絵だからこそ評価できる」と、時代遅れという点を逆に評価するプレイヤーも居る。

画面上の情報量の多さ

  • キャラクターのステータス、敵・味方の位置および向き、ジオエフェクト、高度など画面上の情報が非常に多く混乱し易い。
  • とは言えこれはまともに攻略する場合の話で、レベル上げ後にゴリ押しするスタイルのプレイヤーにとっては問題にならない。

問題点

バグ

  • 育成しすぎるとオーバーフローを起こして能力が0に戻るという不具合がある。
    • PSP版では修正されている。

ゲームテンポの悪さ

  • 周回プレイを前提としたつくりでありながら、イベントのスキップが一切できない。
  • カーソルやキャラクターの移動速度を変更できず、特殊技の演出もカットできないため、1ターンあたりにかかる時間が長い。
    • 特殊技の演出はPSP通信版で、他は『2』およびDSで改善された。

武器のバランス

  • 8種類(人間用が7種、魔物用が1種)ある武器のうち、剣が突出して強すぎる。
  • 剣は「万能型の初心者向け」という扱いだが、その割には優遇されている点が多すぎて、他の武器を用いる意義がなくなってしまっている。
    • 敵を強制移動させられる拳と、魔法の範囲・射程を広げられる杖のみある程度利用価値がある。それでも剣が強すぎて存在が霞んでいる。
  • 具体的には、稼ぎに必要な3x3マスと、高低差に強い射程5マスの特殊技を備えており、依存ステータス(与ダメージに影響する)がATKのみでブレイブハート(ATK上昇の補助魔法)で威力を大幅に上昇させられる。
    • なにより、武器のパラメータが他の武器よりも圧倒的に高い。最強剣の「魔剣良綱」はATK4000*3、次点の「宇宙銀河ブレード」もATK2000となっている(剣に次いで高い斧でもそれぞれ2500、1500)。

魔物キャラのシステムに一部問題がある

  • キャラクターには人間型キャラと魔物型キャラの2種類がおり、魔物型キャラは魔物専用武器しか装備できない、持ち上げ&投げる動作が出来ない、など人間型キャラとはいくつか性能が異なる。下記の問題点のうち続編で改善されているものもある。
    • 人間用武器が装備できず、ウェポンマスタリーが持てない。この点で特に問題なのが魔法の範囲・射程を広げられる杖が装備できないことで、魔物キャラに魔法を使用させにくくなっている。しかも魔物用武器に魔法使い向きのものがない。
    • 転生すると固有技のスキルレベルがリセットされる。実際はラハールなどの固有キャラの固有技も同じ仕様なのだが、彼らは武器技をそっくり使用できる点もあってあまり困らない。魔物キャラは前述の仕様と重なって(武器技習得不可・魔法の射程&範囲が狭い)不便になっている。
    • 作成可能にする条件が厳しい。全ての種族・ランクごとに1体倒せば作成可能となっているが、1体倒しただけでは作成に必要な費用が高い。30体倒すことで基本値になる。遭遇しにくい種族・ランクの魔物*4もいるので、やりこみというより苦行。よほど問題だったのか、続編ではこのシステムは完全消滅している。

総評

日本人が好むとされるレベル上げ・アイテム収集といった「作業」に特化した内容で、多くの中毒者を生み出した良作。
取っ付き易い難易度でSPRG初心者にも受け入れられた。原田たけひとによる可愛らしいキャラクターデザインも概ね好評で、キャラゲーとしても一定の人気を得ている。


余談

  • 10万本を売り上げたヒット作であるという点から、良くも悪くも以降の日本一ソフトウェア作品の判断基準と化してしまった。
    • その後に発売された別タイトルの売上があまり芳しくなかったことや、諸事情で開発力が低下したことからディスガイアシリーズは日本一の主力とならざるを得なくなり、結果として多くの続編・移植作品・派生作品がリリースされることになった。
  • 小説、漫画、アニメが存在する。
    • 小説版は3種類存在するが、そのうちの1つはゲーム本編にあたる部分の刊行後も続編が書かれており、小説版オリジナルキャラが登場したり、同社の『ファントム・キングダム』のキャラが介入するなど、原作とはまた違った面白さがある。
    • アニメ版はストーリー変更、作画崩壊などの特徴がある。
  • コンパイルハート(アイディアファクトリー)発売の『クロスエッジ』『トリニティ・ユニバース』にディスガイアのキャラクターがゲスト出演している。
  • 本シリーズの魔法体系はファイア系を例に採ると「ファイア」→「メガファイア」→「ギガファイア」→「オメガファイア」→「テラファイア」の5段階である。4段階目のオメガ系が見事に浮いてしまっている。『ディスガイア2 PORTABLE』以降6段階目であるペタ系が追加されたため、よりその傾向が強くなってしまっている。
    • これは同社の『マール王国の人形姫シリーズ』の魔法体系を流用しているためであるのだが、あちらはオメガ系までの4段階までだったため違和感は無かった。しかし、本作で5段階目のテラ系を追加してしまったためこうなったのである。
    • また、現在ではマール王国シリーズよりもディスガイアシリーズの方が知名度が高くなる一方であるため、マール王国シリーズを知らないディスガイアユーザーが増えていき、オメガ系に疑問を持つユーザーも増えている。

魔界戦記ディスガイア PORTABLE

【まかいせんきでぃすがいあ ぽーたぶる】

ジャンル 史上最凶やり込みシミュレーションRPG
対応機種 プレイステーション・ポータブル
発売元 日本一ソフトウェア
発売日 2006年11月30日
定価 4,800円(税抜)
判定 良作
  • 『魔界戦記ディスガイア』のPSP移植作品。
  • 新シナリオ「エトナ編」、聴いたことのあるBGMを買える「音楽屋」、集めたアイテムや与えたダメージなどを記録できる「記録屋」が追加された。
  • エトナ編はクリア後にプレイ可能になる。「もしエトナがラハールを誤って殺してしまったら」というifストーリーが展開される。
    • 本作の既プレイ者、上級者向きの内容*5で全4話構成。マップ構成が本編と大きく異なる。
    • 設定やクリアまでの大枠は本編から引き継がれている。
  • 『ファントムキングダム』のゼタ、『魔界戦記ディスガイア2』のアデルとロザリンドが追加ボスとして登場するようになった。

魔界戦記ディスガイア PORTABLE 通信対戦はじめました。

【まかいせんきでぃすがいあ ぽーたぶる つうしんたいせんはじめました】

ジャンル 史上最凶やり込みシミュレーションRPG
対応機種 プレイステーション・ポータブル
発売元 日本一ソフトウェア
発売日 2007年11月29日
定価 2,800円(税抜)
判定 良作
  • ワイヤレス通信による通信対戦、前作のセーブデータ引き継ぎ、戦闘演出の簡略化といった追加要素がある。

魔界戦記ディスガイア 魔界の王子と赤い月

【まかいせんきでぃすがいあ まかいのおうじとあかいつき】

ジャンル 史上最凶やり込みシミュレーションRPG
対応機種 ニンテンドーDS
発売元 日本一ソフトウェア
開発元 システムプリズマ
発売日 2008年6月26日
定価 5,040円
判定 劣化ゲー

概要(DS)

2003年に発売され、日本一ソフトウェアの名を広く知らしめた名作『魔界戦記ディスガイア』のDS移植版。同社の任天堂ハードにおける初の作品である。

評価点(DS)

  • PSP通信版の演出簡略化に加え、戦術マップでのキャラ移動スピードも高速化が可能になっており、更にスピーディーになっている。
  • 追加要素として当シリーズのキャラクターデザインを手がける原田たけひとのホームページの看板娘「プレネール」がプレイヤーキャラとして参戦する他、PSP版では戦えるだけだったゼタ、アデル、ロザリンドが倒した後で仲間になるようになった。
    • プレネールはゲームの進め方次第ではすぐに仲間になるので即戦力として有用であり、他のキャラ達もプリエやマージョリーに負けず劣らず凶悪な性能である。
  • 2周目以降、イベント中に上画面でプリニーの突っ込みが入るプリニーコメンタリーが追加されている
    • おおむね原作のノリを延長した内容であり、他作品からの小ネタの解説などといったシナリオの補完もしたりするので、周回プレイにおけるマンネリ解消にも一役買ってくれる(ON・OFF可能なので、見たくない場合はOFFに設定すれば見なくて済む)。
  • 見下ろしマップの追加で位置関係の把握がしやすくなった。3Dマップと見下ろしマップを同時に表示している点は二画面の特性をうまく生かしているといえる。
    • 特にアイテム界は凸凹が多く3Dマップでは非常に地形が把握しづらい。その問題をDSならではのやり方で解決したことは充分な評価点である。

問題点(DS)

PS2版やPSP版と比べハードや容量の関係上、劣化要素がかなり多い。

  • ファンにとっての最大の不満要素は何よりボイスが削除された事である。
    • エンディング等に使われていたボーカル曲はインストゥルメンタルに変更され、音質も大幅劣化。
    • 辛うじて残っているのはオープニングと各話間の次回予告デモ、戦闘中の掛け声のみ。
      • だが各話間の次回予告デモの声がなぜか半場友恵から若本規夫に変更されており、旧来のファンからは「改悪」と批難される事が多い。
      • そもそも若本氏はベース作品に出演していないので、本作との関わりは薄く、何故若本氏に変更したのか全くわからない。このため旧来のファンは納得がいかないし、意図が全くわからない。
      • 追加ユニットに戦闘中のボイスが無い。プレネールは無口という設定があるので仕方がない部分もあるが、他の三人は過去作からの使い回しでもよかったと思うのだが…。
  • ハードの仕様上、画面の解像度が低い。特に特定の技のエフェクトでキャラが拡大される時にこの傾向が顕著になる。
  • 特殊技の使用時に背景が真っ黒になり、エフェクトが簡素化、または一部カットされている。
    • おまけにエフェクトが従来作よりややもっさりしている。特にアデルの烈火武神撃は処理落ちにしても酷過ぎる。
  • 敵のステータスの一部が閲覧不可能になった。
  • 弟子作成可能数が減っている(PS2・PSP:104人→DS:35人)。
  • セーブデ-タが削除できない。PS2・PSPではメモリーカードやメモリースティックにデータ管理がされており、セーブデ-タ削除の機能が不要だったため、ソフトにデータを保存するDSにはセーブデ-タ削除の機能を追加する必要があることに開発側が気付かなかったものと思われる。
  • タッチ操作が追加されたがもともとタッチ操作を想定しておらず、狙ったところをタッチするのは至難の業。2画面であることから従来の画面以外にマス目表示の見下ろしマップが追加されたが、なぜかこれがタッチ機能のない上画面。逆だったらタッチ操作しやすかったのに。

余談(DS)

  • 4Gamerによるシリーズ15周年記念インタビューにおいて、開発スタッフがシリーズで最も開発が大変だった作品として本作を挙げている。
    • 同インタビューによれば、元のディスガイアがDSで動かすような仕様ではないので、素材などを極限まで切り詰めて作り直し、解像度の低さに合わせてパラメータ表示などにも手を加えるなどしており、「よく完成できたと思います。」と感想を述べている。

まとめ(DS)

旧来のファンから見れば粗の目立つ作品であるが、システムの根幹部分はしっかりとした移植がなされているため、ゲーム性での劣化は無きに等しい。初めてディスガイアをプレイした層からは概ね好評である。
携帯機なので電車の中などで音声OFFにする人も多い。エフェクトにしても、作業ゲーとなればほとんどの人が切ってしまうだろう。気にしない人には本作をオススメする。


Disgaea PC

【でぃすがいあ ぴーしー】

対応機種 Windows Vista~10 (Steam)
発売元 NIS America
発売日 2016年2月25日
価格 1,980円
判定 良作

概要(PC)

日本一ソフトウェアのPC進出第一弾にしてディスガイアシリーズ初のPC版。
『魔界戦記ディスガイア Portable』を元にしており、PC向けのUIやテクスチャに対応している。

PC版の追加・変更点

  • 高解像度のテクスチャ、インターフェースに対応。旧来のデザインも選択出来る。
    • 変更されるのは各種ウィンドウのデザイン、マップのテクスチャデザイン、影などの各種処理追加、顔グラフィック、立ち絵の高解像度化など。
    • キャラクターのドット絵はさすがに描き直されていないが、オプションからフィルターをかけてスムージング処理がかけられる。
  • コントローラーに加え、キーボード+マウス操作に対応。
  • 音声は日本語と英語、字幕は日本語、英語、中国語、韓国語が収録されている。
  • DLCとしてデジタルアートブック、オリジナルサウンドトラックを収録した『Digital Deluxe Dood Edition』が配信されている。
    • プレオーダー(先行予約)すると、通常版と同価格で購入できた。

問題点(PC)

  • 配信当初はPCへの最適化不足が散見された
    • fpsが安定しない、SSAOなど特定の画面オプションに不具合があるなど。
    • 現在はパッチで改善されている。
      • その後も順次アップデートが行われており、8月9日のアップデートではボタン表示が要望の多かったXinput表記に対応した。
  • 通信対戦未収録
    • このため、通信対戦版での追加キャラは使用できない。
  • 連携時のカットインだけはドット絵と同様フィルターがかけられるだけなので、顔グラフィックなどに比べると若干見劣りする。

総評(PC)

近年増えてきたSteamへ進出するメーカーにありがちなPCへの最適化不足や配慮の足りない面は見られるものの、
基本的な内容に変更はなく、PC用に強化されたグラフィックなどは好評を得ている。
日本一ソフトウェアのPC進出第一弾としてはそこそこの成功を収めたと言えるだろう。

その後

  • 2018年7月26日にSwitch/PS4で『魔界戦記ディスガイア Refine』が発売された。