修正依頼」が出ています。対応できる方はご協力をお願いします。
依頼内容は評価点の補強です。


雪割りの花

【ゆきわりのはな】

ジャンル やるドラ(アドベンチャー)

対応機種 プレイステーション
発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメント
開発元 シュガーアンドロケッツ
発売日 1998年11月26日
定価 5,040円
廉価版 PlayStation the Best
2001年8月16日/2,940円
判定 良作
やるドラシリーズ
ダブルキャスト / 季節を抱きしめて / サンパギータ
雪割りの花 / スキャンダル / BLOOD THE LAST VAMPIRE

やるドラ ポータブル 雪割りの花

【やるどら ぽーたぶる ゆきわりのはな】

対応機種 プレイステーション・ポータブル

開発元 ウィル
発売日 2005年7月28日
定価 3,990円
配信 2009年9月24日
2,800円(UMD Passport:1,000円)
判定 良作

概要

当時SCEが「見るドラマからやるドラマへ」をキャッチフレーズに展開していたやるドラシリーズ四部作の最終作で、冬の北海道を舞台とした切ないラブストーリー。
前作まではアニメ的なキャラデザインにより、(少なくても外見的には)「萌えキャラ」も多くビジュアル面での人気も高かったが、今作は写実的で地味な作風である。
また絵柄だけでなく、後述するようにストーリーの内容も非常に重く沈鬱。
そのため本作のみを敬遠するプレイヤーも多く、売上げは芳しくなかった模様。

あらすじ

ヒロインであるOL桜木花織は、恋人が交通事故死したショックが原因で記憶を喪失し、隣人である大学生の主人公が恋人の伊達昂だと思い込んでしまう。
主人公は花織に恋をしていたこともあり、彼女を傷つけないために昂になりきることにするのだが……

登場人物

  • 主人公
    • 道南大学に通う、20歳の大学生という設定。アパートで独り暮らしをしており、花織に密かな恋心を抱いていた。花織からはむしろ弟のように思われていた。
    • あまりにも立場が違いすぎることを自覚しつつも、彼女のために何とか嘘を突き通そうとするが……
  • 桜木 花織
    • この物語のヒロイン。主人公より年上のOLながら、どこか子供っぽいところを残している。
    • 両親と育ての親である祖母に死去されており、身寄りはいない。そんなこともあって、恋人である昂のことを何よりも大切に想っていた。PSのゲームであるため直接的な描写はされないものの、昴と肉体関係があったことも示唆されている。
    • 後述の記事にもあるが、思い込みがかなり激しく、どこか夢見がちな性格。決して悪気のある人ではないのだが、なかなか癖のあるヒロインだと言える。
  • 伊達 昂
    • 3年前に花織と知り合い、相思相愛となった恋人。仕事でアメリカのマイアミに出張中、交通事故で死亡してしまう。
    • かなりドライな性格の持ち主であったことが伺えるが、ぬいぐるみを海に落とした女の子の為に海に飛び込む優しさも持つ。
    • 彼もまた身寄りがおらず、それゆえに花織のことを深く深く愛していた。

特徴

  • とにかくストーリーが重い(前3作品に有ったノーマルエンドが存在しないのも手伝ってバッドエンド数が際立って多い)。
    • もともと不自然な状況であるために、ちょっとしたことで花織の記憶が蘇ってしまうのだが、そうなるとほとんどの場合、バッドエンド直結である。しかも花織は先述の性格ゆえ、「真実を知った途端、躊躇いなく命を絶ってしまう」結末が非常に多い。
      • 記憶の蘇り方もピンからキリまであり、「それを言っちゃバレて当然だろ」なものから、「そんな細かいことまで…さすがに気づかなかった」レベルのものまで様々。余程注意深くプレイしている人以外は、クリアするまでは花織の絶叫やら、飛び降りシーンを何度も見る羽目になるだろう。
  • 当初は憧れていた女性との恋人気分に浮かれていた主人公だが、花織の語る思い出話から自分が偽者の昂であることを思い知らされ、彼女を騙していることが重荷となり段々と追い詰められていく。
    • 自分を抱いてくれない昂に花織が迫ってくるシーンまで存在。拒むか、状況に流されて抱いてしまうかは選択しだい。
  • クライマックスシーンでは、ついに記憶が戻ってしまった花織さんと主人公がビルの屋上で魂のぶつけ合い。選択を一つ間違えると花織さんは飛び降りてしまうので、緊迫感が凄い。
    • 前述の選択肢で花織さんを抱いてると、記憶の戻った彼女からなじられます。

評価点

  • ストーリー内容は上記のように重いものの、シナリオ構成はしっかりしており、初期やるドラ4部作の中でも完成度は非常に高い。
  • 出演声優は檜山修之、日高のり子、堀内賢雄、渕崎ゆり子、森川智之と当時すでに一線級で活躍していた豪華なメンツ。演技力にも申し分ない。

問題点

  • 前述の通りストーリー的にはかなり陰鬱のため、万人受けするADVとは言いがたく、人を選ぶ部分が多い。
  • これまでのやるドラシリーズ同様、バッドエンドの分岐が分かりづらかったり、プレーを何度も繰り返して達成度100%までに何度も同じシーンをスキップしなければならないのはやはり同じで、最終的には作業になりがちである。
    • もちろん過去作同様に一度見たシーンは高速スキップする事が可能で、特定ポイントから開始することも可能なのだが、本作はシナリオの内容が陰鬱なだけに、何度も周回プレーを行ってバッドエンドを埋めるのは非常に心苦しいものになってしまっている。

総評

とにかくゲームとは思えない沈鬱なストーリー展開が見もの。
当時のコンシューマー完全新作としては、稀なレベルの鬱ゲーと言えるのではないだろうか。

「恋人は唯一無二のもの。代わりなど誰にもできない」ということを、嫌というほど思い知らせてくれる作品でもある。


移植情報

2005年にPSP版が発売され、2009年からダウンロード販売も開始された。


余談

  • 本作のヒロイン花織の知人曰く、花織の恋人と主人公の共通点は背丈くらいだと発言するが、PS版発売当時にソフトバンクから出版された攻略本のプロフィール記載では10cm近くも違う(主人公→170cm代、花織の恋人→180cm代)。
+ 予告編ムービー