爆ボンバーマン2

【ばくぼんばーまんつー】

ジャンル アクション
対応機種 ニンテンドウ64
メディア 128bitROMカートリッジ
発売・開発元 ハドソン
発売日 1999年12月3日
定価 7,140円
判定 良作
ボンバーマンシリーズリンク


概要


特徴

  • 初代『爆』とともに過去のシリーズ作品の中でも異色の存在である(規則的にブロックが配置されていない、爆弾の爆発が十字型だけでなく球状もある、3Dマップとなり自由に行動できる、etc…)
    • 前作(~ミリアン王女を救え! ~)では自発的なジャンプが可能だったが、今作は初代『爆』と同様に不可能。
  • モードは「ストーリーモード」「バトルモード」の二つ。
    • ストーリーモードは全8ワールド。
    • バトルモードは通常の「サバイバル」含め5種類のルールあり、ステージ数は約20。
  • また、ストーリーモードで手に入れたドレスアップアイテムでボンバーマンを着飾り、バトルモードで使用することのできる「カスタムボンバー」がある。
    • ただし、コントローラーパックが必須

ストーリー

遥か昔、この世界は一人の天使によって創られた。しかし、天使は女神と魔神という2つの存在に分かれてしまう。
魔神は宇宙を暗黒で染め上げようとするが、女神は「セブンエレメンタルナイツ」を従え、8つの聖石「エレメンタル」を用いて魔神を封印。
宇宙に平和が訪れた。

時は流れて、ルキフェルスと名乗る男が8つのエレメンタルの内の1つである「聖邪のエレメンタル」を入手する。
それを機に彼は『秘密結社B.H.B団』(B.H.Bは[Black Hole Bang]の略)を結成、
さらにかつては女神の部下であった「セブンエレメンタルナイツ」を洗脳。自分の部下として「時空の七騎士」と名乗らせた。
そしてルキフェルスは残り7つのエレメンタルを手に入れるべく巨大なブラックホールを作り、数多の星を飲み込んだ。

その頃、ボンバーマンは故郷での戦い(初代爆ボンバーマン)の疲れを癒すために温泉惑星を訪れていた。
しかし、その帰り道、ルキフェルスの作ったブラックホールに宇宙船もろとも飲み込まれてしまう。

目覚めたボンバーマンは牢屋の中にいた。さらに爆弾を生み出す源である「炎のエレメンタル」が盗まれていたため、牢を破壊することもできない。
しかし、温泉で見つけた卵から生まれた謎の生命体「ポミュ」に助けられ、炎のエレメンタルを奪還。
ボンバーマンはブラックホールから脱出するべく、秘密結社B.H.B団と闘う。


システム

従来までとは大きく異なるシステムが採用されている。特にダメージ周り。

  • 従来では雑魚の敵を倒す方法は爆風を数回当てるのに対し、今作では爆風を当て続けた長さで体力ゲージを減らすようになっている。
    • このため、爆弾の中にはファイアーアップを取ると爆発時間が伸びるものもある。溜めボムも、爆風の大きさではなく爆発時間の長さが強化されるようになっている(それでも初期状態よりは大きいが)。
      • また、雑魚敵には弱点、耐性が設定されていることもあり、効果的な爆弾を使うことでより大きなダメージを与えることが出来る。逆もまた然りで、中には吸収して体力を回復する者も。
    • ただし、ボスに関しては従来通りとなっている。バトルゲームでも同じく。

属性ボム

  • 物語が進む毎にボンバーマンの爆弾に属性ボムが追加されていく。ボムは物語の根幹である「エレメンタル」を入手することで増えていく。
    • 前述のダメージのみならず、ボム毎に特殊な効果がある。様々なボムの特性を理解しつつ仕掛けを突破していく応用力が求められるが、これもまた難易度の高さに拍車をかけている。理由は後述。
+  属性ボム一覧

評価点

  • ワールド自体は8つと少ないが、それぞれボリュームたっぷり。謎解き要素も存在する。
    • 水の星、溶岩の星、遊園地にカジノ。挙句の果てにはスラム街。それでいて、「緑豊かな惑星」といった一般的なステージは存在しない。
  • 属性ボムの多彩さ。
    • 本作はボスから入手するエレメントによってボムがパワーアップする。エレメントには7つの属性があり、それぞれ大きな特徴を持っている。
  • やり込み要素の存在。
    • といってもカスタムパーツやカーディアンスーツを集めたりくらい。だが、カスタムパーツはどれもこれも入手するのは非常に困難で、様々なテクニックを必要とする。
    • 救済措置として、カーディアンスーツが登場。ブーツ→ハンド→ボディ→ヘッドの順番に入手できる。効果は最初から特殊能力+気絶耐性アップの装備。全部集めれば、なんとリモコンまで使えるようになるというシロモノ。しかし、この装備をもってしても下記のボスや重力制御装置ではリモコンが使えないため、ぶっちゃけ気休め程度。ただ、いちいち特殊アイテムを取り直さなくていいという利点はデカい。
    • ポニュ自身もアイテムを集めることで進化を起こし、ボンバーマンをサポートしてくれる。
  • 秀逸なストーリー。グッドエンドに到達した時の感動は一入。エンディングのNGシーン集も(別の意味で)好評。
    • 特に本作のキーパーソンであるルキフェルスが高笑いをした後の「ひとりで話して ひとりで笑って… 結構…むなしい…」というつぶやきは必見。
    • また、それまではナレーション的なセリフ *1 しかなかったボンバーマンが、自分の意思でセリフを喋ったりもする。それまでの作品では掛け声程度しかなかった彼が、字幕でしゃべるのはなかなか新鮮。中には本編を覚えていれば笑えるものも。
    • 前作の人気キャラクター「レグルス」の登場。セブンエレメンタルナイツ最後(もしくは6人目)の刺客として戦い、前作と同じように今回も最後の最後に共闘する。
    • といっても力を分け与えてもらう程度。当の本人は黒幕であるルキフェルスに消されてしまう。彼が生還できるかはプレイヤー次第となる。
  • ストーリーモードにおいて協力プレイができる。ポミュをCPUか2Pに操作してもらうことで、アイテムをボンバーマンの代わりに回収したり、敵に攻撃したりすることができる。
    • 育成要素もあり、与えたアイテムで幾つかの形態に進化する。
  • B.H.B団をはじめ多彩なキャラクターの登場。ステージクリア毎に敵陣営の掛け合いが挿入されるなど、前作よりもドラマ性が大きく増した。
  • 有名声優陣によるボイスが付いた。
    • ボンバーマンの声を充てている桑島法子氏を始め、冬馬由美氏、郷里大輔氏、林延年(現:神奈延年)氏といった面々が並ぶ。
      • 特に桑島氏は、アニメ『Bビーダマン爆外伝』でも主人公しろボンを演じた事で有名。
  • ストーリーに目を奪われがちだが、バトルモードも大幅強化。個性豊かな5つのルールと、ルール1つにつき8種類、計24種の豊富なマップで盛り上がれる。
    • ただし初期ではサバイバルのみで、他は各ルールのチャレンジバトルのレベル3をクリアしていく必要がある。
+  ルール一覧
  • 秀逸なBGM。作曲は光田康典、マユツバ(現ACE)、大槻”KALTA”英宣、弘田佳孝。
    • 良い意味でボンバーマンらしくない壮大な曲がストーリーを盛り上げている。

問題点

  • ポミュがボス戦時に一切働かなくなる
    • ボス戦時など、重要な局面では部屋の隅っこでブルブル震えているだけ。協力プレイは出来ない。
      • ラスボス戦では威勢の良いことも口にするが、それでも震えて動かないのは相変わらず。連帯感は欠片も無く、折角の協力プレイ可能という作品の長所を殺してしまっていると言える。
      • とはいえ、ポニュの攻撃が効かなかったら結果は同じだし、ポミュで約1形態だけハートを自給自足でだしてくれる形態があるのだが…。
  • ストーリーモードの難易度が異常。本作が難しいと言われている理由は殆どがボスの強さにある。
    • まず「廃棄惑星アルカトラーズ」からスタートするが、道中はともかく、最初のボスである「ベルフェル」がかなり強い。
      • ステージが狭いうえにボンバーマンはステージから落ちると即死。更に、飛んでくるスピードは遅いが結構な広さの炎を放ってくる上、時々即死攻撃も用いる。1体目とは思えないほどの強さである。なお、爆ボンバーマンとは異なり、ボスはステージから落下してもノーダメージで戻ってくる。
      • これ程強いと言われる原因に全てのボス戦及び、下記の「重力制御装置部屋」全てでバランスブレイカーアイテムのリモコンが使用不可になるのも原因。攻撃中は無敵になる為に移動中などの隙を狙う必要があるのだが、部屋が狭いので容易ではない。相打ちで気付けばライフ1なんてことにも。
      • 地の利を完全に押さえられてしまっているのがキツイ。当時のとあるゲーム雑誌のレビューでも最初のボスが強すぎるという苦情が相次いで点数が全体的に低くなっていた。
    • と思ったら、アルカトラーズクリア後に選択できる「風の惑星ホライゾン」のボス「アスタロト」にはステージ上部から氷ボムを蹴りまくるだけで勝てる。
    • しかし全体を通して見ると、過去シリーズの中でも攻撃が熾烈な奴ばかりである。ククク…アスタロトは時空の七騎士の中でも最弱…。
      • 「土の惑星ネバーランド」のボス「モロク」は地面を叩く→気絶状態にされて移動不可→タックル(ダメージ2)という鉄板パターンが存在。回避はほぼ不可能に近い。
      • このゲームは基本的にダメージを受けた直後は無敵時間が存在するのだが、モロクのタックルは投げ技。無敵時間だろうと問答無用で担がれ、壁に投げられてしまう。壁に叩きつけられる頃には無敵時間など終わっているので……。
      • しかも、肝心のガーディアンスーツはどうあがいても2つまでしか入手できない。3つ目となる気絶耐性アップが入手できないのは嫌がらせにしかみえない。
      • 「流刑惑星デススター」のボス「ベルゼバル」とは高層ビルの頂上で対峙するが、攻撃方法がダメージ2か即死技のみ。しかも時々生み出すブラックホールは残り体力関係なく使用して来る上に、ボンバーマンを追跡してくる。飲み込まれたらもちろん即死。逃げられればいいのだが、端に追い詰められると落ちて死亡orブラックホールに飲まれて死亡。体力が少なくなれば、あろうことか2種類の即死攻撃を織り交ぜてくることすらある。
      • 使用できるボムには爆風に当たったら吹っ飛ぶかわりに自爆ダメージ0というありがたい風ボムが存在し、ボス戦で重宝する。しかし前述のベルゼバル戦の舞台は高層ビルの頂上なので周りに壁なんてもちろん存在せず、風ボムを使用して爆風に巻き込まれたら場外に転落して即死。初見殺しも甚だしい。
    • ボス戦でゲームオーバーになった場合は、アイテムなしの状態で初期位置復帰となる。仕掛けは解かれているものの、アイテムを集めながら再びボスの位置まで歩かねばならない。
      • …と、ここまで書いたが、ベヒィモス以外のボスは残り体力が少なくなると突進して即死技を使用してくるが、ここまで来ればほぼ勝利は頂いたも当然となる。なぜなら、力を溜めてから突進してくるので、来たらボムをその場におき、ボスから逃げつつ爆風に巻き込まれないように離れれば勝手にダメージを受けてくれるからである。なので突進が来るまでは回避に徹してればいい。
      • それでも、体力を減らすまでの壁が高すぎるのが問題すぎる。
    • 一応、対策としては、ワールド選択時にショップに立ち寄って、そこでワールド内で稼いだお金を用いてボスの行動パターンとダメージ量を知ることが出来たり、体力の最大値を上げたりすることができる。ただし、「廃棄惑星アルカトラーズ」クリア前はベルフェルの行動パターンを知ることしか出来ない。体力の最大値を上げることはできず、初期体力であるライフ5での戦いを強制される。
      • 理由はこのゲームのシステムにある。このゲームはワールドをクリアした時と買い物をした時しかセーブできず、中間セーブも無い。ワールド攻略中にもし途中で辞めた場合、セーブした場所(1ステージもクリアしていない場合、「廃棄惑星アルカトラーズ」とショップだけ選べる状態)からやり直しである。よってアルカトラーズクリア前は必ず無一文であるため、何も買えないのである *3
      • つまり全ワールドにおいてノンストップで攻略する必要がある。その上、どのワールドもボリューム満点である為、1ワールド攻略するのに1時間かけるなんてザラ。
      • また、クリアしたワールドでカスタムパーツを回収する際もパーツを取ったらクリアする必要がある。ただ、大抵の仕掛けは攻略されているので、各ワールドのゴール地点である「重力制御装置」の部屋(後述)に行くだけで良い。
    • また、ボス同様に手強いのが各ワールド(最終ワールドは除く)の最後に待ち受ける「重力制御装置」である。装置を破壊するとワールドクリアとなるのだが、ここが一番の難所だったりする。かなりの頭脳プレーを要求されるのである。
      • 後半になると、使えるボムの種類も増える為、それに応じて謎解きも複雑化していく。その上、前述の通り中間セーブなどないので、電源を切ったら最後、そのワールドの1からやり直しである。もちろんボスも再度倒す必要がある。
  • そして熾烈なボス戦を乗り越えた先には……。
+  ラスボスについて※ネタバレ注意
  • ノーマルエンドの展開がひたすらに重く、後味も悪い。
    • 本作にはエンディングが2種類あり、グッドとノーマルが存在するのだがノーマルエンドの展開がとんでもない程の。仮にノーマルエンドの内容が真エンドだったならば、鬱ゲーとしての評価は免れ得なかっただろう。
    • 分岐(というかグッドエンド脱落)条件は「全エレメンタルを集めずに巨大戦艦ノアに突入する」または「(エレメンタルを集めていても)ラストダンジョンの中ボスの必殺技を受けて敗北する」のどちらか。
    • バッドエンディングはSFC版スーパーボンバーマン5とN64で前作登場した爆ボンバーマンでも存在した。しかしSFC版では多分にギャグ要素が含まれており、前作の爆ボンバーマンですら真の黒幕を取り逃がしたものの平和は取り戻せたという内容になっており、此処まで重いものではなかった *4
    • 1ワールド攻略に1時間は軽くかかってもおかしくないステージ。凶悪なボス達と全ての攻撃が被ダメージ1にもかかわらずそれを凌ぐラスボス。止めに集中力やら気力やらを削がれながらもラスボスを倒して乗り越えて迎えたプレイヤーを一度持ち上げて一気に突き落とす展開に、その苦労を乗り越えて迎えたプレイヤーに待ち受けたのが、余りにも報われないエンディング。これらの要素が重なったやるせなさは計り知れない。
      • バッドエンド至上主義者でもなければ、多少きつくてもグッドエンドの方でクリアしたいところである。
+  グッドエンド。長いうえにネタバレ注意
+  ノーマルエンドという名のバッドエンド。長いうえにネタバレ注意

バトルモードでの問題点

  • COMのAIが悪い部分がある。
    • グローブを入手した時に使える巨大ボムに対してどのレベルでも通常のボムと同じ避け方の行動を取る為、これで簡単に倒せてしまう。
      • 同様に通常ボムが巨大と同じ爆風になる病気にかかってもCOMは理解していない為、よく自爆する。
    • 一部の地形を理解しておらず、特に高低差があるステージだと高台から一方的に攻撃が可能。
      • 特にサバイバルでゴーストになると相手の居る方向に向かうようになる為、よく引っ掛かっている事も。
      • ただし決して弱いという訳ではなく、高レベルのキャラになると初期からアイテム持ちという事もあり中々手強い。
  • COMは基本的にプレイヤーを優先的に狙って来る。
    • 特にサバイバルではゴーストになると、速攻プレイヤーに向かって来る。
      • これの影響によりチャレンジレベル3 *5 が初心者にとって壁となり、他のルールが解禁出来ない事も。
  • スコアアタックのチャレンジバトルレベル5が殆ど運ゲー。
    • プレイヤー同士が区切られたステージの高難易度版 *6 でのバトルであり、移動スピードの速い動物であって爆風が当て辛い上、出現アイテムもランダムなので運が悪いと中々スコアが稼げない。
      • しかも5勝制なので他のルールよりクリアに時間が掛かる事も。

総評

ゲームとしての完成度は素晴らしく、ストーリーも凝っていて好評。
しかし、それらを全てひっくり返してしまう程の理不尽な難易度に絶望したプレイヤーが多かったのも事実。
1ステージ毎が長い割に中断セーブが出来ない等の欠点もあり、難易度以外の改善可能な要素も多少見受けられる。

とはいえ欠点を差し引いて尚人気のある作品であり、現在でも続編やVCでの配信を望む声は大きい。



余談