ルドラの秘宝

【るどらのひほう】

ジャンル RPG
高解像度で見る 裏を見る
対応機種 スーパーファミコン
メディア 32MbitROMカートリッジ
発売・開発元 スクウェア
発売日 1996年4月5日
定価 8,400円
レーティング 【VC】CERO:B(12才以上対象)
配信 バーチャルコンソール
【Wii】2011年6月7日/800Wiiポイント
【WiiU】2015年12月2日/823円
判定 良作

概要

バハムート ラグーン』と並び、スクウェアのSFC末期を代表するRPG作品のひとつ。
開発は『時空の覇者 Sa・Ga3 完結編』、『ファイナルファンタジーUSA ミスティッククエスト』を開発したスクウェア大阪が行っている。
スクウェアの自社開発作品に限れば、本作がSFC最後のRPG作品である*1

後述の「言霊システム」が非常に特徴的であり、特有のオリジナリティを形成している。
『バハムート ラグーン』や『ライブ・ア・ライブ』に知名度は劣るものの、同時期のスクウェア単発RPGの傑作として同等の評価を得ている。


ストーリー

4000年周期で異なる種族の滅亡・登場が繰り返されてきた世界。5番目の種族である人間が誕生してから、後18日で4000年が経とうとしていた。
異なる土地で異なる生き方をしていた4人の主人公達は、ジェイドと呼ばれる宝石を様々な経路で体に埋め込まれる。様々な理由から、彼等は世界を救う戦いをする事になる。


特徴・評価点

  • カタカナで6文字以内の単語を自分で自由にネーミングして、魔法として用いる「言霊システム」が最大の特徴である。
    • 言霊には法則があり、それに沿う事で好きな属性・効果の言霊を作る事ができる。
      • 例:コント(威力増強)+イグ(火の攻撃)+ナ(複数)
      • 法則性に則るだけでなく、自分自身で独自に文字を追加して試行錯誤していくのも面白い。
    • 同社のファイナルファンタジーシリーズや、当時はまだ他社だったがドラゴンクエストシリーズに登場する魔法名を入れると、大筋で似たような効果が現れるようになっている。
      • 例:エスナ(状態異常回復)
        パルプンテ(何が起こるか解らない)
      • それ以外のゲーム(サガシリーズ等)のゲームの魔法名を入れてみるのも面白い。中には意外と名前に見合った効果が現れる事も…
    • カタカナ6文字以内なら*2敵が使ってくる言霊をそのまま使う事もできるため、自分自身の手でラーニングするような楽しみもあり、法則が解らなくても強力な言霊を使う事ができる。
      • また法則性はプレイヤー自身が覚えていくものなので、システム的な継続要素は無いが、二周目以降は非常に有利な状態で始められる。
  • SFC末期の作品のため、ドット絵中心のグラフィックはFFVI同様完成度が高く美しい。
    • 戦闘中の味方キャラのアニメーションが非常に細かく、滑らかに動きまくる。戦闘に参加するキャラクター数も総勢12人以上と多く、キャラ別に全く異なるアクションを見せる。
    • 更に敵全種が、パーツごとに複数のスプライトを重ね合わせた多関節制御で、待機中・通常攻撃・魔法攻撃と多彩にグリグリ動く。中には特殊技・食らいモーションで別の動きをする物まで。
    • それでいながら戦闘はスピーディに展開し、ストレスを感じさせない。
  • 物語の流れを3つの視点で追い、4人の主人公が並行して様々に絡み合うシナリオはなかなかに優秀。
    • ある主人公のシナリオで雨が降る時は、同じ時間軸の別主人公のシナリオで何故雨が降ったのか、原因がわかったりする。
    • セーブデータは各主人公別に管理されており、最初の3人のシナリオはどのような順番で進めてもよい。
      • 一人ずつ順番に最初から最後までクリアしていくのも、均等に少しずつ進めていくのも自由。
      • シナリオの全体的な進行度の目安として、「経過日数」の概念が存在する。シナリオ進行に応じて、作中の世界の時間(日数)が経過していく。3人の主人公はいずれも、クリアまでに要する経過日数は同じ。
    • 3人の主人公の各シナリオクリア後、4人目の主人公のシナリオとなり、4人の主人公が合流してラスボスに挑む事になる。
  • 個性豊かな仲間たち。
    • 今作では人間だけでなく巨人族、ダナン神族、爬虫類族、水棲族など多くの種族がパーティメンバーとして加入する。
    • 各章のパーティ構成も大まかに物理専門+万能軽装+言霊師+僧侶というような構成になっておりどのパーティも大きく偏ることなくバランスよく割り振られている。
  • 笹井隆司氏が手がけるBGMは非常に人気が高い。
    • サガ3』や『ミスティッククエスト』でも好評であったフィールド曲、バトル曲だが今作では各キャラのボス曲は各キャラのフィールド曲アレンジという作風になっており、どの章の曲も非常に人気が高い。

賛否両論点

  • ほとんどの防具に属性が付いている。
    • 属性のある防具を装備すると同じ属性に耐性が出来ると同時に、相反する属性に対する弱点も出来てしまう。
    • ただしこれによって属性を持った下位の防具が上位の防具よりボスに有効であったりするため、下位互換にならず最後まで使用できるものもある。
    • また別の反属性の防具を装備すると打ち消しあって無属性になる。複数の属性攻撃を持つボスへの択になる。
  • 雨宮慶太によるキャラクターデザインは良いのだが顔が濃く、パッケージで人を選ぶ。
    • 作中で顔グラを拝む機会は、オープニング以降エンディングまでは無い。オープニングを飛ばす場合は、パッケージ絵を見ない限りエンディングまで見ることはないので、人によってはエンディングで突然ヒロインの濃い顔に衝撃を受ける事も。
  • MPの最大値を増やすアイテムを無尽蔵に入手できる場所がある。
    • ただしこれができるのは終盤の4人の主人公が合流してからのため、あえて設定した可能性もある。  

問題点

  • 4人目の主人公に感情移入しにくい。4人目のシナリオは、時系列で他3人のシナリオが終了した所から始まる。それ以前の行動は他のシナリオで断片的に描かれたり、想像したり察する事はできるが、明確な説明はない。にもかかわらず、合流後メインの主人公は彼である。なので今まで脇役だったキャラが突然でしゃばって主人公面したとも見れる。
  • 3人の主人公のうち最後にクリアした主人公以外の持ち物と言霊は引き継ぐことができない。
    • 一応「ヌーク」と呼ばれる行商に武器防具を売り付けると他のシナリオの主人公でそれを買い戻すことができてアイテムの統合も可能だが、このヌークが厄介で売りつけたものを買い戻す時の売値が異常なまでに高く、そしてヌークが町にどのタイミングで出現するかという条件が解明されていない(2018年現在)。
  • 「うん」や「やさしさ」といったパラメータが隠しになっておりステータス画面に表示されていない*3
    • これによりこれらの上昇するアクセサリを手に入れても何がどれだけ上昇しているかがわからない。
    • 特に「やさしさ」は重要で「かしこさ」の高いキャラで回復の言霊を使っても効果が薄かったりすることもあり、その仕様に首をかしげたプレイヤーも多かった。
  • ストーリー上仕方ないことともいえるが、自由度が殆どない。なのでファイナルファンタジーのような感覚でプレイすると、非常に窮屈に感じる。
    • ストーリーを進めると二度と後戻りが出来なくなる、という箇所が多い。空を飛ぶ乗り物で自由に世界を行き来したりはできないし、一度訪れたことのある街に自由にテレポートできる言霊なども存在しない。
    • 特に4人目のシナリオは全編ほぼダンジョン攻略しかやることがなく、寄り道などはできずフィールドに出たり街に行くといったことも不可能。
    • パーティメンバーの人数は全部で12人以上もいるが、パーティを自由に編成することはできない。また主人公ごとにパーティメンバーはほぼ固定されており、途中で変わることはほとんどない。
  • キャラバランスが悪いとまではいかないがキャラのパラメータ成長や装備アイテムの設定に非常に違和感や不憫を感じる部分がある。
    • このゲームの「言霊師」(他のゲームでいう魔導士)にあたるキャラは「かしこさ」はもちろんだが最終的に「つよさ」までカンストする。このため「つよさ」のみカンストするが「MP」や「かしこさ」の低い物理攻撃専門のキャラは能力的に下位互換になってしまう。
      • もちろん装備する武器によっては物理キャラのほうが上になるがそれでもせいぜい数百ダメージくらいの違いにしかならない。のにも拘らず物理専門キャラは最強武器が大抵両手武器のため盾が装備できず、防御面にも不安がある*4
    • 余談にあるとおりガイドブックには載っていても設定ミスにより手に入らない武具が存在するが、とあるキャラは最強武器どころか2番目に強い武器すら設定ミスによって手に入らず非常に不遇な扱いを受けている。
  • エンカウント率がやや高め。エンカウント率を減少させる言霊も無い。
  • 言霊システムは優秀だが、回復の言霊は作中ではなかなか教えてくれない。  

総評

並行する3人の主人公の物語と、文字の組み合わせが魔法になる言霊システムが斬新かつ面白い作品である。
全体的に少しクセはあるがゲームバランスも良好なので、斬新ながらも多くのユーザーに楽しめる作品と言える。


余談

  • 発売数ヶ月前に『ドラゴンクエストVI』『風来のシレン』『ロマンシング サ・ガ3』、発売同年に『ポケットモンスター』『クロックタワー2』『女神異聞録ペルソナ』と様々な年代の話題を掻っ攫う作品が多く、それ故に対象年齢のはっきりしない本作の知名度は低い。
  • 本作の攻略本はファミ通から出た公式ガイドブック一冊のみだが、マップが書かれておらず、ゲーム内で手に入らないアイテムが入手できるかのように書かれている、など出来はあまりよくない。
  • Wii Uバーチャルコンソール版において、Miiverseに画像投稿ができない。
    • 遊び心で入れた他社製ゲームの魔法が再現されると厄介だと危惧したためだろうか…