本項目ではスーパーファミコンソフト『ドラゴンクエストI・II』と、そのゲームボーイカラー移植版の紹介をしています。



ドラゴンクエストI・II

【どらごんくえすとわんつー】

ジャンル RPG
高解像度で見る
裏を見る

対応機種 スーパーファミコン
メディア 12MbitROMカートリッジ
発売元 エニックス
開発元 チュンソフト
発売日 1993年12月18日
定価 9,600円(税抜)
セーブデータ I・II共3個ずつ
判定 良作
ドラゴンクエストシリーズリンク
公式サイト

概要

ファミコンソフト『ドラゴンクエスト』『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』をカップリングしてリメイクしたソフト。
インターフェース関連は、当時の最新作であった、『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』のシステムが取り込まれている。


特徴

I・II共通

  • SFCへの移植に伴い、パスワード(冒険の呪文)のメモに代わってバッテリーバックアップ(冒険の書)によるセーブが可能になった。それぞれ3箇所ずつセーブができる。
    • セーブできる場所は基本的にはFC版でパスワードを聞けた場所と同じだが、『II』ではルプガナでもセーブが出来るようになった。
    • バッテリーバックアップの耐久性も向上しているため、FC版『III』『IV』よりもデータ消滅の頻度は低くなっている。
  • 「便利ボタン」の追加。Xボタン(もしくはLボタンかRボタン)を押すと、押した際の状況に応じて「はなす」「しらべる」「とびら」を自動的に選択して実行する。
  • ステータスアップアイテム「種」と、預かり所が登場。アイテムとゴールドを預かってくれる。
  • 入手できる経験値と金額が全体的に向上し、FC版と比較してテンポ良く遊べるようになった。
  • 守備力の基本値として「みのまもり」のパラメータが追加。
    • 従来は「すばやさ」の半分が守備力の基本値だった。
    • 本作においてもLvアップの際は、ほぼ「すばやさ」と連動して上昇する。能力アップのアイテムである「すばやさのたね」「まもりのたね」を使う場合は独立して上昇する。
  • 「薬草」や「キメラの翼」等の消耗品が大幅に値下がりし、序盤からでも利用しやすくなった。
  • 宝箱の二度取りはできなくなった。ただしそれを前提としてか全体的に中身は豪華になっている。
    • 『I』の「死の首飾り」が入っている可能性のある宝箱だけは、元々ランダムという事もあってFC版と同様に復活する。
    • 『II』においてモンスターからのドロップでしか手に入らなかったアイテムの一部が宝箱から入手できる。
  • 何かを決定したときに発生する、「ピッ」という特徴ある高音が、「ポッ」という低く鈍い音になっている。
  • FC版に存在した実在の人物(ゆう帝=堀井雄二、アンナ=牧野アンナなど)のゲスト出演は、原則として削除または置き換えられている。
    • 例外として、背景ストーリーにも関わる「ゆきのふ *1 」の名前はそのままである。
  • 敵のパラメータとエンカウント率も見直され、FC版より難易度がかなり低下している。
  • プレイヤーの名前にカタカナが使えるようになり、濁点・半濁点で一文字を使うことがなくなった。
  • BGMはFC版の発売当時のサントラ収録のオーケストラ版を元にアレンジされている。

Iのみ

全体的に大幅に難易度が軽減されており、元々のストーリーのシンプルさもあって繰り返しプレイがしやすくなっている。

  • 以下のシステムはFC版同様。
    • 主人公の名前によって能力成長率が変化。
    • ダンジョンでは松明(レミーラ)を使わないと周囲が見えない。
    • 薬草・鍵は纏め持ち可能。
    • 戦士の指輪を装備しても何も起こらない。
+  その他の変更点

IIのみ

  • 大きな変更点は以下の通り。
    • オープニングデモが追加された *8
    • 戦闘画面に背景が追加された。
    • ザコモンスターの出現数や呪文使用頻度の変更、HP上昇や素早さ低下などの調整。また、魔物の群れを倒した際の経験値補正が無くなり、純粋に倒した数だけ貰えるという普通の計算になった。
+  その他の変更点

評価点

  • オーケストラ版を再現したBGM、細部まで細かく描き込まれたドット絵など、ハード性能の向上に伴って視聴覚面は大幅に強化されている。
    • FC版の『I』では前方を向いたグラフィックしか無く、『II』からは戦闘画面が黒一色の背景となっていたのを、『DQ5』基準のグラフィックにまで底上げしシステムにも統一感を与えた。
      • 『DQ5』基準といえど同作から露骨な素材の使い回しも無く、新たに描き起こされている。イオナズンなど上級魔法のエフェクトはサウンドも相まってより迫力が増しているほど。
  • FC版よりゲーム中のヒントが増えており(NPCの追加、セリフ自体も様々な変更がある)、謎解きの難易度がほど良く落ちている。
    • 答えが丸ごと明かされるほど露骨なものではなく、謎解き本来の面白さを残した上でのアプローチでありバランスが良い。
  • 『I』と『II』どちらもシナリオの大筋をオリジナルから変更せず、最初から最後まで余すところなく描ききっている。
    • FC版は双方とも単独で発売されていたことを考慮すると、かなりのお得感があるパッケージである。
      • 容量に余裕ができセリフを変更する余力があろうと、姫を連れて宿泊したときの「ゆうべは お楽しみでしたね。」など、ユニークなセリフは原作通りしっかり残されており、ファン心理をよく分かっている。
  • 原作に存在していたシステムを、プレイヤーの利便性に則り丁寧に取捨選択している。
    • 一例を挙げるとFC版の『I』では階段を昇降するための「かいだん」、宝箱専用の「とる」、扉の解錠専用の「とびら」というコマンドが用意され個別に選ぶ必要があったが、これらは冒頭でも紹介した通り「便利ボタン」一つで済むようになった。
      • 基本的にFC版の『II』の時点で『I』から引き継がれなかったものは本作でもカットされている。その一方で、『I』の「たいまつでダンジョンの暗闇を照らして歩く」といった要素はあえて残されており、スタッフのセンスが伺える。
  • 刷新されたゲームバランスにより、尖った部分が少なくなり、全体的に丸くなった。先述の通り、視聴覚面以外にも変更点が非常に多い。
    • 特に『II』の難易度の高さは開発期間の短さに起因する調整不足が大きな原因であったため、調整が入ったことでゲームバランスが大きく改善されている。
    • ただその難易度の高さは語り草となるほどであり、それを乗り越えた達成感も大きなものであったため、バランス調整は当然とはいえゲームの特徴であった難易度の高さの喪失を残念とする意見もあるにはある。
  • 「ゲームソフトのリメイク」という分野を確立した事。
    • 当時はまだメジャータイトルのフルリメイクという例は珍しく、同年発売の『スーパーマリオコレクション』とともにリメイクの皮切りといえる。
    • 以降のシリーズも、『DQ8』までは後年のハードによるリメイクが実現している(2017年現在)。
    • 過去作のキャラクターやモンスターに再登場の機会が与えられたことにより、スピンオフ作品などでの出番が増えるといった副次的な効果もある。

賛否両論点

  • FC版『II』でデビューした「はぐれメタル」は逃げる確率こそ高いものの、攻撃及び支援能力も優秀で状況次第でこちらを全滅させかねないほどの実力まで持っていたのだが、リメイクにあたりシリーズ恒例のボーナスモンスター(弱いが硬い・すぐに逃げる・莫大な経験値)としてのステータスに差し替えられた。
    • 「せっかくのデビュー当時の個性が無くなってしまった」と見るか「いまやシリーズ常連のモンスターなのだから当然の変更」と見るかはプレイヤーの感性によるだろう。
    • 前述のようにベギラマが強化されているので、仮にFC版と同じ行動パターンであればさらに凶悪になっていたと思われる。

問題点

  • 「ロンダルキアへの洞窟」の入口を開くと、以降は再開しても開いたままになる(ファミコン版では再開するたびに閉じるので、毎回開く必要がある)。
    • 本来ならば何度も使う煩わしさを無くすための仕様変更であったと思われるのだが、上記の変更点と、預かり所に重要アイテムを預けることができるようになったことにより、結果として最後の謎解きの難易度が大幅に上がるという罠になってしまっている *12
  • 移動は1マス単位ではなく半マス単位になったのだが、町のマップのマス数はほぼ変わっていない(=道が狭い)ため、NPCに道を遮られやすくなった。特に『II』のベラヌールやデルコンダルなどで頻繁に発生する。
  • ローレシア城での「いかずちのつえ *13 」入手の仕様変更
    • 牢屋に捕まっているのが、こちらがある程度強ければ苦もなく倒せる「地獄の使い」から終盤エリアのモンスター「悪魔神官」になり、復活の呪文で再開するたびに復活していたのが一度でも戦闘すると敗北の場合でも復活しなくなった。加えてドロップ率も高確率ではあるが100%ではなくなった。
      • 元々が高値で売れる武器を無制限に入手可能だったので入手が機会1度きりになった事は分かるが、初めて挑戦できるタイミングではまず負けるような強さになった上で負けたらそれっきり、しかも勝っても入手できない場合のあるイベントへ変更された事へは不満の声も多い。

バグ

一方、オリジナルとは異なる仕様・バグも存在する。ここでは主だったものを挙げる。

  • 大灯台のイベント戦で特定の条件を満たすと、実際の出現数と表示数に差異が現れる。通称グレムリンバグ、出現数バグ。
    • 一見大したことないように思えるが、発生した場合高確率でフリーズする。対処法はイオナズンやベギラマなどの全体攻撃で一気に倒す等。普通にプレイしていた場合、この時点ではベギラマさえ覚えてない可能性が高いので、対処は難しい。
    • 普通にプレイしていても発生する可能性のあるフリーズバグであるが、フリーズする可能性があるのは「3種類以上の敵と戦闘」→「ドラゴンフライ3匹1グループと戦闘」→「グレムリンとのイベント戦」が連続した時だけなので、発生する可能性は低い。
  • マドハンドが7匹いる状態で仲間呼びが成功すると発生しうる、通称「マドハンドバグ」。起きてしまえば高確率でフリーズし、しない場合でも持っているアイテムが変化する。
    • 発生するのはマドハンドが8回行動再選択をする、つまり「7匹いる状態で仲間呼び→成功→もう呼べないので行動再選択→仲間呼びを選択する」を8回繰り返した場合なので、マドハンド1回の行動ごとに約0.005%しかなく、通常プレイではまず発生しない。
    • このバグが判明したのが発売から20年以上経った2014年であることからも、発生率の低さが分かるというものである。
  • IIで、ラーの鏡を本来の用途とは別の場所で使用できてしまい、その場合詰んでしまう。
    • ローレシア城にいるただの犬にも使える事で有名だが、正確な条件は「ローレシア城の入り口を通過したあと、他のエリアに移動する前にラーの鏡を使用すること」である。
      • クリア不能になる致命的なバグではあるが、普通にプレイしていればまず遭遇はしない。
  • 同じくIIで、敵にマヌーサを唱えてからザラキを唱えると、マヌーサが効くHP254以下の敵なら確実に仕留められる。また敵のHPが255以上ある場合、確実に254のダメージを与える。
    • この技は発売当時には知られておらず、約10年を経た2003年頃に発見されて低レベルクリアなどに応用され広く知られるようになり、ラスボスにまでも効く *14 ため、それまで足手まといとされていたサマルトリアの王子の存在価値が大きく上がることとなった。
      • ファイナルファンタジーVI』の強力な裏技「バニシュデス」を彷彿とさせ、通称「マヌーサザラキ」と呼ばれている。
      • なお「254ダメージを与える」というのはバグではなく「本作のザラキの正式な仕様」である。即死させているように見えるのは254ダメージを与えて敵を倒すと「いきのねをとめた」と表示される特殊処理がされているためで、会心の一撃で254ダメージを与えて敵を倒すとやはり「いきのねをとめた」と表示されてしまう。
  • さらにSFC版IIのサマルトリアの王子は2008年頃に発見された「サマルカンスト技」と呼ばれるバグで全パラメータを255に最強化してしまうことができる。
    • IIでは武器の攻撃力を含めて攻撃力のカンストが255 *15 なので、この状態ではどの武器を持っても攻撃力は変わらない。よって2回攻撃できるはやぶさの剣が最強となり、FC版の「はかぶさの剣」を超える攻撃力で敵をバッタバッタと斬り倒していけるようになってしまう。サマルトリアの王子のファンにはたまらないだろう。
    • ただしこのバグは前提として「サマルトリアの王子のレベルを35にする」「それまで呪いイベントを起こさない」「はぐれメタルから復活の玉を入手する」などの面倒な条件があるので、通常プレイではまず起こりえず、マヌーサザラキほどゲームバランスは崩してはいない
      • そもそもこのバグの前提条件となるサマルトリアの王子の「レベル35」という数値は、通常クリアレベルのはるか上であり、わざわざこのバグを使用しなくても既に不自由なくゲームクリア可能な範疇になっている。
  • IIのムーンペタで売っている皮の盾は通常のものと異なり、売却時の売値が安く、さらに一度預けると消えてしまうという罠アイテムになっている。どうやら設定ミスでIの方の皮の盾が販売されてしまっているらしい。
    • とはいえこの時点で新たに購入するケースは少なく、仮に買ってしまっても損失はわずかなので大きな問題にはならない。

総評

ゲームバランスや一部バグに問題点はあるが、全体としてはDQシリーズらしくゲームバランスの完成度は高い。
気軽にプレイできるシリーズの原点として十分な調整が加えられ、幅広いプレイヤーにおすすめできる作品である。
オリジナルからの変更点は多岐にわたるものの、『I』の一人旅・『II』の三人旅という根本的な部分は変わっておらず、FC版当時のゲーム性や雰囲気を本作からもきちんと掴めるようになっている。

今なお続編がリリースされ続けているシリーズの、最初期の作品に万人が触れやすくしたことは特に大きな意義があるだろう。


移植

『I・II』の移植は下記のゲームボーイカラー版とWii『ドラゴンクエスト25周年記念 ファミコン&スーパーファミコン ドラゴンクエストI・II・III』に、また携帯とスマホのアプリにもなっている。

  • Wii版においては、スーパーファミコン版がそのまま移植されている。
    • その他SFCソフトのバーチャルコンソールの仕様では、クラシックコントローラおよびGCコントローラを必須としているが、こちらはWiiリモコン単体でも遊べる。
    • 中断セーブ機能も付与され、いつでも好きなときにセーブできるようになった。
      • ただし、Wii独自の機能で進行状況をまるごとセーブする方式なので、冒険の書の状況も全てまるごとセーブされる。
      • このソフト自体が2作で1本のソフトなので、『I』と『II』の状況も一括でセーブされ、1つの中断セーブデータとして扱われる。
      • 中断セーブの取り扱いの注意点に関しては、説明書や公式サイトにも掲載されている。公式サイトにおいては別ページで説明され、このソフトが例として扱われている。
  • アプリは内容は基本的にSFCをベースとした移植となっている。またバグ等は当然ながら修正されている。
    • 大きな変更点としてはスマホ版の『II』はギラ・ベギラマが『III』以降の仕様に合わせグループ攻撃に変更になっている。そのため序盤から集団で現れてギラを唱えてくる魔術師・リザードフライ・メタルスライムといった敵が凶悪化した。特にメタルスライムは最大8匹で現れる上ラリホーまで使ってくるので、もはや経験値稼ぎどころではなくなっている。
    • スマホ版は1は2013年12月にポータルアプリと同時 *16 に、2は2014年6月に配信された。携帯と同じ内容であるが、タップ操作対応となっている。
  • 本作自体がまだ世間にリメイク作が乏しい頃にリリースされたという事情はあるにせよ、いわゆる「追加要素」にあたるものはこれといって無い。
    • 本作の後にSFC版としてリメイクされた『DQ3』では「すごろく場」というミニゲームの他に多数の新アイテム、そしてラスボスより手強い隠しボスモンスターが追加され、ゲームバランスもより大胆に変更されていくのが通例となっていく。


ゲームボーイ ドラゴンクエストI・II

【げーむぼーい どらごんくえすとわんつー】

ジャンル RPG
対応機種 ゲームボーイカラー(全GB共通)
メディア 16MbitROMカートリッジ
発売元 エニックス
開発元 トーセ
発売日 1999年9月23日
定価 5,145円(税込)
セーブデータ I・II共3個+中断データ1個
※中断データは再開後に自動消去
判定 良作

本作において追加・変更された要素は後に発売された『ゲームボーイ ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』でも採用されている。

SFC版からの追加・変更点

  • いつでもゲームを中断できる中断の書が追加された。ただし一時的な保存の為、中断の書でゲームを再開するとその中断の書は消えてしまう。
    • 町・ダンジョンでは最初に出現した場所からの再開となり、擬似的なリレミトになった為、GBC版『III』ではその場から再開するように修正された。
  • 一部のバグの解消。
  • 『I』にもオープニングデモを追加。
  • 『II』の福引での当たったときのSEが(『DQ4』以降における)カジノのSEに変更されている。
  • 上記の中断の書が登場した為、ふっかつのたまが削除された(データ上には存在する)。
    『II』のはぐれメタルの落とすアイテムがふしぎなぼうしに変更されている。
  • 『II』の戦闘時の背景が無くなり、真っ白になっている(ハーゴンの神殿のシンボルキャラを除く)。
  • メモリの都合により、一部NPCの位置を変更。新規フロアや隣接したフロアに再配置されている。
    • ダンジョンの構造は変わっていない為、ゲームバランスが変わったりはしていない。


添付ファイル

*1 プロデューサーの千田幸信氏にちなむ

*2 売った時の値段は変更されていないので、買った値段より高く売れるという妙な設定になっている。

*3 FC版ではそれぞれ「ラダトーム城」「洞窟」の流用。

*4 FC版と違い装備品扱いとなり、売った後でも効果が残ることはなくなったが守備力上昇値が上がっており(FC版2→5)「革の服70G(守備力+4)」や「皮の盾90G(守備力+2)」よりもお得になった。

*5 回復はMPのみであるがホイミを併用すればHPも全回復できる。

*6 岩山の洞窟には大金が入った宝箱があり、武器もこれで賄えそうだが、この洞窟のモンスターは結構強いためにLV上げも兼ねて武器だけは自分で整えることをお勧めする。鉄の斧+ラリホーで難易度はかなり低下する。勿論この洞窟に立ち寄らず周辺の雑魚退治で鉄の盾も購入しても良い。

*7 この時点ではかなりのHP、攻撃力を持ち呪文も効かない。 適切な装備かつLV10は無いと討伐は困難である。

*8 元々は海外NES版で採用されていた。

*9 ただし後述するイベントでサマルトリアの王子が離脱した時は「遙かなる旅路」に戻る。

*10 「ローレシアの王子が生きている時にとある町の宿屋に泊まると強制的に発生する」というイベントだが、あるダンジョン探索の拠点になる町なので、ここの宿屋を利用しないプレイヤーはまずいない。一応、町で何かあると思わせるセリフはあるのだが…

*11 FC版では回復はあるが死亡した仲間を生き返らせることは出来なかった。一応復活の呪文で再開した時は全員復活しているが。

*12 いずれも「邪神の像」というアイテムを使うのだが、後者はノーヒント。ファミコン版ではロンダルキア攻略以降は常に手元にあるはずのアイテムなのだが、今作では一旦イベントが終わったと思い込んで預けてしまう可能性が高く、情報無しでは詰みやすい。

*13 使うとバギの効果、攻撃力はFC版→SFC版で15→45と超強化されており王女の最強武器。非売品ではあるが売値も19500Gと高額。

*14 ハーゴンはマヌーサ無効なので通用しないが、シドーには有効

*15 ちなみに、レベル最大のローレシアの王子(力160)が稲妻の剣(攻撃力95)を装備するとぴったり攻撃力255になる。

*16 配信開始から100万DLまでは無料となっていたが、配信日に到達してしまったため、無料期間が延長された