キャプテン翼III 皇帝の挑戦

【きゃぷてんつばさすりー こうていのちょうせん】

ジャンル スポーツ・シミュレーション
対応機種 スーパーファミコン
メディア 8MbitROMカートリッジ
発売元 テクモ
発売日 1992年7月17日
定価 8,900円(税抜)
分類 良作
キャプテン翼ゲームリンク

概要

名作と名高い『キャプテン翼II スーパーストライカー』の続編が、満を持してスーパーファミコンに登場。
ストーリーは前作同様にゲームオリジナル展開で、東西ドイツ統一を記念したユース大会『ユニバーサル・ユース』を巡る物語。
本作から現実世界における東西ドイツの統一が作品世界にも反映され、西ドイツユースがドイツユースになった。 *1


特徴

FC時代に完成されたシステムは、より強化された上でほぼそのまま継承されている。ゲームボーイで発売された『キャプテン翼VS』の要素も一部追加された。

  • VSまではゲームの再開はスコアメモ(パスワード)を使っていたが、今作からセーブ方式になった。データファイルは3つ。
  • これまでの作品から能力値設定の見直しが行われ、ガッツを除くステータスの成長は全選手・全パラメータで1レベルアップにつき1ポイント上昇する形に統一された。これにより選手間の能力格差が縮まった。
    • 前作までと比べてGKの飛び出しやシュート&ドリブルに備える能力が後半も伸びるようになったため、高レベルで直接対決に持ち込んでも簡単には得点できなくなった。
    • GKがバランスを崩したり、倒れた時の能力低下がこれまでと比べて緩和された。
  • IIで強すぎたスルーが弱体化され、IIでは簡単にできた「空中でGKの飛び出しを誘い出してスルーし、ゴールを空っぽにする」戦法が取りにくくなった。
  • 新必殺技が多数追加された。従来の必殺技の強化版から、それまで使えなかった系統の必殺技の補強など、バリエーションは豊か。
  • 演出面が強化され、特定キャラ専用のカットインが増加した。
    • IIでは若林のみだったクリティカルセービング時のカットイン *2 も全ての主要GKで発生するようになった。
  • 全体コマンドが追加され、チーム全体に指示を出せるようになった。
    • チーム全体のラインを下げる「みんなもどれ」は誰でも無制限に使用可能。
    • 翼や日向などの一部選手はガッツを消費して自分のドリブル速度を上げ、チーム全体のラインを押し上げる「みんなあがれ」が使える。松山は専用コマンドで「なだれこうげき」を自発的に再現できるようになり、三杉は同じ効果の「ファストブレイク」を使えるようになった。
      • これにより、従来作では敵専用だったフィールド上でのドリブル倍速がプレイヤー側でも使えるようになった。
  • こちらがドリブル中に複数の敵と接触した時、敵ごとに個別にコマンドを選択できるようになった。これにより、ドリブルで抜いた後にパスやシュートができるようになった。
    • 必殺ドリブルは消費ガッツが下がった代わり、敵一人ごとにガッツを消費するようになった。通常のドリブルは従来通り1回分の消費。
    • 敵との接触時に、敵選手のステータスや必殺技を参照できるようになった。

VSからの追加要素・変更点

  • 2PやCPUとの対戦モードである『オールスターモード』が追加された。VSで初採用された対戦モードを更にブラッシュアップしたものとなっている。レベルはセーブファイルで最も高いものに合わせられ、本編の攻略に伴って必殺技が追加されていくようになった。
    • 2P対戦モードではコマンド入力が『十字キー+A・B・X・Yボタンのどれか』と言う形に変更されており、画面だけではどのコマンドを入力したのかが分からないようになっている。
    • また、本作ではオールスターモード専用の必殺技も用意されている。
  • ミーティングや全体コマンドなどで敵選手にマークがつけられる様になった。VSと異なり、味方選手一人につき敵選手を一人マークさせ、その選手の近くへ張り付かせる方式に変更された。以後のテクモ版でもマークはこの方式で定着している。
  • VSで一旦撤廃されたロスタイムや、反則などの試合中のハプニングが全て復活した。
  • VS同様、モブ選手にも全て固有の名前が付いた。据え置き機作品では初の試み。
  • VSにあった天候の概念は不採用となっている。

評価点

  • 試合演出、ビジュアルシーンの強化
    • 2でも相当なものだったが、SFCになったことで、演出面がさらに強化されている
    • 各キャラ固有のカットインが大幅に増えた。
    • ダイナミックなアニメーションや演出がこれでもかと使われている。前作でもあった「○○くん ふっとばされた!」も、見ごたえのあるものに仕上がっている。
      特にフィールダーとGKで演出が違うのが見どころ(本作ではGKのみ「○○くん ふっとんだ~!」に変わり、演出も異なる)
  • 敵チームのメンバー全員に名前がついた
    • 前作までは主要キャラを除いて「てきの○ばん」と呼ばれていたが今作からは全員固有名詞となっている。
    • 一部でカルト的な人気を誇る「ボッシ」「アモロ」など、原作登場ながら前作まで上記の扱いになっていた者も原作通りの名前で参戦している。
  • イベント密度が濃く、練りこまれたゲーム進行
    • ほとんどの試合で何らかのイベントが用意されるようになり、今までの作品でありがちだった淡々とした消化試合がほぼなくなった。
    • ストーリー前半は翼率いるサンパウロFCを中心に海外で活躍する日本の各選手(岬、松山、日向と若島津、若林)の試合をプレイする。
      • 今までは同じチームで一つの大会を最後までプレイしていたため、どうしても展開が単調になりがちだったがサンパウロの試合の合間に他の選手たちの試合が入ったため、中だるみせずプレイできる。
      • 海外遠征編はチームによって違う戦略を要求される。例として岬のシャンゼリゼはナポレオンがいる代わりGKのジュストが非常に弱く、二人で協力することが重要。若林のハンブルガーSVはIIにいた名有り選手がストーリーの都合で全員不在のため、モブ選手だけでゴールを奪いに行かなければならない。
      • またこの時にドイツ陣が研修という名目で敵として登場し新必殺技等を披露することで今回のドイツの強さを引き立たせている。
    • ストーリー後半の全日本編も前作までは最初からフルメンバーだったが、今回はストーリーに応じて各自合流していく展開になった。
      • 今まではやりこみプレイでしかお呼びではなかったメンバーにも(あくまでつなぎ程度だが)スポットが当たるようになった。
      • メンバー合流後も様々なハプニングの発生により、前作までのようにスタメンが固定しにくくなっている。フルメンバーが揃うのは終盤のフランス戦になってからである。
    • 試合総数はIIよりやや少なくなっているが、1試合にかかる時間がやや増えたので体感的な総プレイ時間は大きくは変わらない。
  • 秀逸なオリジナルストーリー
    • テクモのオリジナルストーリーは引き続き良い出来栄え。最初から最後のラストバトルまで、物語は一貫している。
    • 前作ではオリキャラに見せ場を譲ることになったドイツユースにスポットが当てられ、見事に面目躍如を果たすことに成功している。原作ファンにも嬉しい作りである。
    • 他にも原作で少しだけ名前の出たキャラクターもしっかり登場していたりと、原作をしっかり研究して作られている。原作ファンもニヤリとさせられる。
+  ストーリーに関わるネタバレ要素あり
  • 今作登場のオリジナルキャラ
    • 手を使わず、必殺セーブの雷斬脚でシュートを蹴り返すGK「ルー(中国)」GKとしての能力は最強で必殺セーブ『シャドーシールド』まで持つがスタミナが無く、後半戦で能力がガタ落ちする「ラムカーネ(ベルギー)」言動がエセ外人風のナルシストで出る作品を間違ってるとしか思えない「ミハエル(アメリカ)」等前作とは趣を変えたオリジナルキャラクターたちが登場する。
      • 彼らはあくまで(キャプ翼内での)二流国チームでの登場なので、独自のインパクトを持ちながらも今作のストーリーに関与しない為、原作や前作までのオリジナルキャラ達の個性を奪うようなこともない。
  • 獲得経験値の大幅な増加
    • 前作までは負け越しでのレベル上げ前提の難易度だったが今作では1試合ごとの獲得経験値の大幅な上昇によりあまり負け越しを気にせずプレイできる。
    • 順当に勝ち進めば1試合で2レベルは確実に上がる。と書けば凄さが判っていただけるだろうか。
      • あまり現実的でなかった無敗クリアも、稼ぎプレイをしていなくても可能になっている。(もちろんクリアまでにはかなりの数のリセットがいるが。)
    • 負けた時の経験値も上昇しており、再試合も楽に勝ち進めるので苦にならない。
  • 従来作で使いにくかった選手が強化された。
    • 特に、前作まで地味な中堅という印象が強かった松山の強化具合が群を抜いている。VSのスライディングタックルを強化継承した「イーグルタックル」をはじめ、ついにプレイヤー側が使用できるようになった「なだれ攻撃」で味方全員をゴール前に送り、自陣から「イーグルショット」 *3 でボールを運ぶという、通称「なだれイーグル」という戦法が猛威を奮った。
      • コーナーキックや直接フリーキックが敵DFに防がれにくくなったため、これらの場面からイーグルショットを狙いやすくなったのも追い風になった(これらの状態から打つシュートは通常よりも威力が上がる)。
    • 役どころが全日本のキーマンになりやすいことから、「影の司令塔」「キャプテン松山」と呼ばれ親しまれることになった。
    • OPで三杉とともに専用グラフィックで出ているのも見逃せない(前作は翼、岬、日向、若林のみだった)
    • 若島津はさすがにVS程の性能はないが、IIと比べると若林との性能差が縮まり、最後まで十分に使えるようになった。前半は若島津を起用し、ガッツが切れたら若林にスイッチという戦術が実用的になった。
      • VSで習得した技のうち、後ろ回し蹴りは対空迎撃技「あびせげり」に変更。原作通り空中で競り合った選手を吹飛ばしてゴールを守ってくれる。また、手刀パンチングはセービング失敗時に低確率で手刀を繰り出してボールを弾く特殊技「手刀ディフェンス」となった。
    • そのほか、レナートや森崎も若干だが強くなっている。ただし正GKでいられる期間は僅か。
      • この両名は3が一番強いと言われている。特にレナートは必殺シュートもそこそこ止める
    • レベルアップ速度が上がったり、能力差が少なくなったことで、いわゆる二軍選手でのプレイもしやすくなった。
      • ニコニコ動画にも最初から最後まで二軍選手でプレイしたプレイ動画がアップされており人気を博している。
  • 秀逸なBGM
    • テンポよく聞き心地良いBGMは引き続き好評。SFCになったことでよりパワーアップしている。
      • 殆どの曲は本作からの新曲。オープニング、前後半終了5分前、PK戦のBGMは前作からのアレンジ。
      • 全日本ユースのBGMが複数用意されている。場面展開とともに切り替わっていき、物語にメリハリを出している。
      • 特にラストバトルのVSドイツ戦のBGMは評価が高い。敵チームの強さも相まって、プレイヤーに強烈な印象を与えることになった。携帯の着メロでもこの曲が真っ先に配信されていた。
      • 前作ラスボスチームのブラジルにも新しい専用BGMがあり、本作では更にアルゼンチンにも専用BGMが追加された。
    • 前作同様サウンドテストの裏技があるので、好きな曲を聴き放題。
  • オールスターモードの追加
    • 各キャラ自由に組み合わせて、オリジナルチームを作って対戦できるオールスターモードが追加された。敵キャラクターを実際に使ってみることができるようになり、楽しみの幅が広がった。
    • VSではソフト2本&本体2台と通信ケーブルがなければ対戦できなかったが、今回はソフト一本とコントローラー2つあれば対戦可能であるため、特別な準備が必要なくなった(SFCは本体に標準でコントローラーが2つ同梱されていた)。
    • ただしストーリーはなく、一度試合をしたら終わりである。また作成チームをセーブしておく機能もない。
    • 1P側「キャプテンズ」は全日本ユース最終曲、2P側「ウィングス」はドイツの曲が使用されており、ユニフォームもそれぞれのものとなっている。
    • 同点で終了した場合はPK戦になる。
  • 特殊な条件でのみ出せる隠し技が増え、それらを見つける楽しみが生まれた。
    • 若島津の手刀ディフェンスの他、シュナイダーと翼によるコンビ技『ファイヤードライブツインシュート』、オールスターモードのCPU戦で翼と日向を敵にした場合のみ使ってくる『ツインタックル』、エース格の選手が必殺シュートをカットした時に低確率で打ち返す『奇跡のカウンターシュート』等が追加された。

賛否両論点

  • 本作からプレイヤーチームに試合中イベントに関わる選手の強制出場がある。 *4
    • 前作では全日本で翼を欠場させたのにも関わらず試合後のイベントで試合中の話をするなど不自然なこともあったため当然の処置ではあるものの2軍選手のみでのプレイをしようとしていると鬱陶しく感じるかもしれない。一応翼や松山など普通プレイなら絶対に外さないだろう選手が大半。
    • ただ例外はある。作中2回あるアメリカユース戦では石崎が対象だが、いくらイベントがあるとはいえ原作の実力描写やゲーム中のステータスから言ってやや不自然。使いやすい選手ではあるものの監督に反対されるほどか…?他にもベルギーユース戦ではミューラーにシュートを止められたショックから大幅に弱体化している日向を必ず使わなくてはいけない。
  • 前作までと比較して、パスやシュートの威力を弱める「○○くんにあたって いきおいは よわまった!」が出にくくなった。
    • 前作までは能力が低い選手でも相手の体勢を崩したり、パスやシュート(必殺シュート含む)を自動カットする時にボールの勢いを弱めることが結構あり、ここから次の選手の行動に繋げてカットできる可能性を広げる役割があった。しかし今作では能力差があるとそれが全くと言っていいほど出来ない。
    • 一方カット側の能力が優位になると、身体に当たると「はじいた!」「○○くん ボールをとった!」が出やすくなり、パス・シュートのカット結果が二極化しやすくなった。
      • 演出が長いのもありこちらの選手が「だが とどかない」になるのが分かりきっている時はややイライラするかもしれない。
    • この変更はマイナス点ばかりではなく、威力が上昇する直接フリーキックやコーナーキックからのシュートを防がれずにGKまで届かせることが容易になったという利点もある。
    • なお、IV以後の作品でもパスやシュートのカット結果は二極化しやすい傾向にある。
  • わかばやしくん ふっとんだ~!
    • 若林の能力がIIと比べて下方修正され、若島津との差が縮まった。更にIIでは高確率で出た「とめる!!」の発生確率も下がってしまった。ペナルティエリア外シュートへの補正は本作でもない。
    • 普通に進めていると、まずハンブルガーSVではシュナイダーの必殺シュートでよく吹っ飛ぶ。更に全日本合流後ユニバーサル・ユース初戦のロリマーのバウンドショットでパンチングが届かず失点してしまうことも珍しくない。この有様なので、後の強豪チームの必殺シュートを受けるのは更に厳しい。「ザル林」「俺が止める(笑) *5 」「帽子をかぶった森崎君」などひどい言われようを受けている。
      • これは普通に進めていると敵とのレベル差が開いてしまうのが原因の一つであり、基本ステータス自体は全GKの中でも高い部類に入る。レベル差が縮まってくれば一部の強必殺シュート以外は止められるようになってくる。
    • 若島津に能力が完敗しており、森崎並の能力しかなかったVSと比較すれば、一応強化はされている。
    • とは言っても、同レベルの若島津が必殺技を使えば1とはいえ数値が上回ってしまう。必殺技の追加で若島津が器用になったのもあり、本作ではガッツがあるうちは若島津の方が安定して強い、というのが現実。
    • IVからは、ペナルティエリア外からのシュートを高確率で止める特殊能力が追加された。
+  ミハエルのキャラクター性について
  • コインブラが弱体化しているのは仕方がないとは言え、旧作ファンは残念かもしれない。
    • ドイツはかなりの強さなので何度も負けてブラジル戦をプレイすることとなる。上記の通り今作はLVの上がり方が激しいのであっという間に雑魚チーム並みの弱さになっていくのも残念な所である。
    • ただし今回カルロスとの合体シュート「リーサルツイン」が追加されている。また、弱体化したとは言えドリブル倍速からのマッハシュートも脅威。
      CPUのAIの都合上なかなか使ってくれない *7 のが難点。だがゲーム中最強のシュートのため撃たれたらほぼ失点が確定するため、バランス調整のためとも取れるが。
    • ちなみにオールスター時の彼の能力は多くの部門でトップであり、総合能力も三杉と並んで1位タイで当然シュナイダー、ディアスよりも上。単にラスボス補正がなくなっただけともとれる。
+  サッカー選手にあるまじき日向の行動
  • VSで採用されていた新必殺技の多くが不採用となった。
    • 松山や若島津のように名称や形式を変えて採用されたものもあるが、全体で見ると不採用の方が多い。
    • VSの新必殺技は三杉・ピエール・ディアスの華麗なドリブル、ナポレオンの殺人タックル、シュナイダーのパワードリブルやカイザーアタックなど、IIまで選手が持っていなかった系統を補うものが多かった。

問題点

  • 前述の通り現実世界においての東西ドイツ統一が本作のシナリオにおいてピックアップされているが元東ドイツ選手と明言されている人物が誰もおらず、ミスマッチになってしまっている。
    • 前述のDFのモブを除き本作からの新キャラはおらず、本作のイベント上で出番があったり必殺技やカットインのグラフィックがあるのは全て原作若しくはⅡで初登場の西ドイツの人物。モブが東ドイツの人物だと強引に解釈しても必殺技もないため印象が薄くどう考えても主力は全員西ドイツ勢だろう。
    • Ⅳでようやくドイツ統一によりシュナイダー達と合流したという設定の選手が登場した。
  • 前作までと比べてゲームテンポが悪くなった。必殺技はともかく通常のパスでも相手に渡るまでに何度も画面が切り替わるなど、前作のスピード感が失われている。
    • 表現力が上がったおかげでかえって全体的に演出過多になったのが原因。得点に直結するキーパーとのやり取りは緊張感が上がっているとも捉えられるが、特にパスカットやタックルのあたりは大きくテンポを損ねている。
    • リアルでのプレイ時間も長引く傾向にあり、30分ハーフで延長戦がなかった場合、Iは1試合約12~3分、IIやVSが15分前後で終わるのに対し、本作は1試合で大体20分前後かかる。
  • キャラのサイズが前作より小さくなっており、表情まで見えた前作に比べると選手がやや迫力に欠ける。
+  終盤戦について。ネタバレあり
  • ゲームバランス関連
    • 必殺技の補正値が大きくなっているのか、特にディフェンスでほぼ一択になるほど一部の選択肢が強くなりすぎており、読み合いの要素が薄れている。
      • 全日本では岬の「ムーンサルトパスカット」や次藤の「パワーブロック」が該当。敵がドリブルだろうとガンガン取れる。次藤は「パワータックル」もあるのだが本人のブロック能力の方がかなり高いのがありと使う意味がなくなっている。
      • さらに仕様変更により、敵を囲んだ時の一人目の選手のタックルは相手が最初からパスを選んでいても必ず先に発動するようになった。日向や松山は必殺タックルで厄介なパス技相手でも発動前に取れてしまうことも多い。
    • シュートやドリブルが弱いとゴールするのがかなり難しくなった。二軍選手も活躍しやすくなったとは言え、それは敵GKとの能力差で優位に立てるまでレベルアップしていることが前提である。
      • スルーは成功しにくくなっただけでなく、バランスを崩したり、倒れた時のGKの能力低下も前作までより緩やかになっているため、敵GKと能力差がありすぎるといくら主力の必殺シュートを撃ってもパンチングされてしまうことがある。
      • IIのGKを空中に誘い出してのスルーのような点の取りやすい方法がなくなり、弱い選手は主力に頼ってゴールを空にしてもらわないとなかなかゴールできない。
  • ドイツ陣では冷遇されているマーガスとメッツァ。
    • マーガスは原作登場キャラクターでJrユース時代の全日本戦でシュナイダーの得点獲得に貢献しており、今作では彼も必殺技『ブラストヘッド』を習得しているが、シュナイダーは彼の事には一切触れずイベント等も一切ない。
  • メッツァはIIから続投のオリジナルキャラだが、カペロマンと比べて固有イベントも顔見せもなく、グラフィックも雑魚と同じ物。必殺技がトップスピンパスだけなので扱いが難しかったのだろうか。
    • とは言え、確実に他の選手にボールが渡ってしまうのは厄介。こちらでいう早田のポジションである。
  • オールスターモードの人数がやや偏っている、公平な対戦は難しい。
    • VSより使える選手は増えているのだが、それでも使えるのは基本的に日本・ブラジル・ドイツのキャラで、あとは原作出身のキャラや新キャラが少数いる程度である。例え独自の必殺技を持っていても、使用することが出来ないキャラの方が多い。特に言わずと知られた日本最弱の代表GK森崎や、高い人気を誇るバビントンが使えないのはファンには少々残念。最終戦で苦戦させられたシェスターやメッツァもクリアしたプレイヤーは自分の手で使いたくなった事だろう。
      • DFがかなり少ない。アルゼンチンのガルバン、オランダのリブタなどもおらずほとんどが日本の選手。当然2チーム分満足に揃えられるには足りていない。
    • またVSでは1P対CPU限定でできた、チーム単位での選択もできなくなっている。
    • 選手選択時に能力を確認できないので選手の知識を知っているほうが圧倒的に有利。また必殺シュートは燃費が悪いので主人公や敵エースよりも必殺ディフェンスの使えるキャラクターを確保するのが重要である。
      • 該当するのはディウセウ、松山、日向、岬、立花兄弟辺り。彼らは攻撃技も強力でいざという時は攻撃に参加できるのも大きい。
      • ただし立花兄弟は基本性能が非常に低く、守備だけでも二人取らないと真価を発揮できない。それを阻止するためにもう片方が取ってしまうと、両方のチームに必殺技の使えないお荷物ができてしまうことになる。ゴールを狙うならさらに次藤が必要。
      • キーパーの能力差も激しく、特にミューラーは本編のぶっ飛んだ基礎能力値でそのまま使える為 *10ミューラーを取ったほうが勝ちといわれるほど。そして選手は必ず1Pが先に選べる。
      • まあ、あまり勝ち負けにこだわらないチーム編成でのプレイが一番楽しいかと。
    • 相手のコントローラーを見ながらのプレイはタブー。
  • いくつかの対戦国について情報のミスや違和感のある描写がある。
    • ベルギーの国旗のデザインにミスがある。
      • ゲーム中では左から「黒→赤→黄」となっているが本当は「黒→黄→赤」。
    • 韓国の選手の苗字が全て異なったものにされており何か無理のある感じを受ける。
    • イングランドの旗にユニオンジャックが使われている。

総評

IIからのゲームバランス変更には賛否が出るかも知れないが、全体としてはよりシステムが整えられて遊びやすくなっており、演出やシナリオも完成度が高い。本作も良作に値する出来である。二人プレイで盛り上がれるというIIにはなかった評価点もあり、VSより対戦環境も整えやすい。「キャプテン翼シリーズで面白いのは?」と聞かれたら、間違いなくIIかIIIという答えが返ってくるだろう。

カルロス、コインブラも良いけど、やっぱり最強はシュナイダーであってほしいという無印原作ファンにお勧めの一本。ストーリー的にも前作を知っていなくてもある程度遊べる作品なのでテクモ版キャプテン翼の入門編としても最適。


余談

  • 携帯サイトのテクモのメロディにて1・2と同様に3のBGMが着信メロで配信されていた。しかしテクモがコーエーと合併したことによりサイトがコーエーテクモセレクションに移行。その際に3の着メロのみが何故か削除されてしまっているため現在はDLできなくなっている。