修正依頼」が出ています。対応できる方はご協力をお願いします。
依頼内容は問題点の追記です。


ジャンプバグ ~ワーゲンの不思議な冒険への旅~

【じゃんぷばぐ わーげんのふしぎなぼうけんへのたび】

ジャンル アクションシューティング
対応機種 アーケード
発売元 セガ・エンタープライゼス
開発元 アルファ電子、豊栄産業
稼動開始日 1981年
判定 良作


概要

  • 駄菓子屋で遊んだ人は多いであろう、1980年代初期を代表する横スクロールのアクションシューティングゲーム。
    • 縦画面横スクロールの残機制8方向レバー1ボタン式。

システム

  • 自機のバグ(フォルクスワーゲン・ビートルの車種タイプ1の愛称)を操り、ジャンプとショットを駆使して様々な世界を進んでいく。
  • ジャンプはレバー上で行う。ジャンプの挙動は慣性が働いているため操作が難しくなるが、慣れると独特の浮遊感を味わうことができる。
  • ショットは貫通力のあるショット。単発ではあるが弾速が速く画面構成が縦画面の横スクロールということも相まって速射性が高く、それなりに爽快感は高い。

評価点

  • 本ゲームを語る上で欠かせないのは当時では群を抜くステージバリエーションの豊富さであろう。
    • ビルの立ち並ぶ摩天楼に始まり、平原、火山、ピラミッド内部、再び火山、海底、宇宙、滑走路と非常に豊富。
      • ゲームのデモ画面に各ステージの概要の一覧が出てくるのも子供心に冒険心を刺激する。
    • 敵キャラクターも魔女・宇宙人・骸骨等々ごった煮ではあるが、ステージ展開の破天荒さもあってコミカルな世界観になかなかマッチしており飽きさせない。
  • 難易度も程よく抑えており、慣れれば先へ進むのも難しくはなく、ところどころにあるボーナスフューチャーも豊富で奥が深い。

総評

  • とにかく「不思議」な魅力を持つ作品。システムも類似作品を見ない独自性。固定場面で詰まるところもないので、何も考えずに気楽に遊べる。

余談

  • 本作は発売・開発元が3社にも及んでいる複雑な版権の都合からか移植がほとんど行われていないのが残念なところ。
    • 現時点で移植が行われているのはアルカディア*1とPC98のみ。
    • PC98版の移植はX68Kの『スター・ウォーズ アタック・オン・ザ・デス・スター』やMDの『スラップファイトMD』等を手掛けたマインドウェア*2。サウンドの監修を古代祐三氏が担当している。