ちびまる子ちゃん おこづかい大作戦!

【ちびまるこちゃん おこづかいだいさくせん】

ジャンル ミニゲーム集(自称じゃんけんRPG)

対応機種 ゲームボーイ
メディア 512kbitROMカートリッジ
発売元 タカラ
開発元 アドバンスコミュニケーション
発売日 1990年12月7日
定価 3,400円
プレイ人数 1人~2人(同時対戦プレイ)
周辺機器 通信ケーブル対応
判定 クソゲー
ポイント 運ゲーの要素しかない
ついたあだ名が賭博黙示録マルコ
理不尽な母親の徴収
ズバリ、貯金が半分になるでしょう
セーブデータ類なし
「このゲーム おにだね…」


概要

さくらももこ原作の国民的人気アニメである「ちびまる子ちゃん」のゲーム化第一作。
原作・アニメ共に人気絶頂の時*1に発売されたため、おこづかいを片手にゲームを買いに走る者、両親に購入をねだる者は多かったと思われる。

―タカラ・キャラゲー・クリスマス商戦と、クソ豪華な三本立てでお送りしていたのだが果たして購入者の運命やいかに? 内容へ続く。―


内容

  • 本作は主人公のまる子を操作してお金を集め、デパートで5つの品物を買い集めるのが目的である。
    • 5つの品物は合計で10,350円、一方まる子の最初の所持金は30円。目標までは遠い。
    • 所持金と貯金が0になるとゲームオーバーとなる。
  • お金を集めるには、まる子の町の住人とミニゲーム勝負をして勝つしかない。ミニゲームはサイコロゲーム・スロット2種・坊主めくりもどき・Big or smallの4種類が存在する…がっ…!
    • まてっ…! ミニゲームとはよく言ったものだが…どれもこれも運任せなだけの代物…要はギャンブルじゃねぇかっ…!
    • ゲーム中でも「かけりつ」という言葉が普通に出てきたり「あなた、かけごとをしているようですね」と言われたり…これが立派な賭博ゲーであることは制作者側も認めているらしい…。
  • 他に、お金は手に入らないが、じゃんけんと福引きもある。じゃんけんに勝つと気力が上がり、ミニゲームで貰える金額も上がる。一方、気力がなくなるとじゃんけん以外の上記ミニゲームはプレイできなくなってしまう。
    • さらに、じゃんけんで連勝すると5種類の中からランダムにカードが1枚貰えたりする…がっ…同じ事…! 結局はギャンブルという…。
  • 要するに、このゲームはちびまる子ちゃんの登場人物からギャンブルで小銭を巻き上げるゲームなのだ。なんという賭博黙示録
  • 町中の「ちびまる子ちゃん」キャラに博打を吹っかけて金を集めるのだが、まる子の所持金上限は500円しかない。従って、ある程度集金したら買い物をして使うか自宅に戻って貯金箱に入れる必要がある。当然、1,000円以上(上限が倍になれば2,000円以上)の商品を買う為には貯金が必須である。
    • とあるカードを使うと倍の1,000円まで持てるようになるが、それでも焼け石に水といった感じで根本的な違いはない。

―かくしてあくせく集めた小金を片手に上機嫌で帰宅するまる子であったが、数秒後に人生の無情さを思い知ることになるのであった 後半へ続く―


問題点

「お母さん、襲来」の巻

まる子の母親が自宅の玄関で待ちかまえていることがあり、出会ったら最後、問答無用で所持金全額を無残にも取り上げられてしまう。

  • 事前警告なし+ランダム発生+強制イベント+発生回数上限なし+こちらの金銭状況への配慮無しという、ヤクザ顔負けの金の取り立てである。それでも人間かっ……!
    • この時のまる子の「あんた おにだね…」というセリフが全てを物語っているとも言える。
    • とはいえ、金を巻き上げているのはまる子の方なので、この母親の行動は(もし、母親がその金を住人に返しているのならば)道理としては当然なのだが。
  • 自宅マップに入るまで居るかどうかが分からないのが最大の難点。居ると分かってもその時は既に家の中で、入った瞬間に強制イベントの為回避不能。
  • 貯金が無い状態であろうとお構いなしに発生するのも見逃せない。
    • 当然、貯金なんぞ1円もない初帰宅の時に母親とエンカウントすれば強制ゲームオーバーとなる。最早鬼畜の所業。
    • 貯金は取られないが、貯金箱は家の中にある。結局母親を回避しなければどうしようもない。
  • 唯一の回避法は福引きで当てた「景品」を持っていること。景品と引き替えに没収は免除される。
    • 無論、こちらも福引きなので完全に運任せである。そもそも福引き券自体が、じゃんけん勝負で勝つとたまにもらえる代物である。
    • 福引きだからボタン操作で抽選機を回したり、複数の景品があると思った人もいるかもしれないが、本作では福引き係に話しかけるだけで抽選は終わり、当たりで貰えるものは「けいひん」という名のアイテム1種だけである。また「けいひん」が具体的にどういうものかは作中で明かされることはない。
    • ネタや誇張抜きで、強制ゲームオーバーとなる状態でも発生させるのは流石に悪質と言わざるを得ない。賭博ゲーにしても、せめて即刻ゲームオーバーとなる状態では発生しない程度の配慮は欲しかったところである。
  • ちなみに町内をうろついてる母親に話しかけてもお金を徴収されることはなく、他のキャラ同様にじゃんけんを挑まれる。作中でも「いきなり なにを いいだすのか」とツッコミを入れられている。

―ならば貯金さえ上手くできれば後は何とかなる、と思っていたまる子であったが、世の中そうそう甘くはないのである―

「ズバリ、闇金より非道いでしょう」の巻

  • 本作では、一度ギャンブルをした相手とはすぐに再戦できない(じゃんけん以外)。
    • しかし、町内を一周して全員に勝ったとしても手に入るのは2,000円…、となかなか集まらない為、クリアするには何度も戦うしかない。
  • 再戦するには「たまちゃん」のカードを使う必要がある。使うと全ての住民と再び戦えるようになる。とても便利だが、1枚しか持ち歩けない。
  • よってクリアのためには何枚か「たまちゃん」のカードを手に入れてなくてはならないのだが…
    • 前述の通り、カードはじゃんけんに勝つと5枚中1枚がランダムで手に入る。カードは「まる子」、「おじいちゃん」、「おかあさん」、「丸尾君」、「たまちゃん」の5種類。「おじいちゃん」と「おかあさん」のカードは使うと気力が上がるだけで特に実害はない(むしろ利益)。「まる子」のカードは使うと前述の通り持てる所持金の上限が倍になる(ただし1回だけ)。ここですんなり「たまちゃん」が手に入ればいいのだが、もし「丸尾君」のカードを引いてしまうと…

「ズバリ、貯金が半分になるでしょう」

  • しかもこれまた即座に強制差し押さえである。丸尾のカードを引いたが最後、貯金が半分になる運命である。
  • タイミング悪く連続で引いてしまうと、あっという間に貯金が無くなっていく。3,000円のオルゴールや4,000円のフランス人形狙いで貯金している時など、丸尾君はその鬼畜メガネっぷりを遺憾なく発揮してくれる。

―所詮は、あぶく銭。小遣いを失ったまる子が、やり直しのきかないことを知るのはまもなくである。―

「まるちゃん完全一発勝負」の巻

  • これだけ運任せな仕様のくせに、データセーブ、コンティニューの類は一切無い。ゲームオーバーor電池切れになれば最後、それまでの苦労はすべて水の泡となり最初からやり直しである。したがって、クリアするためには運と根気と作業が必要である。
    • 一度のプレイでクリアまで進めないといけないので、GBでプレイする際にはACアダプターまたは新品の電池が欲しいところ。それでも運が悪ければいつまでもクリア出来ず電池切れという事態もありうるが。
  • 基本的には運任せなものの、スロットゲームのリールを「目押し」で止められるため、この技術介入要素を使えるならば収支がアップしてクリアが少しだけ楽になる。

―…と、最初から最後までギャンブルにはじまりギャンブルに終わる。―

  • ちなみに苦労した末にたどり着くエンディングはこちら苦労した割には淡白過ぎである。
    • そして何事も無かったかのように再びタイトル画面へ。ことごとくやり甲斐というものに欠けているゲームなのであった。

ほかのモンダイテン

  • やたらと扉のある建物があるが建物の中に入れるのは一部だけ。
    • 入れる建物とそうでない建物の区別もつきづらい為、場合によってはストレスとなる。
  • キャラゲーとして残念な表現や仕様がある。
    • じゃんけんの画面で「おねえさん」と表記されているおねえちゃん。
      • 原作やアニメを見たことのある人は違和感を抱くであろう場面。「おじいちゃん」「みどりちゃん」はそのままなので、別に文字数の表示制限のせいというわけではないようだ。
    • じゃんけんコマンドとミニゲーム後のはなすコマンドで無視を貫く静岡のおばあちゃん。
      • 静岡のおばあちゃんにはこれらのセリフデータが設定されていないようで、話しかけてもリアクションが一切なく不自然。
  • 2人対戦ゲームが手抜き仕様。
    • この手のミニゲーム集における2人用モードは「1人用ではCPU相手だったミニゲームを対人戦で遊ぶ」というのがセオリーだが、本作の2人用は上記1人用と同じギャンブル集金ゲームを2人同時にプレイする最速クリア競争というもの。
      • 購入する品物は任意選択の1つだけになり、先にその品物を購入するか、相手がゲームオーバーになれば勝ち。品物が5つのままだったらどうなっていたことやら…。
      • 品物は1つとはいえ、1人用でも条件が辛いフランス人形やオルゴールを選んでしまうとお互い膠着状態となり、険悪になること必至。これらを選ぶのはやめたほうがいいだろう。
    • 登場カードのうち、おじいちゃんカードは相手の所持金を減らし、おかあさんカードは相手側に母親の所持金取り上げイベントを仕掛けるという鬼畜仕様に変わる。これらカードによる強制徴収はどうやっても回避できない。
      • 逆に言うと、相手への介入要素はこれだけしかない。強制徴収イベント以外は各々淡々とゲームをプレイするだけである。
    • 勝敗決着後に表示される画面も1人用のエンディングやゲームオーバーと大差はなく、あっさりタイトル画面へ戻される。
      • 1人用でも運頼みでストレスのたまるゲームを、ほぼそのまんま2人個別にプレイさせる対戦モードの存在価値って、一体…。
  • そもそもまる子にこんなあくどいことをさせている時点で原作レイプである。
    • 原作やアニメなどでもずるがしこい点は見受けられるが、バレて叱られたり、報いを受けたり、結局良心に負けて反省する等、良識は弁えている。
    • 原作でもまる子が家族相手にギャンブルを持ちかける場面があるが、最後は母親に怒られている。

評価点

  • まる子の最初の所持金は30円*2など原作再現もなくはない。
    • またタイトル画面や町内のBGMには原作アニメED曲*3「おどるポンポコリン」のアレンジが使用されている。このためパッケージ裏にはJASRAC表記や認可シールが貼られている。
  • グラフィックは当時のキャラゲー及びGBソフトとしては平均レベル。デモシーンのまる子の顔アップ絵は漫画そっくり。ミニゲームの画面やカードの絵柄としてよく見る各キャラの顔グラはそこそこだが…。
    • 負けるとタバコをふかすおとうさんや、困り笑いするおじいちゃん、平静を装いつつも動揺を隠しきれていない花輪君など、なかなか気の利いた絵もある。
    • はまじとみどりちゃんの負け顔はかなり独特。人によっては腹筋崩壊、もしくは気味が悪いとか感じるかも。
    • 一方マップ画面のドットキャラは識別が危うく、特におねえちゃんが一体誰なのかわからない。ただ容量を考慮すると仕方ない面もある。

総評

以上の点から、本作はGBソフト史上屈指の難易度を誇るクソゲー・運ゲーと言われている。
人によってはGB版『マインドシーカー』という人もいるほどである。しかし、あちらは一応セーブ機能があるのに対しこちらはそれすらないので、最早擁護不能な域に達していると言っても過言ではない。

キャラゲーとしても特にこれといって特筆する箇所が無い為、まる子ファンであっても購入はオススメしがたい。


余談

  • 本作の反省を踏まえてか、これ以後タカラの「ちびまる子ちゃん」のゲームは軒並み難易度が下げられており、開発元も変更されている。
    • が、まる子のゲームソフトとしては未だにこれが一番売れたソフトのようなので信頼は回復できなかったと思われる。
    • ちびまる子ちゃんのゲーム化権は機種ごと複数のメーカーにライセンスされていた。本作発売元のタカラは自業自得といえるが、翌年以降他機種でゲームを発売することとなったエポック社とナムコはいい迷惑である
  • また、後に発売される『人生ゲーム伝説』と同じスタッフによる開発だという(よく見るとグラフィック・フォントがまる子とそっくりで、途中セーブが無いところまでそっくり)。案の定、これも本作に負けず劣らずのクソゲーとして悪名をとどろかせるのであった。
  • パッケージや説明書には原作者描き下ろしと思われる「ゲームボーイを持ったまるちゃん」などのイラストが使用されている。1970年代を舞台とする原作の設定から考えると、わりと貴重な組み合わせのイラストと言えるかもしれない。
    • 説明書の表紙ではまる子のほか、たまちゃんや花輪君もゲームボーイを持っている。が、丸尾君はひとりだけ持っておらず、横で羨ましがっている。かあさまがゲームを許してくれないのだろうか。
    • たまちゃんは「コレ おもしろいね」と言っているのだが、本作の出来を考えると何か別の面白いゲームで遊んでいるのだ、と思わざるを得ない。
  • 説明書の文章は「ですます調」と「である調」が混在している。後者は作中のナレーターを再現しているのだろうが、出だしがですます調にもかかわらず、終わりだけである調になっている文が多いため、ただただ読みにくい。