里見の謎

【さとみのなぞ】

ジャンル (自称)オススメRPG
対応機種 プレイステーション
発売元 サンテックジャパン
発売日 1996年12月6日
定価 5,800円(税抜)
判定 クソゲー
ポイント 単純なシステムを斬新な新機能とごまかす
しんぱい 入りません!
メーカー公認でオススメ
テキストは電波とよくわからないなにか
ツッコミ所満載のバカゲーでもある
「母さん…ぼく、あたまがヘンになっちゃったよぉ………」


概要

  • サンテックジャパンのテレビゲーム初参入作品。しかしその実態は『修羅の門』『黄昏のオード』に並ぶPS用ソフト屈指のクソゲーである。SSの『デスクリムゾン』とは発売が近いこともあり、何かと比較される。とにかくネタでは負けず劣らず。
  • 同社は元々はカラオケ事業を手掛ける会社であり、社内はゲーム開発のノウハウに乏しく、それでいながら「音楽関係者中心で製作」と言う血迷ったモットーを掲げての開発であった。結果は言うに及ばず。
  • メーカーが自分でジャケットの上に「オススメRPG」と書かれたシールを貼るという詐欺まがいの暴挙に出る。
    • 当然ながらこのシールは発売後にソニー側より不当表示のクレームを受け、後期出荷分には貼られていない。

あらすじ

ある日海辺で釣りを楽しんでいた主人公(デフォルト名:ゆめわか)と飼犬(デフォルト名:ラブリー)、友人(デフォルト名:ようすけ)は不思議なを釣り上げる。
持ち帰って母に聞いた所、翌日母は突然失踪した
母の置手紙には近所のヘッケル博士を訪ねろと書いてあった。
しかしそれは時空を超える壮大な(?)冒険の始まりに過ぎなかった…。


母さん…ぼく、もんだいてんしか いえなくなっちゃったよぉ……

斬新すぎる新機能システムの数々

DCBS(ダイレクト・コマンド・バトル・システム)

  • バトル時に敵に対し□△○のボタンを押すだけで敵に攻撃する。ちなみに、複数のボタンを同時押しすればダメージは分散するが複数の敵に攻撃することが可能。
  • 快速なのはいいのだが、なぜかダメージ数値が出ないので、気づいたときには敵にやられていた、ということも。
  • このゲームはレベル差による能力の上下幅が激しいため、画面を見ずに連打すると、勝てる相手には一瞬で勝てるが、事前準備の足りない敵には僅か数秒で全滅できるという雑すぎるバランスとなっている。
  • パーティーの能力について
    • 武器で攻撃すると体パラメータが、道具で攻撃すると技パラメータが、魔法で攻撃すると心パラメータが上昇し、一番高いパラメータとその数値によって「なりわい」(称号、ジョブのようなもの)が変化するのだが…。
    • 体タイプ以外のなりわいは最大HPの伸びが非常に悪い。後半になると戦闘開始直後に体タイプ以外のキャラが即死し体タイプキャラ(大抵は主人公)が一人で黙々と殴るだけ、になりがち。
      • ちなみに最初のなりわいは「ふつうびと」だが、レベルが上がると「よわむし」「ざこ」「じゃくしゃ」等に変わる。
        強くなった気がしない *1
    • どうせ武器攻撃以外のダメージは誤差なため、まったく問題はないのだが。
    • 能力の伸びはボタンを押した数だけ伸びる。つまり2個同時に押せば2倍、全部押せば3倍。しかも全体に攻撃するとダメージが分散する為攻撃できる回数(つまり能力)も増える。
      • 攻撃力の高い道具は命中率が悪い、威力の高い魔法は消費MPが高すぎてすぐ燃料切れになる、ボタンを押した回数がそのまま経験値になる、と言うことで、馴れた人だと犬とヒロインの武器は更新せず、最弱の道具と最弱の魔法のままでクリアまでいってしまう。
    • ちなみに、なりわいで最終的に最も強いのは心技体のバランスを維持したタイプ。しかし、主人公をこのタイプに育成しようとするとHPが伸びないためまず詰む。
    • 結局、主人公は体、犬は技、ヒロインは心、最後のゲストキャラがバランス…で安定。
      • 技キャラはアイテム補給に、魔法キャラは回復魔法要員に、と、火力以外の役割が重要であるため、全員の体を伸ばすと詰まる。ある意味、キャラの個性づけや役割分担という観点では悪くないアイデアと言える。それを生かせるゲームバランスでないのが惜しかった。
    • また、最後のキャラが加入してから下手に雑魚戦を繰り返すと体タイプに変化してしまい、いきなり弱くなる罠がある。

FECS(フラッシュ・エンカウント・コントロール・システム)

  • 戦闘開始時のロードが一瞬で完了。本当に読み込んでいるのかというレベルで早く、スムーズにバトルに入れる(ただしグラフィックはSFCレベルであることから、そもそも読み込むデータ量が極端に少ないためというのが実情と思われる)。なおシステムで謳ってはいないが、エリア切り替えのマップ読み込みもやたら早い。
  • 敵キャラは移動・拡大縮小・回転はするものの、一切アニメーションしない。基本的には固定グラフィックが左右に揺れて、攻撃の時に拡大するだけ。エフェクトも非常にショボい。
    • 倒された敵は「ヴァァォォォ」という猫の唸り声のようなSE(断末魔?)と共にグラフィックごと後方に吹っ飛んでいく。グラフィックが普通の女の子でもこの声。普通に消えなさい。
      • 2年後に発売した本作に匹敵し得るクソゲーでも似た演出を採用している。超級クソゲーだからこそ成せる業なのか!?しかもあちらは3D。
  • 宝箱にひそんでいる敵とエンカウントした場合、戦闘終了後に宝箱の中身が消えているという不具合がある。事前セーブ&ロードしても必ず起こる。
    クリアに必須なアイテムが入っているというわけではないのだが、凄く損した気分になる。

PMLS(プログレッシヴ・マップ・リンク・システム)

  • マップが縦にのみ繋がっており、上に進んでいればクリア出来るという、まさかの縦スクロールRPG。道に迷ったりどこにいけばいいかわからないなどという事は無い。
  • 横に画面が繋がっている場面もわずかながら存在する(つまりシステムというより大部分のマップ構造を一本道に作っただけというのが実情である)。
    • 厳密にはY字状の箇所もあるのだが、片方をクリアするまでもう一方がイベントで通せんぼされていたりするので大差ない。
    • ひとつのマップがだだっ広いダンジョンなど、一応狭く感じない工夫はされている。一方で、無駄に広すぎて困る町などもある。
  • FECSとPMLSの二つは意外と肯定的に捉える人も居る。なぜなら当時のポリゴンRPGは、入り口や行動範囲がわかり難い、ロード時間が長すぎる、といったものが多かったからである。
    実際、シナリオとテキストが狂っている点を除けば、このゲームのシステム周りはPS有数の快適さである。お世辞抜きで
  • このPSとしては読み込みの少ない快適さを評価してレビューで高得点をつけたレビュアーが当時の『電撃プレイステーション』にいて色々ネタにされた。

じどう

  • 抱腹絶倒の名前ジェネレータ。通常、名前の自動入力となると、幾つも用意された名前からランダムで選ばれると言うものだが…。
    • 1文字ずつ乱数で選んでいるだけなので、「-ふぁゑゎ」「ゃによょぇ」など人間には発音不可能な悶絶ネーミングが飛び出す。起動の度に乱数表が初期位置に戻るらしく、何度かプレイしていてもあまり斬新なのが出てこないのが弱点。
      • どういう感じか体験してみたい方はこちらでどうぞ。
    • ちなみに入力も一気にしてくれるわけではなく1文字ずつである。
    • 尚、名前を入力できるのは主人公、途中で永久離脱する友人飼い犬、の二人と一匹だけ。他にも仲間になるキャラがいるのに。

シナリオ面について

プロデューサー小澤夢生(おざわゆめお)氏の放つ常人にはたどり着けない(電波)シナリオ&テキスト *2 の数々。
シナリオはほぼ全編電波で構成されていると言っても過言ではなく、シナリオを彩るテキストも常人には理解不能

  • 説明書に書いてある、主人公・夢若の解説から意味不明。
    • 「コンピュータが得意の、ごく普通の少年。を釣り上げたことで自分の中に何かに目覚め、時を越えた冒険の旅に出ることになる。」
    • 壺を釣った後は帰宅し母親と会話するのだが、開口一番「母さん・・・ぼく、あたまがヘンになっちゃったよぉ・・・・・・・」と切り出す。
      スタッフの状態を代弁しているこのゲームを象徴するセリフである *3
  • 最初の町『タテヤマーナ』からして狂っている。カツアゲがいたり *4 、銀行口座には金が無かったり *5 、コンビニに武器と防具が売っていたり、道場の師範代にはどうやっても勝てなかったり…。
    + 師範代とは…
  • 最後のゲストキャラが加入した後は、ラスボス前にこの師範代としか戦闘できないため、実は最終盤のレベル上げ要員である(そのため何回でも戦闘可能)。そのくせ、初戦闘がこの師範代ということも可能なのがツッコミどころ。
  • と言うか、敵の出るフィールドより手前にある街のため、初見ではいわゆる「初心者の館」と勘違いしやすい。建物に入って会話するだけで、事前警告一切なしにラスボスより強い敵がでてきたあげく、負ければ容赦なくゲームオーバー。どこから突っ込めばよいのか…。
  • 確かに「師範代」とは師範に次ぐ実力者の意味ではあるが、その道場には師範はおろか門下生もおらず、師範代一人だけである。普通のプレイヤーなら、ゲーム的に良くある安易ネーミングだと思い大して身構えないだろう。
  • 気を抜くと雑魚にでも一瞬で全滅させられるゲームのため、最序盤にセーブの大切さを教えてくれる道場、なのかもしれない。
  • 物語は「過去にタイムスリップした少年の冒険譚」である。
    • こう書くとまともそうだが、それまでの展開を簡単に説明すると、壷を釣り上げて「あたまがヘンに」なった翌朝、母は置き手紙を残して失踪タイムマシンすら造れる近所の博士から貰った通信機にいきなり通信を送ってきた友人主人公に因縁を付けて殴り殺そうとしたヒロインを仲間に加え、場所も教えられずただ「向かえ」と啓示を受けた洞窟から江戸時代へタイムスリップする。誇張無しでこの調子である。
    • 江戸時代から見れば怪しい格好をしているのですぐに捕まるのだが、そこで主人公が放った言葉は「なにをする!ここからだせ!おれは ゆめわかだ!」。やはりあたまがヘンになっちゃったようだ。
    • そこで唐突に自分が里見家の跡取りである事が発覚。行方知れずの父が残した巻物を手掛かりに探しに旅立つのだが…。
    • 水の巻物を求め、巻物屋に入る。その品揃えと言うと、「うずまき」だの「のりまき」だのふざけたものばかりだが、その極めつけが「まきしんぢ」。そして説明が「やんなっちゃう」。
      • 「あーやんなっちゃった」のウクレレ漫談で有名な故・牧伸二氏と掛けたのだろう。意図が全く伝わってこないが
    • ストーリー中盤でよいどれ仙人というボスが現れるのだが、HPが異常に高いためひたすら老人を殴り続ける消耗戦を強いられる。某レビューサイトでのプレイ日記によると283ターンかかったとのこと。
      • 残念な事に、レベル上げを怠らなければボスすら瞬殺できる本作においては最強のボスである。
    • ある中ボスは馬に化けて現れ「乗りまちゅか?」などと訪ねてくる。
      • ここまでならただの変なイベントで済むが、直後にこの馬が腹痛を訴えだし、「すごくくさいばふん *6 」と戦う事に…。
      • そしてこのボスの撃破後の断末魔が「ウーちゃんの……おんまちゃん……ど…こ…」。スタッフの正気がどこだ。
    • これらは本作の放つ電波のほんの一部である。全編を通してこの調子の電波シナリオを追わなければならない。
    • 敵のデザインも、上記の馬糞や仙人を始めとして(『摩訶摩訶』程では無いが)おかしいものばかり。
    • ツッコミどころ多数のシナリオなのだが、終盤からはスタッフも力尽きたのか「天空に行くため『ヒハ』と『ウハ』を取ってこい」等といった投げやりなシナリオになる。
    • ラスボス戦直前に前述のタイムマシンをも造れる近所の博士が仲間になる。普通なら足手まといにしかならなそうだが、この博士パラメータも装備品も決戦仕様であり非常に強い。ゲーム的な都合と言ってしまえばそれまでだが、アンタは一体何者だ。
  • 開始直後に「あなたの好みのタイプはどっち?」と極めて直接的に2人のヒロインのどちらか選ぶ場面があるが、ここで反映されるのはオープニングの語りだけ。最終戦への参加&エンディングの語り担当にもヒロイン選択があるが、これは終盤の「はい/いいえ」選択のみが反映される。何処でどう選んでも、ストーリー展開や、最終戦以外のパーティ編成に影響はない。
    • 上記の「好みのタイプは~」の際、説明として出る文面はかなりオブラートに包んだ表現であり、「おとなしそうだが好奇心旺盛」とされる方は小中学生に因縁付けてとんかち *7 で殴り殺す女子高生であり、「神秘的な魅力がある」とされる方はガチでトランス入って予言を口走る霊能者である。どちらを選んでも不退転である
    • 師範代を無視した場合、大抵のプレイヤーは女子高生ヒロインに初の全滅=ゲームオーバーを食らい、レベル上げの大切さを知ることになる。
    • ちなみに「一見おとなしそう」と書かれている女子高生だが、イラストやゲーム中のドット絵を見ても全くおとなしそうなタイプには見えない。
  • 最後のボスとの1回目の戦闘後と、2回目の戦闘中にそれぞれボーカル付きで歌が流れる。曲の評価は高いのだが曲調が二昔前のアイドル風なのであまりにも場違いすぎる
    • 2回目の戦闘時は、レベルが上がりすぎていると速攻で倒してしまい、イントロしか聞けなくなるので注意。
    • この歌を歌っているのは島紘子という、当時沖縄タレントアカデミー *8 の生徒である。
      • ちなみに上記のオープニングの語り(好みのタイプで選ぶキャラ)2人の声をあてているのも、彼女である。
      • 他にボイスがあるのは、主人公の飼い犬だけである(本物の犬の鳴き声を使用)。
    • この犬の名前が、LOVELYというのだが、エンディングのスタッフロールではLOVERYと間違っていたりする。
      + ちなみにこの飼い犬
    • この犬(名前変更可能)は前述のとおりパーティーキャラである。しかも主人公除いて唯一の非離脱キャラである。
    • つまり犬とヒロイン(と最後のキャラ)以外は永久離脱するということである。それもだいたいくだらない理由で *9
    • 技タイプに育てると戦闘終了後に高確率で回復アイテムを拾ってくる。被ダメージが大きめな本ゲームにおいて必須スキル。ただし…。
    • ストーリー中盤くらいまでは「おにぎり」「こめだわら」と言ったHPを大幅に回復する米系アイテムを拾ってくるため、戦闘中の回復には余裕がある。
    • しかし、ある程度なりわいが上がると「おちゃ」系のHPとMPを同時に回復するアイテムを拾ってくるようになる、が、お茶系アイテムはHPの回復量が米系に比べてとても低いためむしろ難易度が上がってしまう。
    • お茶を売って米俵を買えばいいのだが、アイテムを売買できる場所が少ないため、長丁場の移動を伴うイベントではそれも適わない。
    • そして顔グラの目が異常に怖い。
+ そして…エンディングのネタバレ
  • どちらのヒロインを選択していても、両人とも過去の里見城に戻ってしまう。元々過去の人間である千夜はともかく、現代の高校生のイズミまで。
    • 友人も現代を捨てて過去で暮らす事を選び、主人公の前から姿を消す。
    • そして最後まで主人公の側にいるのは犬だけである。嗚呼…。
  • 最後は伏線を残しまくりながら、主人公の両親の電波すぎる会話で物語は締められる。
    • 主人公は里見城の跡取りなのに、そこは完全放置である。
  • スタッフロールは宇宙をバックに大仰なBGMが流れるスペースオペラかと疑うほど壮大なもの。これ何のゲームだっけ?もしや同社の次回作への伏線だろうか?

評価点

  • 目立ったバグは無く、一応最後までプレイできる。電波シナリオと糞システムさえ我慢すれば。
    • 要は、こんな出来でも仕様通りに完成はしているということ。
  • 上記の斬新なシステムにより、戦闘とマップ移動のテンポは良い。テンポだけは。
    • システム、ゲームバランス、演出、グラフィック、戦略性と他の要素が全滅なのでまかり間違っても戦闘自体は評価点にならないが。
    • 上記のように戦況の把握が難しいので、ポンポンとボタンを押しているとテンポが良過ぎて寧ろプレイヤーの脳の処理が追いつかない。
    • クソゲーの新システムと言えば難解すぎたり発想に技術が追い付いていなかったりしてプレイヤーのストレスになる物が多いが、このゲームのシステムは少なくとも「テンポの良さ」と言う点には大きく貢献している。そもそも新システムと名乗れるほどの物なのか、と言う疑問は尽きないが
  • 女子高生の「イズミ」姫の「千夜」等、主要女キャラのイラストはそこそこ可愛い *10
    • その代償なのか男キャラのイラストは上記の通り致命的に下手糞。特に主人公・ゆめわかの。パッケージを見れば判る通り、12歳の少年でありながら全く若々しさを感じさせない程作画が崩壊している。
  • クソゲーのお約束か、BGMの評価は高い。この辺りはカラオケ会社であったサンテックジャパンならではと言った所か。
    • しかし、マップ移動の度に一々BGMが最初から再生されるので煩わしく感じることも。
    • 島紘子氏が歌うラスボス戦BGMが良曲なのも、評価が高い理由の一つと思われる。
      • 下記にある通り、このゲームをCDプレイヤーで聞けるので今となっては、「音楽CDを買ったら、おまけで出来の悪いゲームがついてきた」と言われる可能性もあるが…。
  • やりこみ要素
    • なりわいのカンストは、心・技・体・バランスとも苦行、やり応えがある。
    • 最後に加入する博士は、バランスなりわいカンストの一段階前で加入する。これを挑戦ととらえるか嫌がらせととらえるかはプレイヤー次第。
    • ヒロインは、終盤イベントで離脱した後にラスボス戦まで復帰しないため、離脱後に上書きセーブするとその周回では心カンストができなくなる。する必要は一切ないが。

総評

 BGMやプレイの快適さなどの僅かながら良点を持ち合わせながらも、グラフィック、システム、シナリオなど殆どの要素が壊滅的。それでいてオススメシールを自ら貼り、且つ劣化システムを斬新なシステムと言い切る厚顔無恥っぷりは方々でネタにされ、PS史上に残る伝説級のクソゲーとして君臨した。
 サンテックジャパンは一年後にゲーム作品第二弾『10101 “WILL”THE STARSHIP』を発売するも、こちらも本作とはまた違った方向性のオススメクソRPGであり、その翌年には早くもゲーム市場から撤退する事になる。


余談

  • こんな出来ではあるが、現在は(『デスクリムゾン』と同様に)非常に入手困難となっており、とくにオススメシールのついた物はプレミアがついているらしい。
  • ラスボス戦のテーマを唄っていた島紘子は、その後歌手としてメジャーデビューを果たしたのだが、これといった実績を残せないまま引退してしまった模様
    • 実質的なデビュー作がこんな有様だからとも言われているが、あまりにも不憫すぎる。
      ちなみにテーマ曲の入ったCDが同人レーベルとして出ていたらしいが、それ以降の消息は不明である。
    • ちなみに島紘子は上述の通り沖縄タレントアカデミーの生徒だったのだが、その同窓生にかの仲間由紀恵がいた、ということも不憫さを増幅させる。
    • このゲームをCDプレイヤーにかけると、島紘子からのメッセージと前述した主題歌2曲が聴ける。フルバージョンでこそないが、当時の声が聞けるだけ貴重な資料だろう。余談の余談だが、このメッセージだけで容量を半分使っているらしい。
      + 参考動画
  • 本作のエンディングの末尾には「TO BE CONTINUED...」というメッセージが表示されるが、発売元のサンテックジャパンは1998年にゲーム市場から撤退し、2004年6月29日に倒産したため続編が発売される可能性は皆無である。
    • 『時を生む種族』『両親の正体』『ヌーヌーの目的』など放置された伏線があるので、元々続編を出す予定があった可能性も元々無かった可能性も大きい。
    • 2010年3月にプロデューサーの小澤夢生氏の生存が確認されているので別の形で、というのはあり得るのか……?
  • 後にサンテックジャパンのアダルトゲーム部門が制作した『さよならの微笑み』と言うゲームにて本作のタイトルがクソゲー扱いされて登場すると言う自虐ネタがある。