メジャーWii 投げろ!ジャイロボール!!

【めじゃーうぃー なげろ じゃいろぼーる】

ジャンル スポーツ
対応機種 Wii
発売元 タカラトミー
開発元 六面堂
発売日 2008年2月7日
定価 通常版/特典付き版:7,140円(税5%込)
判定 クソゲー
ポイント 2008年クソゲーオブザイヤー据え置き機部門次点
Wiiリモコン要らない
リアルに試合長過ぎ
投げた瞬間に分かるストライク判定
極限にまで圧縮されたストーリー
ゲーム自体を「投げろ!」と言わんばかりの出来
ジャイロボールの名に恥じぬ「投げつけられた剛速球のクソゲー」
大賞とは違い、ひたすら苦痛を感じる
クソゲーオブザイヤー関連作品一覧
少年サンデー関連作品リンク


概要

  • 週刊少年サンデーの人気漫画で、アニメ化もした『MAJOR』(アニメ版は『メジャー』)の初ゲーム化作品。
  • 2008年KOTY七英雄の一つで、通称『メジャー1』『ダメジャー1』『ジャイロ』『投げろ!Wiiリモコン』。

問題点

  • 異様にテンポが悪く、1試合に2時間以上掛かるという本物の野球のプレイ時間を再現しているリアリティ。
    • 牽制球一つに約10秒、コースを決めて投球しストライク取るまで約30秒、ショートゴロでファーストに投げてアウトを取るまで(後述のミニゲームが発生しなかった場合)約15秒と、兎に角一つ一つの動作に時間が掛かり過ぎて爽快感が皆無。
  • 投手側も打者側も、Wiiリモコンを振ることで流れてくるゲージやアイコンを止め、球速やミートするかどうかを決定する。
    • さながらゴルフゲームのようであり、「Wiiリモコンを使う必要性が無い」との意見がとても多い。
    • 投げる度に双方がゲージを止める必要がある為、テンポの悪さの一因にもなっている。
    • システムの関係上、投手側がゲージを止めた段階で(投げた瞬間)ストライクかボールかが分かってしまうため、ボールの軌道を読む要素が崩壊している。
  • 投打に必ず挿入される、打球の飛んだ方向と無関係に流される意外性抜群のキャンセル不能のデモ。
    • ホームランの打球を外野じゃなくショートが追いかけたり、ファーストフライを大きな当たりに見えるように描写したりと色々おかしい。
    • また、1球1球の投球にもデモが流れる。
    • 三振を取った時は強制的にリプレイが流れるので、余計にテンポが悪くなる。
  • ゲームテンポを悪くしている原因のデモは、Wiiのレベルとは思えないグラフィックや演出のため褒められたものではない。
    • ガクガクのポリゴンに正気とは思えない効果音、エフェクトのセンス。
  • 主に守備時に、ボールのキャッチなどの成功判定となるミニゲームが挿入される。
    • 普通の野球ゲームなら簡単な操作で済まされがちな部分をリアルに体験できると言えば聞こえはいいが、ごく単調なミニゲームである上、打たれる度にミニゲームが必要というのは常軌を逸している。
    • ミニゲーム挿入の度に、操作説明やミニゲーム開始の「READY」「GO!」という合図が毎回出るのもテンポの悪化に拍車を掛けている。
    • 一部の守備ミニゲームをミスしても、続くリカバリーのミニゲームで挽回することができてしまう為、内野ゴロの処理に1分間もたもたしてもアウトになるという不思議な感覚が味わえる。
  • アウトかセーフかの判定がかなり分かりにくい。
  • 球場が「横浜スタジアム」の1つしかない。
    • 何故か住宅地に囲まれている夢島球場。原作ではそんなところには無い。
  • 『投げろ!ジャイロボール!!』というタイトルなのに、ジャイロボールに使用制限があるという謎仕様。
    • 原作では主人公・茂野五郎はフォームの関係上、ストレートボールを投げると『自然とこうなる』のであって、意図して投げている変化球ではない(逆に、他の人が投げる一般的なストレート回転のボールを投げられない)。
    • ジャイロボールである事が茂野のストレートが強い理由の一つでもあり、作中でもその方向から探った結果ジャイロボールである事が判明するため、「茂野の必殺ボール」という扱いも分からなくはないのだが…。
  • キャラのボイスも少なく、フォームも使い回し。
  • ストーリーモードのストーリーが極限圧縮。
    • 紙芝居を眺めてミニゲームのような野球をするだけのダメモード。特に夢島編では入島直後に主人公・吾郎が試験も無しにピッチャー不適正だと言われ、すぐにポジション別練習に入り、いきなり試験になり「吾郎を登板させてくれ」と頼む教官・乾とそれを何も無しに承諾する総監督・周防という、原作を知っているとかなりの超展開であり、いくらなんでも省略し過ぎである。

評価点

  • クソゲーのお約束というべきか、大賞同様試合中のBGMは良質と評価されている。

総評、余談

  • 文句無しのクソゲーであるが、アウトかセーフかの判定が分かりづらいことを除けば野球ルール的には破綻しておらず、ゲームとしては成立している
  • こんな出来の本作であるが、発売当時はキャラゲーであることと、ファミ通のクロスレビューの点数が7、5、4、5の計21点と中途半端に悪い点数だったことが災いしてか、購入者は少なく、KOTYでも話題に上ることは少なかった。
  • そのためクソゲーとしての実力こそ決して劣らないものの、「ヌギャー」「OOK」や「」が大賞候補になる中、本作は今ひとつ目立たない印象があった。後の「メジャー2」の出来の凄まじさも、ますます空気感に拍車をかけている。ある意味不遇の作品とも言える。
    しかし、前年の「四八ショック」を危惧していたクソゲープレイヤーには「今年も何かあるかもしれない」と前向きにしてくれたゲームでもある。

その後