スケバン刑事III

【すけばんでかすりー】

ジャンル アクションRPG
対応機種 ファミリーコンピュータ
メディア 1MbitROMカートリッジ
発売元 東映動画
開発元 ショウエイシステム
発売日 1988年1月22日
判定 クソゲー
ポイント ドラマ原作のゲームとしてはFC初
原作再現度ほぼゼロ
理不尽な難易度設定
奥行=高さ
やたらと長いパスワード

概要

風間三姉妹が、日本の支配を企む忍者集団「影」に立ち向かうという設定のアクションRPG。テレビドラマ「スケバン刑事III 少女忍法帖伝奇」を題材としている。

トップビューステージとサイドビューステージがあるが、十字キー+2ボタン(攻撃、ジャンプ)という動作は共通。

ゲーム上で一度に操作できるのは三姉妹のうちの誰か一人のみ。他の二人のどちらかに交代するには、スタートボタンを押してメニュー画面を呼び出す。忍法はメニュー画面で使うものをAボタンで指定し、メイン画面に戻ってからABボタン同時押しで使う。交代するたびにパスワードコンティニューに必要なパスワードが表示される。

敵を倒すと経験値が蓄積され、規定値に達するとレベルが上がる。体力上限、攻撃力が上がり、使える忍法も増える。

問題点

本作はファミコン初のテレビドラマを題材にしたゲームだが、完成度は非常に低い

  • タイトル画面には風間三姉妹がアニメ調で描かれているが、出来は稚拙で全く似ていていない。
  • ゲーム開始直後は街を舞台としたトップビューのステージだが、背景のビルの遠近法がおかしい。
  • ジャンプは出来るが、このゲームの奥行きと高さは同じ扱いであるらしく、ジャンプすると画面上方にいる敵に攻撃を当てられる。また、不用意にジャンプすると画面上方の敵の攻撃に当たる。
  • 敵の配置には一切気は使われていない。画面左右から、一度に2体までではあるが、無限に出現する、いわゆる垂れ流しである。
    • プレイヤーは4方向にしか動けず、攻撃は障害物に遮られるのに、敵は8方向に移動し、攻撃も障害物を貫通してくる。
  • マップクリアまでの距離はむやみやたらに長い。プレイヤーの移動速度の遅さとあいまって、プレイしているとストレスが溜まりがち。
  • マップ上の電話ボックスで「テレホンカード」を使う事で、暗闇指令から情報を得る事は出来る。しかし、ゲーム中に得られる情報量は極めて少なく、かつ断片的なので次に何をするべきかが非常に分かりづらい。
  • マップ上には川があるが、落ちれば残りHPに関わらず即死。何故か噴水に落ちても即死。ジャミラかお前は。
  • サイドビューステージには、ピョコピョコ動く白い釘の頭のようなものや、先端が赤いネジのようなものがあるが、これらのよく分からない物体は触れるとダメージを受けるトラップである。
    • ここでも敵は垂れ流しで、場所によっては画面上から降ってきた敵がボトボトと水(穴)に落ちていくというシュールな光景を拝める。
  • パスワードは73文字と無駄に長い。レベル、経験値、アイテム、HP、ステージ、倒したボスのみ記憶されるのに、そこまで長くする必要性があるのか疑問。
  • エンディングはスタッフロールに、右下にヨーヨーのカットが申し訳程度に表示された1枚絵のみ。クソゲーに見返りを求めてはいけないという教訓を思い知らされる。

評価点

  • 三姉妹がヨーヨー、折り鶴、リリアン棒を使える所だけは一応原作を再現している。
    • ただし、グラフィックが違うだけで武器の性能に差は無い。

総評

雑に作ったとした思えないゲーム。スケバン刑事IIIが大好きだ、という人ですら本作を楽しむのは難しいだろう。