【重要】改善判定の運用が変わりました。必要に応じて判定変更議論を行い、テンプレに従って判定欄を整えてください。


シムシティ ソサエティーズ

【しむしてぃ そさえてぃーず】

ジャンル 都市開発シミュレーション
対応機種 Windows
発売元 エレクトロニック・アーツ
開発元 Tilted Mill Entertainment
発売日 2007年12月20日
定価 8,190円(税込)
判定 改善
ポイント 誰得なシリーズ異色作
クラッシュ頻発、インストールすら出来ない事態も
底が浅く飽き易いシステム
パッチと拡張版で単体のゲームとしてはそこそこ遊べる出来に
シムシティシリーズリンク


概要

傑作と名高い『シムシティ4』から4年ぶりのシリーズ完全新作。それだけに期待度は非常に大きく、発表当初は全世界のファンが歓喜に震えた。
プレイ画面のSSが公開され、シリーズ創始者であるウィル・ライト等旧MAXISのスタッフが全く関わっていない事が判明すると事態は一転、早くも落胆の声が大きくなりはじめた。
いざ発売されると、シリーズの基本概念をことごとく切り捨てており、とてもシムシティとは呼べない代物…、ならまだしも不具合多発でゲームどころではない状態になってしまった。


問題点

シリーズものとしての問題

  • 区画整備や税金の概念が無くなり、5つの文化要素のいずれかを内包した建物をすべて自分の手で建てて、そこから収入を得なければならない。市長というより地主である。
    • 別の都市開発シミュレーションゲーム『シティライフ』のシステムとよく似ており、 シムシティである必要がない とファンに失望され、 シムシティの名をかたる偽物 の烙印を押された。
    • シリーズの派生作品『シムタウン』の後継とされているが、シムタウンほど市民と同じ目線に立てるわけでもなく、シムシティとしては都市経営の要素があまりにも薄い。どっちつかずで中途半端になっている。
  • 『シムシティ4』から受け継いで然るべき自由自在な地形造成や、斜面の有効活用もバッサリ切り捨てている。
    • 地形の造成が土地の平坦化以外無くなった上に、ちょっとした段差でも道路を敷設できなくなる。トンネルという選択肢は用意されていない。
    • 建物は斜めに建設できるのに、なぜか道路を斜めに敷くことは不可能。
    • 地下鉄はあるのに、鉄道や高速道路がない。その地下鉄も駅を設置するだけという簡素極まりないもの。

単体のゲームとしての問題

  • 建物が持っている要素の合計が一定数値貯まると、新しい建物のロックが解除される仕組み。それ以外のゲーム性が薄い。
    • 要素に絡む建物がそれほど多くなく、同じ建物ばかりで景観が画一的になりがち。
    • 軌道に乗れば、あとは好きな建物をただ建てて眺めるのみ。建物も成長したりせず変化といえば壊れる事のみ。それだけである。
  • 環境対策をゲームのウリとうたっておきながら、対策手段が非常に少ない。
    • 従来のシリーズで有効だった植林やマップの端に追いやるという手段が効かない。
  • 不便な仕様
    • シム(市民)の一括検索機能が無く、不満を持ったシムのニーズを聞くのがいちいち面倒くさい。
    • カメラのズーム範囲が狭く、都市の全域またはシムの視点で町を眺めることができない。
  • トロフィーやメダルといったやりこみ要素らしきものはあるが、お金がすぐに貯まるので達成が非常に簡単で底が浅い。

ゲーム性以外の問題

  • 町が大きくなり人口が増えてくると、途端にクラッシュ(強制終了)が頻発。人口10万人を超えろというだけで無理ゲーと化す。
    • 村レベルの大きさなら普通にプレイできるが、人口が数千人、数万人と増えてくるとメモリの消費が異常に増えて、動作がおぼつかなくなる。
    • せっかく綺麗な町並みやシムの様子を眺めて楽しもうとしても、画質やアニメーションの再現レベルを下げないと快適なプレイが望めない。
    • 取ってつけたようなオートセーブ機能付き。クラッシュの存在は折り込み済みだったと疑われてる。
  • 正規ソフトが違法ソフトと判断されてはじかれる謎の現象が多発し、インストールすらまともに出来ない事態に。
    • インストールの不具合は現在も放置状態。必要スペックを満たしていてもプレイできるとは限らない。
  • パッチと拡張版でいくらか改善はされたものの、PCへの高負荷は相変わらずで、これらの不具合も完全になくなったわけではない。
    • 発売当初の日本のメーカー対応は完全無視。そのお粗末さに失望して、ただでさえ少ないユーザーが完全にいなくなってしまった。

評価点

  • 五度にわたる大型パッチ配布で不具合の改善や新要素が追加され、それなりに遊べる内容とはなった。
    • 建物の維持費や住民感情の傾向が加わり、戦略性を問われるようになるストラテジーモードや、シリーズお馴染みのシナリオモードも追加された。が、シムシティなら最初からあって当たり前の機能ではある。

総評

ソフト単体ではクソゲー、改善点を足せば十分に遊べるが、シムシティファンの望むものとは成りえなかった。
この作品に対するシムシティファンの反応は「無視」。仮にもPC版シムシティ最新作でありながら、攻略サイトは皆無である。


余談

  • 2ch本スレには「シムシティ4の出来を100点とするならソサエティーズは30点」とある。
    • が、それ以上の内容については誰も言及しない。そもそもインストールすらまともに出来ないのだから。
  • Windows Vistaでは、大抵の場合動作しない。
  • 改善要素を盛り込んだ状態の日本語体験版が公開されている。
    • クラッシュや動作不良に苦しむことなくこのゲームの良い点を存分に味わえる。正直これで十分。
  • 拡張版『ディスティネーションズ』が発売され新たに観光客を呼び込む要素が加わったが、すべてはあまりにも遅すぎた。