ドラッケン

【どらっけん】

ジャンル RPG
高解像度で見る 裏を見る
対応機種 スーパーファミコン
メディア 8MbitROMカートリッジ
発売元 ケムコ(コトブキシステム)
開発元 Infogrames
発売日 1991年5月24日
定価 8,500円(税別)
判定 スルメゲー
ポイント ハックハック ドラッケン!
ドラッケンシリーズ
ドラッケン / スーパードラッケン

概要

もともとは1989年にフランスのInfogrames(インフォグラム)社から発売されていた、疑似3Dロールプレイングゲーム。本項は1991年にケムコによって移植されたSFC版に関して述べる。

ストーリー

ドラゴンが滅びる時、新世界が誕生し人間は滅ぶ。
ある時、突然魔法がこの世界から消えてしまった。神の忠告を聞かずに、人間はドラゴンを絶滅させてしまったからだ。
神はドラゴン人間、ドラッケンによる新世界を作った。その舞台、ドラッケン島では人型ドラゴンであるドラッケンと、人間が暮らしている事が明らかになった。またドラッケン島は徐々に大きくなっていき、いずれは世界中を食いつぶし、人間を滅亡させてしまうことが明らかになってきていた。
ドラッケン島は空、水、大地、炎の4つの地域に分けられた。
それぞれの地域は、2匹のドラッケンが支配していた。
このままでは人間の世界は、ドラッケンによって滅ぼされてしまう。
しかし神は人間に最後のチャンスを与えた。
ドラッケン島にある「8つの涙」を手に入れる事が出来れば、滅ぼさないと約束したのだ。
世界の危機を救うため、4人の英雄(プレイヤー達)がこの島に旅立つことになった。4人の英雄は、この危機を乗り切るために、ドラッケン達の内乱を鎮め、8つのジェムを集めなくてはならないのであった。

特徴

  • 本作は初めにプレイヤーとなる4人のメイキングを行う。
    • 職業はファイター(アマゾン)、スカウト、マジシャン、プリースト(プリーステス)の4種ある。各職業について1人ずつ、名前や初期能力値を決めていく。
  • プレイヤーは擬似3Dフィールドを360度自由に移動する事が出来、非常に開放的である。
    • またこのゲームには時間の概念があり、現実の時間で約10分経過すると一昼夜となる。夕暮れになると徐々に空が赤く染まり、夜になると空には星が現れ、画面も夜が更けるにつれて暗くなっていく。
  • フィールドではスタートボタンを押すと全体マップ、現在位置、方角が表示されるので基本的に迷う事はない。
  • アイテムの売買はフィールド上ではランダムに出現する「さすらいの商人」によって行う。
    • また、草原地帯のとある場所には「さすらいの商人」が常駐している場所がある(近くにはその存在について言及する老人も出現する)。
  • 画面下にはプレイヤーの状態を表すスペースがあり、プレイヤーが装備している武器や防具の様子が示されており、装備を変えるとちゃんとグラフィックが変わる。
  • 武器や防具は比較的あっさりと壊れる。
    • ダンジョンにある装備はダンジョンの出入りを繰り返すといくらでも取れるので場所を覚えておくと安心。
  • フィールドは3Dだが、ダンジョンは1画面分の2D室内を、そこにある幾つかのドアを通って探索する形になっている。
  • 敵とエンカウントするとプレイヤー達が下から画面内に現れ、事前に指示した行動に従って(戦闘中も変更可能)オートで敵キャラを攻撃する。

評価点

  • 演出は当時としてはかなりのもの
    • このためにわざわざエンジンを作ったほどであり、原作発売当時から『ドラッケン』のウリであった。1994年に発売された続編の『スーパードラッケン』にも引き続き採用された。
    • 強力な防具を装備するとどんどんグラフィックがゴツくなっていくのも嬉しい。
  • BGMの曲数は25曲程度とかなり多い。
    • フィールドは草原、湿地、雪原、砂漠の4種類あるが、それぞれにつき昼のBGM、夜のBGMが専用に用意されている。
    • プレイヤーが立ち入る事の出来るダンジョン(城)は6つあるが、これもそれぞれ異なるBGMが用意されている。

変な点

  • シュールな戦闘光景
    • 戦闘時のBGMは大抵が無音。剣をぶつける「カンカン」、何かを殴る「ボスッ」、ダメージ音の「バシィッ」、後は敵の叫びらしい「ウェア!ウェア!」(このバリエーションはいくつかある)、という効果音だけ。
    • 一応、BGMらしきものが用意されている敵もいるが、それらもシュールなものばかり。
      • その場から動かずに反時計回りにゆっくり剣を振り回す全身ワイヤーフレームのような人型の敵「サムライ」、「ゴーファー!ゴーファー!」と叫びながら、高速に左右で動きつつファイアボールを連発してくる「ケンタウロス」、雪原地帯で「ドンドドドン ドドドドドン」というBGMと共に地中から出現する、射撃場に出てくるマンターゲットの全身版のような敵「ジャイアント」、砂漠地帯で「アアーン アアーン」と吠える上半身だけの赤いシルエット「イリュージョン」、MAP上の墓にぶつかってしまうと出現する巨大な犬の頭の魔物「マッドドッグ」など。
    • とあるダンジョンでは暖炉の中の「燃えカス」が襲いかかってくる。一応敵扱いではあるが、その場から動く事はなく、「グギョギョグギョギョ」という奇妙なBGMが流れるだけで、一切こちらはダメージを受けないし、倒しても何も無い。
    • 敵の大ボスとして戦うドラッケンもいるが、その時のBGMは「ゴンガンゴンガンゴンガンゴンガンゴンゴンゴン!」という奇妙なフレーズが何度も繰り返される。
    • ちなみに、倒された敵は花火のように煙と破片と共に爆散する。
  • 「バババババーン」という効果音と共に出現する老人(オールドマン)は、「さすらいの商人」だったり、情報を教えてくれる人だったりするのだが、この時のBGMも「ホンホホホンホンホン」という鼻歌か何なのか分からない奇妙なものである。
  • 夜間、外を歩いていると大抵1夜に1回、''空に浮かぶ星座がモンスターに変化して襲いかかってくる。
    • '' 序盤だとまず勝てない ので、夜間は、常に安全な場所である「建物前」で待機したほうがいい。どういう訳か説明書はこの敵の存在について触れていない。
  • 最初~中盤に訪れることになるホドケン城の堀には、序盤少し過ぎから何故か人食い鮫が棲み着いており、城に入るタイミングが悪いと一瞬で喰われて死んでしまう。鮫のヒレが橋の右に見えた時以外に城へ入ろうとしてはいけない。喰われるとBGMが途端に無音になる演出も不気味さを増している。
    • おそらくは外敵を防ぐためのものだろうが、その辺りの説明も星座同様、ゲーム中にも説明書にも全く無い*1ため、初見からしばらくは一体何が起きたか把握しにくい。

問題点

  • グラフィックはフィールドは美しいが、反面ダンジョン内はかなり粗く、何がどこにあるのか非常に分かりづらい。
    • ダンジョンではリーダーキャラ(切り替え可能)を操作して隣接する部屋のドアへと移動するのだが、この動きもかなりカクカクしている。
  • 戦闘がオートであり、しかも戦闘バランスは大味。
    • 敵、味方とも攻撃が命中するかどうかはステータスにもよるがランダムであり、ダメージ量も非常にバラツキがある。
      • 特に開始直後は勝てる時はあっさり勝てる、死ぬ時はあっという間に1人死ぬ、という事も起こりがちである。また「ゆみ・や」という飛び道具である武器が異様に強力で、これさえあれば他の武器(接近戦用)は全くと言っていいほど必要が無くなるという難点もある。
  • 「あきビン」というアイテムがあるが、オリジナルと違ってダンジョン内の泉の水を汲むことはできないので、売って金にするだけの存在になっている。

総評

「すぐに死ぬから」「何をしたらいいか分からないから」という理由でクソゲー扱いされがちな本作ではあるが、ドラッケン島に4つある教会では無償で全キャラの蘇生&回復が可能である。ゲーム直後は装備が貧弱だが、最初のダンジョンで装備を調え、教会付近でレベルを上げればすぐに死ぬ事も無くなる。

上述の「ジャイアント」「イリュージョン」「マッドドッグ」、また空を飛ぶため攻撃が当てづらい星座が変化した敵は、レーザーで攻撃してくるので攻撃力、命中率とも高く、低レベル時は一撃で殺される事もある。しかしこれらの敵も全てLRボタンの連打で逃げる事が可能である。

ストーリーは「ドラゴン王家を巡る愛憎劇」であり、他に類を見ないという点では独特ではあるが、内実は良くも悪くも「お使いゲー」。「~したから~に行ってくれ」というものばかりである。一部多少分かりづらい謎解きがあるが、行く先々の話を聞けば詰まるような事はない。ちなみに、原作はもっととんでもない謎解きがあり、敵モンスターもSFC版とは比較にならないほど強かった。これでも大幅に難易度を低下させて移植しているのである。

洋ゲーの移植作という事で悪く見られがちだが、フィールドを自由に歩く感覚、刻々と切り替わる空の様子など、じっくりプレイすると独特の世界観に浸れる「味」のあるゲームである。多くの機種に移植されたことからも、それが伺える。


ドラッケン(FM-TOWNS版)

【どらっけん】

ジャンル RPG
高解像度で見る 裏を見る
対応機種 FM-TOWNS
メディア CD-ROM
発売元 富士通
開発元 インフォグラム
発売日 1990年11月
定価 8,500円(税別)
判定 スルメゲー
ポイント 豪華声優陣

変更点(FM)

  • 基本はSFC版と同じだが、SFC版発売から1年前であり、メディアがCD-ROMだったため、松井菜桜子、水谷優子、富山敬、古川登志夫、麦人などの豪華声優陣が声を担当した。
  • 武器・防具は壊れない。
  • HPやMPは通常画面では棒グラフで表わされる。
  • 呪文は左下の剣のマーク(この状態のままだと剣攻撃をする)をマウスでクリックすることにより呪文名に切り替えて使用するのだが、ドラッケン文字という英語を変換したもので描かれているためわかりにくい。説明書には変換図解があるが、面倒。
  • 即死トラップが複数。
    • ホドケン城の鮫はゲーム開始時から存在。他に特徴的な例としては同じく序盤に訪れるアーケン城に「アンロック」の呪文を使わずに入ろうとすると、門の跳ね橋が上がって一度閉まり、同時に悲鳴が聞こえる。入ろうとしたキャラは死亡。そして跳ね橋は再び開く。「城に喰われた」ような印象である。SFC版ではキャラが入る直前に跳ね橋が上がるだけで済む。
    • SFC版では目的地を分かりやすくするために序盤は草原しか行けないように制限がかかっているが、そういった配慮はされておらず、序盤から全ての地形へ行けてしまう。
    • ダンジョンの泉から「空き瓶」を使用して水を汲むことが可能。汲んだら薬系アイテムとなる。

余談

  • 説明書の表紙はパッケージとは異なりアニメ調の絵だが、そのためいっそう女性の服装が刺激的である。