マクロスエースフロンティア

【まくろすえーすふろんてぃあ】

ジャンル 3DACT
対応機種 プレイステーション・ポータブル
発売元 バンダイナムコゲームス
開発元 アートディンク、ベック
発売日 2008年10月9日
定価 5,040円(税込)
判定 なし
ポイント シリーズ一作目
マクロスゲームリンク


概要

『超時空要塞マクロス』から『マクロスF(フロンティア)』までのシリーズ作の機体やパイロットが登場する3Dアクションゲーム。
キャッチコピーは「マクロス作品がPSPに集結!時空を超えたドッグファイト!」。
『ガンダムバトル』シリーズのマクロス版とでも言うべき作品で、シリーズ四作目『ガンダムバトルユニバース』と同じゲームエンジンを使用して作られている。

システムの特徴

  • 原作を踏襲した変形システム
    • 『マクロス』全編で活躍する可変戦闘機「バルキリー」は、ファイター・ガウォーク・バトロイドの三形態に変形可能となっていたが、本作でもそのシステムを再現することに成功している。
      ファイター 戦闘機形態。機動性に優れるが火力は低めで耐弾性能も低い。
      ガウォーク 中間変形形態。ある程度の格闘戦も可能で、小回りが利き乱戦に向く。
      バトロイド 所謂ロボット形態。火力が高く、足を止めての撃ち合いで真価を発揮する。
    • アナログパッドを上に押すとファイター、右か左でガウォーク、下に押すとバトロイドに変形。戦況にあわせて臨機応変に使い分けられる。
    • マクロス級戦艦などの大型ユニットは変形速度も遅くなっている。
    • 変形時の挙動もちゃんと作られており、その辺もぬかりはない。
  • 標準装備されたマルチロックオン
    • 『ガンダムバトル』シリーズでは一部の機体がチャージ射撃時に使えるだけだったマルチロックオンを、多くの機体がゲージ消費なしで使用可能。
    • ミサイルが飛来する際には、ちゃんと雲を引いて突っ込んでいく。所謂糸引きミサイル。
  • 歌について
    • 一部のユニットは、歌武装を装備している。スピーカーポッドを撃ち込んでおかないと効果がないという欠点はあるが、有効中は近づくだけでダメージを与えることが出来る。
    • 対大型ユニット戦では非常に役に立つが、雑魚戦では少々使いにくい。
  • カラーリング変更
    • 完全に自由というわけではないが、機体のカラーリングを変更することが出来る。
    • 「黒いファイヤーバルキリー」や「赤いVF-21」なども作成可能。マルチプレイ時に機体を見失わずに済む効果もある。
  • 友好度
    • プレイヤーキャラとパートナー・オペレータの間には友好度が設定されており、これによってミッション時の台詞や指示の効果などが変化する。
    • 例えば仲のいいパイロット同士だとミッションクリア時に「今日は朝まで付き合えよ!」と言われたりする。
    • マクロスシリーズらしく、三角関係になるようになっているのも特徴。

評価点

  • 手軽に楽しめるドッグファイト
    • ファイター形態ではフライトシミュレータのような画面構成ながら、操作は簡単で『ガンダムバトル』シリーズに近いアクションが楽しめる。
      • 続編ではリアルフライトモードが追加された。
    • 各作品ごとに難度が独立しており、どの作品からでも問題なく遊べるのも良い。
  • 多数のボーカル入りBGM
    • 「歌」がキーとなる作品だけに、有名な曲がボーカル入りで使用されている。

賛否両論点

  • カスタムサウンドトラックが使いにくい
    • 各フォルダごとに一曲ずつMP3ファイルを入れなくてはならないし、ゲーム中にファイル名を確認することが出来ない。
    • その後もこの仕様は続き、ユーザーを悩ませることになる。
  • タイトルにも入っている『F』が中途半端
    • 製作時期を考えれば仕方がないが、やはり尻切れトンボ。もう少し待って、完全な形にしてくれれば……。
  • ミサイルが有効すぎる
    • 自分が使う分にはいいが、敵がミサイルを使ってくると防ぎようがない。ロックオン性能が高い分、狙われると厳しいものがある。
    • 次回作では、ミサイルを迎撃するAMA(アンチミサイルアクション)とミサイル警報が追加された。
  • ステージがバリエーションに乏しい。というか使い回しが多い
    • 汎用性を重視しているのか、同じようなステージが多い。公式サイトでは6パターンが紹介されているが、ほぼこれ。後は宇宙。

総評

『ガンダムバトル』のキャラ置換ものに見られがちだが、マクロスならではの設定を盛り込んでしっかり作られている。
だが色々と粗も目立ち、原作愛補正を加えないと高評価は付けられないか。
次回作以降ゆっくりとだが着実に進歩していくので、今はまだこの辺といったところ。