ダブルダンジョン

【だぶるだんじょん】

ジャンル 3DRPG
対応機種 PCエンジン
メディア 4MbitHuカード
発売元 メサイヤ(日本コンピュータシステム)
発売日 1989年10月31日
定価 5,500円
プレイ人数 2人
レーティング CERO:A(全年齢対象)
配信 バーチャルコンソール
【Wii】2007年3月6日/600Wiiポイント
【WiiU】2015年2月10日/617円
PCエンジンアーカイブス:2010年11月17日/600円
判定 なし
ポイント 単調でショボい
RPGと思って買ったら負け
テンポが良く、爽快感あり
「RPG要素がある迷路ゲー」と割り切れば長く楽しめる


概要

  • 2人同時プレイができる(疑似)3DRPGというコンセプトで発売された。
  • 6段階のレベルに分かれた22のシナリオがある、レベルが高くなるほどダンジョンは広くなりボスや後半のザコが強くなる。
  • レベル1から5の各シナリオをクリアすると、レベル6シナリオをプレイするためのパスワードが1文字ずつ表示され、
    これらを全部クリアするとレベル6シナリオをプレイすることができる。
  • 現在はバーチャルコンソールや携帯アプリでも配信されている。

ゲームの流れ

  • プレイ人数、プレイヤーの名前、プレイするシナリオを入力するとプロローグが表示され、ゲームが開始する。
    • どのシナリオでもレベルは1から、高レベルのシナリオでも最初はレベル相応の敵が出る。
  • 戦闘時にできることは「攻撃」「アイテム使用」である、移動すれば逃げたことになる。
    HP回復はアイテムで行う。モンスターのドロップ、店、宝箱で手に入れる。
    • モンスターからのドロップは1/8の確率で、アイテムが所持限界の6個の状態では絶対に出ない。
    • モンスターは全て決まった位置に配置されていて移動しない、倒した後は基本的に初期の弱い敵のみ時間が経てば復活する。
      それ以外はパスワードで再スタートした時に復活する。(ちなみに宝箱も)
    • ボスを含めて、全ての敵から簡単に逃げることができる。
  • 魔法は魔法アイテムによる攻撃のみでMPという概念はない、アイテムを宝箱で拾うか店で買うか(かなり高価)して使用する。
    一定のダメージを「確実に」与えられる上に、何回使用してもなくならない。
    • 高レベルのシナリオの終盤のザコやボスはかなりの確率で攻撃を回避する、だから魔法を使えると便利で快適。
    • なお低レベルのシナリオだとまずアイテムが入手できないし、仮にあっても使う必要性が低い。
    • 敵が魔法を使ったという表示はないが、敵によってはダメージがかなりばらつくことがある。
  • 宿屋はあるが、LV20まではレベルアップするとある程度自動回復するし、序盤は出費がややでかい。
    回復アイテムが入手しやすいのでほとんど使用しなくて済む。
  • HP0になったら所持金を全て失ってスタート地点に戻される、ゲームオーバーはない。
  • ボスを倒すとシナリオクリアとなり、エピローグが表示される。
    • ボスの部屋に入るには、宝箱から「ユニコーンキー」を取っておく必要がある。
  • 2人プレイ時は協力することもできるし、プレイヤー同士で戦って所持金を全部奪うことも可能。
  • データ保存手段はパスワードのみで、移動時であればドアの前以外いつでも表示可。

問題点

  • とにかく単調でショボい。
    • BGMはオープニング・ダンジョン・店・ボス戦・エピローグの5種類のみで、どのシナリオを選んでも全て同じ。
      それどころか、モンスター以外の全てのグラフィックも何もかも同じ。
      発売時期を考慮しても、22もシナリオがあってこれは手抜きとしか思えない。
      • グラフィックの質も、発売時機を考慮しても平均水準よりは下と思われる。
    • ダンジョンには一切の仕掛けもないし1フロアしかない、そして後半のシナリオはやたら広い。
    • どのシナリオでもやることは、モンスターを倒して経験値と金を稼いで強い装備や回復アイテムを買い、
      ボスの部屋に入る鍵を探し、ボスを倒すということだけである。
  • ストーリーが空気
    • どのシナリオにも固有のストーリーが付いているが、ゲーム中で反映されるのは基本的にはボス戦闘前のセリフだけ。
      他はたまにザコ敵がストーリーにちなんだもの(魔法使いに関係するシナリオであれば魔法使いが多く出るとか)になっているくらい。
      無論イベントも謎解きも一切ない。
    • プロローグ・エピローグは数行の文章のみ。
      最終シナリオをクリアしても、数行の文章の後(しかもめちゃくちゃ陳腐)一枚絵(誰が見ても嬉しくならないようなもの)が出るだけ。
      全シナリオをクリアしても得られるものは何もないに等しい。
    • このゲームの世界は2つの月があるらしいが、もちろん世界観なんかもどうでもいいものである。
      説明書でもそのような扱い。
  • 単純な操作が売りの1つだが、かえって迷惑な時も。
    • 武器・防具はそれぞれ一つしか持てない。(正確に書くと、装備を売ると初期装備が自動的に装備される)
      • 店で現在持っているものより安いか(=弱い)同じものを買えないのはいいが、
        高いものを買うとそれまで持っていたものが消えてしまう、買う前に売らなければ損をする。
    • 宝箱から入手するときは弱いものでも入手できてしまう、もちろんそれまで装備していたものは消える。
      とは言え基本的に宝箱の装備は最終装備になることが多い。
      • 後半のとあるシナリオでは意図的に弱い装備を入れている宝箱を置く、というトラップ的な意地悪をしていることがある。
        開ける前に何が入っているのか確認はできるが。(これは評価できる)
    • パラメーターはHP・攻撃力・防御力・回避力・経験値のみ、このうち表示されるのはHPと経験値のみ。
      (一応パスワードで素の攻撃力と防御力の数値変化は確認できる、装備の攻撃力・防御力は不明)
    • PCEの仕様でパッドリセット(RUNボタン+SELECTボタン)があるのだが、
      1人プレイの場合はショップのアイテム送りにSELECTボタン、パスワード表示にRUNボタン、
      2人プレイならそれに加えてステータス表示にSELECTボタンを使用するため、
      不慮の事故でゴム製のボタンが引っかかった場合、RUN押した瞬間勝手にリセットになる悲劇も…
  • 一部シナリオでは色違いの敵どころか「色同じ」の敵まである、名前を確認しておかないとひどい目に遭うことも。
  • パスワードに「ひらがな(あ~を、一部抜け有)」「カタカナ(ア~ノ)」「アルファベット大文字(A~Y」
    「アルファベット小文字(a~y、kpswxの5文字抜け」「数字」「記号(&!?:/等の10文字)」と多くの文字セットを使用
    • メモする際「lI1/ノ、i:!、OoQ0、VvUu、Cc等 似た文字が多く書き分けが困難 」「 書いたパスワードの文字が判別できない
      そもそも文字がぼやけて何て書いてあるか判別できない 」と後半面になるにしたがって心が折れる仕様。
    • 更に2人プレイの場合、2人分の現在地やステータス記録のために単純に文字量が2倍になる、長丁場のシナリオではかなり大変である。
    • 色付きのパスワードが理不尽だという意見もある、普通は水色だが紫の文字がわずかに混じっている。
      • 紫の文字はきわめて少ないし、書き写す時には○で囲むなりしておけばいいので問題なのか? と思うが。
      • 「ⓒ」がパスワードに存在する為、確実なのは色違いのペンを用意する事だった。
      • そもそも 紫の文字が黒地のBGに滲み判別しにくい 。上記文字判別問題も絡みストレスがたまる。
+ 詳細
  • 内部的な話をすると文字ごとに数値が設定されており、A=0を基準として、
    ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXY(0~24)
    abcdefghijlmnoqrtuvy(25~44)
    あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねの(45~69)
    はひふへほまみむめもらりるれろやゆよをん(70~89)
    アイウエオカキクケコサシスセソタチツテトナニヌネノ(90~114)
    0123456789!?&(115~127)と言う値になっており、
    紫文字にすると元の値に+128が足されて128~255の数値になる、いわゆる16進数の00~FFまでの数値。
    (例外は&以降の文字 :・/@”「」 で紫文字であっても前から順に128~134)

このゲームを「RPG」として見ているとクソ要素ばかり出てくるが、それでも以下の理由よりクソゲーとは言えないと思われる。


評価点

  • テンポが良好で、爽快感がある。
    • ダンジョンの移動は高速でスムーズ。
      迷路は決して単純なものではなく、しかもオートマッピングなんてない。
      それでもスムーズに移動できるので、特に低レベルシナリオならさほど苦にはならない。
    • 戦闘は(実質)早送りできるし、攻撃ヒット時のSEもなかなか爽快感がある。
      (ただし後半のシナリオの敵は回避率が高く、必中の魔法アイテムがないとメッセージ送りに連射機が欲しくなってくる)
    • 戦闘時のエフェクトも、簡素ながら爽快感を感じさせるものである。
    • ダンジョンのBGMが1種類しかないのはいただけないが、テンポを悪くしない無難な出来である。
  • この結果単調・単純であることがむしろ、時間つぶしにレベル1や2のシナリオをプレイしてみようという動機につながりやすい。
  • ゲームバランスは敵を倒す順序を間違わない限り、少なくとも1人プレイでは良好。
    気合を入れれば、マッピングなしの記憶力のみでレベル4シナリオも突破は可能。
  • プレイしながら覚えておかなければならないことは、「この敵がどのくらいのレベル・どのくらいの装備で倒せるか」くらいである。
  • ストーリーの空気さも「RPG要素がある迷路ゲー」と割り切れば気にならない、物は見方ということである。
  • そのような見方ができる人にとっては、気軽に長く遊べるゲームになりうる。

総評

  • 流石に本作の単調さは発売時期を考慮しても擁護できるものではない、BGMやダンジョンの背景グラフィックぐらい複数作っておけと。
  • それでも当時の書籍やネット検索をしてみると、クソゲー評価一辺倒でないどころか肯定的に評価する意見も結構見られる。
    (明らかなクソ評価というのはまずない)
    しかも決して「2人同時プレイができる3DRPGだから」という、オリジナリティのみで評価されているというわけではない。
  • 斬新なシステムとか素晴らしいグラフィック・音楽・ストーリー、そういうものだけが全てというわけではなく、
    何か輝くものがあればそれなりに受け入れられるゲームにもなりうるという見本ではないかと考える。


余談

Wii/Wii UのVCとPS3/PSPのPCEAでも配信されている。
こちらでは上記のパスワードで悩まされることはないので、一度挑戦してみてはいかがだろうか。