このページはスーパーファミコンソフト『夜光虫』とその移植版『夜光虫GB』の紹介をしています。



夜光虫

【やこうちゅう】 

ジャンル サウンドノベル
対応機種 スーパーファミコン
メディア 16MbitROMカートリッジ
発売・開発元 アテナ
発売日 1995年6月16日
定価 10800円
判定 なし
ポイント ルートの乏しさ

概要

恐らくチュンソフト以外のメーカーから発売された、初のSFC用サウンドノベルソフト。
太平洋を航行中の貨物船を舞台としたゲーム。
シナリオは脚本家の白石マミ氏が担当。

特徴

  • テキストは横書きではなく縦書き。
  • チュンソフト製の元祖サウンドノベル『弟切草』『かまいたちの夜』を意識して作られており、作中では主人公が「読む小説とでも呼ぶべき縦書き草の夜」なるゲームをプレイしているという台詞がある。
    • 因みに『かまいたちの夜特別編公式ファンブック』に、本作に関するちょっとしたエピソードが記載されている。

評価点

  • 貨物船という珍しい舞台設定
    • 主人公は貨物船の船長であり、航行中の貨物船の中で事件に巻き込まれるという舞台設定は他に類を見ない。
    • ただしこの舞台設定が本作のオリジナリティでもあるとともに、舞台や登場人物が限られてしまうことによって後述するシナリオのバリエーションの乏しさに繋がっている面も否めない。
  • 何度かプレイしていると、冒頭の主要キャラ紹介のテキストがカットされる。

問題点

  • シナリオ自体のバリエーションが少ない。
    • 基本シナリオは「近藤編」「密航者編」「殺人蜂編」の3種類あるが、各エンディングバリエーションは多くない。
    • 選択肢も「どれを選んでも結局同じ」というものが大多数。
      • 「殺人蜂編」では、蜂に刺されても刺されなくてもエンディングは結局同じ。1度刺されたら体内に卵を植え付けられるから助からないという医者の台詞も出てくるのに、である。
    • 1度見た結末をもう1度見ると結末が若干変わるという仕掛けも少しはあるのだが、「近藤の霊に導かれて主人公達は助かった」という結末が、最後の選択肢でどちらを選んでも「これから助かるかどうかも結局わからない」に変わっているという謎の変化もある。
      • 後のGB版ではこの最後の選択肢で助かる結末があり、また上記「殺人蜂編」の矛盾も追加分岐でフォローされている事から、容量不足で急遽削ったのかと勘繰ってしまうほどである。
  • コンティニューは「オートセーブの続きから始める」か、「最初からやり直す」かのみ。『かまいたちの夜』の様な章単位のコンティニュー機能は無い。

総評

速読みなど便利機能が存在しないのは時代を考えれば仕方ないとしても、システム面には「本作ならではの長所」はほぼ無いと言って良い。
シナリオに関してもバリエーションの少なさは如何ともしがたい。(なお後述のGB版にテキスト量で負けているが、容量は同一、解像度の違いでグラフィック容量にも差が出るため特に不思議ではない。)
船の上を舞台としたゲームは他に類を見ないので、そういう設定が好きな人には薦められる…かどうか?



夜光虫GB

【やこうちゅう げーむぼーい】 

ジャンル サウンドノベル
対応機種 ゲームボーイカラー(専用)
メディア 16MbitROMカートリッジ
発売・開発元 アテナ
発売日 1999年10月22日
定価 3800円
判定 なし

概要(GB)

ゲームボーイカラー専用として発売された移植版。
テキストの差し替えやシナリオの追加などが行われている。文章中の漢字の読み仮名が参照できる機能がある。

特徴・変更点

  • スペックに劣る携帯機への移植であり、音楽は全て差し替えとなり、グラフィックもかなり劣化しているが、うめき声や叫び声のSEがかなり増やされており、通常のセーブファイルと中断セーブが別扱いである等のシステム面で改善点がある。
  • 本格的な漢字まじりのテキストを表示する数少ないGBソフト。文字は8×8ドットで、多くの文字は縦7ドットに収まってなるべく隣の文字と接触しないように配慮されている。とは言えこのサイズでの漢字表示は大分無理があり、文字の判別に難があることも多い。読み仮名表示はこれへの対処の面もあるか。
  • EDリストの追加などはないが、シナリオ達成率が表示されるようになり、コンプリートしたかが分かるようになった。
  • シナリオ面では各ルートに新しい選択肢とEDが追加され、「グスタフ編」という完全新規のルートも追加されるなどボリュームがかなり増強された。
    • 単純にED数だけで言っても3倍に増えている。「2度目で結末がなぜかバッドエンドに変わる」の修正や、殺人蜂編で刺された場合の分岐追加など、不備も改善されている。
  • 追加変更された選択肢や分岐には、GBの低年齢ユーザーを考慮したのか、若干キャラクターを壊すようなコミカルな内容が多くなっている。

総評(GB)

グラフィックやサウンドは弱いが、シナリオ面は改善されており、完成度ではGB版の方が高い。どちらかを買うとするならGB版の方が良いだろう。


続編

GBC版発売と同日に、NINTENDO64で『夜光虫II 殺人航路』が発売されている。ただし1作目とのストーリー上の繋がりはない。