修正依頼」が出ています。総評を追記できる方はご協力をお願いします。


SIMPLE2000シリーズ Vol.64 THE スプラッターアクション

【しんぷるにせんしりーず ぼりゅーむろくじゅうよん ざ すぷらったーあくしょん】

ジャンル ベルトスクロールアクション
対応機種 プレイステーション2
発売元 D3パブリッシャー
開発元 ヴァンテアンシステムズ
発売日 2004年10月14日
定価 2,000円(税抜)
判定 なし
ポイント SIMPLE2000の良作アクションの一作
手堅くまとまったベルトスクロールアクション
ホラー感と格好良さを両立させた演出センス
そこまでスプラッターではない
SIMPLEシリーズリンク


概要

D3パブリッシャーによる廉価版ゲームシリーズ『SIMPLE2000シリーズ』の1作。
魔法によって意思を持った案山子「カカシ」が主人公。悪の魔法使いを倒す為、7つのステージを戦い抜く。

特徴

  • 主人公の攻撃は、パンチとチェーンソーの2種類。チェーンソーの装備には専用のゲージを消費する必要があり、更に装備中は時間に応じてゲージが減少して行く。
    • 装備変更時には、回転しながらチェーンソー攻撃を行う必殺技「スピンアタック」を行える。
    • 出現するザコを全て倒すと次の区域に進めるベルトスクロール式だが、例外的に倒さなくても進める敵も存在する。
  • 敵を倒すと金を落とす。ステージクリア後に行けるショップで買い物をする事ができる。
    • ライフゲージ・チェーンソーゲージの最大値アップの他、特殊能力を得られるアイテムも売られている。
    • スピンアタックで複数の敵を同時に倒すと「コンボ」となり、より多くの金を得られる。
  • ライフ制で残機は存在せず、1度ライフが尽きるとゲームオーバー。ショップで買えるアイテムが有ればライフ満タンでその場で復活できるが、このアイテムは1つずつしか持てない。
    • 穴に落ちても即死はせず、ダメージを受けた上で特定の個所から再開となる。
  • 難易度は3段階から選択できる。イージーではクリアしても何も起こらないが、ノーマル以上をクリアすると次週から真のエンディングを見られるようになり、更に「サバイバルモード」も追加される。
    • サバイバルで一定以上の記録を出すと、更なる隠し要素が入手できる。

評価点

  • SIMPLEシリーズらしく手軽かつ豪快な操作性。
    • 基本操作は基本的に攻撃とジャンプの2つのボタン+アナログスティックによる移動に加えてチェーンソーモード発動する他、ショップで購入可能な2段ジャンプを使用する事によりダイビングアタックを繰り出す事が出来たりと、使用ボタンが少数ながらアクションが多彩。
    • また、チェーンソーモードを発動させるとダメージが増加するので、ごく簡単な操作で豪快なプレーもすることが出来る。
    • PS2のベルトアクションは10種類に満たない程数が少ない上、ゲームバランスが崩壊していたり何かしらのバグが存在している作品が多いが、本作は特に問題なく安心してプレーが出来るのは良い。
  • ショップでの買い物およびキャラクターの成長要素
    • ステージクリア後に進めるショップではライフやチェーンソーゲージの最大値を増やしたり、2段ジャンプといった特殊能力を取得したりしてキャラを育てられる。
    • 他、ショップで購入出来る身代わり人形の使用により、ライフが尽きても1回だけだが復活する事が可能な点も好感が持てる。
  • 作り込まれたステージ
    • 各ステージは全体的にコミカル調ではあるが、いずれも作り込まれていて、ホラーな雰囲気自体は出ている。
      • 各ステージのラストには必ずボス戦が有るが、「いらっしゃいませ」「お水をどうぞ」と言いつつ雑魚を召喚してきたりビームを放ってくるハンバーガー屋のマスコットや、機関車から首が生えたバケモノ等、どのボスも独特な姿で使い回しは存在しない。
  • BGMが良曲揃い
    • ギターをベースとした非常にノリの良いロック調のBGMが並び、ゲームの雰囲気を盛り立てるのに一役買っている。

賛否両論点

  • 難易度の高さ
    • 昔ながらの「死んで覚えろ」というアクションゲームであり、難易度は高い。これをどう受け取るかが評価の分かれ目だろう。
    • 全ての隠し要素をオープンし、主人公がアイテムをフル装備した状態でスタートできるという隠しコマンドは存在する。
  • タイトル詐欺?
    • 本作はタイトルに「スプラッター」と銘打たれてはいるが、キャラのデザインはアメリカの児童向けアニメ調で、グロテスクさはあまりない。
    • 敵を倒すと血が飛び散るが、これも赤と緑の2色から選択できる。

問題点

  • セーブデータが1つしかない。
    • セーブはゲームオーバーにならないとできないが、なぜか説明書に載っていない。
      • セーブデータで再開すると、「直前のステージをクリアした状態」でスタートとなる為、クリア直後のショップでの買い物は引き継がれない。その為買うアイテムを変更して再挑戦する事もできるのだが、手持ちの金額が増えているわけではないので、進み様が無くなる事もあり得る。
  • パンチ攻撃はリーチが非常に短く、常に「空振り→反撃」の危険と隣り合わせ。
    • ライフもチェーンソーも、ゲージ回復アイテムは特定の障害物を破壊しないと入手できない。つまり数が限られている。
  • サバイバルモードでの敵を倒した数や、進行度は一切記録できない。

総評

SIMPLEシリーズらしく、手軽かつ豪快に遊べる1作。

その後

  • 本作の主人公は『THE ALL★STAR格闘祭』に出演している。
    • また同じ開発元による『THE ゾンビV.S.救急車』『THE 原始人』に、主人公の人形が登場している。
    • THE 任侠』のヒロインが着ているシャツにも絵が描かれている。
    • 『THE ネコ村の人々』では、仲間の変身形態の1つとして登場する。