だい好キッス

【だいすきっす】

ジャンル ミニゲーム集
対応機種 アーケード
販売・開発元 コナミ
稼動開始日 1996年
判定 なし

特徴

  • クイズ、ミニゲームを集めたバラエティゲーム。タイトル通り恋愛要素あり。
    • プレイヤーは個性豊かな8人のキャラクターから1人を選択し、作中時間1年間でミニゲームをこなし、意中のキャラクターと恋愛関係に発展することが目的。

システム

  • アプローチをかけるキャラクターを7人(自分が選択したキャラ以外。条件がそろうと教師が4人増えて11人になる)から選択する。
    • 意中のキャラとのミニゲームが開始される。
      • 成績に応じて相手との好感度が上昇する。失敗するとライフが減り、0になるとゲームオーバー。ライフはミニゲーム毎に初期値(大抵2)にリセットされる。
    • 学期末にテストとして期末テスト(クイズ形式。英語・数学・社会などからランダムに選ばれた3教科から1つに挑む)あり、高得点を出すともっとも好感度の高いキャラクターの好感度が上昇する。
    • 長期休みに突入すると質問に答える事で、その結果相性の良いキャラクターの好感度が上昇する。
      • 好感度を上昇させるとプレイヤーへの呼び方(あだ名)が変わったり、さらに一部のキャラは風貌も変わることがある。
  • 2人同時プレイ可能。1人プレイ時はCPUがライバルキャラクターとして登場する。
    • ライバルキャラクターと同じキャラクターにアプローチをかけると三角関係が発生。ミニゲームで意中のキャラクターを奪うことができる。
    • さらに、ライバルキャラクターに一方的にアプローチをかけられた場合(あるいはその逆の場合)も三角関係が発生する。
    • 1年経過した卒業式で告白をし、キャラクターの好感度を一定以上上げた状態ならばキスをして結ばれ、ゲームクリアとなる。

評価点

  • プレイヤーが選択できるキャラクターは個性的で、男4女4と分かれている。プレイヤーの性別や性格にあったキャラクター選択及びストーリー展開を楽しむことができる。
    • 選択可能キャラは8人で攻略可能キャラは12人。その組み合わせは自由である。
    • つまり、男キャラクターで男キャラクターにアプローチをかけて恋愛を成熟させ、卒業式のキスに到達することもできるのである。
    • 保健室イベントで2人きりになり、「俺もう我慢できないよー」(暗転)して好感度が大幅上昇する本作は、コナミにしか作れないゲームと言える。
  • ミニゲーム内容はパズルやもぐらたたきと言った、簡単でわかりやすいルールの物が多い。

問題点

  • 保健室イベントは性教育に関するクイズ
    • 性行為やAVについての身も蓋も無い問題が頻発する。
    • 難易度が高い・カップル同士でのプレイ時に気まずくなることがある……など、色々な意味でハードルの高いミニゲームである。

総評

ときめきメモリアル』で培われた恋愛ゲームのアイデアをアーケードに持ち込み、ミニゲームと融合させ万人に遊べるよう調整したゲーム。