KAIDO -峠の伝説-

【かいどう とうげのでんせつ】

ジャンル レースゲーム
対応機種 プレイステーション2
発売元・開発元 元気
発売日 2005年7月28日
定価 7,140円(税込)
判定 なし
ポイント シリーズ最高のボリューム
蛇足なシステムで全てが台無し
工事現場自重しろ


概要

前作『街道バトル2 CHAIN REACTION』から大幅にグレードアップした「街道バトル」三部作の最終作。未だに傑作と呼ばれる作品が存在しない「峠」を題材にしたレースゲームにおいて、
実際の公道を再現したコースを含む19種類の峠」「豊富な車種」「約400人ものライバル」「美麗になったグラフィック」…などと十分過ぎるポテンシャルを持ちながらも、
蛇足なシステムの為に金字塔に成り得なかった惜しすぎる峠レースゲーの佳作。

評価点

  • 実際のレイアウトを再現した峠の数々。豊富な収録車種。
    • 第1いろは坂が削除されたものの、今作でもレーダー測定をもとに実寸で再現した「広島」「裏六甲」「志賀草津」「北海道」のロングコースが追加。実際の峠とは少々異なるが「箱根七曲」「妙義」「雪の大谷」「霧ケ峰」「碓氷峠」「八方ヶ原」「大垂水」「横浜」のショートコースが追加され、前作の8コースを大きく上回る全国津々浦々の峠を収録。
  • 中小サード製であることを考慮すれば、実際の峠を再現したこともありグラフィックは間違いなく美麗な分類。収録コース数も峠を題材にしたゲームとしては文句無しでトップ。いわゆる「有名どころ」だけでなく、ゲームや漫画などで取り上げられる事すら珍しい峠も収録されている。
  • 登場車種は豊富で、各メーカーのスポーツカーを中心に軽、コンパクトは勿論の事、旧車も充実。さらには外車も少数ながら収録されており、その総数は260にも及ぶ。特に人気のある車種は前期と後期のモデルで分けられている。
  • 峠最速を目指す「コンクエストモード」に、約400人ものライバルが登場。
    • ライバルの中には『頭文字D』を中心としたパロディキャラや、『首都高バトル』からの参戦など、飽きさせないようにする意欲が感じられる。他にも『オーバーレブ!』や『レーシングラグーン』などの比較的マイナーな部類から、自動車とは無関係の『マリア様が見てる』『ガンダム』といった作品もある。
  • 遂にボルトオンターボ装着が可能になった。改造の幅が広がったことは勿論、ターボ化することで非力な車種にも活躍の場が与えられ、車種は増えても「使えない車」を、スペック面で減らすことに成功した。

賛否両論点

  • 相変わらずリアル「志向なだけ」の挙動。
    • 前作から指摘されている点だが、一言で切ってしまえば「中途半端な挙動」は改善されておらず。
    • いわゆる「グランツーリスモ」の様なドライビングシミュレーター程シビアなものではないが、一方で単純な操作で自在に振り回せるほど爽快感重視でもない、鈍重な挙動。
    • この挙動を気に入る事ができれば、ある程度の練習で嘘臭さを感じずに走り屋の気分を味わうことができる、絶妙のバランスとも言えるが、
      逆に言えば初心者にとっては正直取っつきにくく、さりとて車に詳しいプレイヤーからは違和感満載といったところ。結果、中途半端という評価に落ち着いてしまっている。
  • 一部バトル形式の変更
    • 難しくイライラしがちなCAバトルにタイム制限が復活し、難易度が更にアップしている。ただし、これは前作でもスポンサーテストでは採用されていた要素であり、タイム制限がないとそれはそれで妙なポイントの稼ぎ方ができてしまうため、一概に改悪と断定する事はできない。

問題点

挙動の好みは分かれるが、他の要素はこれまでの峠レースゲーとしては最高のレベルを誇る。だが、その高いポテンシャルも後述する要素のために、完全な宝の持ち腐れとなっている。

  • 半端かつ問題点しかないラリー要素
    • 発売当時('05年)、全国を転戦するラリーイベント「ラリージャパン」が開催されていたこともあってか、半ば無理矢理ねじ込まれたラリー要素が本作の魅力を全てぶち壊している。
    • 本作のメイン中のメインといえる「コンクエストモード」の夜フェイズにおいては、「工事中」という設定で、日ごとランダムにコースの一部がグラベル路面になる。
    • コーナーやストレートの1つぐらいであればバトルを盛り上げる要素にもなり得るが、コースの2割ほどが丸々グラベル化してしまう。路面状態に敏感な挙動もあり、後輪駆動車やレーシングタイヤ装着時では直進することすらままならない。
    • 白熱したバトルの最中、突如出現したグラベルでスピンして敗北などの糞展開はお約束で、盛り上がるどころかストレスにしかならない。
    • 更に本作の最終ステージはよりにもよって全面グラベルの「北海道」。「峠の伝説」なのにラストはストリートではなく完全なラリー。「ラリーの伝説」になったとでも言えばいいのか
    • ラリー要素を組み込むにしても、「北海道」のような全面ダートコースや、常に同じエリアが舗装されているミックスサーフェース*1のコースを少数用意した上で、
      サイドイベントの様な扱いにするなど、峠とラリーを両立させる手段はいくらでもあったはずである。ここを無理やり捻じ込んでしまったのが本作最大の汚点である。
    • 一言でいえば、このラリー要素だけで良作から凡作へと引き摺り下ろされたといっても過言ではないレベルと言えば、車に詳しくない方にもわかりやすいだろうか。決して操作が楽ではない本作において、この要素は致命的なのである。
  • 不親切なゲームデザイン
    • 上記のラリー要素により、安心して使えるのは、スポーツタイヤ装着の4WD車・FF車になってしまう。せっかく多彩な車種を揃え、性能面での救済措置まで用意しておきながら、その長所をラリーという要素だけでぶち壊している
    • おまけに、天候を変更するアイテムは存在するのに、グラベルを舗装するアイテムは存在しない為、余計に嫌味が増している。
    • 例によって「コンクエストモード」の終盤ではパワーインフレが進み、特に「蔵王」や「北海道」では『パワーの無い車がテクでぶち抜く』といった峠特有の魅力は消え去る。結果、500馬力オーバーのハイパワーマシンでラリーもどきをする別ゲーと化してしまう。
    • 前作での反省からか、壁への当たり判定が弱くなった。これ自体は悪くないのだが、減速ペナルティ自体も緩和されている為、FL・LFバトル等では「ハイパワー車でミニ四駆走りをした方が速い」なんて事も。
    • また一部ライバルやチームは登場条件が限られている点もそのまま。これは元気作品の定番となってしまっているが、本作では曜日、天気、週数、プライズ、FAN数等の複数条件を全てを要求してくるライバルも登場するため、本作では殊更難しくなっている。

その他、前作から改善できていない問題点も残っている。

  • エアロパーツは相変わらず一種類のみ。しかもフルエアロのみで、パーツの取捨すらできない。ハードが変わっていない以上、コースの増加も含めて容量もいっぱいいっぱいな点は考慮すべきだが、
    ガチでもネタでも何でもない、なぜ収録したか理解に苦しむ車もある点も変わっていない。早い話が、容量を割く箇所を間違えている。
  • AIのロジックも何も変わらず。どうにも元気は真っ当な走らせ方で難易度を調節する事ができないらしい。前作のノーブレーキミサイルのような理不尽な抜かされ方への対策なのか、
    本作では何もない直線でチンタラ挑発するかのごとく流すようになった。難易度・・・というか、理不尽な「負け方」という意味では確かに対策ではあるが、やっていることはまんまDQNプレイであり、仮にアーケードやオンライン作品で同じことをすればリアルファイトに発展するようなやり口である。

総評

まさに画竜点睛を欠くという言葉がピッタリな作品。本シリーズも三作目となり、余計な物がなければりえただけに、ラリーへのスケベ心が悔やまれてしまう。
姉妹作の首都高バトルはXbox360で続編が出ているが、そちらもボリュームに欠ける出来となっており、以降、コンシューマーでの続編はない。
時代が時代だけに今更の復活も厳しいが、峠を題材にしたゲームは近年珍しいので、何とか頑張ってほしい所である。