キャプテン翼ゲームリンク

機種 タイトル 概要 判定
テクモ発売
FC キャプテン翼 テクモシアター第1弾。
原作の中学生編からJr.ユース編までをゲームで再現。
サッカーとRTSを組み合わせた斬新なシステムが独特の世界を創り出し、後のシリーズ化への原動力となった。
キャプテン翼II スーパーストライカー テクモシアター第4弾。
完全オリジナルストーリー。前作からシナリオ・演出がパワーアップし、サッカーゲームとしての戦略性も大幅に強化。
今でもシリーズ最高傑作に推す声は多い。
GB キャプテン翼VS 携帯ハード初の作品。小学生編が舞台で、アニメや映画版の影響も強い。
基本システムは『II』に準ずるがカットされた要素も多く、実際のバランスはIに近い。
初めて対戦プレイが実装。若島津の超強化や、若林のスーパーガンバリゴールキーパー化で有名。
なし
SFC キャプテン翼III 皇帝の挑戦 ハードの向上によりグラフィックと演出を大幅に強化。BGMはシリーズ最高峰とされる。
ゲームバランスもIIから再調整され、より遊びやすくなった。
据え置き機では初めて対戦モードを実装。『II』と並ぶ名作として挙げられることが多い。
キャプテン翼IV プロのライバルたち シナリオ分岐が採用され、様々なストーリーを楽しめるようになった。オールスターモードも非常に充実している。
しかしゲームテンポの悪化、BGMの劣化、浮き球バグの存在などで評価が著しく下がってしまった。
レベル変動制の仕組みを知らないと後々大変なことに。
MCD キャプテン翼 技レベルの概念等の新機軸も取り入れながらも非常に手堅くまとまっている良作。
地味に大友中と戦えるテクモ版はこれだけ。
SFC キャプテン翼V 覇者の称号カンピオーネ システムの大幅変更とオリキャラ大量リストラのテクモ版最終作。
その中でより間違った方向へパワーアップしたミハエル、ジョアン監督*1との戦い、新田の強化と寝返り。
バンダイ発売
SFC キャプテン翼J THE WAY TO WORLD YOUTH 中途半端に終わったアニメ版を中途半端なシステムでゲーム化。音楽は悪くない出来。
ボールのせりあいを連打合戦で再現するという意欲作。パスだ! パスだ!
GB キャプテン翼J 全国制覇への挑戦
PS キャプテン翼J GET IN THE TOMORROW
PS2 キャプテン翼 テクモ版のシミュレーションを採用したバンダイ版キャプ翼。評価できる点はあるがゲームバランスはテクモ版に及ばず。
森崎がまさかのSGGK(スーパーグレートゴールキーパー)化…。
コナミ発売
GBA キャプテン翼 栄光の軌跡 カードバトルゲーム。発想自体は良いが、肝心のシステムに問題あり。
PS キャプテン翼 新たなる伝説・序章 テクモ版と少々異なりドリブルで任意の位置に移動できないなど完全コマンド制。
ポジションごとに配置できる選手が決まっていて、ルートによって仲間になるキャラが異なる。
場合によってはラストまで初期メンバ-のポジションが…。
GC キャプテン翼 黄金世代の挑戦
DS キャプテン翼 激闘の軌跡 テクモ版と同じくコマンドサッカー。アイテムによる強化、必殺技等見るべき所もあるがやはり肝心のシステム面が…。
パスした所に味方がいないってどういう事?


関連作品

機種 タイトル 概要 判定
FC ファミコンジャンプ 英雄列伝 ヘルナンデスの凶悪さは有名。 なし
DS JUMP ULTIMATE STARS 翼、若林、日向、ロベルト、早苗が登場。 なし
FC 忍者龍剣伝シリーズ テクモシアター第2弾、第3弾、第5弾