リッジレーサーシリーズリンク


機種 タイトル 概要 判定
業務用
AC リッジレーサー 3Dポリゴンにテクスチャを貼ったレースゲームの元祖的存在。この当時の挙動はそこそこリアル寄りだった。実車を改造した大型筐体も。
リッジレーサー2 ドリフトの容易化やバックミラー・通信対戦等を追加したバージョンアップ的続編。現在は見つける事自体が困難。
レイブレーサー 新コース、視点切り替え、反力ステアを更に搭載しパワーアップした続編。T.T.では裏技により革命が起こった。
ポケットレーサー 『レボリューション』をベースとした逆移植版。SD化したマシンや小型の専用筐体など、小児向け作品。
リッジレーサーV アーケードバトル 家庭用版の逆移植。ベタ移植ではなく、各マシンの性能アップ・ロングコースの周回数削減等が行われている。
据え置き機
PS リッジレーサー 「あの『リッジレーサー』」を見事に移植し、新ハードのパワーを見せつけた。ローディング時のミニゲームの元祖。
リッジレーサーレボリューション 『リッジレーサー2』をベースに家庭用追加要素を追加した新作。通信対戦でしか選べない要素も。
レイジレーサー ダークな雰囲気の異色作。ドリフト不遇を始め、リッジらしからぬ一作ではあるが、以降にも影響を与えた光る部分も。 なし
R4 リッジレーサータイプ4 ストーリー要素を盛り込んだシリーズ4作目。PS最高峰の演出としても高評価。Disc2の凄さも必見。
N64 RIDGE RACER 64 日本未発売。開発自体も外注であり、任天堂への版権ライセンス供与があったことから、販売元も任天堂となっている。
PS2 リッジレーサーV 家庭用で初の60fpsを実現、シリーズでも屈指の難易度を誇る。
360 リッジレーサー6 シリーズ初のオンライン対戦搭載。ゲーム性は『V』とはほぼ遠く、『レーサーズ』のアップグレード版といった所。
PS3 リッジレーサー7 ナンバリング7作目だが『6』の焼き直し感が強い。それでも出来自体はシリーズ屈指。
携帯機
PSP リッジレーサーズ 初代~R4までのコースをリファインして収録、リッジレーサーの同窓会。この作品からニトロシステムが導入された。
リッジレーサーズ2 前作のシステムのマイナーチェンジに加え、コースと車種とBGMを追加。続編というよりは完全版。
DS RIDGE RACER DS N64版の移植。こちらも日本未発売。パブリッシャーもN64版と同様に任天堂となっている。
3DS リッジレーサー3D 発売前の評判は公式の不手際も重なり散々。とはいえ、いざ発売されると佳作扱いの評価で落ち着いた。 なし
PSV リッジレーサー PSVitaのローンチタイトル。僅か8ヶ月の開発期間が災いし、30fpsのフレームレートや値段・時代不相応のボリュームが不評を買った。
外伝作品
PS3/360/Win RIDGE RACER :UNBOUNDED 日本未発売の外注作品。開発は『FLATOUT』を手掛けたフィンランドのBugbear Entertainmentが担当。
ゲームシステムの類似性から「リッジレーサーの名前を借りた『FLATOUT』」ともっぱらの評判。
steamでも販売中だが、 おま国 である。
関連作品
PS2 クリティカルベロシティ ナムコ発の箱庭型レースゲーム。車の改造要素やアンロック要素、ストーリーに応じてカーチェイスや逃走などのミッションも。
町の一部が本シリーズお馴染みの「Route 765」周辺と同じ形をしており、走行も可能。『V』のクリナーレもゲスト出演している*1
PS2/GC/Xb R:RACING EVOLUTION 『リッジレーサー』と『MotoGP』という、ナムコの2大モータースポーツゲームがドッキングして生まれた、「リアルなリッジ」*2
Wii ファミリースキー リッジレーサーシリーズのスタッフが開発を手掛けている。
ファミリースキー ワールドスキー&スノーボード
Wii/Switch GO VACATION 『ファミリースキー』同様のスタッフが開発を手掛けている。
本家リッジレーサーを彷彿とさせるレースゲームも収録。
AC フォトバトール 2001年に稼働した、実際のカメラ*3を改造したコントローラーで写真を撮影するという、非常に変則的なガンシューティングゲーム。
被写体として当時の有名人や、各ナムコゲームのキャラが登場し、その内のCAR RACEステージで『V』のCGが使用されていた。



シリーズ概要

旧ナムコ時代(現バンダイナムコエンターテインメント)を代表するレースゲームシリーズ。
1作目はアーケードゲームとして登場し、当時としては美しい3Dポリゴンによるグラフィック、アップテンポなBGMが話題となり大ヒット。現在のレースゲームの原点と言える3Dレースゲームの礎と呼べる存在となる。
後にプレイステーションのローンチタイトルとして家庭版が発売。当時ゲーム業界では無名だったソニーにとっては文字通り、唯一にして最大の武器とも言え、PSの3D性能を示すベンチマークの役割を果たした。
以降、PS2の『V』、PSPの『レーサーズ』、360の『6』、PS3の『7』、Vitaの『リッジレーサー』、更には任天堂でも3DSの『3D』がローンチタイトルとして発売されており、ベンチマークソフトとしての意味合いが強くなった。

初代からmegatenらが創りだして来たBGMは今聴いても全く見劣りしないレベルであり、ゲームミュージックの枠を越えたクラブミュージックとしても高い評価を得ている。
megaten退社後もサウンドプロデューサーを務めたSolidstate、ookubonらがその後を引き継ぎ、所謂「リッジサウンド」を形成している。

グリップタイプの登場や、一部例外作品もあるが、アクセル全開の猛スピードでドリフトを決めるのが本シリーズの基本スタイル。ドリフトだけではなくスリップストリームやポンピングブレーキなど、現実と同じテクニックが通用する作品も少なくない。
ハンドルを切りながらアクセルを離せば即ドリフト、しかも急カーブを時速200キロで曲がれる。グリップでも、アクセルを離すとまるで車のタイヤが変わったかと思うほどハンドリング性能が向上するなど、豪快かつ易しい挙動が特徴的。
世界観や車種はシリーズ一貫して架空のものだが、マシンに貼られているデカールはナムコの歴代作品のタイトルやキャラをモチーフにしたものばかり。
車の方も時代が進むにつれて、何かと「元ネタ」と思しき実車が分かりやすくなっており、設定や性能もそれに則したものになっていたりする。

PSPのリッジレーサーズからはニトロ*4の導入によってシステムが大きく変化。テコ入れとしては悪くなかったが、一方でシリーズファンの反応は当初から微妙。
更に導入以降、どんどんニトロ偏重が顕著になっていったことで激しく賛否が分かれる形となり、シリーズが迷走。まともなゲーム機でのリッジはVitaローンチが最後となっている。

2013年には事実上の「7」のスマホ移植である「Ridge Racer Slipstream」が出ているが、国内でプレイできるリッジはこれが最後。
シリーズとしての最新作は2016年、これも海外専用で開発された「Draw & Drift」。海外専売な上、映像などから見るに「リッジ」とは全く程遠い中身になっているようだ。
レースゲームの礎を築いたといっても過言ではない名シリーズだが、これら状況、更にはVitaの開発にもどこか後ろ暗いものを感じさせる*5など、ファンの期待をよそにシリーズの終焉を感じずにはいられない。