GUILTY GEARシリーズリンク

機種 タイトル 概要 判定
ナンバリングタイトル
PS/Switch GUILTY GEAR 記念すべき第一作は世紀末の先駆けだった。
どう考えても最悪のバランスなのに何故か面白い、とマイナーながらも地味な人気を得た。
なし
360/Win GUILTY GEAR 2 OVERTURE キャラクターなど様々な要素を刷新。
ゲームジャンルを大きく変更しながらも奥深いゲーム性に仕上げた良作。
X(ゼクス)シリーズ
AC/DC/Win GUILTY GEAR X 前作から大きく進化を遂げてアーケードに参入。
00年代初頭の格ゲー人気を支え、さらに会社の方向性をも変えた名作。
AC GUILTY GEAR X Ver1.5 海外向けにXXのシステムを盛り込んだ調整版。
PS2 GUILTY GEAR X PLUS
GBA GUILTY GEAR X ADVANCE EDITION PS2のゲームのGBAへの移植。
XX(イグゼクス)シリーズ
AC/PS2 GUILTY GEAR XX Xのアッパーバージョン。この作品でGGシリーズは人気絶頂期を迎えることとなる。
「男の娘」の先駆けであるブリジットが話題に。
AC/PS2/Xbox/
PSP/Win
GUILTY GEAR XX #RELOAD ゲームバランス調整版。
AC/PS2 GUILTY GEAR XX SLASH
AC/Wii GUILTY GEAR XX Λ CORE
PS2 GUILTY GEAR XX Λ CORE 完全移植を謳っておきながらバグとフリーズ搭載、所謂「バグセントコア」騒動の発端に。 劣化
PS2/PSP GUILTY GEAR XX Λ CORE PLUS 「バグセントコア」のバグの修正に加え、新モードを追加した完全版。 良*
AC/PS3/360/
PSV/Win/Switch
GUILTY GEAR XX Λ CORE PLUS R XXシリーズにおける最終作。さらにゲームバランスを調整。
PS3/360は当初『PLUS』としての配信だったが後に無料アップデートで対応。
Xrd(イグザード)シリーズ
AC GUILTY GEAR Xrd -SIGN- 格ゲーGGとしては『XX』以来となる完全新作。
2Dと3Dを融合させたビジュアルと演出は圧巻の一言。
改善*
PS3/PS4/Win GUILTY GEAR Xrd -SIGN- Xrd -SIGN-の家庭用移植。
新キャラクターが3人追加され、プレイアブルキャラ数の物足りなさがある程度改善されている。
AC/PS3/PS4/Win GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- Xrd -SIGN-のアッパーバージョン版。ストーリーは前作の続きから。
GUILTY GEAR Xrd REV2 Xrd -REVELATOR-のアッパーバージョン版。
カップリング
Switch GUILTY GEAR 20th ANNIVERSARY PACK 初代『GUILTY GEAR』と『XX Λ CORE PLUS R』を収録。
その他
AC GUILTY GEAR ISUKA XXをベースにした4人対戦ゲーム。長所もあるが、対戦しづらい仕様が不評を買うことに。 シリ不
PS2/Xbox/Win GUILTY GEAR ISUKA 家庭用に移った事でパーティゲームとして遊びやすくなった。追加要素の豊富さも特徴。 なし
WSC GUILTY GEAR PETIT XをベースとしたWSC向けGG。キャラクターはデフォルメされた可愛らしい2頭身。
独自キャラ「ファニー」が追加されるもキャラは7人のみ。
GUILTY GEAR プチ2 1を改良しキャラや要素も大幅追加。
PSP GUILTY GEAR JUDGEMENT 複雑な操作を簡略化した「ベルトスクロールアクション」、SLASHの移植版を同時収録。 なし
DS GUILTY GEAR DUST STRIKERS 何故か『スマブラ』風になったイスカ。やっつけ仕事っぷりが滲み出ているため評判は良くない。
DSi ARC STYLE フロジャンプッ!! ギルティギア外伝!? DL専用。GG2に登場した「ちまき」を主役にしたアクションゲーム。 なし


関連作品

機種 タイトル 概要 判定
AC/PS3/PS4/360/
One/Win/PSP/PSV/
3DS/Switch
BLAZBLUE GGXXのシステムを踏襲しつつも所々にアレンジが施されている同社の新規シリーズ。
BGMはGGシリーズの総監督、石渡氏が担当。
なし
PS3/Win/PSV XBLAZE CODE:EMBRYO BBシリーズの外伝作品。格闘ゲームではなくADVとなっている。
PS3/Win/PSV XBLAZE LOST:MEMORIES 上記の続編。
Switch イートビート デッドスパイクさん DL専用。BBシリーズの主人公ラグナの相棒(?)デッドスパイクを主役としたリズムアクションゲーム。


外部出演作品

機種 タイトル 概要 判定
PSP クイーンズゲイト スパイラルカオス ディズィーが参戦。 なし
AC LORD of VERMILION III ソル、カイ、ミリアがXrd準拠のコスチュームで参戦。 なし



シリーズ概要

アークシステムワークス製作のアーケード/家庭用向け2D格闘ゲーム、またはアクションゲーム。
ビジュアルから作曲までほとんどのデザインを総合ディレクターの石渡太輔氏がこなし、科学と魔法の融合した荒廃未来の世界観の中、派手なキャラクターたちが画面狭しと暴れる。
また、ハイテンポのBGMとスピード感溢れる攻め重視のゲーム性を併せ持つ、正に「コンボゲー」といった趣の作りで有名。
ただし、非常に強いCPUや操作の煩雑化・高度化など「コンボゲーは難しい」というイメージを確立してしまった存在でもある。

『GUILTY GEAR 2 OVERTURE』で突然ゲームジャンルがRTSに転換した際は物議を醸したが、実は 本シリーズは「格闘ゲームのシリーズ」と方針が決まっていた訳ではなかった
ディレクターの石渡氏も「元々ギルティギアをどういうゲームにするかは決めておらず、僕のイメージに一番近かったのがたまたま格ゲーだった」「 『X』シリーズは番外編です と前々から語っていた。

このシリーズを語る上で外せないのは初期作におけるネジの吹き飛んだ調整とバグ。
開発会社のアークは『北斗の拳 (AC)』『戦国BASARA X』の二大巨塔や『バグセントコア』の辺りから世紀末バランスで有名になったが、その主軸である即死コンボ・永久パターン・バグを用いた戦術はすでに初代『GUILTY GEAR』で通った道だった(もちろんシリーズ作の全部が全部そうという訳ではないのだが)。
それでも、他に類を見ない尖った調整にもあえて踏み切ったシリーズの作風を支持する根強いファン層があり、現に初代も雑誌「ゲーム批評」において「決してバランスは良いとは言えないのに面白い。ふしぎ。」といった旨の評価をなされている。