メタルマックスシリーズリンク

機種 タイトル 略称 概要 判定
メタルマックスシリーズ
FC メタルマックス MM1 竜退治はもう飽きた! 戦車に乗って旅をする異色のRPG。
その世界観と自由度の高さは多くのハンターを魅了した。
SFC メタルマックス リターンズ MMR MM2ベースのリメイク。
SFC メタルマックス2 MM2 基本はそのままに、グラフィックなどがパワーアップ。
賞金首「テッドブロイラー」の凶悪な強さは今でも語り草。
GBA メタルマックス2改 MM2改 劣化BGMと多くのバグによりファンに血涙を流させた。
当時の購入者からは『2壊』『痛壊』『2悔』『2改悪』等散々な呼ばれ様に。
ソフトごとまるやきにしてくれるわ! がががー!
DS メタルマックス2: リローデッド MM2R MM3ベースのリメイク。MM3との連動要素あり。
良い意味で原作とはひと味もふた味も違う良リメイク。
DS メタルマックス3 MM3 10年以上経っての復活となったメタルマックス。
面倒な必須クエストなど荒削りな部分は多いが、シリーズの面白さは健在。
3DS メタルマックス4 月光のディーヴァ MM4 満を持して3DSに登場した、メタルマックスの正統進化。
拭い切れない色物臭さを乗り越えられるかどうかが楽しむ為の鍵。
PS4/PSV METAL MAX Xeno -滅ぼされざる者たち- MMX メタルマックスとしては初のソニーハード発。
大量のそぎ落としによって作風が変わった結果、賛否両論に。
賛否両論
メタルサーガシリーズ
PS2 メタルサーガ ~砂塵の鎖~ MS1 分家筋作品で、初のソニーハードタイトル。
MM2から久々のシリーズ作、内容は薄まったが自由度はMMRの様に高い。
なし
DS メタルサーガ ~鋼の季節~ MS2 フルタッチオペレーションの悪夢。バグ・フリーズ・調整不足も満載。
本作以降、メタルサーガはゲーム機から姿を消す。

評価判定取り扱い対象外のシリーズ作品

  • メタルマックス ファイアーワークス(MMFW)
    • スマートフォン用の基本無料ソーシャルゲーム。2016年8月サービス終了。
      • 4のシステムとグラフィックを基準にしつつ、一般的なソーシャルゲームに合わせてゲームシステムの大胆な簡略化が行われていた。
      • 具体的な変更点を一部挙げると「フィールドの概念の廃止」「白兵戦の完全廃止(ランダム発生する人間特技発動時以外はクルマから出ない)により搭乗車大破=戦闘不能に」「アイテム使用を除くとオート戦闘のみ」「車載兵器の弾倉の概念の廃止(元から無限の機銃は会心率と攻撃範囲がウリのカテゴリに変更)」「シャシーごとの基本SP(重量にカウントされないSP)の採用」「超改造の必要素材が任意の不要な兵器に変更」など。
  • メタルサーガ ~旋律の連鎖~(MS3)
    • ドコモiアプリ用のRPG。低予算開発だがれっきとした3作目。メタルマックス2と同時代設定でグラップラー四天王やテッドブロイラーなども登場する。
  • メタルサーガ ニューフロンティア(MSNF)
    • ソーシャルネットサービス用のブラウザゲーム(本来の意味のソシャゲ)。マス目のワールドマップ移動や作業など時間のかかる工程をスケジューラ入力しておく形式。キャラや戦車の装備変更、結果報告に付くガレージや戦闘風景のスクリーンショットは3Dグラフィック。細かくキャラメイクできる4頭身のかわいいローポリキャラのグラフィックに武器防具が反映されるため着せ替えゲーとしての需要もあった。2013年12月サービス終了。
  • メタルサーガ ~荒野の方舟~(MSSP)
    • スマートフォン用の基本無料RPG。2018年2月サービス終了。
      • スタミナ要素なしでコマンド戦闘。システムは『MMFW』程の簡略化は行われていない。
      • 3DキャラグラフィックをMSNFから流用。キャラクターボイスの編集も可能。


シリーズ概要(メタルマックス)

『竜退治はもう飽きた!』がテーマの、ドラクエに対するアンチテーゼとして生まれたシリーズ*1
プレイヤーは戦車(クルマ)を駆って荒廃した世界を駆け抜け、改造生物、機械兵器、賞金首を倒す『ハンター』として生き抜いていく。

シリーズ作品に共通する特徴として、ファンタジー*2要素が極端に少ないことが挙げられる。この世界では大砲を装備した戦車による砲撃が飛び交い、生身での戦闘でも火炎放射器や拳銃などの現代武器が用いられる。
登場する敵はいずれも非常に癖があり、このシリーズでは動物が大砲や機銃を装備していたり、鳥が爆弾を落としてくるのは日常茶飯事である。一見普通のネズミに見えても耳がパラボラアンテナになっているなど、何かしらの改造が施された生物が非常に多く、世紀末という世界設定通りの光景を目の当たりにできる。

また作中世界の「機械」は恐ろしく強く、特に初代は「人間が生身で機械(マシン系)に勝てるわけがない」を体現したようなゲームバランスとなっている。
恐ろしく硬く、火力も凄まじい敵の機械に対抗するためにはこちらも戦車に乗り込んで対抗するほかない。無論、これらの機械は大半が雑魚敵であるため、苦労して白兵戦で一体倒したところでまた同じ敵が登場する。「敵に回った機械の恐ろしさ」を思う存分体感することになる。
…もっとも最近の作品では、しっかり鍛えれば生身で機械の群れを圧倒することもできるような程度にまでバランスは軟化してきているが。

攻略の自由度が高めなのも特徴であり、RPGにありがちな『ご都合主義的な通行止め』が非常に少ない。
特に初代や『2』『砂塵』は他のRPGより圧倒的に速いテンポで世界地図を埋め、最後の町まで進めることが可能。
…無論最低限攻略しなければいけないイベントは存在するし、最近の作品では通行止めの量が一般的なRPGと変わらない程度に増えてきてはいるのだが。

テーマの『竜退治はもう飽きた』が示す通り「窮屈な固定シナリオや明らかな足止めイベントにうんざりした」プレイヤーにこそ勧められるRPGである。