「LunarBall」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

LunarBall」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

-「[[要強化記事>要強化記事一覧]]」に修正依頼が出ています。加筆できる方は修正をお願いします。
 *LunarBall
 【るなーぼーる】
 |ジャンル|テーブル|
 |対応機種|PC-8800|
 |発売元|ポニーキャニオン|
 |開発元|コンパイル|
 |発売日|1985年6月|
 |定価|5,800円|
 |判定|なし|
 
 **概要
 -ルナとは月面、ボールはビリヤードのボール。だが月面の意味は特になく、少し変わったビリヤードゲーム。
 
 **システム
 -ビリヤードのPCゲーム。ただしボールの数は、手玉を合わせ全部で7つとナインボールの半分程度。
 --手玉は矢印で打つ向きを選び、打つ強さはパワーゲージに合わせタイミングよく打つ事で決まる。
 --テーブルはシンプルな長方形の台から、突出部のあるもの、十字、平行四辺形など、様々な形状。ホールの初期位置も、一般的な三角形に固められたものから、手玉の左右に分かれていたり、バラバラだったりと様々。
 --一見ナインボールの様に見えるが、ルールは簡略化されている。カラーボールに数字は振られているが、順番に当てる必要はない。とにかく手持ちの玉で台の上にある全ての玉をホールに突き落とせばクリアとなる。
 -3打以内に玉をポケットに入れないと持ち玉を失う。また自分の玉をポケットに入れてもミスになる。持ち玉を全て失うとゲームオーバー。
 --玉には番号に応じた点数が設定されており、さらに連続して落すとレートが上がり高得点となる。
 --全20ステージ。
 
 **評価点
 -ビリヤードのゲーム化。
 --ビリヤードのゲーム自体があまり見られなかったので、ゲームとしては意義がある。
 -様々な形のテーブル。
 --単にビリヤードを再現するだけではなく、変わったテーブルをプレイする面白さがある。
 
 **問題点
 -ボールの反射が少々不自然。
 --反射にランダム要素が入っており、同じ場所から、同じ角度、同じ強さで撃っても、全く同じようには反射しない。このため、反射を使った打ち方がやりづらい。
 -手玉の打つ方向は、手玉にある矢印で決めるため、目標が遠方になるほど精密に打つ事ができない。
 -ステージ選択などがない。
 --遊び方としては、ステージ1から順にクリアしていくという方法しかない。
 -BGMがない。もっとも対象機種の問題なので、やむを得ないが。
 
 **総評
 単なるビリヤードではなく、変わった形のテーブルを用意するなど工夫されている。ナインボールなどのビリヤード本来のルールを無視しているが、テーブルの形を考えると、ルールを準拠すると難しくなりすぎていただろう。この判断は悪くない。一方、緻密な狙いがつけづらい、反射などの現象に不自然な面が見られるなど、残念な面もある。~
 ビリヤードのゲームとしては、それなりに楽しめる出来。
 ----
 *LunarBall
 【るなーぼーる】
 |ジャンル|テーブル|&image(http://www.suruga-ya.jp/database/pics/game/174000681.jpg,height=160)|
 |対応機種|MSX、ファミリーコンピュータ|~|
 |発売元|ポニーキャニオン|~|
 |開発元|コンパイル|~|
 |発売日|1985年12月5日|~|
 |定価|【MSX】4,800円&br【FC】4,900円|~|
 |配信|バーチャルコンソール(FC版)&br;【Wii】2007年12月11日/500Wiiポイント|~|
 |判定|なし|~|
 //|ポイント|宇宙ゲーム|~|
 
 **概要
 -PC88版の移植版。ボリュームをアップ、様々な新要素を付加している。黄色いロムカートリッジが印象的。
 
 **PC88版からの変更点
 -操作性が大きく変わった。打つ方向が、手玉の矢印を操作する方法ではなく、目標地点を操作する方法となった。このため、遠方でも緻密な狙いが付けられる。
 -ステージ数をMSX版は32、FC版は60と増加した。合わせて、テーブルの種類も大幅に増している。PC88版からすれば、かなりいびつな形のものも多い。
 -ステージクリア毎に、ボールが一つ増えるようになった。
 -MSX版ではルールが二通りとなった。一つは従来と同じく、どのボールから狙ってもいいもの。もう一つは、ナインボールのように順番に狙わないといけないもの。
 --FC版はルールは一つ。ナインボールルールは採用されていない。
 -レートの上昇が、次のステージに繰り越されるようになった。
 -摩擦係数を弄る事が可能。数値が少ないほど摩擦は小さくなって行く。
 --MSX版は5段階。摩擦係数を0にする事はできない。最大の5でもボールは十分動く。
 --FC版は256段階。摩擦係数を0にする事ができる。0にするとボールは何が何でも止らない。手持ちの玉と、接触した玉全てがホールに落ちるまでゲームは終わらない。逆に255にすると最大パワーでついても手持ちの玉はびくともしない。
 -BGMが付いた。
 
 **評価点
 -操作の変更による、プレイしやすさ。
 -ステージ数増加などの、ボリュームアップ。さらにスタートステージを自由に選べる。
 -ステージ毎のボールの増加による、難易度の低下。
 -レートの繰り越しによる、高得点狙いの面白さ。
 -摩擦係数操作による、変わったプレイができる。
 -不自然な反射が、なくなっている。
 
 **問題点
 -EDを見るには、少々長丁場。
 --どこから始めても、全ステージをクリアしないといけない。
 
 **総評
 PC88版は少々淡泊なゲーム性な上、問題もあった。しかし本作では様々な問題点を解決し、さらにボリュームアップ。十分遊べるものとなっている。元々がビリヤードだけに、そう熱中するというほどのゲームではないが、ゲームとしての完成度は高い。
 
 //「宇宙でビリヤード」と言う、冷静に考えてみれば大変面白そうな事を体験できる不思議ゲームである。コンピューターテーブルゲームならではの題材と言えるだろう。余計なルールを無視してただ単純にボールを穴に落すと言うシンプルな構成も、一歩間違えれば複雑になりそうなゲーム画面をシンプルに仕上ている。~
 //そして現実ではありえない滅茶苦茶な台。そこまで弄れなくても良いだろと言うほど弄れる摩擦係数。本格ビリヤードとは程遠く、極端なゲーム性があるかと言うとそうではないが、斬新かつ単純明快なこのシステムはプレイヤーに強烈なインパクトを与えた。
 //宇宙と言えそうなのは、摩擦をいじる事くらいなので、そう宇宙の感じはしない。むしろメインは、変わったテーブルにあると思う。