「ファミコンミニシリーズ」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

ファミコンミニシリーズ」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *ファミコンミニシリーズリンク
 
 |タイトル|判定|
 |>|BGCOLOR(#cccccc):''第一弾(2004年2月14日発売、全10タイトル)''|
 |[[スーパーマリオブラザーズ]]|BGCOLOR(lightgreen):良作|
 |[[ドンキーコング>ドンキーコング#id_1f901593]]|BGCOLOR(lightgreen):良作|
 |[[アイスクライマー]]|BGCOLOR(lightgreen):良作|
 |[[エキサイトバイク]]|BGCOLOR(lightgreen):良作|
 |[[ゼルダの伝説1>ゼルダの伝説]]|BGCOLOR(lightgreen):良作|
 |[[パックマン]]|BGCOLOR(lightgreen):良作|
 |[[ゼビウス]]|BGCOLOR(lightgreen):良作|
 |[[マッピー]]|BGCOLOR(lightgreen):良作|
 |[[ボンバーマン>ボンバーマン (FC)]]|BGCOLOR(lightgreen):良作|
 |[[スターソルジャー]]|BGCOLOR(lightgreen):良作|
 |>|BGCOLOR(#cccccc):''第二弾(2004年5月21日発売、全10タイトル)''|
 |[[マリオブラザーズ]]|BGCOLOR(lightgreen):良作|
 |[[クルクルランド]]|なし|
 |[[バルーンファイト]]|BGCOLOR(lightgreen):良作|
 |[[レッキングクルー]]|BGCOLOR(lightgreen):良作|
 |[[ドクターマリオ]]|BGCOLOR(lightgreen):良作|
 |ディグダグ||
 |[[高橋名人の冒険島]]|BGCOLOR(khaki):不安定|
 |[[魔界村>魔界村#id_d63405f3]]|BGCOLOR(khaki):劣化|
 |[[ツインビー]]|BGCOLOR(lightgreen):良作|
 |[[がんばれゴエモン! からくり道中]]|BGCOLOR(lightgreen):良作|
 |>|BGCOLOR(#cccccc):''ディスクシステムセレクション/第三弾(2004年8月10日発売、全10タイトル)''|
 |[[スーパーマリオブラザーズ2]]|BGCOLOR(lightgreen):良作|
 |[[謎の村雨城]]|なし|
 |[[メトロイド]]|なし|
 |[[光神話 パルテナの鏡]]|BGCOLOR(MistyRose):バカゲー|
 |[[リンクの冒険]]|BGCOLOR(lightgreen):良作|
-|[[ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島 (前後編)>ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島 前編/後編]]|BGCOLOR(lightgreen):良作|
+|[[ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島 (前後編)>ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島 前編/後編]]|BGCOLOR(lightgreen):良作|
 |[[ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者 (前後編)>ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者 前編/後編]]|BGCOLOR(lightgreen):良作|
 |[[ファミコン探偵倶楽部 PARTII うしろに立つ少女 (前後編)>ファミコン探偵倶楽部 PARTII うしろに立つ少女 前編/後編]]|BGCOLOR(lightgreen):良作|
 |[[悪魔城ドラキュラ]]|BGCOLOR(lightgreen):良作|
 |SDガンダムワールド ガチャポン戦士 スクランブルウォーズ||
 |>|BGCOLOR(#cccccc):''非売品、全2タイトル((対象のゲームキューブソフトを購入すると抽選でもらえた景品))''|
 |[[機動戦士Zガンダム ホットスクランブル]]((GCソフト『機動戦士ガンダム 戦士達の軌跡』の景品。キャンペーン期間は2004年3月18日~4月30日。))|BGCOLOR(lightsalmon):クソゲー|
 |[[第2次スーパーロボット大戦]]((GCソフト『スーパーロボット大戦GC』の景品。))|なし|
 
 **概要
 ''ファミコン生誕20周年記念の一環''としてゲームボーイアドバンスにて発売された、往年のファミコンソフトを復刻収録したシリーズ。懐かしのファミコンソフトを携帯機にてプレイできる事を売りにしていた。~
 当初は第一弾のみの予定だったが、好評につき第二弾、第三弾とリリースされた。~
 
 リリース元が任天堂ということもあり、シリーズ全般にわたって任天堂製のゲームが多めのラインナップとなっている。
 
 その他、ファミコンミニ発売以前にファミコン生誕20周年記念『ホットマリオキャンペーン』の景品GBAソフト『復刻版 スーパーマリオブラザーズ』が存在する。~
 正確にはファミコンミニタイトルではないが、製品の基本仕様がほぼ同一であるため併記。~
 しかし、通信機能が通信ケーブルのみとなっているなどの細かい差異がある。
 
 **特徴
 -カートリッジの色も独特で、第一弾と第二弾はファミコン本体をイメージした白とえんじ色のツートンカラー、第三弾はディスクカードの色をイメージした黄色になっている。
 --ラベルも当時のカセットに貼られていたラベルを再現しており(「ゲームボーイアドバンス」や型番等の文字は追加されているが)、中でも第三弾は黄色の下地に貼られた当時のラベルに似たサイズのラベルに、ディスクカードを思い出してしまう事だろう。
 --また、パッケージを再現した小さな箱にソフトが収められているなど、外観にも徹底してこだわっている。
 --全てのソフトの取扱説明書は、オリジナル版の説明書の原本を忠実に再現している(冊子状ではなく1枚の大きな紙に印刷されたものを折りたたむ形になっているが)
 
 **変更点
 -GBAは画面で解像度がFCに劣るため、グラフィックが変更されている。
 --横はFCの256ドットに対し240ドットとさほど変わらないため単純に両端はカットされている。
 --縦はFCの240ドットに対し160ドットと2/3しかない。そこで縦を3/4に縮小し180ドットにした上で更に上下をカットしている。
 ---これは背景面はGBAに備わる拡縮機能を使っていると思われる。
 ---スプライトについては基本的に縦圧縮はされていないが、ものによってはドットが描き直されているものもある。
 ---ファミコン探偵倶楽部では文字表示に手が入っており、単純な縮小ではなく行間のみを縮め文字の読みやすさを保っている。
 --縦圧縮のせいで縦横比が変わっており、少々窮屈さがある。
 --しかし元々ファミコンの出力は一般的なテレビでは画面内に全て収まるわけではなく、カットされた部分は元々映らなかった範囲と大差ない。そのためプレイに支障をきたすことはない。
 
 ''携帯機ならではの追加機能''
 -すべてのソフトにセーブ機能が追加された。
 --正確にはセーブファイルのような物が追加されたわけでなく、「ハイスコアをセーブする」の項目を選択した時点の、電源を切らずにタイトル画面に戻った状況を保存・再現する機能である。
 --その機能の問題として『スーパーマリオブラザーズ』においてクリボーがメットになる裏モードから戻らないという事態もあったが、[[公式サイト>https://www.nintendo.co.jp/n08/fmk/qanda/]]においてもそれに関しての説明・対処法がある。
 --『がんばれゴエモン! からくり道中』では通信機能がなくなった代わりに((原作は2Mbitだった為、GBA本体のダウンロードプレイ用の内部データが1.5Mbitなので入りきれなかった。))、1面ごとでセーブ可能になった。
 
 -二人プレイに対応しているソフトは、GBAの通信機能を用いて二人プレイが可能となっている。
 --通信ケーブルだけでなくワイヤレスアダプタにも対応。
 --通信はダウンロードプレイででき、2P側はソフトなしでも遊べる。また、ダウンロード後通信を切断すると、2P側は電源を切るまでそのゲームを丸ごと1Pとして楽しむ事も可能。
 ---ただしカートリッジなしでのプレイでは、メニュー画面を出す事はできず、スリープ機能も使えない。
 
 -その他
 --原作がディスクシステムのソフトは、ロード時間をカットできる。また、特定コマンドの入力で起動画面を再現する事も可能。
 --原作でIIコントローラーのマイクを使用するソフトは、セレクトボタンを押しっぱなしにしていると同様の効果が得られる。